ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:インスタグラム風( 21 )

眼鏡を作りに出かけた吉祥寺で

妻が小川軒のレーズン・ウイッチを

見つけて買ってきた。


テレビを見ていた私に電話をかけてきた。

「…を見つけちゃった」と言った。

聞き取れなかったので「なにを?」と

聞き返したところで切れてしまった。

公衆電話だからどうすることもできず、

何を見つけたのかと気が気じゃなかった。


それがレーズン・ウイッチだった。

d0164636_12442952.jpg














何十年ぶりだろう?

期待に胸を膨らませて口に入れたが、

記憶していたものと違った!

"記憶"の中にあるレーズン・ウイッチは

口に入れた瞬間、ブワーッと何かが

いっぱいに広がる感じだったけどなあ。


by toruiwa2010 | 2017-12-12 13:14 | インスタグラム風 | Comments(4)

「岩佐クン、大統領に会うんだから、

今日はネクタイをしめてくれよな」


昭和30年代の終わりだったと思うが、当時 産経新聞社長の

水野成夫さんが編集総長だった私の父親にそう言ったらしい。

なにしろ、“黒シャツ・ノーネクタイ”がオヤジのスタイルで

私の結婚式のときも同じだった。さすがに、アメリカ大統領に

それではまずいだろう…と水野さんは心配だったのだ。

社長に言われて抗しきれず、オヤジは仕方なく秘書に買いに

行ってもらったと笑っていた。


そんなオヤジの背中を見て育ったせいか、私も“フォーマル”が

大の苦手だ。長兄を荼毘に付したときも短パン・ポロシャツ・

スニーカーだった。急いで東京を出たから…は言い逃れだ。

日々の生活でも改まった席に出ることは、きわめて少ないから、

年間、250日ぐらいはスニーカーで過ごしている。

d0164636_06593075.jpg















先日、スニーカーを買った。ここ数年 愛用しているVANS

同じデザインのものを買った。(下左が新品)

靴というのは新しいものを“試着”するとき、脱いで 横に置いた

古い靴のみじめさが目立つんだよなあ。布でもかぶせておいて

くれないかと思うことが多い。ハハハ。


下右のシューズは先日まで履いていた。今後は出かける段階で

“天気があやしい”ときに履くことになる。

3足目()は、最も古いシューズで、朝、ゴミ出しのときに

履いている。ヒモの編み方を工夫して靴ベラの世話にならずに

すんなり履けるようにしてる。“加減”が難しく、ゆるすぎると

階段の途中で脱げたりする。

岩佐家のスニーカーにはそれぞれの役目があるということだ。

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-11-28 08:15 | インスタグラム風 | Comments(0)
d0164636_17373863.jpg
















なじみの店のいつもの席から
素晴らしい秋空を見上げる
d0164636_17373371.jpg
















いつもよりドレスアップした生ハム
いつも通り美味
d0164636_17374435.jpg










暗がりだったのに・・・

d0164636_17372881.jpg









ユニクロ製ヤンキース印の
ウルトラライトダウンもデビュー



by toruiwa2010 | 2017-11-26 17:40 | インスタグラム風 | Comments(0)

1010日ごろから甘いものと間食を

禁止にしている。秋口から体重増加の

傾向があり、10月に入ったところで

68㌔近くになったからだ。


しかし、この私の“ダイエット”作戦は

なかなか思い通りに進まない。

妻が、PCに向かっている私のところに

ちょこちょこ“何か”を運んでくるからだ。

誘惑に弱いし、私が食べることを妻が

喜ぶと分かっているから 文句も言わず、

ついつい手が出てしまう。ハハハ。

d0164636_08031407.jpg













10月末のイチジク・ケーキに続いて

この数日、“恒例”のフルーツ・ケーキが

出てくる。11月末からクリスマスに

かけての我が家の“定番”だ。


レーズンをはじめ8種類ぐらいのドライ

フルーツをラム酒に1ヶ月ほど漬ける。

玄関の下駄箱の上に置いた広口ビンを

出かけるたびにひっくり返している。

d0164636_08072861.jpg












焼きあがると、私の“味見”が始まる。

まあ、当日、翌日、3日目…と少しずつ

しっとり感が変わるが、私はただ食べて

感想を言うだけだし、必ずおいしいから

あまり、意味はないけど。ハハハ。


甘さ控えめ+量は少ないが、毎日だし、

10日から2週間 続く。体重増が心配だ。
by toruiwa2010 | 2017-11-21 08:05 | インスタグラム風 | Comments(4)

d0164636_09511413.jpg
















長短いろいろだが、我が家に喜びを運んでくれた

猫たちの肖像です。今日のエントリーの主役は

右下の“ペレ”です。

名前の由来はサッカーのレジェンドです。

丸めた紙を投げてやると左右の前足を巧みに使い

食器棚の下などにゴールさせる名手だったのです。


弟・“ブク”と一緒に妻のバスケットにおさまって

我が家にやって来たのは19726月のことです。

夫婦の間をどれだけ“つないで”くれたことか。

15年が過ぎ、高井戸のマンションに引っ越すとき、

ちょっとした問題が起きました。マンションは

気に入ったのですが、“ペット禁止”だったのです。


不動産屋が一計を案じてくれました。

「“現猫かぎり”と一筆入れてください」と。

初めて耳にした言葉ですが、ニュアンスはすぐに

伝わりました。“飼うのはこの猫だけ”…です。


サインした書類には…

d0164636_09511914.jpg















…◯◯◯◯マンション301号室を賃借し、室内に

猫を飼っていますが、現猫以外は飼いません。


我慢強いやつでした。

引っ越しのたびに、近所に知られないようにと

段ボールに隠して、朝早く、タクシーで新居に

運びました。不安だったはずですが、いっさい

文句を言いませんでした。


“現猫”クンは、浜田山駅近くのマンションを経て

光が丘の公団住宅で亡くなりました。

1811ヶ月でした。


by toruiwa2010 | 2017-11-14 08:15 | インスタグラム風 | Comments(2)

昨日、映画を見た帰り、伊勢丹の横から

新宿駅に向かう地下道を歩いているとき、

この写真に出会った。

2x幅30メートルほどの壁面を使った

横田めぐみさんの”写真展”だ。

d0164636_08192511.jpg














最後、一番新宿駅寄りのところにご両親の

大きな写真があった。片手で目を押さえて

むせび泣く滋さんの顔を見たとき、はっと

胸が詰まった。

日本人にとって横田滋・早紀江さん夫妻は

すっかりおなじみだが、いつも悲しげだ。


めぐみさんが北朝鮮に拉致されて40年…

それは夫妻が涙を流した年月の長さだ。

84歳と81歳と聞くが、二人は人生の半分を

娘との再会を願って生きてきたことになる。


トランプ大統領は国連総会での演説の中で

めぐみさんのことに触れた。今回の来日では

直接の被害者、曽我ひとみさんとも面会した。

だからと言って、事態は遅々として動かない。


滋さんはすっかり年を取られた。年齢以上だ。

心を痛めた年月から受けたダメージは私たちの

想像を超えるのだろう。公の場に出る回数も

大幅に減った。大統領と面会した写真の中にも

姿が見えない。心配だね。

d0164636_08243215.jpg







ゴールが見えないマラソンを走るのは過酷だ。

どうかお元気で…と祈るしかないのがつらい。


by toruiwa2010 | 2017-11-09 08:25 | インスタグラム風 | Comments(2)

私が結婚したのは1963115日でした。

その年の31日にフジテレビに入社しています。

はい、入社1年目に結婚したんです。

病気をしたため高校を卒業するのに5年かかって

いるので25歳になっていました。

妻には「僕の月収が手取りで30000円を超えたら

結婚しよう」と話していました。


2年ぐらいかかると思っていました。

しかし、3ヶ月の研修を終えて通常勤務に入ると

“諸手当”がついて、簡単に30000円を超えました。

ハハハ。


もちろん、男に二言はありません。有言実行です。

急でしたが、“仏滅”だった115日の式場が

見つかりました。その頃、靖国通り沿いにあった

新宿厚生年金会館です。

お金がないので“会費制”でやらせてもらいました。

500円の料理に500円の引き出物をつけたので

“おひとり1000円”でした。費用対効果。


私の家は父が新聞記者だったし、彼女の父親は

ミュージシャンですから、ともに堅苦しいのは

大の苦手です。教会や神式の挙式も嫌だったので

“人前”でやりました。披露宴の場で結婚届用紙に

サインするだけで終わりました。


箱根・富士屋ホテルに2泊の新婚旅行でした。

入社から8ヶ月が過ぎているから、もうそろそろ

仕事も忙しくなっているはずだからと、長い休みを

想定していなかったのです。都内でボウリングして

過ごしました。ハハハ。

d0164636_07575126.jpg










54年後のその日は渋谷で映画を見て、銀座で食事。

銀座にこだわったのではなく、“せっかく”だから

すき焼きでも…となったからです。

なんのことはない、誕生日と同じ行動でした。

ハハハ。

d0164636_07503187.jpg














最初の一枚をを撮ったら“いい感じ”だったので、

インスタグラム風にツイッターで投稿しました。

単なる肉の写真に“32いいね”をいただきました。

8年のツイート歴の中で800近い“いいね”を

いただいたこともありますが、プライべーとで…

恐縮です。


スタートが東京オリンピックの前年でした。

ともに健康を維持して 次の東京オリンピックを

迎えたいものです。

d0164636_07560284.jpg













おまけ

今朝、ゴミ出しに出ると

東の空がきれいに“朝焼け”ていました。

振り向くと、月も残っています。

一日一日が愛おしい…そんな心境です。


by toruiwa2010 | 2017-11-07 08:02 | インスタグラム風 | Comments(2)

d0164636_13514229.jpg










Actually,it's Garden Place,Tokyo.

by toruiwa2010 | 2017-10-30 13:54 | インスタグラム風 | Comments(0)

忙しい日々を過ごしていたアナウンサー時代は

花の名前など、ほとんど知らなかった。頭の中で

季節と直接結びつけられる花は桜や梅、あじさい、

つつじなどごくわずかだった。

先日からマンションのロビーに飾られている花が

“ワレモコウ”だということも、妻と管理人さんの

会話を聞いて初めて知った。

d0164636_08062082.jpg








気になる花だ。まずなにより、名前の響きがいい。

吾亦紅…と書く。私も(=亦=また)赤なのよ…

よーく見れば赤かもしれないが、暗紅色と呼ばれ、

華やかさとは縁遠い色だ。


花言葉も変化、“もの思い愛慕と控えめ。


花の名前を聞くと、必ず思い出す曲がある。

杉本真人が歌う「吾亦紅」だ。

母を亡くしたあと、十分な親孝行をしなかった

自分に気づいたときの恥ずかしさ、申し訳なさ、

悔しさなどとこの歌の歌詞がぴったり重なる。


山に囲まれた村、落ち葉を踏んで初老の男が行く。

母が死んで何年になるのだろう?忙しさを理由に

今年も盆には帰らなかった。俺は親不孝だなあと

苦い思いが胸を締め付ける。母さん、ごめん。


杉本のしわがれた声で歌われると1番の後半、

“あなたに あなたに 謝りたくて”あたりから

涙がこぼれてしまう。分かっていて聴く。ハハハ。


ちあき哲也作詞 杉本真人作曲


♪マッチを擦れば おろしが吹いて

線香がやけに つき難(にく)い

さらさら揺れる 吾亦紅  

ふと あなたの 吐息のようで……

盆の休みに 帰れなかった

俺の杜撰(ずさん)さ 嘆いているか

あなたに あなたに 謝りたくて

仕事に名を借りた ご無沙汰

あなたに あなたに 謝りたくて

山裾の秋 ひとり会いにきた

ただ あなたに 謝りたくて…… 

d0164636_08021097.jpg








http://bit.ly/2yKUxnQ


今になって、どんなに悔やんでみても、時計の

針は戻らないが、こうして折に触れて思い出し、

涙することで少しは供養になるかと…。つまり、

我もまた老いたんだ。

ワレモコウならぬワレモロウ…吾亦老。ハハハ。


母が一番好きな花だったそうだ。

この花のことを書くと知った妻が教えてくれた。

「書いといてね」というニュアンスだった。

d0164636_08063392.jpg







初めて聞いた気がする。母のことを何も知らない。

自分の周りの“自然”のことも…。

恥を忍んで正直に書くと、管理人と妻の話に耳を

傾けながら、ああ これが“ワレモコウ”なんだ、と

思って見ていたのは最初に目に入った 色鮮やかな

こちらの方だった。wikipediaで確認してよかった。

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-10-26 08:42 | インスタグラム風 | Comments(0)

酢の物やてんぷらのほか、どこかで食べた

チラシ寿司の中に入っていた記憶がある。

あと、きんぴらにも入ってたっけ?

で、食べたことはないが、からしレンコン?


もともと、食べるものに執着がなく、料理に

関心が薄いこともあって、れんこんと聞いて

思いつくレシピはそんなものだ。この野菜の

名前と直接 結びつくのは妻の手料理だ。


厚さ5~6ミリに切ったレンコンをごま油で

  焦げめがつく程度にいためる。

砂糖をまぶす。

しょうゆをかける。

みりんを入れる。

お好みで七味唐辛子をかける。


蛇足:②~⑤はフライパンをゆすりながら。

d0164636_06574378.jpg



















…それだけだが、れんこんがよほどダメで

なければ、間違いなくおいしい。

あとからあとから手が出てしまう。

正月のごまめと同じだ。ハハハ。


妻によれば、このレンコン炒めは母か父に

教えてもらったらしい。たぶん、父だね。

若いころから通った新橋・烏森の飲み屋・

“花や”で仕入れたに違いない。仮に母から

教えられたとしても、“元”は父なんだ。

オヤジ、いいことを遺してくれて有難う!

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-10-24 07:55 | インスタグラム風 | Comments(0)