ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:映画が好き( 218 )

海賊とよばれた男 85


終戦から2日後、昭和20年8月17日の東京は一面の焼け野原だったが、その一角に

かろうじて焼け残っていたのは油の売買で財を成した國岡商店だった。

集められた社員たちは、皆、将来への不安でいっぱいだった。

そこに姿を見せたのは社員たちからは“店主”と呼ばれる國岡鐵造(岡田准一)が声をかけた。


「愚痴を言うな。誇りを持て。日本人がいれば必ず日本は立ち上がる。

心配するな。誰もクビにはしない」…

d0164636_08554655.jpg







油を扱う商人としてのし上がっていくときに強引な手段も用いたため同業者から“海賊”と

呼ばれた時代もある出光興産の創業者・出光佐三を描いています。

オープニング・シーンからおよそ6割のシーンで岡田は60歳を超えた鐵造を演じます。

36歳の“アイドル系”の俳優がこういう老け役を演じるのは極めて珍しいことでしょう。

特殊メークを施し、年齢に合わせて声も太く、かすれたものにして違和感をなくしています。

国村準、小林薫、堤真一、染谷将太、吉岡秀隆、鈴木亮平…脇を固める豪華な俳優たちに

支えられて力を出し切ったと思います。145分の長丁場を引っ張ったのは彼の力でしょう。


第38回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を獲った「永遠の0」に続く“百田尚樹原作・

山崎貴監督・岡田准一主演”の作品ですが、それほど高い評価が得られるとは思いません。

前作にくらべると全体に“一本調子”で盛り上がりに欠けています。

(綾瀬はるか)との関係がエンディングでよみがえり、泣かせる場面になるのですが、

伏線の張り方が十分ではなかった気がします。


ミス・シェパードをお手本に 85


ロンドン近郊のカムデンは有名人も多く住む静かな住宅街だ。その中心街から少し外れた

グロスター・クレセント通りの路上に停めた古ぼけたバンで老女が暮らしていた。

地域の住人から“マダム”と呼ばれることもあるその老女、ミス・シェパードは 垢に汚れ、

べとつく衣服をまとい、異臭を放っていた。


隣人たちは、通りを転々としながら暮らす彼女とつかず離れずの付き合い方をしていたが、

気持ちの優しい劇作家、ベネットはそういうわけにはいかなかった。ある日、たまたま

通りかかったときにバンを押してくれと頼まれたのをきっかけに懐かれてしまつたのだ…

d0164636_08570595.jpg







ミス・シェパードに難問が持ち上がります。町の規則が変わって路上に車をとめることが

出来なくなったのです。“お人よし”・ベネットは彼女の求めに応じて庭先にとめることを

認めてしまいます。ほんの数か月のつもりでしたが、奇妙な“同居生活”はなんと15年!も

続くことになります。


1999年に舞台でもこの役を演じていますが、100%、マギー・スミスありきの映画ですね。

イギリス演劇界の“至宝”は現在81歳ですから、80歳のときの作品でしょうか。

短いセリフだけで、あるいは、何も言わず表情だけで、ホームレスではあっても 頑固で

決して“thank you”を言わない誇り高い老女を見事に演じています。


今の日本の女優なら樹木希林でしょうが、彼女だと当たり前すぎて…。

頭に浮かぶのは杉村春子です。彼女なら強い性格の持ち主、ミス・シェパードをスミスと

同じレベルで演じたと思います。もう、彼女の名前を知る人も少ないでしょうが。


原題はThe Lady in the Van(ヴァンの中のレディ)です。邦題は“いじり”すぎてますね。

ハハハ。


Rotten Tomatoes…とは?


今週は見た本数も少なかったので、“スペース”が余りました。ときどき、参考にしている

Rotten Tomatoes(腐ったトマト)について少し書いておきます。


映画のレビューをまとめたサイト…というとらえ方でいいと思います。

話題作かどうかで集まるレビューの数にバラつきがありますが、100~250でしょうか。

NYタイムズを初め、名のある新聞・雑誌をほぼすべて網羅しています。

で、Rotten Tomatoesは記者・評論家の記事を読んで、作品に対して好意的か否定的かを

判断します。“新鮮”(fresh)腐っている”(rotten)かに置き換え、それぞれのアイコンを

それぞれの記事の頭に表示します。

d0164636_08545640.jpg







好意的なレビューが全体の60%以上なら新鮮60%未満だと腐っていると判定します。

そして、75%以上を獲得すると“新鮮保証”(certified tomatoes)のアイコンが与えられます。

集まったレビューの中で好意的なものが占める割合を数字で示しているわけで、決して

それぞれの記事の評価点の平均ではありません。混同するとややこしいです。


過去の経験で“いい映画・悪い映画”と“面白い映画・面白くない映画”が一致しないことや

専門家の見方が絶対ではないことを知っていますから、アメリカでの評価はどうだったか

それほど気にするわけではありません。

このサイトでは、たとえば、「第三の男」、「市民ケーン」、「イブのすべて」など古い映画が

すべての専門家から高評価を得て100%を獲得していますが、99%で「オズの魔法使い」が

史上のベストにランクされています。


21世紀になってからの実写映画で最高の評価(98)を受けているBoyhood(邦題:6才のボクが、

大人になるまで」を私は85点しかつけませんでした。評論家が専門家の目で見て推すものと

ファンとして観客が見た感想は必ずしも一致しませんね。私が参考にするのは見ようかどうか

迷ったときぐらいです。


ちなみに、最近5年間の私の洋画ベスト1をこのサイトがどう見たかチェックしてみると…

d0164636_08484657.jpg









そして、今日公開される話題の「ローグワン」の評価は85%となっています。

私はまったく見る気がありません。ハハハ。

d0164636_944470.jpg


















人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-16 09:00 | 映画が好き | Comments(0)
ブルーに生まれついて 85

1950年代、たばこの煙が立ち込めるマンハッタンの名門ジャズクラブ、バードランド。
テーブルを縫って若い男(イーサン・ホーク)がステージに上がった。その右手には愛用の
トランペットが握られている。男の名前はチェット・ベイカー、“ジャズ界のジェームス・
ディーン”と呼ばれていた。

成功を収めたベイカーだったが、50年代後半から へロインに溺れてしばしばトラブルに
巻き込まれるようになっていく。
公演先のイタリアでも留置場にぶち込まれたが、ある映画監督が救い出した。彼を主演に
映画を製作する意図があった。

撮影は順調に進んでいたが、ある夜、相手役の女優、エレイン(カーメン・エジョーゴ)と
食事をした帰り、数人の暴漢に襲われた。ヘロインの代金が未納になっていたようだ。
頸椎とあごに重傷を負い、トランペッターの生命ともいうべき前歯も数本折られた…
d0164636_7451745.jpg







映画は、エレインの助けを借りてベイカーが立ち直り、ミュージシャンとして再び脚光を
浴びるところまでを描いています。
1950年前後の日本で音楽と言えば、古いイメージの“流行歌”でした。大人たちは楽しんで
いましたが、若者の多くはアメリカから入ってくる音楽の主流だったジャズに夢中でした。
中学生だった私もほんの少し“かじった”ことがあってベイカーも聞いたことがあります。

ただし、この映画を見るのにジャズの知識があるかどうかはまったく関係ありません。
マイルス・デイビスとディジー・ガレスピーの名前が出たら、それはジャズの巨人だと
思えば十分でしょう。ハハハ。

ホークの演技は絶品です。なり切ってますね。口パクのようには見えないのですが、
ハスキーな声で歌う♪ My Funny Valentine は魅力たっぷりでした。

マダム・フローレンス 80

莫大な財産を受け継いだフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)は
音楽愛好家だった。子供のころにホワイトハウスでピアノを披露したこともあり、今は
専門家から歌のレッスンを受けている。音楽への熱意と愛情には疑いの余地はない。

しかし、致命的な問題があった。音程がかなり狂うのだ。
もっと問題なのは本人が気づいていないことだったし、周囲が教えないことだった…
d0164636_7455989.jpg








他人が歌うのを聴くのは大好きです。水曜日のFNS歌謡祭もたっぷり楽しみました。
そんな私もフローレンスと同じように音痴です。
ただし、私の場合、正確には“リズム音痴”の方が問題だし、音程が狂うことにはしっかり
自覚があるので人を辟易させたことはないはずです。

写真は数十年前の暮、フジテレビの奥様向けワイドショー「3時のあなた」で野口五郎の
「私鉄沿線」を歌ったときのものです。「何か歌え」と言われ、好きだったので選びました。

♪改札口で 君のこと いつも待った ものでした
電車の中から 降りて来る 君を探すのが 好きでした
悲しみに 心とざしていたら 花屋の花も かわりました…

d0164636_7465536.jpg







ここまではまずまずでした。しかし…、しかしです。
案の定、「ぼくの街で もう一度だけ…」の「ぼくの」が早くなってしまいました!
そこをとちったらダメじゃん、というところで思い切りとちってしまったのです。
このときを最後に、人前で唄ったことはないはずです。
バンドに助けてもらいました。ビデオが残っていなくてよかったわ。ハハハ。

話がそれました。
フローレンスは幸せな女性だと思います。夫・シンクレア(ヒュー・グラント)をはじめ
周りの“ディフェンス”が完璧でした。SNS全盛の今はこんな風に自分のことを知らないで
過ごすことは不可能です。

“音楽好きでお金持ちのマダム+音痴”という図式を描いた映画は今年2本目ですね。
春に公開された「偉大なるマルグリット」も“まあまあ”面白かったのですが、私の評価は
やはり80点どまりでした。こう書いています。

“そこはかとなく”おかしい映画です。楽しめます。
しかし、正直に言うなら、彼女が歌う時間帯は苦痛でした。


”奇遇“ですね。「マダム・フローレンス」についての感想はまったく同じです。
歌を聴くのは好きですが、あくまである程度の水準に達してないと。ハハハ。
ストリープはもともと音楽的才能のある人だと思いますが、出演に当たってはオペラの
コーチのもとで2カ月間、アリアを“正しく”歌うトレーニングを受け、最後の2週間で
“音程を外す”練習をしたそうです。音痴を演じるのは、音痴にも歌上手にも難しいんだなあ。
ハハハ。

by toruiwa2010 | 2016-12-09 08:41 | 映画が好き | Comments(0)

胸騒ぎのシチリア 80


圧倒的な人気を誇るロック歌手・マリアン(ティルだ・スウィントン)は、恋人・ポール

(マティアス・スーナールツ)と手術をしたばかりの声帯を癒しながら休暇を楽しんでいた。

イタリアのシチリア島とアフリカ大陸のちょうど中間、地中海の真ん中に浮かぶ小さな島、

パンテッレリア島は忙しいスケジュールを逃れて恋人同士が過ごすには絶好の場所だった。


彼らが借りている家は丘の中腹にあり、食事や買い物でふもとの村に出かけるとき以外は

まともに服も身にまとわないでいられる。その“自由”は上空を飛ぶ飛行機からの電話で

あっさり終わりを告げた。迷惑な声の主はマリアンの“元カレ”でポールもよく知っている

音楽プロデューサー、ハリー(レイフ・ファインズ)だった。


しぶしぶ空港に出迎えた二人の前に姿を見せたハリーはやたらテンションが高かった。

あとからゲートを出てきた若い女(ダコタ・ジョンソン)を娘だと紹介した。


二人の悪い予感は的中する…

d0164636_08303171.jpg







見に行くなら、物語の舞台を頭に入れておくといいかもしれません。

鹿児島の桜島、熱海の初島のように、パンテッレリア島はシチリアの近くにあるとばかり

思っていましたが、こんなところにあるんですね。大金をつぎ込んだリゾート地ではなく

お忍びカップルのプライバシーが保てるのが売りというタイプの観光地のようです。


d0164636_08352568.jpg











金持ちたちは素朴な自然や完全なプライバシーを求めてこの島に来るのでしょう。

酒と食事とセックス…彼らがいささか“乱れた”生活を送る島の沖合の海では中東の難民が

毎日のように命を落としています。描かれてはいませんが、話として伝わります。真意は

分からないものの、制作者には伝えたい気持ちがあったのだと思います。


日本人にはハリーという人物が理解しにくいかもしれません。少なくとも私は、いきなり

彼がマリアンと別れたあとの苦しみについて話すことに強い違和感がありました。

「君の生活ぶりを見てると、とてもそんなことでへこむようには見えないぜ」と言いたい

衝動にかられます。ハハハ。


この映画は最後の30分ほどで思いもかけない展開を見せます。そして、私に言わせれば、

かなりいい加減な終わり方をします。ネタバレになるので書きませんが、イタリア人が

見たらきっと“vaffanculo!”(バッファンクーロ)と言うでしょうね。アメリカの映画人は

イタリアに行ってもしばらくはカラビニエリに近寄らない方がいいかもしれません。ハハハ。


余談ですが、ヌードも披露するスウィントンが撮影した当時、55歳だったとあとで知って、

腰が抜けるほどびっくりしました。その年齢で“脱げる”日本人女優って誰がいるだろう…と

考え込んでしまいました。かろうじて頭に浮かんだのは宮沢りえだけでした

d0164636_08381297.jpg








もう一つ驚いたのは、NYタイムズ、LAタイムズ、ボストン・グローブ、ワシントン・

ポスト、USAトゥデイ、AP、ローリング・ストーン、ヴァラエティといったメディアの

コラムニストたちが好意的な記事を書いていることです。

ときどき参考にしている“くさったトマト”では35人の記者・評論家たちのうち30人が

書いた記事について「この映画を“新鮮”と認めている」と判定しています。


ま、エロティックなシーンやぼかしの入った裸を見たければどうぞ。

ちなみに、初日の2回目、1055分からの回、ピカデリーは30人ぐらいしか入って

いませんでした。


ハンズ・オブ・ラヴ 85


ニュージャージー州オーシャン郡の女性刑事、ローレル(ジュリアン・ムーア)は自分が

同性愛者であることを相棒・デーン(マイケル・シャノン)にも隠していた。オーシャンは

保守的な土地だったし、警察という組織の性格も決して“オープン”ではなかったからだ。

自動車整備工のステーシー(エレン・ペイジ)と出会い、郊外の一軒家で同居が始まった。

しばらくは、それなりに幸せな生活が続いたが、ある日、ローレルにがんが宣告された。


かなり進行した肺がんだった…

d0164636_08391174.jpg










問題はそれだけではありません。余命が短いことを知ったローレルは自分が死んだあと、

ステーシーが遺族年金を受け取れるようにしたいと考えます。“妻”なら問題ないのですが、

当時のニュージャージー州はまだ同性婚を認めていませんでした。

命の期限を切られ、周りの目も厳しい中でローレルはステーシーやデーンの助けを借りて

抗議行動を続けます。


同性愛についてはどんなに努力してもよく理解できません。

現在の私の周囲にはいませんが、若いころに友人がそうだったら、少しずつ疎遠になって

いったでしょう。差別する気持ちはないものの、“不自然”という気持ちは抑えられません。

ただし、この映画の主題は同性愛ではなく、権利を求めて戦う人の強さです。

その部分では十分に訴える力がある映画でした。「胸騒ぎ…」とは逆に“くさったトマト”の

評価はびっくりするほど低かったのですが、私の基準では85点に値すると思います。


ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち 85


第二次世界大戦前夜、チェコスロヴァキアはナチスドイツの脅威にさらされていた。

特にユダヤ人は戦争の足音が高まる中で子供たちの命をどう守るかが喫緊の課題だった…

d0164636_08400956.jpg









この映画で初めて知りましたが、チェコで本当にあった物語です。

当時の記録映像やニュース映像と一部再現ドラマで構成された映画の主人公はイギリスの

ビジネスマン、ニコラス・ウィントンです。

自分たちはどうなってもいい、せめて子供の命を助けたい…絶望的な親たちの依頼を受け、

ウィントンは子供たちを自分の母国に送り、そこで希望するイギリス国民と養子縁組する

仕組みを考えて実行に移したのです。


この仕組みによって669人もの子どもたちの命が救われましたが、ウィントンの存在は

長い間、世に知られていませんでした。“救出劇”から50年後の1988年、彼の妻が物置で

ほこりをかぶったスクラップブックを見つけたことで明るみに出ました。そこにすべてが

記されていたからです。


一人の男の行動がきっかけで命を救われた669人の子どもたち、彼らの子や孫…どこまで

“裾野”が広がっていくかを考えると感動します。終わりに近いころ、館内にはたくさんの

すすり泣きが聞こえました。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-12-02 08:41 | 映画が好き | Comments(0)

(さとし)の青春 90


1階は商店、2階はアパート、そんな建物が並ぶ大阪の下町。

朝、金物屋の主人が店先に出てきて大きく伸びをする。視線の先に異様なものがあった。

ゴミ置き場の横に体の大きな男が一人 鉄の柵にもたれかかっていた。2階の住人だった。

スーツ姿でネクタイを締め、身なりはきちんとしている。駆け寄ったオヤジに男が言った。

「会館まで連れて行ってくれませんか」。


将棋会館に到着したタクシーから降りるとオヤジの肩を借りてかろうじて部屋につく。

盤の前の座布団に正座すると、盤上の駒袋から駒を取り出し、一枚ずつ並べていく。

立ち合い人に促されて第一手を指す。7六歩。9枚並ぶ歩の左から3番目を突いて出た。


男は村山聖(さとし:松山ケンイチ)、関西では怪童と呼ばれる棋士だった

d0164636_08325575.jpg








将棋界では羽生善治(東出昌大)が史上初の五冠を達成し、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

聖はその羽生を追うグループの一人として将来を嘱望されていましたが、大きなハンデを

背負っていました。幼いころから重い腎臓病、ネフローゼを患っていたのです。

羽生を倒さなければ将棋の世界でトップになれないと、意を決して東京に移ったころには

病気が進行していました。しかし、回復に半年、1年かかると聞いて手術を拒みます。


羽生を倒すことだけを目標とする聖の前に病気が立ちふさがっていたのです。

時間が限られている聖は人生のすべてを将棋に集中させます。焦り、いらだつ聖を松山が

余すところなく演じています。病気が原因で太ってしまう聖に扮するため20キロ増量し、

体形が変わってしまった松山はまったく別人のように見えますが、そうしないと聖には

なり切れないと思ったのでしょう。役者魂と言いますが、それを超えるものを感じました。


羽生との友情の在り方がいいですね。挫折を知らずにトップに駆け上がった羽生に対し、

病魔と闘いながらその羽生に追いつき追い越そうと努力を重ねた村山、キャラクターが

真逆に見える二人の間に流れた“相手を認める”感情は美しいと思いました。

やりたいことがあるのに残された時間は短かい…つきつけられた厳しい現実と格闘し、

29歳で逝ったという村山聖は“無念”だったでしょうか?

私には、生き切ったことに満足感があるように見えますが、答えはもちろん本人にしか

分からないことですね。


蛇足ですが、東出は羽生に似せようとしすぎて失敗した気がします。


92歳のパリジェンヌ 85


鏡を見ながらマドレーヌは口紅を塗っていた。今日は家族に話そうと心に決めていた。

娘のディアーヌの家で92回目の誕生日が祝われることになっていて全員が集まるのだ。


祝いの席でマドレーヌが告げた。

2ヶ月後の1017日に逝くことにしたわ。その日が来たのよ」と。

しばらく、家族の誰ひとり 口を開かなかった…

d0164636_08343203.jpg









“老い”の問題は厄介ですが、誰にもやがて必ず訪れます。有名でも金持ちでも。ハハハ。

この映画の評価は見る人の年齢によって大きく分かれると思います。78歳の私にとっては

きわめて身近な問題ですから、そう遠くない将来、我が身にも起こることとして見ました。

当然、“身につまされる”シーンが何度も出てきました。


彼女は通いの家政婦に手伝ってもらって一人暮らしをしていますが、きつくなっています。

車を運転すれば、せまい道でエンストを起こして渋滞を招くし、先日は尿もれでシーツを

汚してしまいました。家政婦のヴィクトリアは優しく慰めてくれますが、“いよいよだ”と

覚悟しました。気力がなくなって、日常生活で不便なことが増えてきたら、この世から

いなくなろうと決めていたのです。


マドレーヌは家族に迷惑をかけたくないとかたくなに思っています。私も同じです。

自分で判断できるうちに逝きたいと願っています。私も同じです。

そこから先は人それぞれです。個々の事情に大きく左右されるでしょう。

物語の結末についての感想も人によって違うでしょう。また、こういう映画の評価には

信仰を持っているかどうかも影響を与えるでしょうし、一定の条件のもとで“安楽死”を

認めている国があるヨーロッパと日本では受け止め方に差があるだろうと思います。


ブルゴーニュで会いましょう 90


シャルリのテイスティングが続いている。定評のある評論家だった。

色、香り、味、そして後味まで手際よく判定し、短くコメントする。女性アシスタントが

メモを取っている。最後に総合点をつける。20点満点だが二桁に達するものは滅多にない。

今年で7年目になる彼のワインブックはよく売れていた。

シャルリは束縛を嫌い、父親に反抗して若いころに家をとびだし、パリで評論家として

頭角をあらわしていた。目下、順風満帆だった。


父・フランソワはピンチを迎えていた。

先祖から受け継いできたワイナリーが巨額の負債を抱え、人生をかけてきたブドウ園を

売却しなければいけないところまで追いつめられていた…

d0164636_08334899.jpg








結局、シャルリがブルゴーニュに戻って立て直しを図ることになりました。

この手のタイトルには何回となく騙されてきましたが、期待以上に良かったです。


絵のように美しいブドウ畑。

改めて知るワイン造りのプロセス、自然との闘い。

少しうまくいきすぎるなあと思う部分はあるものの、いろいろなエピソードがいい具合に

溶け合っています。普通だったら“不倫だ”と非難されそうなシャルリと隣の農園の娘との

恋物語さえ、美しいと思ってしまいました。“ゲス”でない不倫。ハハハ。


原題は“プレミエ・クリュ”…1級の畠と言うことのようです。シャルリのブドウ園全体を

指すのではなく、極めて質の高いブドウが取れるのはわずかな一角らしいです。


マイ・ベスト・フレンド 85


小学生のとき ジェスがアメリカからロンドンに来て、ミリーのクラスに編入されて以来、

二人は親友だった。派手で社交的なミリー、地味で控えめなジェス、性格は正反対だが、

気が合った。どこに行くのも、何をするのも一緒だった…

d0164636_08350227.jpg










二人の友情は結婚してからも続きます。

しかし、ミリー(トニ・コレット)2児を授かりますが、ジェス(ドリュー・バリモア)

懸命の努力にもかかわらず子宝に恵まれません。それでも友情は変わりませんでした。

ある日、ミリーに乳がんが宣告されます。ほぼ同時にジェスは懐妊します!

親友には死の宣告、自分には念願の妊娠…運命のいたずらです。


ミリーの不屈の精神力には圧倒されます。ジェスの変わらぬ友情も美しいです。

しかし、二人の関係は“理想”でしょうね。現実には、なかなかここまで思い合う友達は

いないだろうと思います。えっ、いますか? 

まあ、普通の友人も少ない私には何も言えませんが。ハハハ。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-25 08:41 | 映画が好き | Comments(0)

ぼくのおじさん 85


連休が始まる前日、宿題が出された。

「身の回りの大人を題材にして作文を書きなさい」。

家に帰った雪男(ゆきお)はさっそく机に原稿用紙を広げた。


「ぼくのお父さん」と書いてみたが、公務員の父親からはなんのインスピレーションも

湧かなかった。“お母さん”に変えても同じだった。妹は大人じゃないし。

雪男の部屋の入口に無精ひげの男が顔をのぞかせた。この家に居候している父の弟だ。

最先端の哲学者だと自称しているが、定職はなく週に一度 大学で教えているだけだった。


大きくうなずいた雪男の頭の中で作文のタイトルが決まった。


「ぼくのおじさん」…

d0164636_08365332.jpg








おじさんを演じた松田龍平なしには撮れなかった作品ではないでしょうか。

「松田以外のだれだったらはまるだろうか?」と時々想像しながら見ましたが、最後まで

答えに辿りつけませんでした。爆笑する場面はありませんが、ほんわかとしたユーモアが

全編に漂っている映画です。“そこはかと”感じるおかしさは松田が醸し出しています。

雪男に扮した子役の大西利空もいいですね。少し大人びた少年という役柄を背伸びせず、

素直に演じています。

はじめの方で白猫ニャムとして登場していた“たまお”君もなかなかです。ハハハ。


タイトルを見て真っ先に思い出したのはジャック・タチ監督の「ぼくの伯父さん」です。

1958年のアカデミー賞・外国語映画賞作品です。60年近く前に公開された映画ですから

細かいことは憶えていませんが、これもまた“ほんわか”していた記憶があります。


当時20歳だった私が妻との初デートに選んだ記念すべき映画でした。

私は病気で2年ダブったあとの高校3年生、妻は1学年下でした。大阪の春日丘高校から

東京の明星学園に転校して8ヶ月後の12そうか、行動に出るのは案外 早かったんだ。

ハハハ。


日劇(今のマリオン)で映画を見たあと、日比谷の音楽喫茶「タクト」でお茶しました。

“時代”もありますが、何を話しても「はい」と「いいえ」しか言わない相手にかなり

苦戦したことを昨日のことのように思い出します。ここだけの話ですが、彼女にとっては

最も思い出したくない一日の一つのようです。


Es ist gut.(エス・イスト・グート=これでいいんだ)

終盤に出てくるおじさんのセリフです。

第二外国語がドイツ語で2年間AAAAという好成績を収めた私には、今でもこの程度の

ドイツ語はお茶の子さいさいだ。ハハハ。


続・深夜食堂 85


新宿の大ガードをくぐり、靖国通りを花園神社方向に進む。そこは日本一の繁華街だ。

その“喧噪”から少しはずれた路地裏に小さな居酒屋がある。「めしや」だ。

人々が家路につくころ“マスター”と呼ばれる男(小林薫)が準備を始め、のれんを出すのは

午前0時だ。常連客の間では深夜食堂で通っている

d0164636_08393306.jpg









netflixでもやっていると分かっていても見る環境になくて悔しかったのですが、劇場版の

新作が封切になりました。

今回のメニューは“豚汁定食”、“焼肉定食”、“焼うどん”で それぞれに短い物語が絡みます。

どれも、普通の映画では取り上げないようなささやかな話ですが、この作品ではちゃんと

見応えのあるものに仕上がっています。


“主役”ですから当然ですが、出てくる料理がみんなおいしそうです。うっかり、自分で

作ってもおいしく出来そうだと思うのですが、そんなはずはありませんね。


営業時間帯から分かる通り、この店にくる客は 深刻なものから取るに足らないものまで、

さまざまな事情を抱えています。映画はい一人一人に温かい目を注ぎます。取りも直さず

それはマスターのまなざしなのでしょう。見たあと劇場を出る時の気分がいい映画です。

少しめげている人、気持ちがささくれ立っている人にお勧めです。だし巻き卵、切干大根、

きんぴらごぼう、肉じゃが…そんな定番の惣菜を食べたときのように癒されます。ハハハ。


ジュリエッタ 85


マドリッドのマンションの一室で段ボールの箱を前にジュリエッタが悪戦苦闘していた。

ポルトガルに移るというロレンソに合わせて引っ越すのだ。

机の引き出しから出した青い封筒をしばらく見つめたあと、それをゴミ箱に捨てた。


その日の午後、最後の買い物に出た街で若い女とすれ違った。

先に記憶が蘇ったのは若い方だった。

「ジュリエッタ?」

ほぼ同時にジュリエッタも思い出していた。

「ベア!」

理由も告げずに彼女の元から去った娘・アンティアの親友だった。


あわただしい数年ぶりの再会の中でベアは思いがけないことをジュリエッタに告げた。


アンティアに会った。元気だった。3人の子供がいると言っていた。

「ジュリエッタは?」と尋ねると、「今もマドリッドにいる」と答えたと。


ジュリエッタは戸惑うロレンソにポルトガル行きのキャンセルを告げ、昔、アンティアと

ともに住んだアパートに部屋を借りて移り住んだ。

ゴミ箱から取り出した青い封筒には小さくちぎった写真が入っていた…

d0164636_08333090.jpg










ジュリエッタは心の奥底に閉じ込めていた“過去”と向かい合うことを決意します。

そのためにすべてを“日記”に書くことにしました。映画はそれを映像化します。そして、

一風変わったエンディングを迎えます。観客は“あるはず”のシーンを目にすることなく、

劇場をあとにします。いいんじゃないでしょうか。ハハハ。


ボクの妻と結婚してください 80


ほんの少し前まで彼の手帳のページは真っ黒に埋まっていた。ほとんどが会議だったが。

次第に空白が増えていき、先のページは何も書かれていなかった。三村修治(織田裕二)

仕事はバラエティ番組の構成作家、世の中の出来事を“楽しい”に変えることだった。

妻・彩子(吉田羊)10歳になる一人息子との家庭生活は満ち足りたものだった。


しかし、ある日、病院で思いもかけない診断が告げられた。

すい臓ガン、ステージ4bで余命は半年から1

d0164636_08320705.jpg







家族を愛する修治は思い切った行動に出ました。仕事をやめて“婚活”を始めるのです。

もちろん、自分の ではなく、彩子の再婚相手を探そうというのです!


去年NHKでドラマ化していました。内村光良と木村多江でとてもいい出来でした。

余命宣告を受けて妻の再婚相手を探すという設定は同じですが、エンディングをふくめて

だいぶ展開が違います。エンディングは映画の方が面白いと思いました。ネットの評価は

それほど高くないようですが、後半がいいので80点にしました。修治が織田でなければ

85点をつけたかもしれません。どう頑張っても、生活感がないことが致命的でした。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-18 08:40 | 映画が好き | Comments(0)

コンカッション 85


ベネト・オマル(ウイル・スミス)はピッツバーグがあるアレゲニー郡の監察医だ。

アフリカ出身だ。ナイジェリアの大学を出てアメリカにやってきた。

職場では変わり者で通っている。

解剖を始める前、必ず遺体に話しかけた。「君の助けが必要だ。何があったか話してくれ」。


ある日、一人の男が死んだ。

マイク・ウェブスターはスティーラーズのスーパースターとして活躍し、NFL史上最高の

センターと称された地元のヒーローだった。しかし、近年は奇行が多く、家族を捨てて

野外にとめたおんぼろの車で生活するなど、ホームレス状態だった。


解剖を担当したオマルはじっくり時間をかけた。疑わしい点があったからだ。

健康そうに見える男がなぜ心臓発作を起こしたか?しかも、50歳の若さで。

自費で払うからと上司を説き伏せて高い金がかかる検査を実施した。

その結果から導き出されたウェブスターの死因は意外なものだった。


オマルは図らずも巨大組織NFLを敵に回すことになった…

d0164636_07091409.jpg







人並み外れて体の大きな選手同士が激しくぶつかり合うフットボールはアメリカで最も

人気があるスポーツです。しかし、その“激突”が選手の命を危険にさらしていることを

オマルは告発します。NFLは組織を挙げて防衛します。


2年前、羽生結弦が公式練習中にほかの選手と激しくぶつかっテリンクに倒れこんだとき、

脳震盪を起こしている可能性があるから絶対に出場を取りやめるべきだと思いました。

その怖さについて、いろいろ聞いていたからです。

今では多くの競技でその危険性が指摘される“コンカッション”(脳震盪)についてNFL

真剣に向き合うようになった時期の遅さに驚きます。


正義感の強いオマルをスミスが好演しています。


湯を沸かすほどの熱い愛 85


湯気のごとく店主が蒸発しました。

当分の間 お湯は沸きません。


幸の湯の入口にそんな紙が貼られてから一年になろうとしていた。

朝の食卓で母・双葉(宮沢りえ)と娘・安曇(杉咲花)の小さないさかいが始まった。

テレビに目をやり、箸が動かない娘に苛立つ母。

味噌汁を一口飲んで、「いつもと違う」と口を尖らせる娘。

身支度をしても安曇はお腹が痛い、頭が痛いと、学校に行くのを渋った。

午後、双葉は呼び出しを受けてパート先から学校に駆けつけた。

安曇はいじめにあっていたのだ。


安曇に問題が起きた翌日、今度は双葉に異変が起きた。職場でひどいめまいに襲われて

倒れたのだ。運び込まれた病院で告げられた検査の結果は双葉を絶望させた…

d0164636_07095263.jpg








ステージ4で余命宣告を受けた双葉ですが、落ち込んだのは一瞬でした。

残された日々に何をすべきかを考えて行動に移ります。

家出中の夫(オダギリジョー)を連れ戻し(“コブつき”で)、休業中だった銭湯を再開します。

安曇の問題にも正面から取り組みます。


宮沢の演技は、今の日本映画のレベルだと主演女優の候補に挙がるかもしれません。

杉咲…、うまいなあ、この子は。


ティファニー 80

人影のない早朝の5番街を走ってきたタクシーが57丁目、ティファニーの前で止まると、

黒いイブニングドレスを着た若い女がひとり降り立った。ほっそりと優雅なその後ろ姿は

ため息をつきたくなるようなスタイルの良さだった。長い首の上に小さな顔が乗っている。

ウインドウに近寄り、飾られている商品を覗き込む。持っていた紙袋からプレッツェルを

出すと口にくわえ、続けて、コーヒーが入った紙コップを取り出した…

d0164636_07074609.jpg








すみません。この作品ではなく、有名な「ティファニーで朝食を」のオープニングです。

ティファニーの名前を聞くと必ずこのシーンが頭に浮かびます。ウインドウを覗き込む

女を店内のカメラが正面からとらえると、初めて 大きなサングラスをかけたオードリー・

ヘップバーンの顔が画面に現れました。息をのむ美しさでした。60代以上の人にとって

ティファニーとヘップバーンはイコールと言っていいでしょう。また、この映画によって

日本でこの店の知名度が一気に上がったと言っても間違いではないでしょう。

d0164636_07082186.jpg








このドキュメンタリーは、歴史や裏側について教えてくれることが少なくて失望しました。

新しく知ったというか、忘れていたことを思い出させてくれた事実が二つありました。

ヘップバーンが演じたのは“高級娼婦”だったこと、そして「ティファニーで朝食を」の

原作者はトルーマン・カポーティだった…ということです。どちらも本作とは無関係です。

ハハハ。

d0164636_07102186.png








ちなみに、この店には何十回も行っています。妻への土産を買うためです。

出張で海外に行くとき、“土産”は結構、負担になります。しかし、「気持ちだから」と

言われてしまうと、何か持ち帰らないわけにはいきません。ティファニーは“ハズレ”が

なくて助かります。ハハハ。


私の目にも独特の色合いの箱は美しいと思います。

コマドリの卵の色だと言いますが、濃度、明度、輝度…どれひとつでも度数がとちらかに

ずれていたら、ティファニーの成功はなかったかもしれませんね。

そして、その箱に入り、白いリボンで飾られた製品はシンプルで上品…ティファニーの

表現にそれ以外の言葉は浮かびません。

d0164636_07104643.jpg












人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-11 08:40 | 映画が好き | Comments(0)

ある戦争 90


アフガニスタン。

銃を構えた兵が隊列を組んで黙々と丘を上っている。

互いの足音と本部からの無線の音しか聞こえない。

突然、一人の兵士の間近で爆発が起きた。地雷か。

混乱の中、倒れた兵はわずか数分で絶命した。

駐屯地に戻った兵士たちから疑問と不満の声が挙がった。

「こんなパトロールに意味があるのか?」と。


隊を率いるクラウス・ミケル・ベダーセンは「明日から、私もパトロールに同行する」と

静かな声で告げた。


彼らの母国 デンマークでは妻のマリアが幼い3人の子供とともに留守を守っていた。

夫の安全を祈りながらやんちゃな子供たちを育てる日々は苦労の連続だった。


ある日、パトロールに出たクラウスたちはタリバンの攻撃を受けた。

一人の兵が首に銃弾を受けて瀕死の重傷を負った。

数日後、司令官が法務官を伴って駐屯地にやってきてクラウスに意外な事実を告げた。

彼が要請した空爆で第6地区で子供を含む民間人11人が死亡した…

d0164636_08311968.png







めったに見る機会がないデンマーク映画です。

今年のアカデミー外国語映画賞の候補になりましたが、ハンガリーの「サウルの息子」に

敗れました。私の評価では断然 こちらのほうが上です。


命令によって帰国したクラウスは裁判にかけられます。

混乱した戦場で部下のために下した指揮官の判断は果たして正しかったか、また、どこまで

正直でいられるかが問われることになりました。そこにクラウスの家族が絡みます。

“人間”が描かれています。脚本がうまいと思いました。

戦争のシーンはそれほど多くはありませんし、普通なら目をそむけたくなるような場面は

うまく処理してあります。


監督のトビアス・リンホルムは39歳の若さですが、2年半前に見た「偽りなき者」にも

90点をつけました。達者な監督だと思います。

クラウスの部下やアフガンの村人たちの何気ない仕草にリアリティがあります。帰宅後、

多くのveteran(帰還兵)や本物のアフガン人が出演していることを知りました。


あまり宣伝されていませんが、秀作です。

新宿・シネマカリテは上映が終わりましたが、今月12日からシネマート新宿で始まります。


インフェルノ 75


人口の異常な増加が人類を危機に陥れている。

飢餓も大災害もすべてそこに原因がある。

今、手を打たなければ人類は滅亡する。


アメリカの億万長者・ゾブリストは機会あるたびにそう訴えていた。


イタリア・フィレンツェの病院のベッドに多くのチューブをつながれた男が横たわっていた。

ハーバード大学で宗教象徴学を教えるロバート・ラングドン(トム・ハンクス)だ。

意識が戻っても医師の質問に的確に答えることができなかった。町で銃撃されて転倒し、

頭を強く打ったため 部分的に記憶を失う逆行性健忘症にかかっていた。


病院前にバイクが止まりカラビニエリ(イタリアの国家憲兵)が病室を見上げた…

d0164636_08314837.png








追われていると悟ったラングドンは逃亡を企てます。担当医師がそれを助けます。

記憶が少しずつ戻るにつれて、彼はとてつもなく大きな使命を持っていることを知ります。

人類を絶滅から救うという。


いやあ、あ、あ、話の流れについていくのが大変で、中身の理解などとてもとても。

ご存知の通り、原作はベスト・セラー作家、ダン・ブラウンです。

最初に読んだのは「Deception Point」、原書でした。いきなり、“大気圏”、“隕石の成分”、

“引力”…それまでの人生で目にする機会がそれほど多くはなかった専門的な言葉、しかも

英語の連続に頭が痛くなりました。ハハハ。


映画化されるラングドン・シリーズの作品は当然彼の専門分野がかかわっていますから

出てくる単語だけでなく“仕組み”がとても難解です。それを文字ではなく、セリフや映像で

理解しなさいと言われても、口で言うほど簡単じゃありません。

…というか、正直言って理解できませんでした。ハハハ。


「ある戦争」とは比べ物にならないほどの金がかかった大作です。

しかし、理由はなんにせよ、評価では完敗です。


手紙は憶えている 85


深い寝息を立ててゼブ(クリストファー・プラマー)が眠っている。

やがて目を開けた彼は誰かの名前を呼んだ。「ルース、ルース」と。

呼んでいるのは一週間前に亡くなった妻の名前だ。ゼブは軽い認知症にかかっているのだ。


世話係の女性に連れて行かれた食堂で車椅子の男が彼のテーブルに寄ってきた。

この施設に入ってから知り合ったマックスだ。

「奥さんの喪が開けたらやると約束したことを覚えているか」と尋ねてきた。

不安げにうなずくゼブに相手は言った。「必要なことは全部書き出すから心配するな」と。


その夜、ゼブが施設からいなくなった…

d0164636_08322046.png








ゼブは旅に出たのです。一人の男を探す旅に。

彼が施設に入所してきたとき、マックスはすぐに アウシュビッツで同じ棟にいた男だと

気づきました。そして、体が不自由な自分に代わって、温めていたある“計画”を実行して

ほしいと持ち掛けていました。


二人の家族を殺した憎むべき元ナチ親衛隊員が名前を変えてアメリカにひそんでいる。

“ルディ・コーランダー”という同じ名前を名乗って北米で暮らす元ドイツ人が4人いる。

本物の元SSを見つけて殺す。それがマックスの計画でした。


途中まで、ゼブの旅は人の温かさに触れながらほほえましい空気に包まれて進みます。

残り2030分ぐらいまで、私はこの物語の結末についてぼんやり予想していました。

どこかで何かが起きて“ハッピーエンド”になるのではないかと。


思いもかけない展開になります。もちろん書きませんが。ハハハ。


テーマは重いですが、なかなかよくできていると思いました。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-11-04 08:34 | 映画が好き | Comments(0)

築地 WONDERLAND 90


東京湾に朝陽が昇る。新しい一日が始まろうとしている。

しかし、築地市場はすでに日付が変わるころから動き始めている。卸売会社だ。

続けて仲卸商が動く。漁師・卸商と消費者をつなぐ この“物語”の主役たちだ…

残念ながら、フジテレビのアナウンサー時代、築地を取材する機会はありませんでした。

知っているのは場外市場の一角だけです。あと、前立せんがんの手術で通りの向かいの

国立がんセンターに入院中は、毎朝、病室の窓から全体像を見おろしていました。ハハハ。

d0164636_08122048.jpg








この映画は 私が知っていたのは“TSUKIJI”のごくごく一部だったことを教えてくれます。

貴重で素晴らしいドキュメンタリーでした。

ただし、裏側や細部に驚くより しっかり伝わってくる働く人々の“内面”に打たれます。


料理評論家・山本益博が言います。


世界一じゃないよ。世界唯一だ。あれに匹敵するものは世界中に一つもない。

No1ということは2番目、3番目があることになる。そうじゃない。Only oneだ…と。


寿司の名店・九兵衛のオヤジが言います。


あそこがなければ商売にならない。


ほかに、ナレーションや学者や研究者など築地に出入りする人たちの話も出てきますが、

大半がそこで働く人たちのナマの言葉で綴られています。その言葉たちがすばらしいです。

生きています。“作り物”ではない言葉には大きな力があることがよく分かります。

2016112日に幕を下ろす…という当初の予定をうけ、1年以上をかけて制作された

ドキュメンタリー映画です。


1935年に開場した日本最大の卸売市場

広さは23万平方メートル、東京ドーム5個分

そこで働く人、約14000

外から来る購買者、約28000

入場車両、約19000

7つの卸売会社があり、600人の仲卸が日々1600トンの水産物を扱う


数字や情報はたくさんあります。しかし、この映画の主役はあくまで働く人たちだし、

なにより、彼らの“心意気”です。


アイリス・アプフェル、パコ・デ・ルシア、ミリキタニの猫…今年はドキュメンタリーに

いい作品が多いですね。劇映画が振るわないということか?


われらが背きし者 80


ロシア・モスクワ郊外で制服を着た兵士が走ってきた一台の車に停止を命じた。

ウインドウを下げたドライバーに親しみやすい笑顔を向けたのは一瞬だった。

次の瞬間、兵士は自動小銃を車内に差し込むと、ためらわずに引き金をひいた。

後部座席から逃げ出した若い娘を追って林の手前で射殺すると兵士はゆっくり車に戻り、

シートの上に残された木製の箱を持ち去った。


モロッコ中央部の都市、マラケシュ。

休暇中の大学教授・ペリー(ユアン・マクレガー)は妻のゲイル(ナオミ・ハリス)とこの街の

高級レストランで食事を楽しんでいた。しかし、ゲイルの携帯が鳴って、ひびが入った

夫婦関係を修復するための水入らずの時間は終わった。もともと仕事が入る予定はあった。

ゲイルは腕のいい法廷弁護士なのだ。


あわただしくゲイルが去ったあと、隅のテーブルで騒いでいたロシア人のグループから

一人の男がベリーに近づき、一緒に飲まないかと言葉をかけてきた。遠慮するペリーを

男はかなり強引に誘った。ディマ(ステラン・スカルスガルド)と名乗った…

d0164636_08134765.jpg






いささか強引にペリーに接近したディマはロシア・マフィアのメンバーでした。

自分と家族の安全なロシア脱出と引き換えに、巨額のマネーをロンダリング(洗濯)しようと

企てている悪党のリストを西側に提供すると言うのです。

冷戦時代を舞台にしたスパイを描くジョン・ル・カレの小説は数本 映画化されていますが、

私は60年代の「寒い国から帰ってきたスパイ」しか見ていません。主演のリチャード・

バートンの演技が素晴らしかったと記憶しています。


一方、この作品の俳優たちの演技には少し疑問があります。

50年前の 記憶が定かでないバートンと比較するのは不公平ですが、ペリー夫妻がディマに

なぜそこまでかかわっていくのかがよく伝わりません。演出の問題かもしれませんが。


奇蹟がくれた数式 85


ケンブリッジ大学 トリニティカレッジの自分の部屋でハーディは思い出にふけっていた。

インド人の青年とともに難解な数式の研究に取り組んだ日々を。

イギリス人とインド人が互いに理解し合うのはとても難しい時代だった。


二人の出会いは6年前の1914年にさかのぼる。

植民地・インドから届いた一通の手紙が著名な数学者のハーディをびっくりさせた。

差出人はマドラスの港湾局で働くラマヌジャンという若者だった。彼は高い教育は受けて

いなかったが、独学でむつかしい数式を研究した成果を綴ってきたのだ。

ハーディはラマヌジャンを大学に招くことを決めた…

d0164636_08145661.jpg







招かれたことに大喜びのラマヌジャンは新婚の妻を残して、単身 イギリスに渡りますが、

待っていたのは露骨な差別と約束されたはずの研究の発表が彼が思ったほどのペースでは

進まないという冷酷な現実でした。


「『スラムドッグ$ミリオネア」でデビューしたデーヴ・パテール“少年”も今やすっかり

立派な青年になりました。好演しています。



人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-10-28 08:17 | 映画が好き | Comments(0)

男と女 85


赤頭巾ちゃんの物語の一節を話して聞かせるとアンヌは娘の手を引いて浜辺を歩き始めた。

港に立ち並ぶ土産物屋をのぞきながら娘との束の間の時間を楽しむ。スタントマンの夫を

事故で亡くしたアンヌは優しい母親だった。


ジャンは真っ赤なスポーツカーの運転席に幼い息子を座らせ運転の真似事までさせていた。

日没が迫る浜辺でも好きなだけ遊ばせた。会える機会は少ないのだ。限られた時間の中で

母のいない息子に愛情をそそぐ父親の顔を見せていた。


アンヌとジャンがそれぞれの子供を寄宿学校に送り届けたのは門限ぎりぎりだった。

建物の中に入っていく息子を見送ったジャンが車を出そうとしたとき、舎監が彼を止めた。

パリ行きの最終列車を逃したこの人(アンヌ)を乗せてくれないかと。


“男と女”が出会った…

d0164636_08200240.jpg










アンヌにアヌーク・エーメ、ジャンにジャン=ルイ・トランティニヤンが扮し、1966年に

クロード・ルルーシュによって制作されたフランス映画です。

♪ダバダハダ、ダバダハダ、ダバダハダ、ダバダハダ…単調と言えば単調なこの音楽が

もう すでにおしゃれじゃないですか。ハハハ。


当時 劇場で見たのは間違いないのですが、覚えているシーンはひとつもありませんでした。

それはともかく、映像がきれいです。色彩がではありません。どちらかといえば、終始、

暗い色調の中で物語が進みますが、構図と画面のトーンが美しいのです。

そして、50年も前の作品という“古さ”はまったく感じません。むしろ、物語に関係ない

何か所かの会話を無音(ミュート)で処理しているところなど、新鮮で、やるなあと思いました。

ハハハ。

d0164636_08184687.jpg








どこの上映館でも同じかどうかわかりませんが、恵比寿ガーデン。シネマでは本編の前に

「ランデブー」という超短編が見られます。


早朝のパリ。短いトンネルを抜けた車がスピードを上げていく。

ゆったりと坂を上っていくと、やがて遠くに凱旋門が見えて来る。スピードを落とさず、

車はあっという間に凱旋門の横を抜け、人影がほとんど見えないシャンゼリゼ大通りを

猛スピードで走り続けてコンコルド広場へ。


右、左と鮮やかなハンドルさばきでルーブルを過ぎ、オペラ座を過ぎてなお走り続ける。

赤信号を気にする様子はない。目の前に現れる人も車も軽々と交わしていく。


ようやく車が走るのをやめたのは…サクレクール寺院の前。そこに、女性が待っている。


…それだけ。長さは9分、カットなし、ワンテイクで撮ったと聞きます。

知りませんでしたが、これもクロード・ルルーシュの作品です。

ドライバーの顔は映らないし、迎えた女性の顔もアップにならないうちに終わりますが、

十分 “ドラマ”になっています。もうけた気分でした。ハハハ。


永い言い訳 90


作家・津村啓(本木雅弘)が鏡の前に腰を下ろしていた。首からビニールの布が下がっている。

髪が濡れているのが分かる。散髪をしているのだ。彼のうしろでハサミを持っているのは

妻の夏子(深津絵理)だ。テレビからはクイズ番組の音声が聞こえている。

他愛ない会話が交わされていた。


わずかな言葉の行き違いから軽く言い合いになった。いやな空気を残したまま、夏子が

出かけて行った。高校時代からの親友とスキーに行くのだ。

津村は夏子が家を出るとすぐにスマホに手をのばした…

d0164636_08211364.jpg









スランプに陥った津村は不安定な精神状態にありました。売れない時代から支えてくれた

夏子に対しても素直になれません。だから“言い合い”になったのです。

夏子が出かけたあと、彼は若い恋人(黒木華)を家に呼びます。翌朝、“事故”を知らせる

電話がかかりました。夏子が親友とともに 乗っていたバスの転落事故で亡くなります。

そこまでが導入部です。


物語が動き始めるのはバス会社の説明会で津村が親友の夫に出会うところから始まります。

ディテイルに不満がないわけではありませんが、全体の仕上がりはいいと思います。

津村の“心模様”がていねいに描かれているのは、原作・脚本・監督が同一人物(西川美和)

だからかもしれません。彼が“父性”に目覚める瞬間など、やるもんだと感心しました。

ハハハ。


相変わらず 本木がいいですね。主演男優賞の候補になりそうな予感。

重要な人物を竹原ピストルという俳優が演じます。よかったのか悪かったのか、私には

かなり微妙です。奇をてらったとは言わないものの、はまっているようないないような…

みなさんで判断してください。ハハハ。


何者 85


佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之…

魅力的な俳優が揃った青春映画です。演劇や音楽に打ち込んで

それぞれに学生生活を満喫してきた若者たちが受験以来の人生の

試練に直面するのは就職活動です。


原作は朝井リョウ、同名の小説で直木賞を獲ったそうです。

“「爺さんには分かんねえだろうなあ」と言われそうなので”

という不純な理由で85点としました。ハハハ。

d0164636_08222222.jpg









ちりばめられたいくつかのエピソードは“就活あるある”的で

正直、何を描きたいのかが伝わりませんでした。もしかすると

原作者の思惑とは違う作品に仕上がったのではないでしょうか?

もちろん、それも“あり”ですが。


どうした、ハカセ?


ここだけの話ですが、昨日、ブログを更新したのが810分、

更新したことを告知するツイートは843分でした。

すると、91分にそのツイートをRTされました。

RTロゴのあとに“水道橋博士さんがリツイートしました”と。

d0164636_08231469.jpg






「どうせBOTだろう」と思ってチェックすると本人でした。

どうも、起き抜けにエゴサーチして自分に関係するツイートや

ブログを拡散するのがハカセの日課のようです。

続けて“イチャモン”が来るかと、少し緊張しました。ハハハ。


間違ったことは書いていない自信があったのに緊張するのは

“炎上”の経験があるからですね。


結局、なにごともなく…。

“余波”なのか、今朝は早くからアクセスが多いですが。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリック

by toruiwa2010 | 2016-10-21 08:29 | 映画が好き | Comments(2)

ベストセラー 85


1929年、世界恐慌の最中のニューヨーク・マンハッタン。

降りしきる雨の中、男は傘もささず、コートの襟を立ててタバコを吸っている。

彼が見上げるビルの一室でマックス(コリン・ファース)が原稿に眼を通していた。

定評のある出版社の腕利き編集者だ。ドアが開き、新しい原稿がデスクの上に置かれた。

かなりのボリュームだった。

タイトルは「失われしもの」、その下にタイプされた著者の名はトマス・ウルフ…

d0164636_07101778.jpg








マックスの執務室にトムが現れます。

どうせこの出版社でもnoと言われるものと決めてかかり、原稿を引き取りに来たのです。

そんなトムにマックスが言います。

「ウチで出版する。ただし、原稿を半分に削ることが条件だ」。


つらい作業が始まります。書きたいことがたくさんあるトムにとってつむぎ出した文字は

どれも大事なものですから、削ることをためらいます。

お構いなしに削っていくマックスとはしばしばもめますが、辣腕編集者は「傑作を読者に

届けるのが私の役目だ」と言って手をゆるめません。ファースが好演しています。

「失われしもの」とつけられていたタイトルも「天使よ故郷を見よ」に変わりました。

苦しんで書いた文章が削られることに耐えられないトマスですが、出版するたびに本は

売れますから、従わざるを得ません。


売れない時代からトマスを支え、励ます女性にニコール・キッドマンが扮しています。

終盤、マックスが担当していた作家のひとり、ヘミングウエイがさりげなく登場しますが、

“アーネスト”とファーストネームで呼ばれ、ヘミングウエイの“ヘ”の字も出て来ません。

あの大文豪だと気づかなかった人もいたんじゃないかなあ。どうでもいいんだけど。ハハハ。


グッドモーニングショー 70


時計の針が3時を指すと目覚ましが鳴り始めた。ベッドから伸びた男の手がそれを止めた。

澄田真吾(中井貴一)は朝のワイドショーのキャスターをつとめている局アナだが、視聴率が

振るわず、苦戦中だ。

パジャマのままキッチンに行くと、妻(吉田羊)が“まだ”起きてテレビを見ていた。

妻とテレビの間のソファには息子もいた。


妻から爆弾が落とされた。息子が交際中の女性が妊娠した、結婚するそうだと。

「お前、まだ学生じゃないか」と慌てふためく澄田だったが、出かける時間が迫っていた。

「改めて話そう」と息子に声をかけ、支度を整えるとマンションを出て迎えのタクシーに

乗りこんだ。

この日は、ほかにもややこしい話が持ち上がった。厄日なのか…

d0164636_07100762.jpg






番組で共演している女性アナ(長澤まさみ)に“言い寄られ”、電話やメールで泥酔した夜に

何かがあったようにほのめかされるという悪夢。

同期の番組プロデューサーから、「このまま、視聴率の低迷が続けば、打ち切りになる」と

告げられる過酷な現実。


最悪だったのは、放送中に立てこもり事件が発生し、人質をとった犯人が“交渉”相手に

澄田を要求したことでした!

序盤は、今のワイドショーの裏側みたいなものが見られて、その世界にいたのが何十年も

前のことになっている私にも面白かったのですが、澄田が犯人(濱田岳)と“交渉”を始める

あたりから、恐ろしくつまらなくなりました。いい役者を揃えてるのに、もったいない!


人間の値打ち 80


クリスマスの前々日、市内の有名高校のガラが終わった。

後片付けをしていた作業員の一人が先にホールを離れた。

自転車で深夜のミラノ郊外を走っていた彼を車がはねた。

車はそのまま走り去った。ひき逃げだ…

d0164636_07095503.jpg







このイントロ部分はほんの数分ですが、事件は ミラノに住む2人の少年と1人の少女、

それぞれの親たちを物語に引きずり込みます。見ず知らずだった親たちもいや応なしに

絡み合うようになっていきます。三つの家族は構成も家族間の人間関係や社会での階級も

かなり違います。映画は、事件が起きる前、起きたとき、そのあと…それぞれの時間に

それぞれの家族たちに何が起きていたかを説明していきます。


私は物語として楽しみましたが、人によってとらえ方が違うでしょう。

原題は「Human Capital(イタリア語:Il capitale umano」。

“人的資本”ということですが、この言葉の意味も、それとこの映画がどう結びつくのか

さっぱり分かりません。物語として楽しんだ…のは正解かも。ハハハ。


淵に立つ 85


メトロノームを使って蛍が朝のオルガン練習をしていた。章江が「ご飯よ」と声をかける。

夫の利雄はすでに食べ始めていた。口数は少ないが穏やかで夫婦仲は悪くなかった。

章江と蛍は手を合わせ、神に感謝の祈りを唱えてから箸を取った。いつもの朝の光景だ。


妻と娘が慌ただしく出かけたあと、利雄は家に隣接した小さな工場で仕事を始めた。

通りの向こうに一人の男が立っていた。利雄とは旧知の間柄のようだ。会話から 会うのは

久しぶりだと分かる。


章江が戻ったとき、男は機械に向かって仕事をしていた。「手伝ってもらうことになった」と

こともなげに利雄は章江に告げた。

それだけではなく、男はその日からこの家に住みついた。八坂と名乗った…

d0164636_07102636.jpg







八坂(浅野忠信)は謎めいた男でした。

旧知の利雄(古舘寛治)と章江(筒井真理子)、幼い蛍にまで敬語を使って話しかけます。

仕事のとき以外は 白いワイシャツのボタンを一番上までとめて着ています。

夜は「電気をつけたままでないと眠れない」と言い、食事は驚くほどの速さですませます。


…八坂は刑余者です。

それが分かると彼の“ナゾ”は解けます。これ以上はねたバレになるので書けません。

小品ですが、なかなかいいと思いました。

ただし、意図的でしょうが、終盤で“説明不足”の部分があって、置いてきぼりにされた

気持ちがあることも否定できません。ここから先は自分で考えてよとつき離されたようで。

ハハハ。


3人の俳優がすばらしい演技を見せています。

特に、知名度が高くない古舘と筒井はこの作品で評価が上がるのではないでしょうか。


人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックを

by toruiwa2010 | 2016-10-14 08:15 | 映画が好き | Comments(0)