ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

<   2014年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

d0164636_8425098.jpg
仕事をやめて“毎日が日曜日”という状態になると
人は身の回りのことを構わなくなります。
特に、着るものは“なんでもいいや”になりがちです。
それまでの“ふだん着”のまま外出するように…。

安くていいものを提供してくれるユニクロや無印良品は
実にありがたい存在です。


PapasからMUJIへ ( 2008.03.27 初出 )


円高です。海外旅行をする人には朗報でしょう。
WOWOWのように海外から番組や品物を買っている企業も“うはうは”(死語ですかね?
ハハハ)だと思います。支払いはほとんどがドル建てですから。
WOWOW時代に1,400日近く海外出張をしていますが、円高のときは楽しかったことを
思い出します。ハハハ。

たしか、1995年には80円を切ったことがありました。パリ、ニューヨーク、ミラノで
ショッピングに精を出したものです。本来、それほど“おしゃれ”ではないのですが、
着るものとネクタイだけはどうしてもブランド物に目がくらんでしまいました。ハハハ。
当時、日本では1万円以上したはずの大好きなアルマーニのネクタイが4,000円ぐらいの
感覚で買えるのですから、思わずあれもこれもと手が出てしまうのです。
クローゼットには使われるのを待つネクタイが何本もありました。番組出演のとき以外は
めったに締めませんから、なかなか出番がまわってこないのです。ハハハ。

現役最後の10年ほどは、Papas に凝りました。かなり“つぎ込んで”います。
若い人でも十分着られますが、三国連太郎や谷啓がモデルをしていることで分かるように、
私たちの年代には嬉しいウエアです。カジュアルでいてどこかおしゃれ…たぶん、そんな
コンセプトでしょうが、その雰囲気が私の趣味とぴったり合ったためにすっかりはまって
しまったのです。ただし、お値段も“なかなか”ですから、現役を引退して年金生活に
入ると、いつまでもパパスとは言っていられません。ハハハ。
d0164636_844394.jpg
そんなわけで、この2,3年は“ユニクロ”と“無印良品”のお世話になっています。
晴れがましい席に出ることはほとんどありませんから、別に値のはるものを身につける
必要はどこにもないのです。
ぜいたくを言えばキリがありません。お金さえ出せば最高のものが手に入るでしょう。
しかし、普通の生活、付き合いをしている限り、清潔でこざっぱりしたものを着ていれば
いいのですから、品質もセンスもMUJIで十分だと思っています。

「わけあって、安い」をキャッチフレーズに生まれた無印良品には、スタートのころから、
ときどき思い出したように買い物に出かけました。
安い割にセンスは悪くないと思います。特に、ユニクロもおなじですが、宣伝のやり方が
うまいなあと感心します。もう少しカラフルでもいいのになあと思うこともありますが、
生産の効率を考えて、できるだけ消費者が求めているものの最大公約数に近い品を
作っているのでしょうから、色や柄に制限があるのは仕方がないのでしょう。
どちらかと言えばシンプルなものが好きな私には大きなマイナスではありません。ハハハ。

だいぶ前のテレビ(「ガイアの夜明け」?)で「無印良品がヨーロッパに進出した」ことを
取り上げていました。そのころは、“人気になっている”と紹介されていましたが、その後
どうなんでしょうかね?日本人にくらべると、欧米人のほうが、ブランドへのこだわりは
はるかに少なく、“物さえよければ”の感覚でしょうから、余計な装飾をできるだけ排して
シンプルさを追及したMUJIが受けいれられたとしてもおかしくはないと思います。
d0164636_8441926.jpg
先日、春・夏用のシャツと散歩用のソックスをまとめ買いしました。
シャツは試着して着心地のよさを確認した上で5枚買いましたが、一種“セレブ買い”の
雰囲気を味わいました。幸せな気分です。
ソックス6足と合わせて、21,110円で、これだけ“豊かな気持ち”になれるのですから
安いものです。
もっとも、最近は断・捨・離を心掛け、“新しいものを買ったら、古いものを処分する”を
原則にしていますので、どれとどれを捨てるのか選ぶのが大変です。
さて、どうしますか?ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-08-31 08:44 | 自薦・厳選300? | Comments(2)
d0164636_954763.jpg
今日の“自薦・厳選”は別のものを用意していたのですが、
「新・週刊フジテレビ批評」に元NHKの山根基世アナが
出ているのを見て急きょ変更しました。

NHKの歴代女性アナの中で“読み”を評価していたのは
3人でした。
私と同期、1963年入局の広瀬久美子、5年後輩の広瀬修子、
さらに3年後輩の山根アナです。
基本がしっかりしている上に声の質が柔らかく聞いていて
まったく“抵抗”がありませんでした。

最近、山根が「半沢直樹」。広瀬(修)が「軍師 官兵衛」の
ナレーターに起用されて大いに納得しています。
d0164636_95592.jpg
忘れがたいナレーション( 2008.05.15 初出 )


イカルガノサトニツラナルナダラカナヤタキュウリョウ
「いかるがの里に連なる、なだらかな矢田丘陵」…

聞こえているのは、だいぶ若いころのものですが、間違いなく私の声でした。
フジテレビ入社のときから、ラ行、ダ行、ナ行が苦手、特に、それがつながった言葉は、
出来るだけ避けていました。どうしても噛みそうだなと思うと、「意味は変わらないので
こうしてもいいですか?」と、担当の記者に了承してもらって自分が読みやすい文章に
書き換えてニュースを読んだこともあります。正しい意味の“姑息”。ハハハ。

冒頭に書いた文章などは、「カンベンしてくれよ」という心境で読んだに違いないのですが、
驚いたことにひとつひとつの音がきちんと出ているではありませんか!

先日、何かを検索しているときに、“ナレーション:岩佐徹”という文字を見つけました。
さらに検索を続けてたどり着いたのは「古都奈良に十三佛を訪ねて 大和路・悠々散歩」と
題する4本セットのDVDボックスです。すぐに頭に浮かんだのは「?」です。ハハハ。
ナレーションを依頼された記憶はなんとなくあるのですが、出来上がった作品は手元に
ありません。どうも気持ちが落ち着かないので、ネットを通じて購入しました。
d0164636_961869.jpg
収録したのはWOWOWに出向して数年たったころ、つまり、50歳を少し過ぎていたと
思います。フジテレビで8年半ほどマイクの前を離れていたあとにしては、口もよく動き、
滑舌もそれほど悪くありません。
「これなら、商品になっていても恥ずかしくはないかなあ」という感じです。ハハハ。
懐かしさも手伝って、全部見てしまいました。

“ナレーション”という仕事はもともとはアナウンサーだけがやっていました。
しかし、いつのころからか俳優やタレントたちによって“荒らされる”ようになりました。
ハハハ。
1990年ごろ、NHKが「シルク・ロード」のナレーターに石坂浩二を起用したときには、
読み方もアナウンサーに近く雰囲気もよかったのでそれほど違和感はなかったのですが、
しだいに、声はインパクトや魅力があっても、読みのテクニックは持っていない人たちが
始めるようになると、猛烈に腹が立っていきました。

アナウンサーは、文章の内容を汲んで、それが聞いている人に伝わるように読む訓練を
受けています。ですから、テクニックでは負けるとは思わないのですが、声に特徴がある
有名な俳優たちが読むと、声の魅力だけが前面に出て、読みがうまいかどうかはもはや
関係なくなってしまうところがあります。しかも、俳優が大物であればあるほどその人の
イメージが聞く人の頭の中で膨らみ、すばらしい“語り”に聞こえてしまうのです。
そうなると、個性を消すように教育されているアナウンサーは太刀打ちできなくなります。
「うまいとは思わないけどなあ」と“遠吠え”するしかありません。ハハハ。

それでも、安心して任せられる…ということでしょうか、アナウンサー人生の中で数々の
ナレーションをやらせてもらいました。
商品化されていて、手元にあるものを列記すると以下の通りです。

DVD

HISTORY of FOTBALL(THE BEAUTIFUL GAME) 6本セット
UEFA EURO 2004 PORTUGAL 3本セット
HISTORY of WIMBLEDON 2本セット
ウインブルドン・オフィシャルフィルム2004
ウインブルドン・オフィシャルフィルム2005

Video

高橋勝成や江連忠によるゴルフのレッスンものを多数やっています。
ほかに、面白いものでは‘94マスターズ、’95マスターズではジャック・二クラウスの
声を吹き替えたこともあります。ハハハ。

商品になっていないナレーションの中にも、記憶に残っているものがたくさんあります。
昭和天皇が亡くなったときに、全番組を中止して追悼番組を放送しましたが、この日に
流されたVTRの中に自分では一番気に入っている作品がありました。
戦中から戦後の復興まで激動の時代を生きられた昭和天皇の生涯をたどる壮大な物語です。
d0164636_962350.jpg
天皇が亡くなることを崩御(ほうぎょ)と言います。
1901年生まれの陛下が70歳前後になられたころから、テレビ各局は、いつかやってくる
崩御の日を“Xデー”と呼んで、そのときに放送するな番組の制作に着手していました。
当時は確定していませんでしたが、崩御から数十時間は、ほかの番組をすべて中止して
特別編成になることは分かっていましたから、その時間を埋めるためのVTRを制作する
作業は早くから始める必要があったのです。

そして、フジテレビがまず手をつけたのがこの“一代記”でした。
今となっては正確な年代は思い出せませんが、私にナレーションの依頼が来たのはたぶん
1970年代の初めだったと思います。入社から10年前後、仕事も気持ちも最高に“乗って”
いたころです。指名を受けたことがプライドをくすぐりました。

しかし、実際の作業は遅々として進みませんでした。
素材を集め、ナレーション台本を作るのは想像を絶する時間と労力を必要としましたから
しかたがありません。結局、私がナレーションをつとめたのは最初の4本(4時間分)だけで、
それだけでも収録には3-4年の歳月がかかったと記憶しています。
海外出張が増えたり、報道局への異動があったりしたために、残りの数時間分は2人の
後輩が担当しました。

下読みにたっぷりと時間をかけ、あした。ディレクターの指示は“きわめてゆっくりと”
にしたがって、心をこめて読んだ日々が思い出されます。
d0164636_995393.jpg
あるひとつの人生を語るとき、それを一国の歴史に
なぞらえることが出来る
人生に揺籃の時代あれば、国に草創期の苦闘の歴史あり
人生に青年客気の時代あれば、国に狂瀾怒涛の歴史あり
人生に成熟の時代あれば、国には爛熟した文化の時代がある


我々がいま、昭和という時代の終焉にあたって、大行陛下ご一代の足跡をたどるとき、
まさしくそれが一国の歴史であり、ひとつの人生と呼ぶにはあまりに歴史的な人生で
あったことを痛感せずにはいられない

昭和天皇の崩御は1989年1月でした。
最初の収録から15年以上の時間が経過していたことになります。
すでにWOWOWに出向していた私はこの日の放送を自宅で見ました。
昭和天皇の幼少時からの映像を見ながら、それに乗せて流れてくる自分のナレーションに、
特別な感慨がありました。

“その日”の空気を頭に入れて充分に読み込み、収録を終えたときには大きな満足感が
あったのですが、改めて聞くと、「幼い」「深みがない」という印象を免れませんでした。
こういうものを読みこなすにはもっと年輪が必要だったのだと思います。

実況やニュース・キャスターなどにくらべるとナレーションは地味ですが、考える以上に
奥が深くてアナウンサーとしてはやりがいのある分野です。
特に、自分で納得できる読みが出来たときの達成感は本人でないと分からないでしょう。
今ではもう舌の回転も充分ではありませんから、どこからも依頼はないと思いますが、
機会があったら“最後のナレーション”にもう一度、ぜひ、挑戦してみたいものです。
by toruiwa2010 | 2014-08-30 09:10 | 自薦・厳選300? | Comments(4)
d0164636_1015045.jpg
黒田:あまりにも惜しい!
d0164636_101477.jpg
7回 91球(58ストライク) 4安打 1四球・4三振 2点 勝ち負けなし

d0164636_1015687.jpg
4回にヤンキースが勝ち越したとき、黒田はMLBで13人しか記録していないと言う、
“30球団勝利”達成に一歩近づいたかに見えました。ええ、まだ4回でしたが。ハハハ。
…残念ながら、5回に追いつかれてしまいました。2回の先制点は我慢できるでしょうが、
この回の1点はあまりにももったいなかったですね。

先頭のケリーを歩かせてしまったのがつくづく悔やまれます。
しかも、続くバッターの初球にワイルドピッチでケリーが2塁に進みました。
2アウトまでこぎつけましたが、トップのデービスにうまくライト前に持っていかれました。

全体としては丁寧に低めを突いて落ち着いた内容でした。
6回2/3、6回、7回…これで、3試合続けて2点しか許していません。
1年前の、悪夢のような“大崩れ”(8/17以降、8試合で0勝6敗、防御率6.57)にくらべて、
はるかに安定した投球を続けています。
次はおそらく中5日で現地3日のレッドソックス戦になるのでしょう。
それを含めて、先発の機会は5回だと思います。いい形でシーズンを終わらせたいですね。


田中:復帰へまた一歩?
d0164636_103598.jpg
黒田が登板する数時間前のコメリカ・パークで田中が、ケガのあと初めて打者を立たせて
マウンドから投げました。ゲームを想定した投球で3イニング、右・左と打席を変える
ライアンを相手に49球を投げました。
2種類のファストボール、スプリット、スライダー、カーブと全部の球種を投げたそうです。
後方からセッションを見守ったジラルディ監督は「先に進んではいけないサインは何も
なかった。(9月復帰には)楽観的だよ」と語っています。
もちろん、“次のステップ”が実戦のマウンドを意味しているわけではなく、田中本人も
「そこまで回復していない。まだ、やらなければいけないことがある」と語っています。

次は、現地の火曜日にヤンキースタジアムでの試合前に実戦形式の投球をやるようです。


ジーター:最後の“里帰り”終わる

今シーズン限りで引退するジーターはデトロイトでも温かい拍手を送られていました。
デトロイトは4歳からミシガン州で育った彼にとって特別の場所かもしれません。
地元ファンは彼がタイガースの選手になることを願っていたようですから、ヤンキースに
入団したときには相当にうらまれたそうです。ドラフトされたのですから、ジーターには
選択の余地がなかったのですが。ハハハ。

1885年6月11日、彼は新人としてマリナーズ戦に出場し、4打数で1安打したのですが、
試合後、マイナー行きを告げられました。このときの打率は.234でした。5月に昇格した
まだ20歳のルーキーですから、マイナー行きは驚くほどのことではありません。
しかし、ジーターは焦りました。
翌日からデトロイトで試合があり、家族や友人たちが大挙してタイガー・スタジアムに
駆けつける計画を立てていることを知っていたからです。ハハハ。

面白いのはこのマリナーズ戦の先発投手が“同期生”のリベラだったことです!
ジーターと同じ5月にメジャーに昇格したときの彼は先発要員だったのです。
この日は5点を献上して6回途中でKOされ、ジーターと一緒に3A に落とされました。
このとき、4勝2敗、防御率5.43…9月に再昇格して1度だけ先発しましたが、それ以後、
ブルペンが“彼の場所”になったようです。(この話はNYタイムズから)
by toruiwa2010 | 2014-08-29 10:03 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
d0164636_923259.jpg
電車で向かいの席のご老人が、病院の待合室で隣の女性が鉛筆を片手にメモ帳のような
ものをじっと見つめて考えているのを見かけると、思わずニヤッとしてしまいます。
真剣な視線の先にあるのは“数独”と思って間違いありません。
どっぷりと“はまる”趣味を持ったことがない私も過去に何度かのめりこみました。

考案者はスイス人だという説もありますが、“日本生まれ”のパズルです。
九つのマスが作るブロックが九つあり、それぞれ1から9までの数字で埋めるのですが、
ひとつのブロック、ひとつの行・列に同じ数字は入れないのが条件になっています。
d0164636_9252021.jpg
あらかじめ入っている数字を手がかりに論理的に考えたら「このマスにはこの数字しか
入らない」という答えが出てきます。
7,8年前に出会って大いに悩まされ、それだけに燃えました。負けず嫌い。ハハハ。
簡単なようで難しいのです。しかも面白いのです。そして…はまるのです。

夫婦そろって“中毒”になったことがあります。
時間さえあれば格闘していました。たまに、「あっ」「うーん」と短い言葉が発せられますが、
基本的には“無言”です。
できたぁ!と思ってチェックすると、同じ行や列にしっかり同じ数字が入っていることが、
しばしばです。気のせいか、その数字は笑っているように見えます。「ほーらね」と。
ハハハ。

えっ、途中からやり直せばいいじゃないか…ですか?
おっしゃるとおりですが、さて、どこまでが合っていて、どこで間違いが発生したかを
見つけるのはそれほど簡単ではありません。そこに至るまでに相当神経を使っているのに、
間違った箇所を探そうなどと思ったら、たぶん途中で頭が痛くなるでしょう。
d0164636_9235275.jpg
こことここに5があるのだから、このブロックで5が入るのはこのマスしかないよな…と
3~4個のブロックを完成してチェックすると、その範囲ではまったく“論理”に破綻が
ないのに次のブロックで数字が重なってしまう現象に襲われます。「あっ」や「うーん」が
聞こえるのはそういうときです。ハハハ。

手がかりの数字がいくつあるか、どこに入っているか…などで、レベルはいろいろです。
口惜しいかな、目安として書いてある時間の中で完成することは私たちには至難の技です。
正直に書くと、低いレベルの問題でさえかなりオーバーすることがあります。
ある種の反射神経も必要としますから年齢的に難しいのです。
時間内に収めるにはもっとテクニックを磨かなければいけないのでしょう。うまい人は
きっと、まだ、私が気づいていない“高等テクニック”を使っているに違いありません。
それを見つけるまでは、時間がかかっても“アナログ的”方法でがんばるしかないのです。
ハハハ。
d0164636_9231980.jpg
今では“SUDOKU”の表記で欧米にも認知されているようです。
夢中になれる、退屈しない、老化の防止になる…ことは間違いありません。
完成したときの“達成感”はたまりませんし、ヒマつぶしには“もってこい”ですが、
くれぐれも“やりすぎ”にはご注意ください。
最初にはまったとき、私にはアドバイスをしてくれる人がいませんでしたから、たちまち
完全な“数独中毒”になりました。

軽い読み物を買うつもりで入った旅先の本屋で数独本に手が伸びたことがあります。
このパズルになくてはならない鉛筆を売っているところをたずねると「隣のキオスクで
売ってなければ…」と言われました。
そのキオスクで「鉛筆ありますかねえ」と聞くと、「おいてません」という返事でした。
「これでは家に帰るまでやれないなあ」と思っていると、よほど困った顔をしていたのか、
「ちょっと待って。短いのでよければ」と使い古しの短い鉛筆を見つけてくれました!!
おかげで、東京までの時間があっという間でした。鉛筆と同じように、なくてはならない
消しゴムがない悲しさで完成したものは少なかったですがね。ハハハ。
d0164636_9243150.jpg
先日、妻がやっていました。“精神安定剤”的なものを必要とする状況だった(ハハハ)私も
即、参加しました。
1年前に撮った脳のMRI画像を見てドクターは「カルテで年齢を見なければ、30歳だと
言われても分かりません」と言ってくれました。専門医の太鼓判をもらっている脳ですが、
実年齢はごまかせませず、半分ぐらいしか“正解”にたどり着けません。
それでも、ここ数日、取りつかれています。“ミニブーム”の始まりです。ボヤのうちに
消さないと大火になりそうです。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-08-28 09:26 | 読書・歌・趣味 | Comments(4)
d0164636_8383770.jpg
世の中に かほどうるさきものはなし ぶんぶといふて夜もねられず
                              (狂歌:江戸時代)

「蚊がうるさくてねむれん」と言っているわけですが、“狂歌”ですから
当然、もう一つの意味があります。しかし、現代に生きる私にとっては
裏の意味はどうでもいいのです。ハハハ。
世の中で最も嫌いな音を聞かれたら、たぶん、誰もが挙げると思われる
「黒板やガラスを爪で引っかく音」と並んで「耳元で聞こえる蚊の羽音」と
答えるでしょう。

本当に嫌いなのは、音ではなく刺されたあとのことです。
若いころからよく刺されました。体質的なものがあるのか、妻と一緒でも
刺されるのは私だけだったりしました。蚊に愛される血。ハハハ。
始末が悪いのは刺されると1週間も10日もかゆいことです。
d0164636_8384074.jpg
夏場、我が家の玄関のドアもベランダに出るガラス戸もほんのわずかしか
開きません。奴らの侵入を防ぐためです。
開ける前に必ず殺虫剤をひと吹きします。夫婦で出かけるときはすっかり
身支度をととのえ、薬をまき、息を止めて「1、2の3」と声を掛け合って
ドアを開けて飛び出します。
マンションのエントランスから「宅急便です」と告げられると、配達員が
我が家の玄関に到着する前にもシュッと。
直後に上の階から降りてきた住人には申し訳ないですが。ハハハ。

そんな私にも強ーい味方がいます。Temovate(テモバーテ)という軟膏です。
手に入れたのはニューヨークでした。

1992年全米オープンを中継するため現地入りしたWOWOWスタッフは
大規模改装工事を終えたばかりのある名門ホテルに泊まりました。

テニスの世界的なビッグイベントを実況できる。
久しぶりに訪れた世界に冠たる大都市・ニューヨーク。
世界的に名前が通ったホテルに泊まれる…

ワクワクしながらチェックインしたのですが、そこでえらい目に会いました。
ダニに食われたのです。それも、上半身を何箇所も…。一番タチが悪かったのは、
ワイシャツの襟では隠せない首筋に、三つ並んだ“痕跡”でした。それはまるで、
オリオン座のようでした。ハハハ。
d0164636_8391138.jpg
皮膚科の専門医に診てもらい、処方された薬を塗ると劇的にかゆみが消えました。
それがTemovateです。アメリカの薬は“ストロング”だとは知っていましたが、
ビックリするほどの効き目でした。ハハハ。
このとき、「“ライム病”と言う病気を媒介する可能性があるから日本に帰ったら
必ず専門機関で検査を受けるように」とアドバイスされてギョッとしましたが、
幸い“セーフ”でした。そして、手元には“奇跡の軟膏”が残りました。

普通、軟膏などは用が済めば捨てますが、この薬は捨てませんでした。
蚊に刺されると何日もかゆかったのに、この薬を塗るとすぐに収まるのですから
捨てられるわけがありません。
大事に使わせてもらいました。何年も…。

数年が経過し、“使用期限”が気になり始め、全米オープンのたびに探しました。
Temovateは処方箋がなければ買えませんから、NYのドラッグストアで効用が
似たものを教えてもらって手に入れましたが、効き目がまるで違いました。
…結果として、Temovateは今もまだ、岩佐家の“薬局”にあって活躍中です。
購入から22年が過ぎましたが、今でも効き目は十分です。
d0164636_839972.jpg
つい先日も、焼き肉を食べ終えて通りでタクシーを止めるまでの5分ほどの間に
刺されてしまいました。ふくらはぎの“おいしそう”なところを2か所も!
帰宅後、すぐに塗りました。20分ほどでかゆみが収まり、2時間ぐらいあとには
触っても分からないほどに“腫れ”がひいていました。

“死ぬまで大丈夫”と思える量が残っています。
医学・薬学的には問題があるでしょうが、知ったことではありません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-08-27 09:26 | 岩佐徹的考察 | Comments(6)
d0164636_8233339.jpg
日本人ですから、カレーが大好きです。
“国民食”ですから、「カレーは嫌い」という人を見つける方が難しいでしょうけどね。

いろんな意味で幅が広い食べものです。
子供のころは、母が作るシンプルなカレーが“ごちそう”でした。私の子供時代と言えば、
ひどい食糧難でしたから、どこの家庭でも母親は苦労したと思います。
我が家のカレーも、肉など入ることはめったになく、ジャガイモ、にんじん、玉ねぎ…
脳裏によみがえる“具”は野菜ばかりです。ハハハ。

それでも、台所からカレーのにおいが流れてくると、期待がふくれ上がったものです。
子供のころの記憶は強烈ですから、結婚した当初、妻の作るカレーに違和感があったのは
当然かもしれません。はるか昔の、“おいしかった”という印象しか残っていないものと
くらべたのは妻に対してアンフェアだったかもしれません。
d0164636_8235210.jpg
ひところはよく手作りのものを出してくれましたが、ここ数年、わが家の食卓に乗るのは
神戸カレーの「100時間かけたカレー」です。妻も70歳を過ぎましたから、「食事は手を
抜いていいよ」と言っていますし、レトルトですが、おいしいですから文句はありません。
レトルトの場合は“楽しみ”があります。食べるときにソースをかけるのです。
子供のころからのクセで、ソースの酸味がおいしさを増してくれると信じています。
妻の作ったカレーには畏れ多くてやれませんが、レトルトなら堂々と…。ハハハ。

カレーとライスを別々の器で。
一つの器だけど、カレーとライスはわずかに“触れる”だけ。
ライスの半分ぐらいにカレーがかかっている。
ライスのほぼ全体にカレーがかかっている。

家庭でカレーが食卓に乗るときの状態はいろいろでしょうが、我が家は2番目です。
ライスを一口分スプーンですくい、カレーとませて食べます。
トッピングはラッキョウ、甘露煮の栗、ときどきゆで卵…数十年、不変です。
d0164636_8251112.jpg
ところで、みなさんはカレーを食べるのにスプーンを使いますか?フォークですか?
私は、断固としてスプーンですが、妻は子供のころからフォークだったと言い張ります。
よく食べに行っていたトップスでウエイトレスさんに「お客さんの割合はどうですか?」と
聞いたことがあります。答えは「半々ぐらい」でした。
箸を使って食べるスパゲティーがまずそうなのと同じで、フォークで食べるカレーが
おいしいはずはないんだけどなあ。ハハハ。

…先日、ラジオを聴いていたら大竹まことの「ゴールデンラジオ」におひなたごうという
マンガ家が出ていました。普段、そのコーナーはほとんど聴かないのですが、そのまま
局を換えないで話を聴きました。おかげで、面白い本の存在を知りました。
d0164636_8245076.jpg
「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」…

タイトルだけで、どういう傾向の漫画なのか察しがつきますね。ハハハ。
そう、食にかかわる様々な素朴な疑問を投げかけ、うんちくを紹介している本です。
興味をそそられていたので数日後、早速購入しました。
これまで3冊が刊行されているようです。
“速読”派の妻はとっくに全部読んでしまいましたが、私はまだ拾い読み中です。

タイトルになっているもの以外にも、見るだけで楽しい項目があります。
d0164636_8252258.jpg
とんかつのキャベツ いつ食べる?
みかんの皮 どうやって剥く?
ショートケーキの苺 いつ食べる?
焼き鳥 串から外す?
卵かけご飯の生卵 いつかける?
パンケーキ どうやって切る?
スパゲッティにスプーン使う?
焼き肉で白飯食べる?


…言われてみれば、疑問を持たずに食べてきましたが、どんな方法だったかを簡単には
思い出せない項目があります。生まれた土地や育った環境などで自分のやり方しかないと
思い込んでいるものがあったり、「えっ、そんな方法で?!」と想像もしなかった食べ方に
出会ったりします。

項目ごとにどんな話が展開しているか、興味のある人は本を買ってください。
以下、岩佐徹の場合について簡単に書いておきます。

とんかつのキャベツは初めに全部食べます。特に、テレビで「血糖値を上げないためには
野菜を先に食べるべし」と言っているのを聞いてからは必ずそうしています。ハハハ。

みかんの皮は“へた”側から剥きます。“すじ”がきれいにとれるからです。

ショートケーキの苺は初めに食べます。最後に残すほど魅力を感じていないからでしょう。

焼き鳥を串から外すことはありません。焼き鳥じゃなくなる気がして。ハハハ。

パンケーキは、2段重ねだったら、まず、上の段を横に下ろして下の段にバターを塗り、
上の段を戻してバターを塗り、重ねたまま4つに切り分けます。そして、真ん中付近に
すべてのシロップをかけます。それ以外の切り方をしたことがありません。

夫婦そろって、スパゲッティを食べるときにスプーンを使ったことはありません。
何度も行きましたが、イタリアでそんな食べ方をする人を見たことがないし。
フォークだけで問題ありません。

焼き肉には白飯でしょう?
えっ、チャーハン?まさかね。ハハハ。

…でもって、この本のタイトルになっている“目玉焼きの黄身 いつつぶす?”ですが、
私はつぶしません。“つぶす”という発想がありません。皿が汚れてしまうし、黄身の量を
10とすれば、8ぐらいしか食べられないじゃないですか。
私にとっての正しい食べ方は、まず、回りの白身の部分を食べ、残った黄身を箸ですくい、
顔を上向きにして丸ごと口の中に放り込む…です。ハハハ。
d0164636_8253279.jpg
最後に、“卵かけご飯の生卵をいつかけるか”はどうでしょうか?
ネットを検索すると、人によって食べ方…そこに至るやり方はさまざまなようです。
私はこうです。ほかの方法で食べたことがありません。
d0164636_8254179.jpg
卵は2個。ご飯にかけるのは黄身だけ。
ご飯の中央に箸で“くぼみ”を作る。
くぼみに卵を入れる。崩さずに。
ご飯になじむようにまぜる。
醤油を注ぐ。
食べる。
d0164636_8261627.jpg
初耳でしたが、“黄身だけ&2個”を“セレブ食い”と言うそうです。ハハハ。

ちなみに、妻は、ご飯を半分よそい、卵(黄身だけ)を落として醤油をかけ、その上に
またごはんをのせる…というやり方で食べます。卵がいい感じに蒸れると言っています。
やったことがないので本当かどうかわかりませんが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-08-26 08:26 | 旅に出る食べに行く | Comments(26)
d0164636_13482726.jpg
岩隈:BOSOX&セスペデスにやられた

d0164636_13472546.jpg
2回1/3 67球(48ストライク) 6安打 3四死球・1三振 5点 勝ち負けなし

d0164636_13472866.jpg
3試合・12回2/3 0勝1敗 防御率8.53!!!
レッドソックス戦の通算成績です。
中でも、セスペデス22打数で8安打(3HR、4 2ベース)とカモにされていました。
野球はアベレージのスポーツだと言われます。
時にうそをつくこともありますが、多くの場合“正直”です。

2回1/3での降板は先発ローテーションに入ってからは最短KOです。
全体としては、これだけ打たれて点を取られるような投球だったかもしれませんが、
私の目には、数字ほど“どうにもならない”内容だったとは映りませんでした。
右打者の内角に投げ込むスライダーは切れがあって悪くないと思いました。

おそらく、私などには分からない微妙なところに“ズレ”があったのでしょう。
もともと、岩隈は微妙なところで勝負するピッチャーですからね。
遅ればせながら現地の日本メディアが正当な評価をし始めたところだっただけに
皮肉な結果になりました。

和田:6回までノーヒッター!
d0164636_1348960.jpg
6回1/3 92球(59ストライク) 1安打(1HR) 1四球・8三振 1点 勝ち(4勝1敗)

d0164636_13481979.jpg
球種を変えコースを変え、相手に的を絞らせない和田らしいピッチングで4連勝です。
4回に上位打線を三者三振に打ち取った場面などは圧巻でした。ねじ伏せるのではなく、
戸惑わせ、手玉に取っている感じでした。

6回までノーヒットでしたが、7回先頭の2番・ピアースに投げた90球目が真ん中に
入ってしまい、レフト後方のウエーブランド通りまで運ばれました。
次の打者を打ち取ったあと交代しましたが、盛大な温かい拍手に迎えられていました。
「ここまで十分に楽しませてもらったよ、ありがとう」という拍手です。
カブスとの来年以降の契約がどうなっているのか知りませんが、これだけの投球が
出来るなら、これから数年、MLBでやっていけるんじゃないでしょうか。
by toruiwa2010 | 2014-08-25 13:50 | メジャー&野球全般 | Comments(1)
d0164636_9543514.jpg
今日はツキがあるなあと思う日があります。
なんてツキのない日なんだと思う日もあります。
昨日は、その両方を短い時間の間に経験しました。


渋谷Bunkamuraで映画「グレート・ビューティ」を見るために家を出たのは
午後12時半でした。
このチラシを見た日から「これはストライク・ゾーンの真ん中の映画だぞ」と
公開を心待ちにしていた作品です。
d0164636_9542823.jpg
坂上忍がコメントを寄せていました。(本人が書いたとは思いませんが)

はじまりの5分でヤラれた(中略)
そこに見えるものは…愛すべき人間という生き物


面白いものですね。同じ“はじまりの5分”、私の頭は混乱していました。
オープニングから、意味があるのかないのか、理解することが難しいカットや
会話の連続でした。しかも、一つ一つの場面が長い。簡単に言えば“冗長”です。
もちろん、監督は「無駄なカットなどない。すべての映像に意味がある」と
言うでしょうけどね。

結局、上映開始から40分後に席を立ちました。そんな客は私たちだけでしたが、
映画は“娯楽”ですから、つらいのを我慢して見続けることはないと思います。
はじめから向いてないと覚悟していた「るろうに剣心」は最後まで見られたのに、
楽しみにしていた映画は半分も持たない…これも面白い。ハハハ。

帰りは焼肉と決めて予約していたので2時間近くも余りました。
困ったぞと思っていると「一度、家に帰って出直したら?」と妻が言いました。
そういうことを“面倒くさがる”タイプなので意外でした。

「地下でちょっと買い物をするので本を読んで待っててくれる?」と妻が言い、
映画が始まる前に預けておいた電子書籍リーダー、Kindleを渡してくれました。
東急本店地下の食品売り場に下り、私はソファで待つことにしました。
妻の買い物はいつもはやいので、本を読み始めても中途半端になると思い、
Kindleを横に置いてスマホをいじっていました。
5分ほどで少し離れたところに妻が姿を見せました。

「あっちに“くまモン”が来てるの。写真を撮ってくれる?」。
なぜか、くまモン・ファンなんです。いつも持っているカメラを忘れたので
スマホで撮ってほしいと言うのです。
妻の“いいつけ”は絶対ですから、すぐに飛んで行って人ごみのうしろから
数枚、妻が納得するだろうと思える写真が撮りました。
「じゃあ、帰ろうか」と歩き始めたとき“手ぶら”であることに気づきました。
「Kindleは預けたよね?」と妻にたずねました。そのときは上映前に預けた
ことしか思い出さなかったのです。
「えーと…」とバッグの中を探り始める妻を見た瞬間、パッと思い出しました。

ソファに戻りましたが、Kindleはありません。やっちまいました。トホホ。

近くの売り場の店員さんがとても親切にしてくれました。
若い女性が同じフロアにあるサービスセンターに届けられていないか聞きに
行ってくれて、ないことを確認すると、「遺失物係に届けることになります。
手続きはサービスセンターを通じてできますが、分かりにくいところなので
ご案内します」と、買い物をしたわけでもないのに至れり尽くせりでした。

恐縮しつつ、案内されたセンターで手続きを済ませました。
「何かあったら連絡します」と言われて食品売り場をあとにしました。
外に出たところでポケットからスマホを取り出しました。連絡があったとき
すぐ分かるように着信のチャイムをオンにしようと思ったのです。
すると…。留守電が入っていました。覚えのない番号でした。もしかして?

あまりの速さなので半信半疑、テープを聞くと、「今、届きました」!!!

捨てる神あれば拾う神…ではなく、忘れるKindleあれば、届ける善意の人。
ソファで、すぐ隣に私より年上と思えるご夫婦がいました。
なくしたと分かったとき、「あのご夫婦ならもしかして…」とは思いました。
たぶん、その通りだったのだと思います。感謝です。その人たちの連絡先が
分からないのが心残りですが。

7階の遺失物係でKindleを受け取り、地下まで下りて、面倒を見てくれた
店員さんに厚くお礼を言って帰路につきました。
映画は残念だったし、買ったばかりのKindleを一時的にせよなくしたときは
ガックリしましたが、最後はとてもいい気分でした。
日ごろの行いがいい、とは決して言えません。
てっきり、“天罰”が下ったのだと思いました。しかし、天は“自ら佑るもの”を
救いたもうたようです。ちゃんちゃん。

・・・でもって、この記事も“冗長”でした。ハハハ。
d0164636_958272.jpg
お店は「氷見・江政」さんです。
富山県氷見港で水揚げされる新鮮な魚を扱っています。
今度、買わせていただきます。
昨日は本当にありがとうございました。
お店の経営者に感謝の気持ちを伝えたかったのですが、
連絡方法がわからず、デパートにメールしました。

by toruiwa2010 | 2014-08-25 09:58 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)
d0164636_11564549.jpg
d0164636_11571095.jpg
6回 101球(60ストライク) 5安打 2四球・6三振 2点 勝ち(9勝8敗)
d0164636_11584216.jpg
苦しい投球でしたが、なんとか先発の役目を果たしました。
5試合連続で失点していた1回を0点に抑えたのはよかったのですが、3回までに61球
かかっていました。彼らしくありません。
ストライクとボールの比が61-40…苦しんだ理由はレイシオの悪さかもしれません。

10日に中4日で登板して、5回もたずにKOされたあと、一度は「先発を飛ばす」という
話も出ていましたが、結局、中6日で好投しました。今日は中5日でした。
現地アナの話によれば、シーズン終了まで中5日以上で投げることになりそうです。
チームには彼の力が必要ですが、去年終盤の“大崩れ”がトラウマになっているのでしょう。
40歳という年齢を考えると、休ませながら投げさせるというのはいいかもしれませんね。
チーム全体として“6人ローテーション”で行くという考え方もあるようです。
ピネダも、やがて戻ってくる田中も故障上がりですから、現実味のある話だと思います。

9勝目…10勝が見えてきました。
by toruiwa2010 | 2014-08-24 11:58 | メジャー&野球全般 | Comments(6)
d0164636_943411.jpg
甲子園は休養日をはさんで今日、準決勝です。
テニスのグランドスラム大会を担当しているとき
いつも感じたことですが、試合数が減ってくると
寂しくなりますね。

私は敦賀気比推しです。
ピッチャーのずんぐりした体形を含め、元巨人の
水野雄仁がいたころの池田高校を思い出します。
のびのびとバットを振るバッティングも魅力です。

今日の記事は2年前に書いたものです。

桐光学園・松井裕樹( 2012.08.20 初出 )

08/19のツイート

「ランナーがバックホーム」「ランナーが
盗塁しますが失敗」…高校野球のダイジェストの
コメントをつける実況アナが大混乱した件。
オリンピックで中堅アナが抜けて経験の浅い
若いアナがしゃべってるのかな。
全国に何百人もいるだろうに、結構、層が薄いんだ。


4日ぶりのエントリーがいきなり、イチャモンから始まって恐縮です。ハハハ。
昨日はツイッターでつぶやきながら、やりとりに時間を取られながら、久しぶりに
高校野球をじっくり見ました。
選手と同年代のころ、この時期はテレビの前に座り込んでいたものですが、最近は
めったに見なくなりました。全国の有力・有望選手が特定の強豪校に集められる
“システム”が興ざめ、などの理由からです。

このつぶやきを書きこんだのは10時を過ぎたばかりでした。お目当てはこの日の
第2試合に登場する桐光学園です。ベタで申し訳ないですが、話題の選手ですから
メジャーは日本人投手の“谷間”だし、ひと目見ておこうか、という感じでした。
新聞もななめよみですから、学校名もうろ覚えです。実を言うと、前日試合をした
青森・光星学院と間違え、マウンドにいるピッチャーが“右投げ”だったのを見て、
「なんだ、今日は違うピッチャーが投げてるんだ」と思ったほどです。ハハハ。

関心を持ったのは第2試合で19三振を奪ったあとですから出遅れているのです。

08/16のツイート

高校野球:桐光学園の松井裕樹が今日も19三振を
奪って合計41個だよね。坂東英二が持っている
高校記録は83個。桐光がどこまで勝ち進むかに
かかっているが、「不滅」と見られている記録も
危うくなる可能性が少ーーしだけど 出てきたね。
こりゃ注目だわ。

坂東が徳島商業の“小さなエース”として大活躍した1958年・夏の高校野球は
富山・魚津高校の村椿と投げ合った延長18回の試合を含めてたっぷり見ました。
170センチは当時の高校生でも小さかったと思います。しかし、ダイナミックに
踊るようなフォームで投げる彼の投球は魅力がたっぷりでした。浮き上がる速球と
ブレーキのあるカーブが武器だったと記憶しています。
d0164636_971075.jpg
昨日は第1試合が終わったあとのインタバルに昔の映像が流れました。
当時強豪校だった大阪・浪速商業の尾崎行雄の独特の投球フォームに懐かしさが
こみ上げました。2年生とはいえ“ハト胸&でっちり”の体型には威圧感があって
マウンドに立つ姿は堂々たるものでした。
当時の高校生はみんなそうだったように、球種は打者の手元で浮き上がる快速球と
カーブだけでした。小細工はいっさいないのですが、高校生のレベルで打つことは
難しかったでしょう。

浪商を中退してフライヤーズに入団した翌年にフジテレビに入った私は神宮などで
何度も彼の投球を見ました。前年、ルーキーでいきなり20勝した疲れが出たのか、
この年の成績は悪かったのですが、それでも間近で見る“怪童”は迫力満点でした。
当時 近鉄バッファローズの現役選手だった関根潤三さんが「あのね、高めが伸びる
ピッチャーはいっぱいいるけど、あの子は低目が伸びるんですよ」と言ったのが
印象に残っています。ええ、半世紀前でも、関根さんは関根さんでした。ハハハ。

松井の話に戻りましょう。
彼に関心を持つのは坂東の“83奪三振”へのリスペクトがあるからです。今では
人気クイズ番組の司会をやっていたことも、中日ドラゴンズで大活躍したことも
記憶する人が少なくなり、高校球児だったことなど知る人は“まれ”でしょう。
1958年の夏、野球ファンの目をくぎ付けにしたのは坂東少年でした。三振の数より
延長18回の翌日の再試合でまた完投したその“鉄椀”ぶりが話題をさらいました。
結局6試合で83三振を記録し、いまだに、本人やさんまが“アピール”しますが、
この数字は不滅です。坂東英二は単なる“ゆで卵”オヤジじゃないんです。ハハハ。
d0164636_953874.jpg
立ち上がりの松井を見て少しがっかりしました。
2番バッターにスライダーを空振りさせていましたが、あとは打者が一巡するまで
バットを合わされていました。きっと、球に“キレ”がなかったのでしょう。
そんなには三振が取れそうに見えませんでした。

序盤のピッチングを見てスタミナがないのかと思いましたが、むしろ後半になって
ボールの威力が増した感じでした。ただし、全体の印象としては、高校レベルでは
打ちにくいにしてもプロでどこまで通用するか、となると、疑問です。
巨人・山下スカウト部長が「制球もテンポも良く、来年ドラフトの目玉になる」と
話したという記事を読んで仰天しました。後半はだいぶキレが出ましたが、上背、
球速などを考えると、よほどのことがなければプロでは無理だと思いますけどね。
d0164636_97208.jpg
…というのは、あくまで市井の爺さんの大ざっぱな感想です。
野球は長く、たくさん見てますが、所詮素人ですからあまりアテにはなりません。
言わなくてもお分かりでしょうが。ハハハ。

係員にせかされて松井がベンチに戻った。
荷物をまとめるためだ。無茶をする。
グラウンドを離れたら、おそらく宿舎に帰るまで
キャッチボールの機会はないんだ。
クールダウンのための10~20球ぐらいやらせてやれ。
そうやって、何人かの球児の肩をこわしたんだろう。


気がついたときは、ベンチ前で松井がキャッチボールの相手にバツ印を出している
ところでした。次の試合に登場する天理高校の選手たちがベンチからグラウンドに
足を踏み入れていました。それまでに、松井がどれぐらいの時間キャッチボールが
できていたかは分かりません。年配の係員が松井の腰をベンチのほうに押すように
しているのを見て頭に血が上ってしまいました。

最後の1行は言いすぎかもしれません。
係員は「試合が終わったら、すみやかに選手をグラウンドから去らせるように」と
指示されているのでしょう。その通りにやっただけだと思います。ほんの数分でも
“余計な”時間がかかれば部内で問題になるのでしょう。

しかし、取材をすると分かりますが、試合のあとの選手は、スタンド下の通路で
テレビ、続いて新聞の取材を受け、終わると出口に横付けしたバスに乗せられて
宿舎に帰ります。その間、ピッチャーはキャッチボールなど出来ません。
甲子園では連投も当たり前です。実際、松井は今日の第1試合でまた投げます。
せめて、百数十球を投げて毛細血管が切れている肩をクールダウンさせるための
僅かな時間を待ってやれないのか、と怒ってしまったのです。

同じシーンを目にした人が多かったようです。
このツイートがあっという間に拡散されたことで分かります。

何年ぶりかでまともに見た高校野球の“観戦記”の最後がこんな内容になるなんて
まったく残念で。トホホ。
by toruiwa2010 | 2014-08-24 09:07 | 自薦・厳選300? | Comments(2)