ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:放送全般( 171 )

すっかり魅了されてしまったためにこの9日間を振り返るとツイートの大半が
世界陸上に関係するものだった。競技に集中していても、スポーツと放送は
私の専門分野だし、“センサー”がきわめて敏感だから、“違和感”があると
聞き逃さない。キャッチすると、どうしてもひと言言いたくなってしまう。
我ながら厄介な性分だと思う。これで最後だから付き合ってほしい。
断るまでもなくこれから書く批判は単なる悪口ではない。改善・向上のための
指摘・提言のつもりなので誤解なきように。
d0164636_8517100.jpg



勝てなかった大物も…

「絶対」と聞いていたラビレニ…5m90cmを3回失敗!!
1回目はまだ余裕があったが、2回目では顔つきが変わった。
世界記録を作ることはできても五輪や世界選手権の優勝は
難しいんだね。

d0164636_8512294.jpg






男子走り幅跳びのヘンダーソンも予選では1位だったが、決勝では3本跳んで
2回はファウル、上位8人には入れず4回目以後を跳べずに敗れ去った。
ほかにも女子走り幅跳びのリース、競歩の世界記録を持つ日本の鈴木雄介など
有力と見られていながら夢を果たせずに敗れた選手は大勢いる。
単純に走り、投げ、跳んでいるようだけど、すべてのタイミングがぴったり
合わないと ベストの走り・投てき・跳躍ができないんだなあ。だからこそ
“ウィナーは偉大”なわけだけどね。

かなり煽られたけど…

12人目の選手の3投目で大きく抜かれて
新井涼平は4投目以後に進めなかった。
「メダルも…」などと煽られて期待して見たが、
世界の壁は高かったね。
煽った連中は 知ってるはずだけどなあ。
えっ、もしかして知らない? そりゃ駄目だ。


期待した男子やり投げだったが力を出し切れなかった。
いや、もちろん、放送席はカベの高を知ってるさ。専門家だもの。
だけど、「メダルは無理です」などと言う奴は解説者に起用されないね。
それはTBSの世界陸上に限らす、どの局のどのイベントでも同じことだ。
大金をつぎ込んで権利をとったんだもの、視聴率を上げて投資したものを
回収しなければいけないし、そのためには日本人の活躍を期待させるように
持っていかざるを得ないんだ。
d0164636_8514368.jpg







・・・なんだけど。
例えば、男子5000の予選で途中 CMに入るときのコメント「離されつつ
あるんですが、決勝進出に向かってここは踏ん張りどころです」には驚く。
レースの半分で先頭集団から大きく遅れているのに“踏ん張りどころ”って。
視聴者は何も知らないと思っているのだろうか。

もちろん、アナだってもうダメだと思っている。だけど、そうは言えない。
「言うなよ」と指示されているか、口に出さなくてもスタッフからはそういう
空気がプンプン漂っているに違いない。
こんなに苦しいコメントを言わせるより、先頭グループの映像をバックに
「レースは後半に入っています」でいいじゃないか…と思う。

あれほどの努力が…

福島千里の世界陸上は終わったか。
彼女がものすごくハードな練習を
しているのをドキュメンタリーで
見たことがある。あれほどやっても
世界のレベルの足元にも及ばない。
そもそも、何がそんなに違うのか、
と 思うよね。

d0164636_852044.jpg







悲しいのは、あとの組で100㍍銀メダル、オランダのシパーズが150すぎから
ハッキリと“流して”いたのにタイムは22秒58だったことだ。
福島がスタートからゴールまで全力で走ったタイムは23秒33…あんなに努力を
重ねて来たのに、世界のレベルははるかに上を行く。
それでも彼女たちが努力をやめることはないのだろうが。

見るからに大物?

この大舞台で白い歯が見えるのはいかがなものかと
思わないでもないが、いかにも 自然だよね。
すごい少年だ。 結果を残させてやりたいけど、
ここまでやっただけでもあっぱれ。
サニでもキームでもいいから 力いっぱい走って
悔いを残すな。


200㍍で16歳のサニブラウンが物怖じすることなく、立派にデビューを飾った。
プレッシャーに負ける先輩選手が多い中で、若さがいい方に出たのだと思う。
のびのびと自分の力を出しきったところがあっぱれだ。
d0164636_852161.jpg







準決勝のあと「(リレーメンバーに)選ばれたらまた頑張ろうかなと思います」と。
… なんちゅう16歳かと仰天した。こういうメンタリティがないと世界の舞台で
戦うのは難しいのかもしれない。

同じインタビューの中で「(予選で)1本走った疲労感がいつもと違う」という話が
経験の浅い選手らしくて初々しかったし、“目からうろこ”だった。 スポーツも
このレベルになると 奥が深いわ。

リスペクトはどこへ?

この200準決勝の最後の組に二人の日本選手が出たが、残念ながら完敗だった。
TBSはミックスゾーンでその二人を捕まえたが、CMのタイミングと重なった。
CM前にウォームアップ エリアから「超人BIG8」のフレーズを言わせるため?の
小谷のリポートが入った。勝った選手ならともかく、敗れた選手を待たせるなんて!
ナマで聞けないのなら収録してあとで流すことも考えるべきだ。
アスリートへのリスペクトが 欠けていないか。
d0164636_8524739.jpg







「伸びてきた若い力を嫌って”逃げた”」と織田裕二。
トップアスリートに失礼な言い方じゃないのかなあ。
リスペクトはどこへ行った?


女子200を回避した力のあるベテラン勢についてハッキリとそう言った。
出場種目の決定にはさまざまな理由があるだろうが、その中に「負けそうだから
やめとこう」という考え方があるとは思わない。それをつきつめていくと日本人は
出ちゃダメ…ということにならないか。
d0164636_853378.jpg






織田は29日にも「リレーは遊びだった」と聞こえる言い方をしていた。
各国が“重き”を置いていなかった時代はあったかもしれないが今は違う。
最高のレースを待っているファンがいるというのになんてえことだと思った。
言葉が軽すぎるよね。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。
by toruiwa2010 | 2015-08-31 08:56 | 放送全般 | Comments(0)
中井美穂の貢献を認めなさい

騒がしく、自分だけが楽しむメイン・
キャスター…なんとかならんかなあ。
このあと、寝つきが悪そうだ。


世界陸上が早くも中盤を迎えている。
棒高跳びや円盤(やり、砲丸、ハンマー)投げなど、一部を除くとあらゆる
スポーツの中で“道具を使わず、体一つ”でスピードや距離(高さ)を争う
もっとも“潔い”競技だ。分かりやすくて興奮もする。
この大会はキャスターが一番 興奮するわけだが。ハハハ。

時差がほとんどない北京での大会だけに夜更かしもしないですむ。
ただし、どうしても心の底から楽しむことができない。織田裕二のせいだ。
暑苦しいキャスターは彼だけじゃないが、勝手に煽り、勝手にはしゃぎ、
勝手にがっかりする様子にテレビの前で辟易するばかりだ。つぶやけば
そのつど賛同の声が返って来るが、特に非難の声があふれているわけでも
ないらしい。うそだろ。
d0164636_859497.jpg




放送だから時間の制約がある。
“約束ごと”には無頓着で好きなことをしゃべりまくる隣りで 補佐役の
中井美穂の苦労は並大抵じゃない。

彼女がフジテレビに入社したのは1987年だ。
82年2月の辞令でアナウンス部を出た私はそのころスポーツ部にいた。
87年の秋だったと思うが、プロ野球ニュース担当のディレクターが私に
近づいて言った。「来年から司会をやらせる予定なので少しレクチャーを
してやってくれ」と。連れてきたのは2人の女性で、一人が中井だった。

何回か“講義”をした。
ごく基本的なことを話しただけで特別なことは何もしていない。
中井の印象は“地味”だった。1年目からある女性タレントと組んで週末の
午前中の番組をやっていたが、遠慮気味だった。「“前に”出ないとやってる
意味がないんじゃない?」と言ってみたが、返ってきた答えは「いえ、今は
あれでいいと思います」ときっぱり。
「可愛げがない子だな」が率直な感想だった。ハハハ。

「Sの方が華があるよね」とディレクターには告げたが、彼が選んだのは
中井だった。“四球”を“ヨツダマ”などと読んでいた中井だったが、やがて
彼の目は正確だったと知ることになった。
私の目で見て 日本のテレビ史上、女性のスポーツ・キャスターとして合格点に
達したのは彼女とNHKで活躍した福島敦子だけだ。局の後輩…は関係ない。

より高く評価したいのはサポート役としての力量だ。
さんまやジョン・川平と組んだサッカー番組でも決してでしゃばることなく、
大物2人に好きなように腕を振るわせていた。
アナウンサーの大先輩・野際陽子と組んで旅番組の司会をしていたときも
まったく邪魔にならなかった。どちらも立派な“力量”だ。
d0164636_8584216.jpg




こういった大物にしてみれば、「中井に任せておけば安心」という気分だろう。
若い、キャリアの浅いアシスタントと仕事をするときは気配りをしながら、
話を進めることになるのだから疲れ方が大違いだろう。

さんまやジョンが相手なら中井も楽だ。決まりごとを挟み込むだけだから。
野際に至っては何の心配も要らない。
しかし、同じ大物でも織田裕二はまったく別物だ。
“時間の感覚”はない。しゃべるべきときと黙るべきときの感覚もない…
横にいて、織田がメイン・キャスターとして光り輝くように引き立て役を
つとめるのは簡単じゃない。誰かが“猛獣使い”と呼んでいたが、言えてる。

これだけ書いても一般の視聴者には中井の貢献は伝わらないのが残念。

どこに行ったTBSの伝統?

かつて、TBSのスポーツ実況は民放の雄だった。
局の力が衰えるのとともにアナの質が下がった
気がする。寂しいね。
今回、ベテランが抜けたせいか、聞こえる実況が若い
…というより幼い。
世界陸上を長くやっているのにこの競技を“俯瞰”で
語れるアナが 見当たらない。

世界陸上トラックの実況は誰?
走っている最中に“3着”はない。
3着争いなら分かるが。 世界最高峰の
大会だぜ。 まだ続けるんだろう?
織田裕二を出しときゃいいと考えてないよね。
きちんとアナを養成しようよ TBS 。
未熟・幼いと昨日書いたが、そういうこと
なんだよね。

d0164636_8582484.jpg




フジテレビに入社したころのTBSには有名なスポーツ・アナが何人もいた。
明快なしゃべりで、熱く、実況していた。層の厚さは民放一だっただろう。
あまり意識したことはなかったが、若いころの私は自分の実況スタイルを
“違う場所”で見つけようとしていた気がする。彼らと同じことをやっても
勝てないという気持ちがどこかにあったからだろう。

過去の栄光を知っているだけに、現状は寂しすぎる。
10回もこの大会を放送してきた。今後も、権利を手放すことはないだろう。
それなのに、実況陣が育っていないのは何故だろう?
いいところは全部、俳優に持っていかれ、頑張っても、実況アナウンサーの
名前はHPにも載らない。上層でも字幕が1回か2回しか出ない。
モチベーションを維持するのが大変だなあと同情はする。しかし、大会中に
何度かは「いやあ、今の実況はよかった」と言わせてほしい。先輩が泣くぞ。

適材適所を・・・

昨日の男子10000米決勝はファラーが勝った。
終盤5人に絞られた先頭集団について
「(3番手にいた)ファラーのレース」と言った
高橋尚子に拍手。
2度、後ろの選手と足が からんだが、最後の
100㍍で勝てるという 自信に満ちていた。
“美しい”優勝だった。


高橋の声の質は放送にはあまり向いていない。偉大なランナーだっただけに
視聴率アップのために使いたいのは分かるが、放送席だけにした方がいい。
スタッフが集めたと思われる情報をリポートする役などやらせちゃダメだ。

そんな彼女のこのコメントには頷いた。世界レベルのアスリートだからこそ
言えるコメントだったと思う。説得力もあった。

このレースを見ながら1964年東京オリンピックを思い出していた。
原住民族の血を引くアメリカのミルズが最後の最後で優勝をさらった。
その後見たものも含めて、10000㍍では最もドラマチックな レースだった。
この年寄りが、50年近い月日が過ぎたのに覚えているんだもの間違いない。

男子100メートル:ボルトが勝った!
スタートで 後れを取らなかったことが
勝利に結びついた。さすがだ。
予想が完全に外れたが、口惜しくも
恥ずかしくもない。
着ていたTシャツにあったように
ボルトはやはりFOREVERだ!
そして誰よりもFASTERだった。

d0164636_8574099.jpg







うまくスタートを切ったガトリンが序盤をリードし、出遅れて焦ったボルトは
本来の走りができない、それでも追い込んで2着。3着に来るのはゲイ…
そんな予想をしていたのだが見事に外れた。
100分の1秒差だったので朝日も毎日も“薄氷の連覇”と見出しをつけた。
中盤でトップに立ったとき「勝ったな」と思った私の気持ちと“薄氷”という
少しネガティブな単語の間にギャップがあった。ボルトは貫禄のレースをした。
ガトリンが大健闘した…そんな印象だった。

いずれにしても、ボルトの走りは面白い。
あくまでスポーツだが、エンタテインメント性がある。

前半にいくつものドラマがあった世界陸上、後半も楽しみだ。
d0164636_8572027.jpg






人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。
by toruiwa2010 | 2015-08-26 09:01 | 放送全般 | Comments(5)
今日の記事は少々”びろう”な話になりかねないが、
持てる”知性”でそれを阻止したいと思いつつ・・・。


尿酸値

フジテレビ日曜日深夜の「ヨルタモリ」が好調だ。
超長寿だった「笑っていいとも」を終えたタモリが
しばし休養ののちに始めたトーク番組だ。
彼のことだから“満を持して”という空気はまったく
感じられない。どこまでも軽いノリで作られている。
“遊んでいる”と言ってもいい。視聴率も好調だね。

日曜日の夜だけ開く湯島界隈のバーのカウンターには
小粋な着物姿のママ・宮沢りえを慕う常連客が集まり
とりとめない会話を楽しむ。
評判を聞きつけたセレブも顔を見せて賑やかさを増す。
客は大人が多いから、話のテーマはしばしばきわどい
方向に流れて行く。酒場の常識だ。
d0164636_941361.jpg





先日、ふらりと現れたのはイラストレーターで俳優の
リリー・フランキー…見るからにスケベな奴だ。
そこに、この店の“牢名主”的な存在、東北・岩手で
ジャズ喫茶を経営する吉原(タモリ)が現れた。

話の中で吉原の口から“尿酸値”という言葉が出た。
途端に、りえママが身をよじって恥ずかしがり始めた。
前々回ぐらいに“勢い”で10回ぐらい言ってしまった
ことを思い出したのだ。
リリーが「ママの尿酸値なら飲んでみたいな」などと
与太を飛ばすものだからママの顔がさあっと紅潮する。
尿酸値は単なる数字だから“飲む”ものじゃないのだが、
関係ない。ママが恥じらう様子、まことに色っぽい。
ハハハ。

残尿感

翌週の日曜日朝のフジテレビ「ボクらの時代」。
この日の“ボクら”は秋元康(作詞家・プロデューサー)、
小室哲哉(ミュージシャン)、浦沢直樹(漫画家)だった。

秋元が最近 自分の話に“説教感”が混じりがちなことが
気になっていると話し、「何かあるか?」と小室に振った。
「砂時計の砂が落ちていくのを見ていると…」と小室が
話し始め、“人生の残り時間”的なことを漢字三文字に
置き換えたいのだが“〇〇感”がなかなか見つからない。
d0164636_943496.jpg




切羽詰まった小室が「“残尿感”じゃないし」と言えば
「ちょっと残ってるからね。残尿感だ、それは」」と浦澤。
「すごい。小室哲哉から残尿感という言葉が出るとは」と
秋元がまぜっかえした。
若い人には伝わらないかもしれないが、実にオカシイ。

図らずも 有名芸能人から出た“尿”という音。
知らなかったが、“尸”…部首としては“しかばね”と
言うらしい。“やまいだれ”(疒)も相当ひどいと思うけど、
シカバネとはかなり衝撃的だね。
字を説明するときは“シカバネにミズ”と言うんだ。
残酷な字だなあ。

そう言えば、絶対になりたくない病気は尿路結石だ。
想像しただけでも身の毛がよだつ。ああ、いやだ。
「脳腫瘍か大腸がんと換えてやってもいい」と神さまが
言ってくれたら、ソッコウで…換えないか。

人気ブログランキングへ
⇑ 面白かったらクリックしてください。

登録したまま、長い間放ったらかしでした。
みなさんのご協力でランキングが上がっています。
引き続きよろしくお願いします。

by toruiwa2010 | 2015-08-18 09:06 | 放送全般 | Comments(4)
女性アナたちのボクらの時代

日曜日の朝のフジテレビ「ボクらの時代」が好きです。
仲良しの3人が自由に雑談をする趣向ですが、ときどき意外な組み合わせがあったり、
キャラクターにない新しい一面がうかがえたりして楽しめます。
先日はフジテレビのママ・アナが揃いました。佐々木恭子、梅津弥英子、中村仁美です。
d0164636_9255217.jpg





私が現役だったころから、母局のアナウンス室には部活の延長のような空気が流れていて
過ごしやすく、他局の同業者からもよく羨ましがられました。結婚し、子供を育てながら
アナウンサーを続ける環境としてもかなり恵まれていると思います。この3人以外にも
出産を控えていたり、育児休暇中のアナもいるようです。居心地がいいのでしょうね。
…と思いたいです。
もっとも、実際に妻・母・アナウンサーの三役をこなすのは簡単ではないのだと思います。
3人が語る旦那、子供、仕事の話はなかなか興味深いものでした。

番組の最後の方で視聴率不振について話していました。
「内容というより、局のイメージとしてチャンネル合わせなくなっているのかな」と。
「積極的に嫌われている感じがある」というコメントもありました。

“K-popばかりやっている”と非難の声が上がり、台場でデモが行われ始めたころから、
「大丈夫か」という懸念があり、当ブログでもしばしば書いてきました。
OBが心配するほどですから、現役はもっとひしひしと感じるはずですが、その雰囲気は
なかなか伝わってきませんでした。女性アナたちが口にした“危機感”が社内の隅々まで
行き渡るようにならないとフジテレビの復活は難しいのだと思います。
d0164636_9262169.jpg






折も折、池上彰SPでまたしてもやってしまったようです。
韓国人高校生の発言にかぶせた字幕が事実と違っていた…という件です。
高校生は「(韓国には)文化がたくさんあるので外国からたくさん来ているようです」と
話しているのに「(日本は)嫌いですよ。だって韓国を苦しめたじゃないですか」という
字幕を入れたのです。番組HPに載せられた“お詫び”にはインタビューの別の部分で
彼女が「日本が嫌い」と言っていたと書かれていますが、言い訳にもなりません。

“意図的だ”、“間違ったじゃすまない”と言われても反論できないでしょう。
ほんの1例ですが、危機感が欠落していることが表れていると思います。
WOWOWに出向中や現役引退後、「フジから来ています」、「フジテレビにいました」と
言えることが誇りでした。今は首をすくめたくなる気分です。

以下、先週のツイートから。

フクロウとネコ 互いに一目ぼれ
生き物に乾杯!

d0164636_9264388.jpg







大阪・中崎町の喫茶店“フクロウコーヒー”の看板、フク社長・フクロウのフクちゃんに
新しい同居人が来ました。猫のマリモです。
この写真を見て胸がキュンとならない人とは付き合いたくありません。ハハハ。
d0164636_926558.jpg








ネットで見つけた。
newly born・・・
幼子たち 生き物たちに乾杯 2

d0164636_927694.jpg














ネットで見つけた。
しがみつく・・・
生き物たちに乾杯 3

d0164636_9271655.jpg













ネットで見つけた。
母と子・・・
生き物たちに乾杯4
膨大な写真がここに。 ⇓

http://t.co/V6wJKGNeeO
d0164636_9273042.jpg














世界で最も醜い犬のコンテスト出場犬。
たしかに。でも…。
どんな子だって飼い主にとっては…ねえ。
ほかの出場犬はこちらに。

http://cbsn.ws/1QWpNWU
d0164636_9274289.jpg






この写真を見て年配者は多くのことを想うだろう。
「???」という若い世代の人は何を想うのだろう?

d0164636_9275899.jpg










米軍の爆撃から逃げ惑う裸の少女…ベトナム戦争をとらえた写真の中で象徴的な一枚です。
世界中の人々の胸を揺さぶり、戦争終結を早めたと言う人さえいます。
いま、52歳になった彼女はカナダで健在とのことです。

黒人教会での銃乱射で死亡した牧師の
追悼式が行われオバマ大統領が
「アメージング・グレース」を歌った。
うまいとは言えないが、胸を打つ。
日本国首相の歌は小泉純一郎の
「ラブミーテンダー」しか聞いたことがない。

http://t.co/IGO3trJbkE
d0164636_928148.jpg










送信したあと、“変な総理”だった鳩山由紀夫が歌っていたことを思い出しました。
いずれにしても、歴史・文化・風土・社会の仕組みが違うので単純な比較はできませんが、
日本の政治家にくらべるとあちらの政治家はぐっと身近に感じますね。

NYの脱獄囚、二人目を確保。
一人目はカナダとの国境まで 15㌔の
ところで射殺されたが、二人目はさらに
北に進んでいた。
2発撃たれているが命に別条はない。
動画は一切なく、CNNとCBS、 NBCが
画像を入手。ABCだけない。

d0164636_9283521.jpg







速報を耳にしてHPを見に行ったとき、写真が出ていたのはCNNとCBSだけでした。
どっちが先だったのかは分かりません。ほどなく、NBCが続き、ABCも数時間後には
写真を手に入れたようです。
現場に報道陣がいたとも思えないのですが、いったい誰が撮ったのか?
それにしても、ABCは焦ったでしょうね。

社葬には3000人が集まった。
寡黙な駅長だったが、きっちりと
役目は果たした。
CNNも"日本一可愛い駅長、
猫のたまが亡くなった"と報じた。

d0164636_9285526.jpg















和歌山電鉄・貴志川線の貴志駅で長く“駅長”をつとめた猫のたまが亡くなりました。
“就任”当時からかなり話題になっていましたが、ストレスを感じる猫も多いので 初めは
冷ややかな目で見ていました。しかし、もともと猫好きですから、おとなしい印象だった
たまが黙々と役目を果たしているニュース映像を見るたびに目じりを下げていました。
ハハハ。
by toruiwa2010 | 2015-06-30 09:36 | 放送全般 | Comments(8)
29日午前10時ごろ鹿児島県口永良部島で新岳の爆発的噴火がありました。
人的被害がほとんどなかったし、海からと陸からの支援を受けて全島避難がスムーズに
終わってよかったですね。
各局の対応を検証してみました。
d0164636_8501033.jpg





NHK

10時からの定時ニュース中、10時3分過ぎに予定外の原稿がスタッフからアナに渡る。
“鹿児島 口永良部島 噴煙上がる”のCG見出し。そのすばやさに驚く。
「今、入った情報です」と噴火の映像つきでアナが原稿を読む。

映像が口永良部島に設置された気象庁のカメラのものであると説明し、気象庁が噴火の
有無を確認中だと伝えた。映像の右上に時刻が書かℜているのだが、多くの時間帯で字幕が
邪魔をする。スローで再生してみて、字幕がかぶる寸前、約2秒で確認した結果、映像は
ライブのものであることが分かった。時間は重要な要素だからスーパーを外さないと。

情報は多くなく、アナは カメラに関すること、立ちのぼる黒い噴煙が確認できること、
気象庁が詳しい状況を確認中であることなど、基本情報を繰り返し読み上げている。
およそ3分後、別のカメラの映像に切り替わるが、アナは落ち着いて描写を続ける。

10時10分、噴火警戒レベルが5に引き上げられたとの速報字幕、続いて口頭でも。
ちょうど、社会部災害担当の記者が話に加わるところだった。
まず、動いている状況についてまとめてほしいと。
そして、最近の活動はどうだったのか?から鹿児島県。政府の対応はどうなるか?まで
噴火からの時間の短さを考えればかなり突っ込んだ話をしていた。

記者が持っている情報、つまり聞いていいこと、聞くべきことはメモの形でアナの手元に
渡っていたと思われる。噛むところもあり、多少上ずる場面もあったが、全体としては
極めて落ち着いた対応だった。
d0164636_8503966.jpg





望月啓太アナは2000年入局、16年目の37歳。今年から「おはよう日本」でニュース
リーダーをつとめる。どんな役割かは分からないが顔出しはないようだ。いずれにしても、
ずっと、報道畑にいたわけではないらしい。
しかし、刻々入る情報を処理しつつ、記者とのやり取りを破綻なく淡々とさばいていた。
こういう人材がそれこそ掃いて捨てるほどいるのだろう。NHK恐るべしだ。ハハハ。

NTV

10時8分、「スッキリ」内に設けられているほぼ定時の顔出しニュース中に字幕で速報。
スカイマークの新社長が決まったなど数項目を消化したあと、10時14分、“速報”として
噴火と警戒レベルのアップを顔出しで伝える。
気象庁カメラの映像と紹介されるも判然としない。
10時25分からの「PON」はほぼ予定通りの内容で噴火関連の情報はなし。
11時過ぎ、報道フロアから 顔出し原稿読みと気象庁カメラの映像。
現地の医師?との短い電話(録音)で話すが、名前が“オグラさん”…とカタカナ表記!
d0164636_849499.jpg





TBS

10時12分、ドラマ再放送中に字幕で速報。
10時35分、ドラマを中断して報道部から顔出しで伝える。原稿読み。気象庁HPの写真 
この時間でも原稿は整理されていないか、書き直しが多いのか読みにくそう。5分で終り、
ドラマに戻る。(この間のドラマの流れは切られたまま)
電話などはなかった。
d0164636_8483072.jpg





11時からの番組では冒頭から関連情報を流す。
解説委員とともに気象庁の写真などを見ながら話すが、要領を得ない部分多し。
ただし、写真に書き込まれている時間は読み取れる。
噴火について専門的な話ができる災害担当の解説委員がいることに驚く。
11時30分の定時ニュースでも現地とのやり取りは一切なかった。

テレビ朝日

10時10分、字幕で速報。
10時30分「ワイドスクランブル」は冒頭からこのニュースを伝える。
橋本大二郎キャスターが落ち着いた口調だ。経験と実績に裏打ちされた重厚感がある。
d0164636_8473356.jpg





すぐに報道フロアから八木麻紗子アナ(入社8年目)が顔出しで伝え始める。
10時33分、「近くの島にテレビ朝日の若宮ディレクターがいる。若宮さん、現在の様子、
如何でしょうか?」と呼びかけるが、つながらず、総理大臣官邸にスタンバイする記者の
映像が出るなど、情報・指示が錯綜し、混乱している様子が分かる。
官邸の中継をはさんでディレクターと電話がつながるが、スムーズなやり取りにならず。

10分ほどのち、スタジオの橋本・大下コンビがディレクターに聞く。
大下「位置関係は?」、ディレクターは「30キロぐらい」と答える。距離だけでなく、
東西南北を言わなければ、視聴者に“位置関係”は伝わらないのだが。
「いま見えることを伝えてください」と問いかけ、相手の答えが終わり、大下アナが
次の質問をする前に橋本が割り込んだ。
d0164636_8475822.jpg





「そのとき何をしていたか?噴火に気づいたか?」
「音はしたか?」
「爆発の事実はそこの島民に聞いたのか、東京からの情報で知ったのか?」
「見る間に噴煙が大きくなった感じか?」
「竹島は口永良部の北東にあるわけだが…噴煙はどちら方向に流れているか?」
「話をしている間にも噴煙の状態は変わっているか?」
「火砕流も発生しているということだが、火のようなものも見えるか?」

言葉を探すこともあったが、全体によどみなく質問を続けた。拍手を送りたくなるほど
見事だった。1988年に昭和天皇が倒れたとき、連日、テレビで伝えていた彼を思い出す。
容体だけでなく、医師や宮内庁の発表の中にある専門用語の解説も聞きやすかった。

フジテレビ

「ノンストップ」の放送中だったフジテレビは10時12分に“警戒レベル引き上げ”の
スーパーを出し、22分のCM明けで報道センターから速報に切り替えた。
斉藤舞子アナ(入社12年目)が伝えたが、彼女もスタッフも“準備”が整わないまま速報を
スタートしてしまったように見える。いつものことなので驚かないが。

d0164636_847049.jpg





“地元”・鹿児島テレビのスタジオから伝えるアナも第一報しか持っていないようだった。
原稿を読み終えたあとは、東京からの問いかけも鹿児島の答えも“手探り状態”だった。
島の映像が流れても、どこを写したものか、いつ撮影したものかなどが分からない。
それを示していると思われる部分に字幕がかぶっているからだ。

26分過ぎに「ノンストップ」に戻り、45分から再び噴火関係の報道になった。
アナと島で民宿を営んでいる人が電話で話した。相手が一般の人だから“スムーズ”とは
言えないやりとりだった。

似たような経験をもっている者から見ると、アナが自分で考えた質問もあったようだが、
ディレクターから質問事項を指示されながらインタビューしているように見えた。
相手の話が耳に入っていなかったり、流れている映像を現在のものと捉えているような
質問もあれば、整理された聞き方になっている部分もあって、アナの周辺の慌ただしさが
想像できた。

・・・特番スタイルを始めたのはフジテレビが民放で最も早かったのですが、“バタバタ”の
印象を免れません。早ければいいわけではなく、大事なのは“正確さ”でしょう。

そして、5月14日のエントリーにも書きましたが、NHKの準備の良さが目立ちます。
アナウンサー・記者のトレーニングや大きな事件・事故・災害が起きたときにそなえて
“マニュアル”ができていることが想像できます。民放にはそれがうかがえません。

地震や噴火のとき、現地の人と電話で話すことがあります。
聞くことは常識的なことが多いですが、とっさの場合は何から聞こうかと迷います。
やり取りの“入り口”だけでもマニュアル化しておくべきです。初めの部分でまごつくと
パニックになることもあります。

地震や噴火が起きた瞬間、どこにいたか、 今はどこにいるのか、 そこは安全な場所か、
発生のときの様子は?音は?匂いは?色は? 指定されている避難所までどれぐらいか、
そこまでのルート・手段・距離は?

部内で話し合えばもっといろいろな質問事項が集まるはずです。
整理し、マニュアルにしたものをクリアファイルに入れて各スタジオに常備しておくと、
いつでも、だれでも、落ち着いて対応できると思います。
私は、当然、各局ともに実行していると想像していましたが、そうでもないようです。
「そのときどき、その場に居合わせたアナや記者が、それぞれの能力に応じて…」という
対応では必ずボロが出ます。

現時点では、悔しいですが、準備も対応もNHKがリードし、民放の間には大きな差が
できてしまっています。このままでいいのか?
何かが起きるたび、「NHKはさすがだね」「民放はひどいわ」と言われていいのか?

蛇足

ほとんどの局で、右上の時間表示の部分に字幕がかかっていました。今回だけでなく、
日常的にしばしば見られます。
その映像がライブなのか、過去に撮られたものか…視聴者にとっては大事な情報の一つを
どうでもいい見出しのCG字幕で隠すなんてもってのほかでしょう。
d0164636_8454737.jpg
by toruiwa2010 | 2015-06-05 08:54 | 放送全般 | Comments(2)
現役のとき、差別的発言にはかなり気をつかいました。
若いころ組んだ解説者の中には“お構いなし”の人がいてハラハラしました。
“カーブXXXだから”、“XXX引いてた”、“便利XXX”…
現在の放送禁止用語はとても厳しくなっています。
法律があるわけではないので面倒です。局によってもばらつきがあるようです。
最近 耳にしたいくつかの例で言うと…

ぬいぐるみ:「とくダネ」(フジテレビ5/22)

厳密な意味では“禁止用語”ではないのですが、こんなことがありました。
「佳子さま脅迫で43歳男逮捕」を報告した岸本哲也リポーターが、容疑者がどんな
人物か周辺を取材しても知っている人がいないのだと話したあと、
容疑者が暮らしていた部屋の写真を示してこう説明しました。
「よく見ますとね、キーボードが1台、2台、3台あるんですよ。で 奥に、おそらく
ミキサーなんですよね。スピーカーのようなものもあるし…」。
d0164636_8591079.jpg






「さらにこういうぬいぐるみもある。43才の男が…僕も43才ですけども。
ぬいぐるみを、なかなか部屋に飾ろうとは思わない」と続けました。
「こういった所から、本人の人柄が少し滲み出てくるかもしれません」と。

この“ぬいぐるみ”発言がネットでとやかく言われていると聞きました。
差別ではないが、“ぬいぐるみ=異常”は言い過ぎだ…ということのようです。
しかし、岸本リポーターは“43歳の男が部屋にぬいぐるみを飾る”ことが容疑者の
人物像の一部を示す材料だと考えたから伝えたのだろうと思います。
“異常”だとか“おかしい”だとか言ったわけではありません。

・・・この件、岸本リポーターに問題なし、と判断します。

かたわ&毛唐:「あさイチ」(NHK 5/22)

同じ日の「あさイチ」では明白な差別用語が出演者の口から発せられました。
女優の市原悦子さんです。
「まんが日本昔話」が話題になり、一番好きなタイトルを聞かれて「やまんば」を
挙げた彼女は「評判もよかったの」と話したあと、“やまんば”について自分なりの
解釈を語り始めました。

「世の中からずれた、外れた…落ち込んだ人が山に行って、
たとえば“かたわ”になった人とか、人減らしで捨てられた人、
外国から来た“毛唐”がバケモノとか…そういう人が山に住んで
ひげぼうぼうになって…つまり、疎外された人たちがやまんばの
原点だと思う」。
d0164636_8583620.jpg





話を聞いていた井ノ原はともかく、有働由美子アナはかなり焦ったと思います。
市原が同じ言葉を繰り返す可能性があったからです。どこかで謝罪する必要があるし、
その前に市原本人に事態を理解してもらわないといけない…制作陣がいる副調整室も
同様でしょう。幸い、市原が繰り返すことはありませんでした。

ネットではあまり非難されなかったようです。前後の脈絡から市原に差別意識がない
ことはハッキリしていたからでしょう。視聴者が“おとな”だったということでしょうか。
それにしても、番組からの謝罪がなかなかありませんでした。事情は分かります。
市原の出番は最後まで続く予定だったようですから、反発したり萎縮したり…何らかの
影響が出ないようにしたかったのでしょう。

当事者がスタジオ内にいるときに謝罪する場合、了解を取っておいた方がいいのです。
「二つの言葉は放送禁止になっています。アナウンサーがお詫びのコメントを読みます。
ご了承ください」と説明するはずです。そのための時間が必要でした。
結局、有働アナが原稿を手にワンショットでカメラの前に立ったのは“問題発言”から
54分後のことでした。その前に結構長い園芸のコーナーがありましたから、市原への
説明はその間に行われたのでしょう。
d0164636_858376.jpg





「ここでひとつお詫びがあります。
プレミアムトークの中でかたわ、毛唐と言う発言がありました。
体の不自由な方や外国人の方々を傷つける言い方でした。
深くお詫びいたします」
そこで、有働アナは頭を下げ、その頭を上げたかと思うと何の余韻もなく続けました。
「さあ、そして、続いて“ダーウィンが来た”です」と。

私がNHK嫌いだからではなく、きわめて“事務的”でした。

市原は“学習”したでしょうし、微罪釈放。
NHKは対応の遅さ、有働アナは態度の点でやや問題あり、と判断します。

精神分裂病:「みんなのニュース」(フジテレビ5/25)

コメンテーターのロバート・キャンベルが映画「ビューティフル・マインド」の
主人公のモデルにもなった天才数学者の死を扱ったとき、その経歴に触れる中で
「…“精神分裂病”になって」と発言しました。
d0164636_8572069.jpg






伊藤キャスターがすぐに「“統合失調症”になって」と言い直しました。
フジテレビでは放送禁止用語だからでしょう。

日本語はきわめて流暢な日本語を話すキャンベルですが、“精神分裂病”が現在は
使用を“避ける”ことになっているとは知らなかったようです。伊藤が文字通り
“間髪を入れず”訂正したとき 私でさえ「あれ、ダメだったっけ」と思いました。

よって、キャンベルは微罪。
伊藤は…起訴もされていませんが、“あっぱれ”を。


番外:異議あり!

d0164636_8565152.jpg









私がフォローしている人がこんなツイートをリツイートしていました。
内容に賛同してのものかどうかは分かりません。ほかにも大勢がRTしています。
私はムカッとしました。「RTするが、賛同するものではない」と。ハハハ。

ロシア革命にちなんだアカウント名だが日本人なのかロシア人なのか、はたまた
第3国の人かは分かりません。しかし、宗教、文化、歴史・・・それぞれの国に
それぞれのしきたり・風習・マナーがあるのではないでしょうかね。
ロシアだって、黄色い花を贈るのは禁物らしいじゃないですか。親しい男同士が
唇と唇でキスしたりするんじゃなかったですかね。“死ぬほど”気持ち悪い…
などと言われたら気分のいいものじゃないでしょう?
まして、「そんなことにこだわってる間に国の力はどんどん落ちてるよね」とか
言われたらどうなのよ…と書いておきます。

敬称略 
by toruiwa2010 | 2015-06-01 09:02 | 放送全般 | Comments(2)
昨日のフジテレビ「水曜歌謡祭」はかなり注目しました。
世話になった局だし、今でも強い愛着があるからではなく、“大人”が楽しめる音楽番組が
少ない中で貴重だからだし、前回まではとりあえず納得できる番組だったからです。
せいぜい4~5%ぐらいだろうと思っていたのに、1回目2時間スペシャルが7.3%だったと
聞いてビックリしました。
ふだんは聴けないコラボもあったし、田島貴男という、一度聴くとクセになる不思議な
魅力を持つアーチストにも出会えました。7%台をキープできれば、「FNS歌謡祭」や
「夏まつり」をはさんで、いずれ2けたに届くかもしれないと思いました。
d0164636_9123568.jpg




・・・甘かったです。
2回目も7.6%のあと、6.5,4.8と下降線をたどっています。
昨日は、真裏にテレビ東京の錦織圭の試合が来ました。弱り目に祟り目。ハハハ。
まだ、数字は出ていませんが、4.8を下回ることは免れないでしょう。へたをすれば
4%を割る可能性もあります。そうなれば、完全に“打ち切り”目前です。
*4.1%だった。辛うじて4%を守ったが、喜べる数字ではない。(15:30 追記)

名曲、代表曲、コラボレーション、カバーのみに限った構成で、
プレミアムなパフォーマンスをそろえ、趣向をこらし、流行に
とらわれずに上質な音楽を紹介。
1時間たっぷり音楽の素晴らしさを讃える新しい形の音楽番組だ。
まさに“本物”だけを“生”のままお届けする…


HPで番組のコンセプトを読みましたが、“看板に偽りあり”です。
特に、昨日の放送は目を覆うようなひどさでした。
見ながら、ツイートする手が止まりませんでした。時間を追って補足します。

水曜歌謡祭 ・・・
THE ALFEEから始まった。裏が錦織圭だ。
崖っぷちだね。4%を割るんじゃないかという
悪い予感がする。オープニングを見て思ったが、
画面がうるさすぎるね。「豪華」のつもりだろうが、
視聴者の目には・・・

d0164636_913840.jpg






画面がごちゃごちゃしすぎて落ち着きません。
前回、郷ひろみメドレーをトップに持ってきて視聴率が落ちたからか、THE ALFEEは
とりあえず2曲で終わらせましたが、まとまりのない画面になっていました。
“大人の音楽番組”を目指すなら、もっとすっきりした舞台で、曲ごとにメインになる
歌手を際立たせるべきじゃないですかね。
d0164636_9132870.jpg




Superflyの「帰れない二人」、よかった。
それにしても何やってんだスタッフ。
ボロボロじゃないか。
落ち込んでる 場合じゃないぞ。

d0164636_9134798.jpg





彼女の歌唱はよかったのに、スタッフの“あたふた”ぶりが伝わってイライラしました。
全体を通じて、制作側の演出意図が出演者に徹底していないのが分かります。そのせいで、
スタジオ内の整理・コントロールができていませんでした。

クマムシ・・・大きな賭けだね。
声質も関係あるかもしれないが、普通にやらないとなあ。
井上陽水リスペクトになってないじゃないか。
増田がいてなんとか…

d0164636_914689.jpg




ツイートは不完全な文章になりましたが、“レベルの高い音楽”を提供するはずの番組に
彼らが出るのは、能力を認めたからだろうし、なによりも、長谷川の声がこの曲(井上陽水
「ありがとう」)に合うと判断したからだろうと思いました。音楽のプロたちが。
だったら、増田貴久と二人きりで歌わせなきゃ!コンビの佐藤が余計な悪ふざけをして
歌を、そして番組の雰囲気をぶち壊してしまった。こんな演出のどこが“リスペクト”に
なるのでしょうか。

陽水リスペクト。「リバーサイドホテル」、「Make-up Shadow」
・・・ ダメだ、楽曲を消化し切れていない やつがいる。
こういう番組では 一番排除しなければいけない要素だ。


前回までは、リハーサルの様子なども紹介されて、真面目に番組を作っていることが
分かりましたが、今回はなかったようです。もちろん、リハーサルはやったでしょうが、
果して十分だったのか?
彼と彼女を組ませたら面白いんじゃないか…でスタートするのはいいとして、完成した
楽曲として提供しなければこの番組は成立しないでしょう。

秦基博・・・君まで! どうしちゃったんだ。
スタッフの緊張感が伝染してしまったのか。
せっかく"大"陽水の特集なのに。


私の耳が正常なら…ですが、秦まで音を外したときにはビックリしました。
想像ですが、教区内外からのプレッシャーを受けて、昨日のスタジオは初めからかなり
ピリピリしていたのではないでしょうか。
生の歌番組はただでさえ緊張するものでしょうが、冒頭から細かなミスが続き、CM中に
業を煮やした誰かが“カミナリ”を落としたかもしれません。そのために、いつも以上に
スタッフの緊張感が高まり、それが出演者にも伝わった…可能性は否定できません。
d0164636_911663.jpg






出張歌謡祭…このコーナーは“いの一番”に
やめると思ったけどなあ。

母局の番組だし、なんとか成功してほしいと応援したが、
裕次郎の物まね・・・必要か?
全体に安っぽくなったし、 特に今日はめちゃくちゃだ。
情けないなあ。 4%割れは確実だろう。
OBが泣いてることを忘れないでくれ。

こういう番組だったら歌手に最高の環境を提供しないとねえ。


1回目から、この番組で最初に手を加えるのはこのコーナーだと思っていました。
前回の「愛のメモリ―」は松崎しげるが歌いにくそうでした。

最後は完全に愚痴をこぼしている状態になりました。ハハハ。
増田を除くと、昨日はデュエットのうまい歌手がいませんでした。鈴木雅之、玉置浩二、
槇原敬之、徳永英明、デーモン閣下、石井竜也、JUJU、水樹奈々、小柳ゆき、華原朋美・・・
コラボはこの番組の生命線です。ブッキングを頑張らないと。

原点に返ることを勧めます。
凝った演出も細かいスイッチングも要りません。最高の歌唱、絶妙なコラボをシンプルに
聴かせることに集中してほしいです。昨日の番組を見ると、作り手が何をしたいのか不明、
混乱しているようです。少なくとも安っぽくするな と言いたいです。ぜひ、原点回帰を!
そして、この番組がなくなったら悲しむ視聴者が大勢いることを忘れてはいけません。
もう、手遅れかもしれませんが。

お知らせ:コメント投稿

コメントの投稿が元の形に戻っています。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

おかげさまでコメントが少し増えました。
満足じゃ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-28 09:18 | 放送全般 | Comments(14)
実際に聞いたわけではないのだが、先週、ラジオでSMAPの中居正広が
2月に父親が死んだこと、その悲しみをようやく克服したことを報告した。
テレビで、彼が語った言葉の中に「私の“お父さま”が亡くなりました」
という一節があることを知った。

ネットではとやかく言う輩がいたらしい。
ごく普通の社会常識では、自分の父を“お父さま”と呼ぶことには相当の
抵抗・違和感があっておかしくない。しかし、画面のフリップで示された
この言葉を目にしたとき、私はスンナリ受け入れていた。

アイドル…と言っても、40歳を過ぎた、しかも 男が公の場で話すときに
使う言葉ではないのになぜだろう?
ネットでテープを聞くと彼は取り乱していないし、言葉をきちんと選んで
話している。少なくとも彼としては“うっかり”このフレーズを口にした
わけではないことが分かる。
d0164636_642593.jpg



思うのだが、中居にこの言葉を選ばせたのは父親と彼の42年間のきずな…
だったのではないか?

「父が亡くなりました」
「おやじが死にました」

違和感を持たれない言い方はほかにあることは当然知っていたはずだ。
しかし、それでは自分と父親の間にあった強いきずな・関係を十分には
伝えきれない。それなら自分の気持ちに素直な言い方を選んで話そう…
つまり、“あえて”こう言おう。そう考えたのではないか?

いいオトナなら「えっ!?」と思う言葉を私がスンナリ受け入れたのは
この言い方に、父親に対する中居の深い愛情を感じたからだと思う。
何度か書いたが、アイドル出身で番組の司会をするタレントが多い中で
彼の力量は抜きんでていると思っている。
なぜ、そう思うのか、自分でもよく分からなかったのだが、今度の件で
彼のこういった感性が会話の中ににじむからだと分かった。

言葉のチョイスというのは難しいものだ。すべて“TPO”だと思う。
だいぶ前のことだが、ネット上で「ペットにエサを“あげる”という
言い方はおかしい」というクレームをつけている中年(と、おぼしき)
女性を見かけたことがある。
猫でも犬でも、飼っている動物に愛情を持っていたら“あげる”と言う。
岩佐家の夫婦の場合、飼っていた猫に“上げる”のは“エサ”ではなく
“ごはん”だった。おかしいなどと言う人は動物とともに暮らす幸せを
知らないんだ。気の毒に…と書いたら強い反発を食らった。放置したが。
ハハハ。

公人が公に発言する場合を除き、人は、自分の気持ちに素直な言葉で
語る自由があっていいと思う。総理大臣が国会で答弁をしているのでも
アナウンサーが事故のリポートをしているのでもない。
中居は一般人ではないが、この件ではプライベートなことをファンに
話しているのだからこれでいいのだ。

「私の“お父さま”が亡くなりました」は中居と彼の父の距離感を表す
ベストな言い方だったのだ。他人がとやかく言わなくていい。
d0164636_644917.jpg




中居がらみのツイート:おまけ

視聴率は振るわないようだが
フジテレビの「ワイドナショー」 がいい。
中居の父が危ないと知り「できることはないか?
喜んでくれるのなら会いたいけど」と打診した
ダウンタウンの松本。
「お父さん、メモ用紙とボールペン 持って
“ハマちゃんは?”って 書いてあって…」と。
(続

続)一緒に見舞ったタモリと鶴瓶が 病室を
あとにしたが、松本は「今まで ワーワーしていたのに、
一気に帰ったらかわいそう」と1人だけ残ったという。
中居は松ちゃんを尊敬しているそうだ。いい話だ。
電車の中でこの記事を読んで ブワーッと涙がこみ上げた。

お知らせ:コメント投稿

コメントの投稿が元の形に戻っています。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

これでも投稿が増えないようなら・・・
そういうことですか。分かったよ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-18 08:50 | 放送全般 | Comments(13)
昨日午前6時13分、岩手県で震度5強の地震がありました。
その時間はいつも「めざまし」を見ているため、スタッフの狼狽や未熟さを“つぶさに”
見ることになってしまいました。
ツイッターでN〇〇でもミスがあったとの情報をもらったので、他局はどうだったのかと
タイムシフトを使ってチェックしてみました。

各局が抱える“事情”やこの地震をどの程度伝えようと考えたか、ふだん、どんな準備を
しているか…などが見えてなかなか面白かったです。
あっ、“N〇〇”をてっきりNTVだと思ってしまったこと、お詫びしておきます。ハハハ。

以下、報告します。

NHK

NHK朝7時のニュースが始まった。
冒頭、メイン・キャスターの阿部アナがやや大きめの地震があったことを伝えたあと、
「気仙沼市から中継でお伝えします」と呼びかけ、記者が30秒ほどのリポート。
終わるとすぐに「続いて仙台市から中継です」と阿部アナが呼びかけた。

映像は切り替わるが、リポートは始まらない。
マイクから離れたところで「まもなく来ますよ」というスタッフの声が二度 聞こえる。
(放送では“不要音”と言う)
「仙台駅から中継どうぞ」と改めて阿部アナが促す。
最初の呼びかけから16秒後、女性アナ(記者?)が話し始める。
「仙台駅です。東北新幹線の改札前です。東北新幹線は青森方面に向かう…」で切れた。
「いま、音声が途切れました」と、阿部アナが引き取る。

珍しく、NHKの中継が混乱した場面だ。
しかし、発生直後の対応は“さすが”と言わざるを得ない。

朝5時のニュースがオンエア中だった。
6時13分20秒に「緊急地震速報」が画面下に出た。“強い揺れに警戒”の字幕。
(「緊急地震速報」が出たのはNHKだけだった。一時、全局が流していたが)
d0164636_942536.jpg





スタジオに常備されている(はずの)警戒を呼びかけるコメントを堀越アナが顔出しで読む。
6時15分には発生時の盛岡の情報カメラの映像。
「カメラが長い時間にわたって揺れているのが分かります」など。原稿があったと思う。
d0164636_9423580.jpg





画面が釜石の映像に切り替わってもアナウンスによどみはない。
台風が過ぎたあとだから、雨量が多かったところは土砂崩れにも注意をと呼びかける。
19分、仙台放送局の話が出るが映像はない。盛岡は映像があった。
仙台は期間曲としてのメンツがつぶれた形だ。あまり揺れなかったから?震度4だろう?
そんなわけはないと思うよ。ハハハ。

5時のニュースはほぼ満点の出来だった。
しかし、6時30分で番組が切り替わると男女のアナウンサーが所定の位置に立つところや
“逃げ遅れた”女性ADが画面に写ってしまう。NHK的にはかなりの不手際だ。
「6時半になりました。引き続き…」と話しながらイヤホンの具合をなおす阿部アナ。
準備が十分に整わないまま、放送時間になってしまったのだと分かる。
  
女川原発の現在の映像や花巻空港、仙台駅などの発生時の映像が出るが、ほぼ完ぺきに
阿部アナがフォローしていく。原稿もあるし、ディレクターからアナに“ダイレクト”で
情報が伝わっているように見える。これならば、情報がないアナが“手探り”で100%の
アドリブを強いられることはない。

37分、石巻市役所総務課の職員と手際のいい電話インタビュー。字幕も準備できていた。

「発生時はどこに?」
「今はどこに?」
「どんな揺れだったか?」
「自宅から市役所までの間の街の様子?」
「被害の情報は?」

質問が整理されていた。きっとマニュアルがあるのだ。
スタジオにつなぐ前にスタッフが電話の相手に質問内容を伝えている可能性すら感じた。

最後の「土砂災害が起きやすい場所はあるか?」は言葉が少し乱れていた。
これだけはディレクターから質問するようにとの指示があったかもしれない。
しかし、全体としてきわめてスムーズなやり取りだった。民放も参考にすべきだと思う。


日本テレビ

5時17分30秒、桝太一キャスターの顔出しコメントと字幕スーパー。
(CM中だったからか、ここまで速報の字幕もなかった)
d0164636_9411080.jpg





6時30分 大船渡市の映像。コメントなし。
49分 発生当時の盛岡市の映像 原稿あり。
7時 再び盛岡市内の映像に続いて宮城テレビ内の映像が流れる。
「スタジオの上部、照明がタテに揺れているのが分かります」など原稿があるのが分かる。
差し込む映像が少なく、その分、“混乱”はなかった。


TBS

6時15分、大相撲のニュース映像に字幕で速報。
映像終わりでアナが顔出しで伝える。
d0164636_9403571.jpg





17分、音声で情報を伝える中、黒ベースの画面に切り替わり、画面に“宮城・気仙沼市
JNN三陸支局”などの白い文字。スイッチングのミスか、映像が間に合わなかったか。
急いで画面が切り替わり、港の風景が映る。
藤森アナがすぐに「気仙沼の様子が映し出されています」とアドリブでフォロー。
彼の耳にサブから情報が入っているかもしれない。いずれにしても、NHKにくらべると、
アナが基本情報の原稿に画面を見てのアドリブを加えてつなぐ部分が多い。
しばらくスポーツ情報など(字幕あり)を伝えたあと、6時30分からニュースを1分間。
46分過ぎから、7時からもそれぞれ1分間ほど伝えたが、現地とのやり取りはなかった。


テレビ朝日

6時15分、プロ野球の映像が流れる中、字幕で速報が出る。映像終わりでスタジオから
坪井キャスターが顔出しで伝える。指示が飛び交うテレ朝の報道センターの映像が流れる。
d0164636_9395667.jpg




28分顔出しで1分ほど。
それ以後、6時58分までは予定通りの項目を消化し、地震の情報は途中で1回1分ほど。
ここから顔出しと現地の映像を交えて情報を伝えたあとネット局につなぐまで、発生から
アドリブはほとんどなかった。


テレビ東京

6時15分、VTR中だったが字幕で速報。
その後、まったく触れることなく、31分過ぎになって30秒ほどごく基本の情報を伝えた。
d0164636_9393364.jpg




7時半からの番組でも、冒頭30秒ほど伝えただけだった。
詳しくは分からないが、子供向けの番組もあって字幕を出すのも控えている感じだった。


フジテレビ

6時15分、CM中だったが字幕で速報。
16分、CM明けで三宅・加藤両キャスターがアナウンス。事実関係を原稿で伝えたほか、
余震への警戒やしばらくエレベーターを使わないようになど。マニュアル通りか。
d0164636_9385455.jpg




24分三宅キャスターがアドリブ込みで伝える。
25分、映像が情報カメラに切り替わる。「こちらが盛岡市内の映像…ということです」。
両キャスターが「小刻みに揺れている」などアドリブで説明する。

6時30分、「八戸の様子が入ってきました」。
「これはどうやら港を写している映像です。八戸市の港を写している映像ですが、これは
現在の状況ですかね? 現在の状況ですね」と確認しながら三宅アナが話を進める。
31分、「それでは、地震発生時の岩手県宮古市の様子、映像が入ってまいりました」と
言うが、映像は切り替わらない。「…出ますでしょうか?」とつなぐが、出ない。
数秒後、「いま、まだ映像は入ってきていないようですね」。

32分、「それでは仙台の映像が入ってきました。ご覧いただきましょう」。
ここからは完全にアドリブだった。スポーツ実況で鍛えた三宅アナだが、「ようです」が
多くならざるを得ない。

最悪だったのは7時すぎの現地とのやり取りだ。
岩手めんこいテレビとつながった。「報道センターにいた伊藤さんとつながっています。
伊藤さん?」と呼びかけるが、返事はない。「ああ、つながってないんですね」。
約2分後「めんこいテレビのスタッフとつながっているようです。伊藤さんですか?」。
…やはり、返事はない。

加藤アナが「伊藤さん?」三宅アナが「え~、聞こえますでしょうか?」と呼びかける。
「もしもし」とようやく反応があった。
「おはようございます。岩手めんこいテレビの伊藤さんでよろしいですか?」。
「違います。こちらは花巻市役所です」
「大変失礼しました。花巻市役所の田中さんでよろしいですか?」。
「私は永田と申します」。
d0164636_9381816.jpg




似たような経験があるから、三宅アナの脇の下や背中を汗が流れるのが想像できた。
「ったくもう。頼むよ、スタッフ!」。ハハハ。

ダイレクトで三宅・加藤両アナの耳に指示や情報が流せるシステムになっていないようだ。
「次は、〇〇〇の映像が入る」、「伊藤アナ、まだスタンバイしてない」、「電話の相手は
花巻市役所の〇〇〇さん」…など、スムーズなコンタクトがとれない。
今の時代に、そういうシステムになっていないことにむしろ驚く。

NHKはもちろん、他の民放にくらべても、全体にアドリブの量が多かった。

…見比べると、NHKの伝え方が圧倒的によかったと言わざるを得ません。
よく準備されていることが分かり、放送にも大きな破たんはありませんでした。
民放はフジテレビ以外、あまり時間を割きませんでした。
“震度5”だったからでしょうか?

東海地区で大きな地震が起きそうだと言われ、箱根もどうなるか分からない状況の中で
噴火や6以上の地震で被害が出たときなど、今の態勢・体制で十分に対応できるのか…
心配しなければいけない実態をさらけ出した気がします。

お知らせ:コメント投稿

昨日の午後から、コメントの投稿が
元の形に戻りました。
右下の「Comments」をクリックすると
その下に書き込み用の空欄が出てきます。
お時間があったらどうぞ。

これでも投稿が増えないようなら・・・
そういうことですか。分かったよ。ハハハ。

by toruiwa2010 | 2015-05-14 09:47 | 放送全般 | Comments(6)
まだです まだです。
727型機には間違いありません。
日航機“よど号”が今 牽引車に惹かれまして
場所を移すようです。
関係者、報道陣がもう待ちきれないと言った表情で
そのあとをぞろぞろとついて行きます。


連合赤軍によってハイジャックされ、韓国経由で北朝鮮に行っていた日航機よど号が
事件発生から6日後、羽田空港に戻って来た様子を伝えるリポートです。
1970年4月5日…しゃべっているのは入社8年目に入ったばかり、32歳の私です。

先週の金曜日の夜、フジテレビで特別番組が放送されました。
タイトルは「新発見!TV大事件50年史 運命を変えた衝撃の瞬間」です。
「グッディ」と「みんなのニュース」という新番組が始まったばかりのタイミングだし、
朝のワイドショー番組、「小川宏ショー」の放送開始から50年になるのを記念して…。
そんな理由かい!ハハハ。

いろいろな思い出と重なって興味深く見ていました。
飛行機墜落事故・ハイジャック、小野田寛郎さん帰国、あさま山荘事件、田中角栄訪中…
数多くの事件・事故の報道に立ち合いましたから、もしかして?という思いもありました。
d0164636_8523111.jpg
そろそろ番組が終わるかなという時間帯になって若き日の私の声が流れてきました。
編集されているし、文字に起こすと“しょうもない”リポートですが、これでも社内では
当時、割合に評判が良かったのです。番組の中では、リポートが始まる直前、スタジオの
須田アナが「あ、名リポートだ」と言ってくれました。先輩を立てる嬉しい一言ですが、
甘いっちゃ、甘いなあ。“ぞろぞろと”なんて。おお、恥ずかしい。ハハハ。

ああ、しかし、画面を見ると隅のワイプに同期・露木茂の顔が映っています。これじゃあ、
まるで彼がリポートしているみたいじゃないですか。この事件では大活躍した露木だし、
大した内容じゃないからいいんですけど、誰も気づかないとは!

冒頭の中継ですが、飛行機が羽田に戻ってくるのを描写するのだからと、ディレクターが
「それならスポーツ・アナがいいんじゃない」と考えてアナウンス室に発注しました。
ベテランは逃げるし、新人には無理だからと、“若手の中堅”・岩佐が指名されたのです。
安易だし、いい迷惑。ハハハ。
ラジオ局からも親しいスポーツ・アナが来ていましたから発想は同じなのかもしれません。

「まだです。まだです。727型機には間違いありません」はおかしな表現ですよね。
デッキにいる私たちのところにはまったく情報が入ってこなかったため、予定の時刻が
近づいてからは着陸態勢に入った飛行機を一機ずつ双眼鏡などで確認しながら手探りで
実況していたのです。飛行機にこれといった特徴があるわけではなく唯一の手がかりは
“ボーイング727”だけでした。流れた実況は何機か“空振り”したあとだったはずです。

同期に露木という花形アナがいたおかげで、私が事件・事故のリポートで活躍すする場は
限られたものです。


1963.11.23 ケネディ暗殺 

入社1年目の私は泊まり勤務でした。すべての放送が終了したあと宿泊室にいました。
寝入りばなを警備員が起こしに来ました。「起きてください。ケネディが撃たれました」と。
呼び出された先輩が出社するまで、記者が書く原稿をブースで繰り返し読みました。

d0164636_8513724.jpg


1966.03.05 羽田でカナダ太平洋航空機が着陸に失敗し墜落。
1966.03.06  BOAC機が富士山上空で乱気流に巻き込まれて2合目に墜落


2日連続の飛行機事故でした。
このときも、最初の事故を取材したあと会社に戻って仮眠中を起こされました。
御殿場から乗用車で行きましたが、火山礫でうまく進めなくなり、途中から歩きました。
夜のニュース番組に電話リポートするため、自衛隊のトラックでふもとまで降りました。
でこぼこ道でガタガタする棺のふたを片手で抑えながら。

1970.04.05 よど号帰国

1972.02.02 元日本兵・横井庄一さん帰国


羽田にはエース・露木が行き、私は横井さんが入院する国立第一病院からの中継でした。
待っている時間が長くて、角を曲がった車が目に入った瞬間「来ました、来ました!」と
大声で叫んでいました。スポーツ・アナの私には自然でしたが、当時のリポートとしては
珍しかったのか、「3時のあなた」の司会者・芳村真理さんが妙に気に入ってくれました。
その後、番組リポーターに起用され、アシスタントが骨折したとき、すんなり代役となり、
そのまま“居座る”きっかけになりました。
今のスタイルではありませんが、ワイドショーを経験したことが、再び、スポーツ実況に
戻ったときの視野を広げてくれたと思っています。

1972.02.19~28 浅間山荘事件

連合赤軍のメンバーが人質を取って立てこもった直後から現地に行っていました。
警察からあまり情報が出てこない上に、建物の内部の様子は分からず、カーテンが少し
動いただけでもオーバーに伝えたものです。
「明日は警察が突入する」という情報が入ってきました。
本来なら現地リポーターの腕の見せ所でしたが、なんと、私はデスクからの電話で東京に
戻らされてしまいました。担当していたボウリング番組の収録があったからです!

d0164636_8504454.jpg

1972.6.12 コンコルドがデモ飛行で羽田に

機影を確認するのに苦労しました。姿は優美でしたが、爆音のすごさにビックリしました。
リポートの中で、怪鳥を“カイチョウ”と言ってしまい、アナウンス部の事故簿(放送中の
失敗を報告するノート)に書き込んだときの恥ずかしさ!

1972.09.25 田中角栄首相の訪中

なぜか、スポーツ・アナの私に指名がかかりました。
山ほどのネタを用意して羽田に行きましたが、政治部の記者から話を引き出すのが主で
リポートは搭乗機が滑走をはじめてからの数十秒間だけでした。

1973.07.20 日航機ハイジャック 

羽田に帰って来て家族と再会する乗客たちにインタビューしました。
“左から家族、右から乗客”の真ん中にいたため、両側からどっと押し寄せて来た人波に
持っていたマイクのコードがからみ、カメラマンとも引き離されてしまいました。
仕方なく、自分のマイクを“捨て”、後輩の女性アナからマイクを奪って仕事をしました。

混乱の中で、偶然、乗客の中にいた洋菓子“ヒロタ”の会長がお孫さんと再会した直後に
話が聞けました。
井の頭線・明大前駅のホームにある売店を見るたびにこのことを思い出します。

1974.10.01 超法規的措置で連合赤軍のメンバーを釈放

「人命は地球より重い」として、赤軍メンバーが釈放され、羽田から出国しました。
デッキからだと後姿が多くて、メンバーの顔と名前がまったく一致しなくて焦りました。

d0164636_8525867.jpg

1982.02.08 ホテル・ニュージャパン火災
1982.02.09 羽田沖事故、日航逆噴射事故と呼ばれる。


2月1日にアナウンス部から報道ゼンターへの異動の辞令をもらい、8日まで有給休暇を
取っていましたから、ホテルの火事は自宅のテレビで見ていました。
飛行機事故のことは9日に出社してから知りました。報道部へはこの日が初出社でしたが、
編集長が私の顔を見ると、「岩佐、特番の司会をやるか?」と聞いてきました。“文体”は
質問ですが、顔は「やれ」と言っていました。

番組が始まるまで20分ほどしかなかったのですが、度胸を決めてやりました。
ネームプレートが“岩佐記者”となっていました。

…一つ一つ振り返ると大した仕事はしていません。
人命が失われたケースもあるので申し訳ないですが、多くの場合、妙にアドレナリンが
流れたことを思い出します。
by toruiwa2010 | 2015-04-10 08:58 | 放送全般 | Comments(4)