ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:映画が好き( 214 )

d0164636_1357477.jpg
日本アカデミー賞の授賞式が18日に行われます。
すでに発表されている候補作の中から最優秀賞が決まります。
映画の評価は“人それぞれ”ですから、本来、結果はどうでもいいのですが、アカデミーと
名づけられた賞を誰が、どの作品が手にするのか、正直にいえばやはり気になります。
投票するのは日本アカデミー賞協会の会員です。ざっと検索した結果では、映画の仕事に
従事している人たち、と理解しています。ということは、当然、一般の映画ファンによる
“人気投票”とは一線を画していると信じます。
d0164636_13581567.jpg
しかし、これまでの受賞、今回の候補を見ると、一定の“傾向”があることが分かります。
山田洋次的、吉永小百合的、松たか子的なものが好きな人が多いという…。
道理で、私の好みと違うものが毎年選ばれるわけです。ハハハ。

たとえば、作品賞の候補作を見ると…
「悪人」、「おとうと」、「告白」、「孤高のメス」、「十三人の刺客」の5本です。
珍しく、5本全部見ています。
私の評価と寸評は以下の通りです。

「悪人」85 いいと思いながら見ていたが原作も含めて肝心の意図が伝わりにくく減点
「おとうと」75 一人娘の結婚式を台無しにしたダメな弟をどこまでもかばう姉
「告白」75 ネット上の評判がいいのにつられて出かけたがどこがいいのか分からなかった
「孤高のメス」90 丁寧に作られた医療映画 堤真一が期待を裏切らない 夏川結衣も
「十三人の刺客」70 監督の露悪趣味にへきえき 国際映画祭に出品したことが恥ずかしい

d0164636_15445335.jpgd0164636_15451335.jpg去年見た映画の中に、95点(=皆さんにお勧め)の作品はなく、90点(=私としては大満足)を
つけた邦画は次の7本でした。
「RAILWAYS」、「春との旅」、「オカンの嫁入り」、「てぃだかんかん」、「森崎書店の日々」、
「海猿」、「孤高のメス」…
私にも一定の傾向があることははっきりしていますね。ハハハ。
残念なのは、作品賞の候補に入ったのがこのうち「孤高のメス」一本だったことです。
d0164636_15231673.jpg
“岩佐徹的2010年 映画ランキング”の第1位、「春との旅」は候補にも入っていません。
キネ旬ベスト・テンなど、各賞でもほとんど話題になっていないようです。
「十三人の刺客」のような映画がまさか高い評価を得るとは思いもしませんでした。
私自身が高い点をつけた「孤高のメス」か「悪人」が最優秀賞に選ばれることを祈ります。
間違っても、ほかの3本から選ばれることがないように、ということも…。ハハハ。

監督賞、脚本賞は評価する能力がありませんから誰が選ばれても「へえ」で終わりです。

主演男優賞
笑福亭鶴瓶(おとうと)、堤真一(孤高のメス)、妻夫木聡(悪人)、役所広司(十三人の刺客)、
豊川悦司(必死剣鳥刺し)

「ディア・ドクター」の鶴瓶の演技力は認めますが、この作品の彼が最優秀に値するとは
思いません。
地味な作品の中で堤は光っていました。彼を推します。
妻夫木もよかったと思います。彼が獲っても違和感はありません。
豊川、役所の演技も悪くはありませんが、いかんせん、作品が…。ハハハ。

主演女優賞
寺島しのぶ(キャタピラー)、深津絵里(悪人)、松たか子(告白)、吉永小百合(おとうと)、
薬師丸ひろ子(今度は愛妻家)

きっと、見なかった「キャタピラー」の寺島が選ばれるのでしょうね。
「3時のあなた」のスタジオに来ていた、幼い日のしのぶちゃんを思い出します。
彼女が、本気を出して演技したら、毎年、賞をさらっていくのではないでしょうか。
助演賞の樹木希林と同じです。
深津もよかったです。
松は、去年、「ヴィヨンの妻」で最優秀に輝いていますが、それほどとは思いません。
今年も「告白」でも同じ感想を持ちました。
薬師丸も同じです。
吉永に恨みはありませんが、世間が彼女を見る目に、いつも辟易します。ハハハ。

助演男優賞
石橋蓮司(今度は愛妻家)、柄本 明(悪人)、岡田将生(悪人)、吉川晃司(必死剣鳥刺し)、
岡田将生(告白)

全部見ていますが、印象に残っているのは柄本だけです。石橋などは、出ていたことは
覚えていますが、どんな役だったか思い出せないほどです。ハハハ。
柄本が選ばれれば文句はありません。

助演女優賞
蒼井 優(おとうと)、樹木希林(悪人)、木村佳乃(悪人)、夏川結衣(孤高のメス)、
満島ひかり(悪人)

大好きな蒼井優ですが、彼女にとっては「おとうと」の演技は“普通”でした。
最優秀になるほどとは思いません。この賞は樹木、夏川、満島の争いではないでしょうか。
作品が好きな性もありますが、夏川に獲らせたいです。樹木はいつだって…。ハハハ。

外国作品賞
「アバター」、「インセプション」、「インビクタス 負けざる者たち」、「トイ・ストーリー3」、
「ハート・ロッカー」

「アバター」と「トイ…」は見ていません。
「インセプション」は75点(40分でギブアップ)…選ぶ資格はないかもしれません。ハハハ。
「インビクタス」と「ハート・ロッカー」には90点をつけました。差は微妙ですが、
どちらが好きかと言えば「インビクタス」に軍配を上げます。
d0164636_15263088.jpg
「悪人」の評判がいいようですね。モントリオールで深津絵里が主演女優賞をもらったから…
ではないことを祈ります。ハハハ。

私も「90点かなあ」と思いながら見ていましたが、最後の部分で5点、下がりました。

絶望のどん底に突き落とされた人間たちが、善悪の葛藤のなかでもがき、
そしてその先にひとつの謎が生まれる。
いったい誰が本当の“悪人”なのか?
その答えが明かされたとき、
物語は、衝撃と感動のクライマックスを迎えるー。

帰宅してから、公式HPの“ストーリー”を見ると、こう締めくくられていました。
虚を突かれた思いでした。えっ、この映画は“誰が本当の悪人なのか”を問いかけていたのか?
エンディングの一部を除くと、そのように描かれてはいませんでした。
たぶん、原作者の意図はそこにあり、小説には分かるように書かれているのでしょうが、
映画を見ている限り、そうは感じられなかったのです。

翌日、外出したとき、本屋さんで小説の最後の部分を立ち読みしました。ハハハ。
光代と祐一のそれぞれのモノローグがあり、少しは分かる気がしました。
しかし、映画は映画で独立した作品ですから、それだけを見て分かるように作らなければ
成功とはいえないでしょう。
d0164636_152731.jpg
キネ旬のベスト・テンは信頼度の高い賞だと思います。
選出者は、映画を多く見ている人に厳しく限定し、年齢・所属の幅(映画評論家、日本映画
記者クラブ員など)も広いとされているからです。
ここでも第1位に押されているのですから、私の理解力が低いのでしょう。
ですから、「悪人」が最優秀作品賞に選ばれても異は唱えません。
「孤高のメス」が惜しいなあ、とは思いますが。ハハハ。

2010年度制作の映画に与えられる各賞の傾向を見て、唯一、救われるのはどの賞でも、
北野武監督の「アウトレイジ」がパスされている点です。ハハハ。

明日の更新はありません。あしからず。

ロナウド引退
“怪物”・ロナウドが引退しましたね。
どんな名選手にもこのときは来ますから仕方がありません。
「美しく、感動的で素晴らしいものだった」と自分のキャリアについて語ったそうですが、
彼のプレーはまさにその言葉がぴったりでした。スペイン時代の、ドリブルで前に出る馬力、
そしてネットを揺らす決定力にはしびれたものです。ケガがなければ、もう少し長く欧州の
ビッグクラブでやれたんでしょうが、ケガも“つきもの”ですから。
彼の試合を実況した時、すでに峠を越えていたのが残念です。

人気ブログランキングへ

d0164636_21284519.jpg
by toruiwa2010 | 2011-02-16 06:51 | 映画が好き | Comments(6)
d0164636_8453971.jpg

「ソーシャル・ネットワーク」90

2003年秋、ボストンのハーバード大学近くのパブで、2年生のマークはガールフレンドの
エリカと話しこんでいた。自分の優秀さに絶対の自信を持っている彼の話しっぷりには
ボストン大学に通う彼女をバカにしたニュアンスがあった。
言い争いの挙句、うんざりした彼女がパブを飛び出して行くと、腹を立てたマークは寮に
戻って、彼女の悪口や別れたいきさつなどをブログにぶちまけた。

それでも気持ちがおさまらないマークはルームメイトの手を借りて“いたずらサイト”を
立ち上げた。ハッキングして手に入れた女子学生の顔写真を並べ、投票でランクをつける
というものだったが、あっという間に学校内に広まった。1時間に22,000件のアクセス!!

大学の倫理委員会に呼び出され、観察処分が言い渡された彼に、学内の別のグループが
近づいてきた。「面白いサイトを作るので協力してほしい」と言われたマークは説明を聞き、
即答した。「I’m in」(やるよ)…
d0164636_857462.jpg
世界で5億人がメンバーになっているといわれるフェースブックが、どんないきさつで
生まれ、どう成長し、どんな問題があったかが描かれています。
ただし、フェースブックそのものについてはそれほど細かく紹介されているわけではなく、
むしろ、爆発的なヒット商品になる過程で起きた開発グループ内の友情、対立、裏切りが
中心になっています。

ウイークデーの昼間でしたが、たまたま“メンズ・デー”だったことも重なり、若い人で
8割がた客席が埋まっていました。とにかく、スピード感があって楽しめます。
こまかいことですが、ハーバード大学の学生たちが学んでいるきわめて恵まれた環境を
垣間見られたり、世界一高水準の知的レベルで交わされる会話を聞けたりしたことが
拾いものでした。

ゴールデングローブ賞で作品賞など4部門を獲得したのも納得です。

ひとつだけ、年配者には“仕組み”の理解が大変かもしれません。
この日は、始まって20分で年配の夫婦が席を立って行きました。ハハハ。


「髪結いの亭主」85

12歳の少年は近所の理容室のマダムが大好きだった。そのふくよかな体とにおいが。
「大きくなったら理髪師の女性と結婚する」と話して父親の平手打ちを受けたこともある。
年月が流れ、成長した彼は理容室のドアにもたれて外を眺めるマチルダに一目ぼれした。
調髪してもらい支払のとき、唐突に「結婚してほしい」と告げた。沈黙のマチルダ。
次に店を訪れたときの帰り際、マチルダが言った。
「この間は私をからかったのかしら。もし本当だとしたら、私は気持ちを動かされました。
お気持ちが変わらないなら、答えは“ウイ”です」

めでたく結ばれた二人は互いがいれば他には何も要らなかった。そう、思えるほど幸せな
日々が続いた。土砂降りの雨が降ったあの日まで…
d0164636_8581270.jpg
制作から20年たったのを記念するディジタル版です。
この作品は、主人公役のジャン・ロシュフォールがいて初めて成立するのだと思います。
男の妻になるアンナ・ガリエナという女優さんも素晴らしいのですが、不思議なことに、
ほかの作品でお目にかかったことがありません。
大人向けです。若い人には、この映画が描く人生の“機微”は分かりますまい。ハハハ。
これを見ると、夫婦の幸せとはいったいなんだろうかと思います。考えたりはしません。
答えは出ませんから。


「デザート・フラワー」85

果てしなく続くソマリアの砂漠の一角で遊牧民の少女がヤギの出産を手伝っていた。
少女の名前はワリス・ディリー、ワリスは“砂漠の花”を意味する現地の言葉だ。
13歳になったとき、父親によって知らない男の4番目の妻になるよう、命じられるが、
テントを抜け出して祖母のもとに走った。
のちに、祖母の手引きによってロンドンのソマリア大使館で働くようになるが、祖国が
内戦状態になって大使館が閉鎖されると行き場を失ってしまった。

街をさまようワリスを救ってくれたのは温かいハートの持ち主、マリリンだった。
マリリンの部屋に転がりこみ、ファストフード店で働き始めたワリスがファッション・
カメラマンの第一人者、ドナルドソンの目にとまる…
d0164636_8584573.jpg
ソマリアの砂漠に生まれた少女がスーパーモデルとして成功を収める、単なるサクセス・
ストーリーのつもりで見に行きましたが、もっと、深い話が隠されていました。

“割礼”は宗教的な儀式かと思っていましたが、そうではないようです。では、いったい
何の意味があって、女性に対する“非人間的”な仕打ちは続いているのか?
世界的な名声を得たあと、人前に出てこの種の過去を赤裸々に語るのは、人が思う以上に
難しいことのはずです。胸をうたれました。

ワリス役のリヤ・ケベデもアフリカ出身のスーパーモデルだそうですが、その美しさは
“圧倒的“です。


「デュー・デート」85

ピーターとイーサンが乗った車が一路、ロサンゼルスを目指して走っていた。
数時間前までは全く見ず知らずの他人同士だ。
建築家のピーターは仕事で訪問していたアトランタからロサンゼルスに帰るところだった。
俳優としての成功を望んでハリウッドに向かうイーサンは父親の葬儀を済ませた帰りだ。
空港での出会いは、イーサンにとって最悪のシナリオの始まりだった。

いろいろあって飛行機に乗れないことになったピーターが困り果てていると、同じように
搭乗を拒否され、レンタカーで西に向かおうとするイーサンが通りかかった。
「乗って行け」と誘われたピーターは、あまりにも第一印象が悪かったため迷った挙句に
助手席のドアを開けて乗り込んだ。
帝王切開による妻の出産が迫っているという、背に腹は代えられない事情があったのだ。

こうして、3200キロの珍道中が始まった…

コメディとして秀逸です。腹の皮がよじれるほど笑う場面はありませんが、“くすぐられる”
ところはいやというほどあります。自分が同じシチュエーションに置かれたら…と考えた
ときのなんとも言えないおかしさがたまりません。脚本家がうまいと思います。
一種のロード・ムービーです。STOPのたびに描かれるエピソードが全部面白いです。
絶対、ごらんなさい、とは言いません。時間があるときに見ることをお勧めします。
損はしないはずです。ハハハ。


「愛する人」90

ほとんど寝たきりの母の面倒を見ながら介護士として働くカレン(アネット・ベニング)は
自分でも“つき合いにくい”人間だと自覚していた。14歳の時に産んだ子供をすぐ養子に
出さなければならなかった遠い過去とつながっているのだ。

弁護士として成功し、大きな事務所に迎えられたエリザベス(ナオミ・ワッツ)には、いつも、
どこか満たされない思いが付きまとっていた。そのストレスを発散するため、目いっぱい
仕事に打ち込んだあと、“行き当たりばったり”の情事に走ることもあった。

遠く離れた土地で暮らしながら、互いを想う母と娘…
d0164636_8592592.jpg
これも脚本がいいですね。
会話の一つ一つに味があります。話す人の個性や性格がにじみでています。
若年出産や養子縁組が珍しくないアメリカならではの話なのでしょうが、日本人が見ても
それほど苦労せずに感情移入ができます。


80 武士の家計簿 江戸時代の終わり、代々、そろばんで藩主に仕える武士がいた
85 髪結いの亭主 唐突なプロポーズから始まった結婚生活は幸せに満ちていた…
85 アンストッパブル 暴走する列車を止める手立ては次第に少なくなっていく
85 デザート・フラワー 砂漠から生まれたスーパーモデルが抱えるトラウマとは?
90 ソーシャル・ネットワーク 学生仲間が立ち上げたサイトが大成功を収めた!
80 しあわせの雨傘 夫の病気がきっかけで経営者になった平凡な主婦が目覚めた
80 僕と妻の1778の物語 がんに侵された愛妻のために毎日一篇の小説を書き続けた夫
75 犬とあなたの物語 作者の意図がよく分からないオムニバス 子供には理解不能?
85 デュー・デート爆笑はしないものの、くすくす笑えるシーンは多い 秀逸コメディ
90 愛する人 14歳のときに生み養子に出した娘を想う母 娘もまた… 心にしみる一作 

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-02-11 15:35 | 映画が好き | Comments(0)
d0164636_745069.jpg
「僕と妻の1778の物語」80

朔太郎(草彅剛)と節子(竹内結子)は人もうらやむ夫婦だった。
ある日、節子が突然の腹痛に見舞われて病院に行った。“虫垂炎”の疑いで手術が行われ、開腹すると、腹部全体に広がるがんが見つかった。
「なおりますよね?」と、すがるように尋ねた朔太郎に医師は告げた。
「病気の進行が早く、1年先のことを考えるのは難しいと思います」

朔太郎はSF小説を書く作家だった。
「楽しいことを考えなさい。笑うことで免疫力が上がることがあるから」という医師の
言葉を信じて、朔太郎は、妻のために毎日、短い小説を書くことにした…
d0164636_7554.jpg
実話に基づいた夫婦愛の物語は見る者の胸を打ちます。しかし、2時間19分は長い!
物語の中心は、妻を深く愛し、とてつもない集中力で一日も休まずに小説を書き続けた
朔太郎の献身にと、読むことを何よりの楽しみとしながら病気と闘う節子です。
ほかには何もありません。その部分を丁寧に描くだけでこの映画は成立し、優れた作品に
なったと思います。

しかし、制作者はそれだけでは“足りない”と感じたようです。朔太郎が書いた幾つかの
小説を映像化していますが、違和感がありました。長く感じたのはそのせいでしょう。
致命的なのは、訪ねてきた集金人が実はタコだった、という話以外は面白くないことです。
つまり、違和感があるし、そのために長くなったし、面白くない…足を引っ張っています。

竹内結子は最近見た映画・ドラマの中では最も好感が持てました。
草彅は演技プランを間違えたような気がします。朔太郎が“少年の心”を持っているのは
事実でしょうが、演じ方が幼すぎて、わざとらしく見えています。
演技とわざとらしさは紙一重ですが、失敗したように思います。


「犬とあなたの物語」75

冒頭に、観客たちはいくつかのごく短いエピソードを見せられることになります。
楽屋落ち的なもの、意味不明なもの…そして、いきなり、どーんと“重い”テーマを持つ
1時間近い物語と向き合わされます。
私には、この映画の制作者の意図がよく分かりません。
どう考えても、一番、見てほしいのはこの話なのです。
それなら、それだけで映画を作るべきです。
「犬とあなたの…」と言いながら、肝心のこのエピソードでは、犬と人の“かかわり”が
それほど重要だと思えません。

しかも、この話が終わったと思うと、また別のショート・ストーリーがあとに続くのです。
子供づれが何組かいました。たぶん、途中で、母親は「あれ?」と思ったでしょう。
かわいそうに、“肝心”の物語が子供には理解しにくいのです。
せっかく、大森南朋と松嶋菜々子の共演を楽しもうと出かけたのにがっかりしました。
そう、裏切られたのは子供だけではなかったのです。ハハハ。


「デュー・デート」85

ピーターとイーサンが乗った車が一路、ロサンゼルスを目指して走っていた。
数時間前までは全く見ず知らずの他人同士だ。
建築家のピーターは仕事で訪問していたアトランタからロサンゼルスに帰るところだった。
俳優としての成功を望んでハリウッドに向かうイーサンは父親の葬儀を済ませた帰りだ。
空港での出会いは、イーサンにとって最悪のシナリオの始まりだった。

いろいろあって飛行機に乗れないことになったピーターが困り果てていると、同じように
搭乗を拒否され、レンタカーで西に向かおうとするイーサンが通りかかった。
「乗って行け」と誘われたピーターは、あまりにも第一印象が悪かったため迷った挙句に
助手席のドアを開けて乗り込んだ。
帝王切開による妻の出産が迫っているという、背に腹は代えられない事情があったのだ。

こうして、3200キロの珍道中が始まった…

コメディとして秀逸です。腹の皮がよじれるほど笑う場面はありませんが、“くすぐられる”
ところはいやというほどあります。自分が同じシチュエーションに置かれたら…と考えた
ときのなんとも言えないおかしさがたまりません。脚本家がうまいと思います。
一種のロード・ムービーです。STOPのたびに描かれるエピソードが全部面白いです。
絶対、ごらんなさい、とは言いません。時間があるときに見ることをお勧めします。
損はしないはずです。ハハハ。


「愛する人」90

ほとんど寝たきりの母の面倒を見ながら介護士として働くカレン(アネット・ベニング)は
自分でも“つき合いにくい”人間だと自覚していた。14歳の時に産んだ子供をすぐ養子に
出さなければならなかった遠い過去とつながっているのだ。

弁護士として成功し、大きな事務所に迎えられたエリザベス(ナオミ・ワッツ)には、いつも、
どこか満たされない思いが付きまとっていた。そのストレスを発散するため、目いっぱい
仕事に打ち込んだあと、“行き当たりばったり”の情事に走ることもあった。

遠く離れた土地で暮らしながら、互いを想う母と娘…
d0164636_752761.jpg

これも脚本がいいですね。
会話の一つ一つに味があります。話す人の個性や性格がにじみでています。
若年出産や養子縁組が珍しくないアメリカならではの話なのでしょうが、日本人が見ても
それほど苦労せずに感情移入ができます。


「白夜行」85

土砂降りの雨だった。
廃ビルの一室で男の死体が発見された。質屋を営む被害者には妻と小学生の息子がいた。
夫婦仲がうまく行っておらず、妻には若い愛人がいると近所でも評判だった。
被害者が頻繁に通っていた母子家庭が捜査線上に浮かんだ。生活に疲れた母と向上心を
持つ利発な小学生の女の子だった。
その母親と被害者の妻の愛人に疑いの目がむけられたが、二人は別々の“事故”で死亡し、
事件は終わったものとされた。

最初から捜査に関わっていた所轄署のうだつの上がらない刑事・笹垣潤三(船越栄一郎)は
腑に落ちないものを感じて、その後も地道に事件を追っていた。
定年後も事件のことが頭を離れない笹垣は“捜査”を続け、意外な事実にたどり着く。
何のつながりもないように見えた容疑者の娘・雪穂(堀北真希)と被害者の息子・桐原亮司
(高良健吾)の間には、実は強いきずながあったのだ…

東野圭吾の作品をドラマや映画にするとき、制作者たちは“ていねい”に作ろうとする
傾向があるようです。結果として、長くなります。この映画も例外ではありません。
この映画の場合、少し長すぎるように思います。
にもかかわらず、少年と少女の間に強いきずなが生まれた経緯、少女がどんな過程を経て
変貌して行ったのか、夫はなぜ“腑抜け”状態になってしまったのか…などが十分には
描かれていません。ただし、「悪人」よりは高く評価します。

好みの問題でしょうが、堀北真希がミスキャストに思えます。この映画のミステリアスな
部分をぐいぐい引っ張って行く魅力に欠けています。
“拾いもの”は船越栄一郎でした。周囲の白い目をまったく意に介さず、愚直に事件を
追うベテラン刑事を見事に演じていました。
これまで、たくさんの作品で彼を見ましたが、飛びぬけていいと思いました。
単なる“崖っぷちデカ”ではないようです。ハハハ。

80 僕と妻の1778の物語 がんに侵された愛妻のために毎日一篇の小説を書き続けた夫
75 犬とあなたの物語 作者の意図がよく分からないオムニバス 子供には理解不能?
85 デュー・デート爆笑はしないものの、くすくす笑えるシーンは多い 秀逸コメディ
90 愛する人 14歳のときに生み養子に出した娘を想う母 娘もまた… 心にしみる一作
85 白夜行 接点がないはずの容疑者の娘と被害者の息子… 意外な事実が隠れていた

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-02-07 07:07 | 映画が好き | Comments(3)
d0164636_8123795.jpg
暮れから風邪をひいたために、今年のお正月はあまり映画を見に出かけませんでした。
しかし、これまで見た6本はなかなかの“粒ぞろい”です。
駄作は1本もなく、全部、それぞれに楽しめました。
今年も、“1本1000円”の楽しみはやめられそうにありません。ハハハ。


「髪結いの亭主」85

12歳の少年は近所の理容室のマダムが大好きだった。そのふくよかな体とにおいが。
「大きくなったら理髪師の女性と結婚する」と話して父親の平手打ちを受けたこともある。
年月が流れ、成長した彼は理容室のドアにもたれて外を眺めるマチルダに一目ぼれした。
調髪してもらい支払のとき、唐突に「結婚してほしい」と告げた。沈黙のマチルダ。
次に店を訪れたときの帰り際、マチルダが言った。
「この間は私をからかったのかしら。もし本当だとしたら、私は気持ちを動かされました。
お気持ちが変わらないなら、答えは“ウイ”です」

めでたく結ばれた二人は互いがいれば他には何も要らなかった。そう、思えるほど幸せな
日々が続いた。土砂降りの雨が降ったあの日まで…
d0164636_8125721.jpg
制作から20年たったのを記念するディジタル版です。
この作品は、主人公役のジャン・ロシュフォールがいて初めて成立するのだと思います。
男の妻になるアンナ・ガリエナという女優さんも素晴らしいのですが、不思議なことに、
ほかの作品でお目にかかったことがありません。
大人向けです。若い人には、この映画が描く人生の“機微”は分かりますまい。ハハハ。
これを見ると、夫婦の幸せとはいったいなんだろうかと思います。考えたりはしません。
答えは出ませんから。


「アンストッパブル」85

39輌、全長800メートルの貨車を引いた機関車“777”がペンシルベニア州の操車場から
“無人”で走り出してしまった。有毒な化学物質や可燃物を大量に積み込んで。
同じころ、別の貨車を引っ張る機関車“1206”にはベテランの運転士・フランク(デンゼル・
ワシントン)と研修を終えたばかりの新米車掌・ウイルが乗り込んでいた。

経営陣が事故による損失などを考慮し、決断に手間取る間に、加速しながら暴走を続ける
777を止める方法が少なくなっていく。
とうとう、最後の頼みはフランクとウイルになった…
d0164636_8132267.jpg
初めは、よくある“劇画”っぽい映画かと思って見ないつもりだったのですが、実話に
基づいたものと知って興味がわきました。
全体の90%は轟音を上げて走る機関車の中が舞台ですから、“にぎやか”で、睡眠不足でも
居眠りする心配はまったくありません。ハハハ。

“緊急事態”が発生してから、二人が問題を解決するまでを“時系列的”に描いただけの
映画ですが、少しも退屈することはありません。
一種の“活劇”として見れば十分に楽しめると思います。


「デザート・フラワー」85

果てしなく続くソマリアの砂漠の一角で遊牧民の少女がヤギの出産を手伝っていた。
少女の名前はワリス・ディリー、ワリスは“砂漠の花”を意味する現地の言葉だ。
13歳になったとき、父親によって知らない男の4番目の妻になるよう、命じられるが、
テントを抜け出して祖母のもとに走った。
のちに、祖母の手引きによってロンドンのソマリア大使館で働くようになるが、祖国が
内戦状態になって大使館が閉鎖されると行き場を失ってしまった。

街をさまようワリスを救ってくれたのは温かいハートの持ち主、マリリンだった。
マリリンの部屋に転がりこみ、ファストフード店で働き始めたワリスがファッション・
カメラマンの第一人者、ドナルドソンの目にとまる…
d0164636_8142124.jpg
ソマリアの砂漠に生まれた少女がスーパーモデルとして成功を収める、単なるサクセス・
ストーリーのつもりで見に行きましたが、もっと、深い話が隠されていました。

“割礼”は宗教的な儀式かと思っていましたが、そうではないようです。では、いったい
何の意味があって、女性に対する“非人間的”な仕打ちは続いているのか?
世界的な名声を得たあと、人前に出てこの種の過去を赤裸々に語るのは、人が思う以上に
難しいことのはずです。胸をうたれました。

ワリス役のリヤ・ケベデもアフリカ出身のスーパーモデルだそうですが、その美しさは
“圧倒的“です。


「ソーシャル・ネットワーク」90

2003年秋、ボストンのハーバード大学近くのパブで、2年生のマークはガールフレンドの
エリカと話しこんでいた。自分の優秀さに絶対の自信を持っている彼の話しっぷりには
ボストン大学に通う彼女をバカにしたニュアンスがあった。
言い争いの挙句、うんざりした彼女がパブを飛び出して行くと、腹を立てたマークは寮に
戻って、彼女の悪口や別れたいきさつなどをブログにぶちまけた。

それでも気持ちがおさまらないマークはルームメイトの手を借りて“いたずらサイト”を
立ち上げた。ハッキングして手に入れた女子学生の顔写真を並べ、投票でランクをつける
というものだったが、あっという間に学校内に広まった。1時間に22,000件のアクセス!!

大学の倫理委員会に呼び出され、観察処分が言い渡された彼に、学内の別のグループが
近づいてきた。「面白いサイトを作るので協力してほしい」と言われたマークは説明を聞き、
即答した。「I’m in」(やるよ)…
d0164636_8144254.jpg
世界で5億人がメンバーになっているといわれるフェースブックが、どんないきさつで
生まれ、どう成長し、どんな問題があったかが描かれています。
ただし、フェースブックそのものについてはそれほど細かく紹介されているわけではなく、
むしろ、爆発的なヒット商品になる過程で起きた開発グループ内の友情、対立、裏切りが
中心になっています。

ウイークデーの昼間でしたが、たまたま“メンズ・デー”だったことも重なり、若い人で
8割がた客席が埋まっていました。とにかく、スピード感があって楽しめます。
こまかいことですが、ハーバード大学の学生たちが学んでいるきわめて恵まれた環境を
垣間見られたり、世界浅い高水準の知的レベルで交わされる会話を聞けたりしたことが
拾いものでした。

ゴールデングローブ賞で作品賞など4部門を獲得したのも納得です。

ひとつだけ、年配者には“仕組み”の理解が大変かもしれません。
この日は、始まって20分で年配の夫婦が席を立って行きました。ハハハ。

80 武士の家計簿 江戸時代の終わり、代々、そろばんで藩主に仕える武士がいた
85 髪結いの亭主 唐突なプロポーズから始まった結婚生活は幸せに満ちていた…
85 アンストッパブル 暴走する列車を止める手立ては次第に少なくなっていく
85 デザート・フラワー 砂漠から生まれたスーパーモデルが抱えるトラウマとは?
90 ソーシャル・ネットワーク 学生仲間が立ち上げたサイトが大成功を収めた!
80 しあわせの雨傘 夫の病気がきっかけで経営者になった平凡な主婦が目覚めた

人気ブログランキングへ
by toruiwa2010 | 2011-01-28 08:17 | 映画が好き | Comments(2)