ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:旅に出る食べに行く( 81 )

2011年2月16日、蔵王山周辺は快晴だった。
年に数回しか見られない 絶景に出会えた。
ふだんの行い…だね。

d0164636_8525047.jpg

テレビの画面にはかんじきを履いた足を雪にとられて苦戦する後輩、三宅・軽部両アナが
写っていました。同期入社の二人が旅をする“みや・かる ミラクル”のコーナーです。
気の毒に(ほんとに)、天気が悪くて、せっかくの樹氷も隠れがちでした。
その映像を見たとたん、思い出す雪景色がありました。
d0164636_8532167.jpg

5年前の今日、彼らより二回り上の私は同じ場所で夢のような世界を目にしていました。

“スケジュールありき”で動かなければいけない彼らと違って、“毎日が日曜日”の私は
自由に日程を組むことができます。ネットや電話でじっくりリサーチしてコースを決め、
最後は天気予報とにらめっこで出発日を選びました。

当日、起きてすぐに天気予報を確認すると、山形は朝から夜まで太陽が並んでいます。
スキー場のライブカメラも前日までの薄暗いものではなく、すっきりした映像でした。
してやったり! ふだんの行い…。ハハハ。

大宮から乗る新幹線の時間から逆算してNAVITIMEで家を出る時間を設定します。
接触事故や車両点検などで遅れる可能性を見込んでNAVIが指定した時間より20分早く
家を出ました。ところが!
新宿駅で埼京線のホームに向かって歩いているとき、地下通路にいやーなアナウンスが
流れていました。「…運転を見合わせています」
埼京線の赤羽―十条間で人身事故があったのです。

ホームに電車は入ってきましたが、「新宿と池袋の間に3本の電車が止まっているため、
この電車はしばらく停車します」という無情のアナウンスが…
駅員をつかまえて、「9時48分までに大宮に着くにはどんな方法があるか?」と聞くと、
山手線で○○まで行って、そこから△△線で…」と説明が始まりました。
もう、その時点で残り1時間ちょっとしかありませんでした。

ふだんは物事を決めるのに時間がかかる方ですが、そのときはすぐに決断しました。
車を運転しないので道路のことはよく知りません。しかし、高速道路を使えば時間までに
大宮に着くのではないか、と考えたのです。単なるカンですが。ハハハ。
タクシーをつかまえてどれぐらいかかるか、と聞くと、「1時間弱…」という答えでした。
「ぎりぎりかあ。間に合わなかったら、金も無駄になるし」と思ったものの、もうすでに
気持は“前がかり”になっています。行くと決めました。

案ずるより産むがやすし。
なんと、新宿から乗る予定だった湘南新宿ラインの到着時間より2,3分早く、タクシーは
大宮駅に滑り込んだのです。
予定外の出費は痛いですが、スケジュールを変えずにすみました。ふだんの行い。
うん? そうか、本当にふだんの行いがよければ、人身事故は起きないんですね。ハハハ。

新幹線を山形で降りて左沢線に乗り継ぎました。“あてらざわ”と読みます。
30分足らずの寒河江に降りました。月山(がっさん)を眺めるためです。
遠くからは眺めたことがありますが、できるだけ近くから眺めたかったのです。

駅前のタクシーに乗り込み、「1時11分の山形行き電車に乗るので、30分しかありません。
「どこか、月山が良く見えるポイントに連れて行ってください」と頼みました。
頼りない運転手さんでしたが、少し考えたあと意を決して走り出しました。
「10分か15分かかる」と言っていたので、戻りの時間が心配です。“田舎の10分”には
さんざんだまされましたから。ハハハ。
d0164636_8533920.jpg

いいポイントがあって雪をかぶった畑越しに堪能しました。
月山…大好きです。
出羽三山のひとつ、“たおやか”という言葉がぴったりの山容です。
いまじゃ、大いに違和感がありますが、“たおやか”の漢字は“嫋”です。女ヘンに弱い…。
見かけと違って冬季は人を寄せ付けない厳しさがあるそうですから、ある意味、この字が
ぴったりなのかもしれません。ハハハ。

山形に戻って、いよいよ蔵王温泉を目指します。
ずっと、iPhoneでスキー場のライブ映像をチェックしていましたが、何しろ気が弱いので
「頼むから晴れ続けてくれ」と祈るような気持でした。

およそ15分 待ったあと乗り込んだロープウエーの高度が上がるにつれて視界が開けると、
言葉にならないほど素晴らしい景色が待っていました。
乗換駅のすこし手前、高さ1000メートルを超えたあたりにブナ林があります。
それを過ぎたところから目の下に少しずつ樹氷が見えてきます。
d0164636_853565.jpg

その高さになると、シベリアからの冷たい風が山肌にぶつかるので樹氷ができる条件の
ひとつが満たされるのだそうです。タクシーの運転手さんの“解説”によると「水滴が
零下20度でも凍らないまま海を渡ってくることがポイント。そして、アカトドマツも
ポイントの一つ。樹氷ができるのはあの木だけだから」とのことでした。
念のために検索すると、微妙に違う部分もあるようですが、とにかく、いくつかの条件が
そろわなければ、樹氷はできないことが分かります。ハハハ。

“アイスモンスター”(氷の怪物)と呼ばれることもありますが、一つ一つ形が違っていて、
人の顔のように見えるもの、子供を背負った母親、頭巾をかぶった魔法使い…飽きません。
前年の樹氷は“ダイエットに成功した”と表現されるほど細かったそうですが、この年は
“10年に1度”の出来栄えだという話をあとで聞きました。
d0164636_8542251.jpg

楽しんでいるうちに1661メートルの山頂駅に着きました。合わせて15分ぐらいです。
駅舎の外に出るとさすがに風が強く、氷の粒が顔に打ち付けてきます。
正確ではありませんが、氷点下10度の世界です。
しかし、目に映る景観の素晴らしさが寒さを吹き飛ばしてくれました。
2メートルを超える、まるまると“太った”樹氷たちやその遥か向こうに望める山並みに
目を奪われます。
d0164636_855348.jpg

かなりの寒さでしたが、滞在時間が15分ぐらいだったせいか、冬の東京で外出する時の
服装で耐えられました。おかげで、予備のセーターもホカロンも出番がないままでした。
この年、履き始めたスパッツが威力を発揮したことを付け加えておきましょう。ハハハ。
d0164636_854554.jpg

上るときは上の樹氷にばかり気を取られていましたが、下りの景色もなかなかです。
手前に樹氷があって、その向こうに山形盆地が広がり、遠ーくに朝日岳などの山々…。

一度は“実物”を見たいものと思っていた樹氷を最高の条件で楽しんだ旅でした。
“200%”の満足です。

三宅、軽部、な、ふだんの行いは大事だろ?ハハハ。

…その年、満足感に浸れたのはほんのわずかな間でした。
23日後、東日本でマグニチュード9.0の地震が起き、続いて未曽有の大津波が襲いました。
2011年の2月から3月は死ぬまで忘れることがないでしょう。

*この旅のほかの写真はここにあります。
http://bit.ly/i2K1Xv

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2016-02-16 08:57 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)
茶畑から富士を望む。

新富士の天気を見ると晴れマークが1日中
並んでいたので、出かけることにしました。

雲が多く、雪が少なかったが富士は富士。
不満を言ったらバチが当たります。ハハハ。


d0164636_14244722.jpg

by toruiwa2010 | 2016-01-13 14:22 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
土曜日に京都に行ってきました。
各種の紅葉情報でピークには少し遅いのは分かっていましたが、
このシーズンに一度も京都に行かない…というのは、いかにも
気色が悪くて、天気のよさそうな日を選びました。

d0164636_829384.jpg

朝から雲一つない晴天でした。冷え込みに肩をすぼめて駅に向かう私たちの左前方に
まだ高い位置にある月が見えていました。

天気のいい日に富士山側の席が取れるとテンションが上がりますね。
真っ青な秋空をバックに雪をかぶった富士山。 日本に生まれてよかったと思います。
d0164636_8295732.jpg

京都駅に着き、タクシー乗り場に向かって歩いていると構内がごった返しています。
毎年、この時期に来るけどこんなの初めて。今日はずいぶん混んでるなあと思いました。
“土曜日”をすっかり忘れていたのです。ハハハ。
d0164636_830108.jpg

洛北の野仏庵に行きました。
知っている人は少ないでしょうね。有名な詩仙堂の向かいにある小さな庵です。
去年も訪れたのですが、入れませんでした。土・日・祭日と水曜日しか開いていません。
d0164636_830228.jpg
d0164636_830311.jpg
d0164636_8361536.jpg

いきなり、大満足しました。
ていねいな清掃以外に見せるための努力はしていないようですが、十分です。
取り立てて、なにがいいと言うのではなく、全体の佇まいが落ち着くのです。
ここだけで、かなり満たされた気分になりました。

近くの圓光寺。
残念ながらとっくに見ごろは終わっていました。覚悟していたものの、この庭が鮮やかに
色づいているのを何度も見ているので少し気落ちしました。
d0164636_8304897.jpg
d0164636_831252.jpg

いい時間になったので腹ごしらえをすることにしました。
家を出る前から、昼をがっつり食べる予定でした。
日曜日昼のテレビで女優のNMが勧めていたすき焼き屋に行きました。
席に案内されたときから嫌な予感がしましたが、案の定・・・でした。こまかく書きませんが、
とにかく、がっかりしました。帰宅後に食べログをチェックすると評価が3.47と出ていて
ビックリです。私の評価は2.00がいいところ、このとき両隣にいたカップルも間違いなく
低い評価しかしないはずです。ぷんぷん。
ま、テレビを見て行っちゃダメってことでしょう。ハハハ。
d0164636_827497.jpg
d0164636_8271137.jpg

法然院。
2年前にお気に入りだった山門の屋根が葺き替えられてしまったのは残念ですが、ここは
いつ訪れても一定の満足が得られます。
7,8年前は人影もまばらでしたが、ここ数年、どんどん人が増えました。ちっと残念。

桜が紅く色づいているのを期待していましたが、哲学の道は人が多いだけでした。
毎年楽しませてもらう永観堂は外から眺めるだけにしました。楽しめました。
南禅寺は大きな山門を額縁代わりにして見る紅葉がいいのですが、60点でした。
d0164636_8244818.jpg
d0164636_8252289.jpg
d0164636_825454.jpg
d0164636_8263093.jpg
d0164636_8263950.jpg

歩いた距離はそれほどでもないのに、かなり疲れたので帰ることにしました。東京へ。
昼をがっつり・・・は帰りに京都駅の新幹線上りホームだけで売っているという手作りの
サンドウイッチを買って車中で食べるのが狙いでした。
以前、たまたま買ったところおいしかったのです。ネットでも好評のようです。
d0164636_8242517.jpg

朝7時に家を出て帰宅は5時半。
博多のうなぎに続いて食事は空振りだったし、紅葉にもあまり納得できませんでしたが、
初めて訪れた野仏庵の満足感が“貯金”になって、全体としては80点の旅でした。
得た教訓は、土・日は避けること…です。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-12-01 08:39 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
火曜日は朝から曇天だった。
8時37分、妻と私を乗せたのぞみ17号は品川駅を離れて西に向かった。
7月に行った名古屋を過ぎてさらに西へ。年に数回訪れる“なじみ”の京都も過ぎた。
3月に大相撲を見に行った新大阪もその先の新神戸も岡山も過ぎてさらに西へ。
新幹線で行った最も西の地が大原美術館を訪れた岡山だから、ここから先は未知の世界だ。
少し前にぎっくり腰に似た症状を起こした妻が心配だったが、大丈夫だという。

列車は長い関門トンネルを通って終着の博多駅に滑り込んだ。5時間ちょっと。これもまた
これまでの最長乗車時間4時間弱(東京―弘前)を超える新記録だ。
こんなに長く列車に乗っていたのは初めての経験だが、思ったほど退屈しなかった。
会話は少ないが、妻と一緒だったし、なにより強い味方は“dマガジン”だ。
d0164636_1045825.png









“ブック放題”というのもあるが、どちらも150種前後の週刊誌などをiPadやiPhoneで
読める仕組みのアプリだ。iPadなら読むのに苦労しないし、写真もきれいだ。
アナウンサーの現役時代は世間の話題におくれないように、週刊朝日、文春、新潮などを
毎週読んでいたが、最近はよほどのことがない限り、買うことはなくなった。新聞広告で
見出しを読むだけで十分だからだ。実際に買っても、結局、見出しを見ただけで記事まで
読むことはマレから意味がないのだ。それほど、週刊誌の記事には中身がない。
d0164636_1055060.png





でも、400円,500円で多くの週刊誌が読めるなら…とこのアプリを入手した。
便利になったが、おかげでメジャー週刊誌の発売日が重なる週の初めは忙しい。
博多までの5時間で5~6種類の雑誌にざっと目を通すことができた。早めに終了したら
読みかけのフレデリック・フォーサイスを読もうと思ってキンドルを持参していたが、
まったく用がなかった。
d0164636_1061224.jpg







さて、博多に行ったのは大相撲11月場所を見るためだ。
今年は、大阪や名古屋にも初めて出かけたので、ついでだから“全6場所”を制覇して
やろうと思ったのだ。
途中から降り出した雨は九州でもやんでくれなかった。今年 見に行った相撲は両国で2回、
大阪、名古屋、博多、合わせて5回も雨に見舞われた! 相性が悪いらしい。

オンラインで手に入れていたチケットは2階のイス席だったが、土俵との距離が近くて
見やすかった。それにしても、十両のころは五分ぐらいしか入っていないし、幕内終盤も
中段の席はガラガラだった。“満員御礼”の垂れ幕は出ていたが、それじゃあ、あの席は
どこの誰がチケットを持っているのか?
d0164636_1063023.jpg












土俵が近いと言っても、“2階席”だから、土俵上の細かいところは分からない。
白鵬の“猫だまし”も現場にいたのに、実はよく見えなかった。タクシーの運転手さんに
言われて初めて知った。あらら。
d0164636_1064372.jpg






北の湖理事長をはじめ、協会幹部の評判が悪い。横綱の猫だましはなあ。
勝負が決まったあとの顔を見ると、本人は楽しんでいるらしい。困ったね。
ただし、個人的に“張り手”ほど悪質とは思わない。何度も言うが、上位者は平気で使い、
下位力士が横綱・大関に使うにはよほど勇気がなければ…というのは“ワザ”じゃないし、
アンフェアだ。いつになったら相撲ファンは声を上げるのだろうか?
d0164636_1065935.jpg






相撲が終わってから、妻がネットで調べてくれた中洲のうなぎ屋に行った。
タクシーの運転手さんがすぐ分かったほど有名な店らしい。予約がないからどうかなと
心配だったが、すんなり席に案内された。
とりあえず生ビールを頼み、旅先だからと、“特うな重”を注文すると、6,7分で出て来た。
はやっ!
d0164636_1013228.jpg





うなぎとご飯が別の重箱に入り、タレは皿に入っている。「かけてもかけなくても…」と
店員さんに言われた。妻は“手放し”状態で褒めていたし、味は納得するものだったが、
点数をつけるなら80点だ。大物タレントも褒めるというのに大胆だが。ハハハ。
大きな疑問は、注文から出て来るまでの速さだ。それなりの理由があるだろうが、東京で
行きつけの店は、注文を受けたあと割いて焼くから30分近くかかる。

“速さ”が先入観を生んだ可能性はあるが、味に“深さ”を感じないのだ。
ご不満の向きは、「こいつ、舌が鈍感なんだ」と思ってもらって結構。

翌日、朝から強い雨が降る博多を出発し、目指したのは広島。
プランは厳島神社に行き、紅葉谷公園で秋を満喫し、広島風お好み焼きを楽しむ…だった。
広島の予報も雨だったが、とりあえず行ってみることにした。降りて、雨が強かったら
今回はあきらめると決めて。
広島に着いても雨はやまず、切符を買い直して東京へ。食べそこなったお好み焼きが残念!

晩ご飯を食べるには早すぎる時間だったので、東京駅構内の“祭”で山形名物のお弁当を
買って帰ることにした。お目当てだった“牛肉どまん中”は売り切れていて、“タン”と
半々になったものになってしまった。残念!
d0164636_1005125.jpg






温かければおいしいのだろうが、冷めたタンは、少なくとも私にはダメだった。残念!!
うーん、往復10時間、座りっぱなしの旅の満足度は70点ぐらいかなあ。残念!!!

つかの間の休息

帰りの新幹線の中で、長友佑都のツイートを見かけた。
d0164636_9595568.jpg
















右から香川、長友、本田・・・プノンペンでカンボジアと対戦したあと、それぞれのチームに
戻るところだ。リラックスしている。いい顔してるね。
インテリアがプライベート・ジェットのように見えたが、この飛行機はいつたいだれが
手配したものか?

欧米のトップ・アスリートの中には個人で所有したり、数人でシェアしたり、レンタルを
利用する人が多いようだが、いずれにしても金はかかる。それでも、時間を節約し疲労を
ためないようにするためにはプライベート・ジェットは有効な手段だ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-11-19 10:12 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)
紅葉は六分だったけど満足

昨日は紅葉を楽しんできました。
立川市にある国営・昭和記念公園です。米軍の旧立川基地の跡地を
利用したもので敷地はかなり広大です。家から45分の近場ですが、
初めて行きました。

入り口でもらった案内図を頼りに回りましたが、分かりにくい!
計画では西立川口から入り、カナールのイチョウ並木に行き、
そこからは園内を走るトレインカーで日本庭園、“かたらいの
イチョウ並木”を見るつもりでした。
カナールに向かって歩き始め、園内のスタッフ、通りがかりの人に
何度も聞いて行ったのに途中で道を間違えてしまったようです。
結局、日本庭園に直行し、そのあと、これも迷いながら“かたらいの
イチョウ並木”を回りました。

全体にカエデなどの紅葉もイチョウの黄葉も六分ぐらいでしたが、
充分に楽しめました。

日本庭園
d0164636_7291827.jpg
d0164636_730350.jpg
d0164636_729302.jpg
d0164636_7301224.jpg
d0164636_7302499.jpg

かたらいのイチョウ並木
d0164636_731418.jpg
d0164636_7311248.jpg
d0164636_7312349.jpg
d0164636_7313274.jpg
d0164636_7314017.jpg

その他
d0164636_7322797.jpg
d0164636_7323927.jpg
d0164636_7324774.jpg
d0164636_7325521.jpg
d0164636_7331163.jpg

立川駅ルミネ・千房

d0164636_733312.jpg

お茶するかわりにお好み焼きと焼うどん。
おいしかったです。グラス一杯の生ビールが効いて
帰りの井の頭線内で2駅分ぐらい居眠りしました。

おまけ

タクシーでかかっていた
ラジオを聞いて思い出した。
今日は11月11日。
11時11分をスマホでキャプチャ。
それだけだけど。


d0164636_7371699.png

知らんものばっかり:ヒット商品

先日、日経トレンディが選ぶ“2015年ヒット商品&ヒット人”が発表された。
読んでみたが、初めて目にする言葉が多くて困惑した。知らず知らず世間の
動きに置き去りにされているんだと少々焦った。
“商品”の定義もさっぱりわからん。
まあ、ざっと見てみるか。感想を書いとく。

2015年ヒット商品ベスト30
d0164636_736922.jpg

1 北陸新幹線  ヒットしたかもしれないが、1位ではない
2 火花   新幹線よりはるかに上の1位
3 インバウンド消費  知らなかったし、“商品”にくくれるものか…という疑問
4 コンビニドーナツ  うまそうに見えない
5 ココナツオイル 知らんし、興味もない
6 ガウチョパンツ  街で見かけない。似合ってる女性をという意味だが
7 チョイ呑み 何のことかは分かるが、外で飲まないからなあ
8 明治プロビオヨーグルトオ PA-3 聞いたことがないがよさげだね
9 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ 上に同じ
10 アップルウォッチ  知ってるが不要。そこまでひっかけられたくない
d0164636_735509.jpg

11 ペッパー コショウがどうした…と思ったらロボットか 必要としない
12 おにぎらず 発想とネーミングのセンスがいいね
13 マインクラフト ゲームらしいがいっさい興味なし
14 ディープセラム ネイルケアの一種らしい 爪切りがあればいい
15 紙パック式掃除機 MC-JP500G 掃除機は使い勝手の改善が遅れてるよね
d0164636_7415954.jpg

16 折れないシャープペンシル 筆記用具はもう要らない
17 ジレット プログライド フレックスボール 髭剃りも不要だ 今は電動バリカンで
18 プロテカ 360 パスポートも切れた 長い旅はしないから要らない
19 ブルーボトルコーヒー 妻が淹れるネスカフェ香味焙煎が一番 文句あるか
20 まいにち、修造! 暑苦しいものは要らん
21 0.01mmコンドーム 必要としない
22 メロンパンの皮焼いちゃいました。 なんだそれ?
23 COTON  ハンディ洗濯機・・・知らなかった 知ってるのはCOTTONだ
24 ふるさと納税&プレミアム付き商品券  詳しく知らないが興味はある
25 スプラトゥーン ゲームは興味ないっつうの
26 スキレット 魔法のフライパンだと言うが、妻も知らなかった
27 定額制音楽配信 払う金がバカバカしい
28 MIRAI 新車かあ。免許を持ったことないし。
29 ラグビーW杯  この順位になった理由は完全に調査時期だね
30 機能性表示食品 大事なことと分かっているが興味はない。
d0164636_7351180.jpg

2015年のヒット人
モデル&タレント・藤田ニコル すぐに消える。間違いない。
お笑いコンビ・クマムシ 忘れていた。すっかり。
d0164636_7482885.jpg

2016年の顔
女優・門脇麦
 この女優の個性はいいと思う。
今注目の人 俳優・満島真之介 いわゆる“濃い顔”だね。役柄が難しそうだ。
d0164636_7474931.jpg

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-11-12 08:58 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)
部屋の隅でチャイムが鳴りました。来訪者ではないようです。
管理人室からの連絡かと思いましたが、それも違いました。
宅配ボックスに何かが届いた知らせでした。
“待っていたもの”が来たのです。
d0164636_9372914.jpg






どなたにも、会社や学校に行くとき、旅行やドライブに出かけるときに必ず持っていく
“必需品”があるはずです。あれがないと心配で…的な。
私の場合、ふだんは“これがないと困る”というものはなかったのですが、実況席に
向かうときだけは欠かせないものがありました。“三種の神器”と呼んでいました。
ストップウォッチ、点鼻薬、そして…POLOです。
あまり知られていませんが、トローチと同じリング状のキャンディでした。

時計は会社から支給されたものがあるし、鼻が詰まったときのための点鼻薬は藤沢薬品の
ナザール・ブロックを持参すれば大丈夫、問題はPOLOです。

8年半のブランクのあとWOWOWで現役に戻った91年、しばらくしゃべるとのどが渇き、
声がかすれるようになって困っていました。ポリープでもできたのかと心配しましたが、
専門医に診てもらっても、声帯に異常はありませんでした。
“うるおす”ことで改善できるのですが、問題はその方法です。そのつど、水を飲んだら
長い試合になったとき、“別のトラブル”に見舞われる心配が出てきます。ハハハ。
d0164636_9301836.jpg







私の実況生活の後半、何の不安も持たずに仕事に臨めるようにしてくれたのがいろいろ
試した挙句にたどり着いたPOLOでした。
とても固く作られたキャンディですが、口に含むとゆっくり溶けてのどを潤してくれます。
その潤いがのどが嗄れることを防いでくれたのです。
丸ごと放り込むと邪魔になりますから、ハサミで小さく刻んだものをピルケースに入れて
放送席に持っていきました。のどが少しでもおかしい…と思ったら、すぐ口に入れました。
サッカーの放送でスタジオから顔出しをしているときも入っていました。歯と唇の間に
はさめば動きません。“プロならでは”のコツです。ハハハ。

使い始めたころは簡単に買えたものですが、だんだん打っている店が減って行きました。
キオスクが扱うのをやめてしまってからは必死で探しました。
輸入元のネスレに電話をかけて、扱っている店を聞き出し、お金を送って10本入りの箱を
配達してもらうという荒ワザも使いました。ハハハ。

残念なことに、その後、ありとあらゆる店から姿が消えてしまって、ネットで検索しても
まったく見つからなくなりました。
“職業的な”心配は10年前に終わりましたが、日常生活でも需要がまったくなくなった
わけではありません。あれば使いたいときがあります。風邪をひいたときです。

ノドがひりつき、やがて体がだるくなる。“数年に一度”を除けば、熱はあまり出ない…
そういうタイプの風邪をひくことが多いので、ひき始めは特にのどを潤したいのです。
多くの病院で処方してくれるトローチは“味”が苦手なのでPOLOは強い味方でした。
“賞味期限2003.03”となっていますが、異常はなく、使う上で全く心配しません。ハハハ。
d0164636_931216.jpg








輸入をやめたと聞き、ストックが底をつきそうになって焦りを感じたのは10年ほど前です。
残りが10錠を切ってからは「大事に使おう。寿命との競争だ」と覚悟を決めました。
一方、ネット上でしつこく“検索”を続けていたところ、先日ヒットがあり、アマゾンで
注文できることが分かりました。

この日、宅配ボックスに届いたのは、待ちかねたPOLOだったのです。
イギリスで製造された“オリジナル”です。かつて手に入れていたものは原材料などを
日本語で書いた紙で包装されていましたが、全部英語です。本体のデザインは同じです。
味は少し違う気がしますが、まったく気になりません。

やれ、ありがたや。
45錠?入りが5本あります。どれだけノド風邪をひいても問題ありません。おそらく、
一度 死んで生まれ変わってきても“もう一生”大丈夫でしょう。ハハハ。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-28 09:32 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)
先週、軽井沢に紅葉を見にでかけました。
去年、雪をかぶった浅間山を見にいきましたが、この時期は2007年以来です。

大宮から新幹線に乗れば50分で着くほど近いのになかなか出かけませんが、通っていた
明星学園の寮があったので、中学・高校時代の夏休みにはよく仲間と遊びに行きました。
忘れがたいのはフジテレビ時代の1972年2月です。
警察に追い詰められた連合赤軍が軽井沢にあった河合楽器の保養所、あさま山荘を襲い、
管理人の妻を人質にとって立てこもる“あさま山荘事件”が起きました。
長期戦になり、3日目ぐらいに現地に向かうよう指示を受けました。

ヘリコプターで妙義山の辺りを越えて軽井沢に飛びました。
高い所は平気ですが、“風通しのいい”ヘリは完全装備をしていても凍えるほど寒かった
ことを思い出します。

山荘が切り立ったガケの上にあって犯人グループの動向はまったく分からず、警察から
もれてくる話と「向かって右側の部屋のカーテンが少し開きました」、「また、閉じました」
ぐらいしか伝えることがなくて、各局のそれなりに経験を積んだアナウンサーも記者も
“お手上げ”でした。ハハハ。
d0164636_8553394.jpg

報道陣が大勢押しかけたため、泊まるところがなくて、周辺にある企業の保養所などを
借りましたが、寝具も不十分で体調を崩すスタッフが続出しました。
1週間ほど経過したとき、フジテレビのドン、鹿内信隆氏から「大変だろう。私の別荘を
使いなさい」と有難いお言葉があり、スタッフが交代で泊めてもらいました。
温かい食事に温かいフトン・・・天国でした。
初日の夜、リビングでテレビを見ているうちに棚に並べられた高級ウイスキーのボトルを
酒好きが揃った報道マンが見つけたからたまりません。翌朝、空になったビンの山を見て
呆然としていた管理人さんの顔も忘れられません。ハハハ。

そろそろ、何処かにモミジを見に行こうかなと、ネツトをウロついているときに軽井沢の
紅葉ポイント、雲場池が見頃を迎えていることを知りました。8年前にも行きましたが、
ピークを過ぎていました。今季初めてだし、勝手が分かっているし、ちょうどいいかもと
即決し、天気がよさそうな2日後に出かけることにしました。

期待したほどの快晴ではなかつたものの、楽しめました。
8年前には、たしか“長野新幹線”と呼んでいた列車も今は「北陸新幹線」です。
呼び方は変わりましたが、車内の案内は相変わらずフジテレビの後輩の声です。
ずいぶん長くやってますね。定年を過ぎてもやらせて貰ってるなんて羨ましいかぎりです。
たいしてエネルギーも使わないし、テクニックも必要ないし・・・いいアルバイトだよなぁ。
ハハハ。

碓氷峠を越えて長野県に入るとすぐに軽井沢です。
降りる支度にとりかかつたころ、妻が「腰が痛い」と言い始めました。
聞けば、症状が“ギツクリ腰”っぽいのです。
「動ける」とは言うのですが、何度も経験している私は気が気ではありません。
「大丈夫よ」と言い張るのでタクシーで一回りして帰ろうと決めました。
d0164636_8561374.jpg

雲場池は軽井沢の定番です。
d0164636_8563657.jpg

d0164636_8565117.jpg
d0164636_8571157.jpg
d0164636_8573882.jpg

ウイークデーでしたが、小さい池の周りは人でいっぱいでした。
今年の軽井沢は木の種類や場所によって紅葉の進み具合にバラつきがあるようです。
ピークを過ぎた木もあれば、まだ緑色のままのものもあって、いい感じです。個人的には
“赤”がもう少し多い方が好きなので、満足度は85%ぐらいでした。
d0164636_8595894.jpg

d0164636_901843.jpg
d0164636_904369.jpg
d0164636_905556.jpg

彩鮮やかに紅葉が進む別荘地をゆっくり回ってもらったあと白糸の滝に行きました。
水と紅葉がマッチしていました。
d0164636_858442.jpg
d0164636_8581726.jpg

万平ホテルでお茶をしました。
d0164636_8583855.jpg

前回のときは、かなり歩いたのですが、今回は妻の“アクシデント”で通りすぎるだけに
なってしまい、写真もあまり撮れなかったのは残念ですが、“ほぼほぼ”満足な旅でした。

“満足”なのかどうか微妙なのは帰りの大宮駅構内で新宿湘南ラインに乗り換えるときに
妻の目がアンジェリーナを目にしてしまったことです。大好きなケーキ屋さんです。
中でもここのモンブランには目がありません。
目下、緩やかな減量中なのですが、見てしまったものは仕方がありません。ハハハ。
期間限定(今月いっぱい)で出店していたようです。お勧めです。
d0164636_8585496.jpg

*妻は、ベッドに横になったり起き上がったりするときに
まだ、相当 痛みが走るようです。京都を初め、西日本の
紅葉シーズンに入りますが、出かけられるかどうか…。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-27 09:11 | 旅に出る食べに行く | Comments(4)
週末にアマゾンから“お待ちかね”の荷物が届きました。
おくや“うまいお豆 十種ミックス”です。
d0164636_19495280.jpg








テレビ東京「ガイアの夜明け」を見て「食べてみたい」と思ったのは5月の初めでした。
上野・アメ横の「二木の菓子」などを紹介する中にこのお菓子が出てきたのです。
“おくや”は福島・喜多方にある豆の菓子の専門店です。
バイヤーと一緒に現地を訪れた二木の社長が即決で仕入れを決めました。
黒大豆、青大豆、落花生、えんどう豆、そら豆などに砂糖やみそをからめたオヤツです。
売り出し方に工夫が必要でした。“産地が会津”というだけで風評被害があるからです。
d0164636_19513047.jpg










二木には“切り札”になる女性社員がいました。
彼女が考え出す“ポップ”(商品の良さを訴える広告文)が絶妙なのです。
うまいお豆 十種ミックス”につけられたポップにはまずこう書かれていました。

こんなに良い商品が
風評被害で売れないのは
もったいない!!!


そして、「なぜ、店がこの商品を勧めるか」が分かりやすく説明されていました。
負けてなるかと社長も思うところを書いて売り場に並べました。

子供に伝えたいことがあったからこの商品を仕入れました
私の子供は7歳です。大きな地震があったことは知っていました。
でも今だに多くの人がどのように苦労しているか理解していませんでした。
復興を考えるなら最も理解しなければいけないのは子供たちだと思います。
でもそこには安心安全の問題があります。だから、直接見に行きました。
畑も工場も!想像以上の苦労と努力がありましたよ。収穫して検査、
商品化して検査。また自社で検査、と毎日安全を確認していました。


・・・商品が、厳しい検査を通っていて安全であることを綿々と訴えています。
発売の日、会津から駆け付けたおくやの社長が売り場で見たポップに感動していましたが、
私たち夫婦もスタッフの熱意にほだされてうるっと来てしまいました。
d0164636_1951619.jpg





取り寄せてみたいと思いました。
数日後、おくやのホームページをのぞくと、“おわび”が出ていました。
放送後、注文が殺到して機能不全に陥ってしまったのだそうです。
翌日、店まで買いに行った人は「開店してすぐに売り切れた…と言われてしまった」と
ツイートしていました。
HPには「いま、申し込んでも商品が届くのは7月(8月だったかも)」とも書かれていて
そのときはあきらめました。

ときどき、チェックしていましたが、ずっとその状態が続いていました。
先日、久しぶりにのぞくと、9月1日付で“再開”の告知が出ていたので申し込んだのです。

食べた感想は期待が大きかった分・・・でした。おいしくないというのではありません。
こういうものには人それぞれの好みがありますからね。

人気ブログランキングへ

⇑ 面白かったらクリックしてください。

by toruiwa2010 | 2015-10-21 08:02 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)
梅雨の晴れ間の月曜日、目白の椿山荘に行って来ました。
お目当てはアジサイでしたが、先日、映画の前に寄った浜離宮と同じで“空振り”でした。
どうも今年のアジサイには見放されているようです。ハハハ。
d0164636_8415498.jpg










私たち夫婦にとって椿山荘は懐かしい場所です。
泊まったことはありませんが、ここにあったプールに足しげく通った時期があるのです。

1963年に結婚し、初めは桜上水の木造アパートに住んだのですが、ずっと、住宅公団に
応募していました。1966年夏のある朝、新聞受けから取り出した新聞の隅に載っていた
当選番号の中に自分たちの番号を見つけたときの喜びはいまも忘れません。
当選したのは東池袋5丁目公団住宅でした。
その当時は都電が走っていた池袋から護国寺方面に向かう大通りに面し、雑司ヶ谷墓地の
向かいに位置するアパートです。
d0164636_8392477.jpg














東池袋4丁目から都電・荒川線で早稲田に出て、そこからバスで河田町のフジテレビまで
45分ぐらいで通えました。アパートの前でタクシーに乗れば、コイン2枚…200円あれば
会社まで15分で行けた夢のような時代です。ハハハ。

このアパートには5年住みました。40年以上たつのに、部屋番号が907だったことを
ハッキリ覚えています。社員番号と同じ部屋を選んだのです。ハハハ。
そして、その後 引っ越しを繰り返しましたが、ここだけは電話番号も忘れません。
983-2093…“(お)くやみになみだぐみ”と覚えたからです。ハハハ。

そのころ、フジテレビは毎年夏になると椿山荘のプールの利用券を1日10枚ほど格安で
社員に配っていました。福利厚生の一環です。休みや夜勤の日など週に2,3日通いました。
タクシーで10分もかかりませんでした。
デッキチェアを確保し、午前中いっぱい太陽を浴びたあとは、遅れてやってきた仲間に
チェアを譲って引き上げたものです。
d0164636_8402331.jpgd0164636_840383.jpgd0164636_8404661.jpg




























今、そのプールはなくなり、どこにあったかもわからないほど様変わりしていました。
ホテルの建物に加えて庭の手入れにも膨大な費用がかかったことでしょう。
ロビーラウンジでした“お茶”がいいお値段だったのも“むべなるかな”。ハハハ。
妻の紅茶はポット付きでした。私のコーヒーは目の前で普通サイズのカップに七分目ほど
注いでくれましたが、ポットはウエイトレスがお持ち帰りになりました。
ケーキを食べながら、さて、コーヒーが減ったら注ぎ足してくれるかなと悩みました。
ハハハ。

結果として、“それっきり”でした。確か、料金は1000円!!
あ、これは決してクレームじゃありません。
コーヒーのサービスについては“お代わり”ありにしてほしいと思いますが、景色には
癒されたし、妻のチーズ、私のチョコレート、ケーキはどちらもおいしかったし。
d0164636_8394154.jpgd0164636_8395114.jpg
















帰りは、タクシーで池袋駅に向かいました。
1960年代の終わりに住んでいた公団アパートがどうなっているかを見たかったのです。
今も、あるらしいのですが、見つけられないまま通り過ぎていました。空振りの連続。
ハハハ。

私はそのままリハビリに向かいました。
結局、その途中で見たアジサイが一番きれいでした…というオチ。ハハハ。
d0164636_8384443.jpg
d0164636_8385560.jpg
















おまけ:イカンイカン

年に1,2回 出てきます。
アイスクリームとあずき…最悪の組み合わせ。
「イカンイカン」と言いながら食べます。ハハハ。

d0164636_8382860.jpg
by toruiwa2010 | 2015-06-19 08:48 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
食べ物の匂いで幸せを感じるものを三つ?
…そう聞かれたとき、答えは人によっていろいろでしょうね。
私はあまり迷わずにチョコレート、コーヒーと並んでパンを挙げます。
特に、焼き立てのパンの匂いほど幸せを感じるものはないような気がします。
終戦直後のカチカチになったコッペパンの味気なさがトラウマになっているのでしょうか。
ハハハ。
d0164636_9145835.jpg






いま、パン屋さんの店先に立ったとき、目の前に並ぶ種類の多さに目がくらみますね。
菓子パンなどなかった時代に子供だった私たちは、今ほど質のよくないマーガリンを塗り、
砂糖をまぶして食べたりしたものです。母親が奮発してイチゴジャムでも塗ってくれたら
跳びあがって喜びました。ハハハ。

最近の我が家では朝の食卓にパンが出ることが多くなっています。
主役は神戸屋ベーカリーのプチパン(現在は“ロールパン”)です。
出会ったのは今年に入ってからだと思います。偶然でした。
映画を見に出かけるとき、妻から「覚えていたら、帰りにロールパンを買ってきて」と
頼まれました。カレーの“副産物”として作ったシチューを食べるとき用です。
d0164636_9161382.jpg







渋谷東急のフードショーで探しましたが、いくつかあるパン屋では見つかりませんでした。
翌日、リハビリの帰り、通り道にある地元の神戸屋に寄りましたが、結果は同じでした。
何か代用できる物はないか…と考えて選んだのがいかにもシンプルそうなプチパンです。
国産小麦と米粉で作られているこのパンはたったひと口で夫婦の高い評価を得ました。
モチモチ感が絶妙です。
今では、10個をまとめ買いします。“のめりこみ度”は私の方が少し強いこともあって、
私が買うことが多いです。「残り二つになったわよ」と妻が言うと映画などで外出したとき
求めて帰ります。いそいそと。ハハハ。
d0164636_9174342.jpg









基本は半分にカットしてトーストし、ジャムとハチミツをぬったものです。
我が家のハチミツは私の好みでどろっとしたタイプです。“壇蜜”は絶対NOです。
ハハハ。
d0164636_918479.jpg
d0164636_9181538.jpg









ときどき(きっと、妻の“気分”で)、サンドウィッチにすることもあります。
レタスとハムとチーズ、レタスと目玉焼き、レタスとハム、マヨネーズで和えたゆで卵、
レタスとコンビーフ、ほかに前夜、ポテトサラダを食べると翌朝は必ずこうなります。
d0164636_9184021.jpg








いちど、コロッケをはさんで出されたことがありますが、味はともかく、朝にはちょっと
“ヘビー”過ぎました。ハハハ。

神戸屋のパンでは、ほかに食パンを使います。“イギリス”や“スペシャル”です。
ちなみに、プチパン以外に朝食べるもの…食べさせられるものはモチ、クッキーなどです。
モチは夫婦とも大好きで、いつもパントリーに用意されています。お汁粉にも必要だし。
ハハハ。
d0164636_938251.jpg






で、昨日の昼には“スペシャル”を使ったサンドウィッチ。
つぶした硬めの目玉焼きとハムをはさんだ簡単なものですが、おいしいです。
d0164636_9191743.jpg









5年ほど前に、アフタヌーン・ティーの“チャパタ”がお気に入りだった時期があります。
当時は昼食も摂っていたのでチャパタ・サンドウィッチをしょっちゅう食べていました。
製造が中止になったときは、いくつかのデパートでパン屋を駆け回ってそれぞれの店の
チャパタを買い集めて試したものです。結構 凝るタイプなんです。ハハハ。

結局、アフタヌーン・ティーのチャパタに迫るものを見つけられず、サンドウィッチが
我が家の食卓に乗る回数は減っていました。
神戸屋が製造を続けてくれることを祈ります。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2015-06-12 09:25 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)