ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


7月17日午後0時42分、
兄が息を引き取りました。
危ないという連絡を受けて
すぐに芦屋に向かいましたが、
間に合いませんでした。
病院の霊安室で顔を見ましたが、
兄らしい穏やかな表情でした。
93歳でした。頑張ったと思います。

*8月中旬まで休みます。

by toruiwa2010 | 2017-07-18 08:15 | blog | Comments(15)

変わった・変わらない…

~メジャーの周辺から 3 ( 2011.06.03初出 )

d0164636_08135886.jpg




メジャーから日本に戻って日ハムでプレーしていた新庄が

襟付きアンダーシャツを着てホークスの王監督からクレームを

つけられたことがありました。

「ルール違反ではないが、マナー違反」…わけの分からない

結論になったと記憶しています。ハハハ。

d0164636_08140741.jpg









同一チームの選手は同じように見えるウエアで身を包みなさい、

とされているのですが、アンダーシャツは長袖と半袖の混在が

認められています。タートル・ネックとそうでないもの

ありますね。細かいことを言っている割りに、同じチームでも

ソックスの見え方が選手によって、あれだけ違うのにお咎めが

ないのはおかしいじゃありませんか?ネック・ウォーマーだって、

つけたりつけなかったりバラバラじゃないですか?

この統一のなさ! 笑っちゃいますよね。ハハハ。

襟付きが禁止されたあと、それならば、と今度はカットした

襟を立てて登場した新庄にかげながら拍手を送ったものです。

よく言えば“知恵比べ”、悪く言えば“いたちごっこ”。


久しぶりに日本のプロ野球を見て、驚きの発見がありました。

数年前からのようですが、スパイク・シューズのメーカーが

バラバラです。

たとえば巨人。

大多数の選手がミズノのシューズを履いていますが、坂本は

アディダス、外国人選手はナイキが多いようです。

昔は、球団が契約した会社のシューズを履いていました。

たしか、張本は独自の契約を持っていましたが、デザインを

合わせていました。

日本プロ野球として“シューズのデザインを同一に”だったのか、

球団のビジネスを優先させた結果だったのか、今となっては

分かりません。いずれにしても、現在は、メジャーと同じように

完全に“自由化”されているようです。

d0164636_08141385.jpg








現地からメジャーを実況していたころ(1978-1981)、使われる

野球用具と言えばバットは有名なルイビルかアディロンダック、

グラブはローリングスかウィルソンでした。

特に、グラブは、ピッチャーがアップになると、グラブの手首の

ところに捺された“R”や“W”の文字が目に入ったものです。

最近は、まれに“M”を見るようになりました。ミズノです。

血のにじむような“企業努力”のたまものでしょう。

ミズノからは一円たりとももらっていませんが。ハハハ。


80歳を超えているはずのジョー・ガラジオラ元気だろうか。

カージナルスのキャッチャーだった彼は、引退後 解説者として

人気者になり、テレビのクイズ番組でホストをしていました。

あるとき、彼の解説を聞いていると「内角のまっすぐだな」、

「外角のカーブのようだ」と“予測”をしていました。

アナウンサーが「なぜ分かるんだい?」と聞くと、彼の答えは

「だって、僕らのころと変わってないんだもの」でした。


彼の説明によると、ランナーがセカンドにいないとき、指1本は

ストレート、2本はカーブ、3本はそれ以外の変化球などと

決っていたそうです。

そして、指先が左の腿のほうに向けばインコース(右打者)

右ならアウトコースです。

注意して見ていると、今も、それは変わっていないようです。

次の機会には、ぜひ、注目してみてください。

このことを知らない友人を前にガラジオラにならって“予測”を

してみたらどうでしょう。2,3球 続けて的中させたら周りから

リスペクトされるかも。ハハハ。

d0164636_08141830.jpg










サインは「外角へのストレート」


d0164636_08142718.jpg









サインを出した後構えたミットはまさに「外角」


d0164636_08190796.jpg









投球は構えより少し高かったが、「外角のストレート」


“最悪の誤訳”:お詫びと訂正


先週、映画「ナチュラル」(NHK-BS1)の終盤でファームから

上がってきたとすべきところを“農場育ち”と間違って字幕が

表示されたと書きました。ツイッターでも…

d0164636_08143532.jpg









最悪の誤訳:昨夜のBS1「ナチュラル」

メジャー・リーグが舞台。

投手交代が告げられラジオのアナウンサーの

声に合わせて字幕。

「農場で育った速球派…」爆笑。

このfarmは農場ではなく3Aなど

球団の下部組織。誰一人気付かないとは。

今朝、メールを送った。


…とつぶやきましたが、逆に、私のミスだと判明しました。


きっかけは、2日後になって@toruiwaで書かれたツイートでした。


"A Nebraska farm boy, blazing left-handedspeed. "

という場所でしたら字幕が正しいです。


スクリプトを読んだ“らしい”方からのものでした。

あわてて検索すると、ネット上に、スクリプトらしきものが

ありました。完璧ではないようですが、問題の投手交代の場面、

アナウンサーの言葉はこうなっています。


Young John Rhoades strides to the mound.

(若いジョン・ローズがマウンドに向かいます)

A Nebraska farm boy, blazing left-handedspeed.

(ネブラスカの農家出身で素晴らしい速球を投げる左腕です)

The Pirate organization expects greatthings for him.

(パイレーツは球団として彼の将来を大いに期待しています)


ネブラスカのファーム・チーム…と言い張ることも可能ですが、

当時のメジャーの本拠地は、たしかセントルイスが“最も西”

だったはずですから、ピッツバーグのファームがネブラスカ、

というのは考えにくく、これはもうギブアップです。

“農場育ち”は正解です。ハハハ。


ブログやツイッターを読んで、そのまま信じてしまった方も

多いと思います。間違った情報を広めてしまい申し訳ありません。

お詫びして訂正します。


読売新聞は東電の次期社長について“スクープ”として名前を

出した人物が間違っていてほかの人物が社長に決まったとき、

20日朝刊で『東電社長に築舘氏』との記事を掲載しましたが、

誤りでした。おわびします」と簡単に詫びただけだそうですが、

私は、きちんと謝ります。ハハハ。


一言だけ、言いわけさせていただくなら、字幕に“ネブラスカ”の

文字が入っていれば、こんなことにはならなかったのです。

文字数の関係で省いたのでしょうが、NHKも罪作りです。


なお、NHKからは自動応答以外に何の反応もありませんでした。

こちらのミスが分かっているので無視しているのでしょうかね。

“みなさまのNHK”は口先だけのような。ハハハ。


私の間違いで字幕は正解でした。お騒がせしました…とした上、

こう書きました。


ただし、この間、自動応答以外にNHKからは何の

応答もありませんでした。

すでに、私の間違いだとお気づきでしたか?

その場合は、無視する、というのがNHK

対応マニュアルなのでしょうか?


翌日、窓口から釈明のメール、さらに月曜日(30)には映画

担当者から懇切丁寧なメールが送られてきました。決して

ほったらかし”ではなかったことを報告しておきます。

“モンスター・リスナー”と思われたのかもしれません。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-07-17 08:12 | アーカイブから | Comments(0)

変わった・変わらない

~メジャーの周辺から 2(2011.05.24 初出 )

d0164636_08053843.jpg




大リーグを追いかけていた1978年から81年まで、現地で見た

テレビ中継の画面を思い出してみるととても“クリーン”でした。

テレビの世界で“クリーン”は、画面にスーパー(字幕)が出て

いないことを意味します。

映像の配信を受けるときに「ダーティー(字幕付き)で」とか

「クリーン(なし)でお願いします」などと依頼するのです。

d0164636_08054482.jpg









1978 ワールド・シリーズ:R・ギドリーvsR・スミス


野球中継ですから、完全に字幕なしではありません。しかし、

SBO(ストライク、ボール、アウト)の表示も思い出したように

しか出ていませんでした。ハハハ。

日本で 得点やボール・カウントが常に表示されている画面に

慣れていましたから、初めは違和感がありましたが、“余計な

もの”を一切 省略した画面はすっきりしていて、心地よさを

覚えるようになりました。


新しいバッターが打席に入ったときに表示される打撃成績も、

前日までの数字が最後まで更新されることなく出ていました。

送り手も受け手も大雑把だったのでしょう。

打席ごとに更新するようになったのは数年後のことです。

1981年シーズンにストライキによる中断があり、アメリカの

テレビが日本のプロ野球を放送したことがありましたが、日本の

放送を見たスタッフが導入したのだと思います。

d0164636_08054921.jpg








また、197879年ごろは球速の表示もまだありませんでした。

現地から実況する立場としては“パワー”と“スピード”の象徴の

ひとつ、ピッチャーが投げるボールの速さはぜひとも伝えたい

ところですから“歯がゆい”思いをしたものです。


…ドジャー・スタジアムだけは、それが“ある程度”可能でした。

ネット裏の最前列に、必ず“彼”…ドジャースで中南米担当の

スカウトをしていたマイク・ブリトがいたからです。

古いMLBファンなら、大きく割れるスクリュー・ボールを

武器に大活躍したフェルナンド・バレンズエラを覚えている

はずです。日本人には“金太郎さん”のニックネームで知られる

バレンズエラを発掘し、ドジャースに入団させたのが彼です。


彼はスカウトのほかに“副業”を持っていました。

ドジャースのホームゲームのときは、ネット裏の“定位置”に

陣取り、スピード・ガンで1球ごとに球速を測定していました。

当時は“90 mile-par-hour fastball”(90マイル=145キロの速球)

という言葉があって、メジャーでも、90マイルのストレートは

目立っていました。


投球が90マイルを超えると、彼はスタンド中段にある放送席に

指の本数で知らせていたのです。

“グー”ならちょうど90マイル、1本なら91マイル、そして、

指が3本立てば93マイル、つまり、150キロというわけです。

換算表を作って“彼”のシグナルを活用させてもらいました。

ハハハ。


2年前のWBCを見ていて、サンディエゴのペトコ・パークの

ネット裏に懐かしい顔をみつけました。かなりの年齢になって

いるはずですが、どう見てもです!!

ストローハットをかぶってガンを構える姿はあの頃とまったく

変わっていませんでした。

変わったのは、どこにも結果を知らせていないことと、いつも

左手に持っていた葉巻がなくなったことです。ふむ、いつから

“健康志向”になったのでしょうか。ハハハ。

d0164636_08055461.jpg










キャッチャーの真後ろでガンを構えるのが“彼”です。


このときは彼の名前が思い出せなかったのですが、この記事を

書くにあたって検索したところ一発で出てきました。PC

入力したのは4語でした。“dodgerscigar speed gunまあ、

便利な世の中になったものですねえ。ハハハ。


便利…と言えば、ブリトのハンド・シグナルは球場備えつけの

レーダー・ガンにとって代わられました。今では、日米ともに、

投球と同時に画面に出るようになっています。

NHKは現地がマイルで計測したものを自動的にキロに

換算するプログラムを使って表示しているのでしょう。


先週、24 man-roster について書きました。

“上がり”がいないメジャーでは一人少ないだけでもいろいろ

考えなければいけません。


まず、ピッチャーを何人 入れるかが大問題になります。

30年前は10 manpitching staff とか11 man…という言い方が

普通にされていました。

つまり、投手陣を10人で編成することが多かったのです。

先発要員が5人、クローザーが1人、そして、中継ぎ4

(11 man なら5)で構成します。

セットアッパーという考え方は少しあとに出てきたものです。

現在のロースターを見てみると、12人で編成しているところが

多いようです。必然的に野手の数が減ります。

ただし、開幕時は日程に余裕があるので、10人、11人にして、

その分、野手を増やしていたチームもあったはずです。


キャッチャーについても難しい判断を迫られます。

昔も今も、キャッチャーは2人のチームが多いですね。ケガの

多いポジションですからリスクは大きいです。打撃不振でも

先発キャッチャーをなかなか代えないのは控えが一人しか

いないからだと思って間違いありません。

代打・代走を出して2人目のキャッチャーを使ってけがでも

したら目も当てられません。


…たぶん、どのチームにも“emergency catcher”がいるはずです。

“正規”のキャッチャーが出払ったときにマスクをかぶれそうな

内外野手のことです。

キャンプのとき、監督・コーチは野手の中でキャッチャーを

やれそうな選手をそれとなく探しているものだと聞きました。


キャッチャーの数は同じでも、ピッチャーは30年前にくらべ

増えていますからしわ寄せは当然、野手のところに行きます。

25人のうち12(投手)+2(捕手)が確定すると、残る枠は11しか

ありません。先発(内外野)7人ですから控えは4人です。

一方、延長回数・時間制限+“28人登録・25人ベンチ入りと、

選手に優しいシステムの日本では、試合ごとにベンチ入りする

ピッチャーは8~9人でしょう。メジャーにくらべて、野手に

大きなゆとりがあります。


メジャーはこの厳しい条件の中で162試合を戦います。しかも、

182日間(2011)で!!

休みはたった20日しかありません。ここで言う“休み”とは

“試合がない”という意味です。飛行時間だけで5~6時間かかる

大陸間を含む移動に当てることもありますから“完全休養”は

ほんの数日でしょう。


少しでも体を休めるようにと球団も考えます。

試合が終わるとすぐに、バスが外野グラウンドに入る。

簡単にシャワーを浴びただけの選手たちが私服に着替えて

乗り込み空港へ。待ち構えたチャーター機で次の試合地へ。

ホテルのチェックインが午前2時、3時ということもザラです。


「サンデーモーニング」で能天気なH本が「メジャーなんて

こんなもんよ」と言うたびに、「知りもせんで、黙っとれ!」と

一喝したくなる72歳の私。ハハハ。


FARM=農場:ああ、驚いた*


昨日は久しぶりのマージャンで帰宅が午前0時近くでした。

寝ていると思った妻がまだ起きていて、映画「ナチュラル」を

見ていました。ロバート・レッドフォード主演のメジャーを

舞台にした物語です。

残り15分ぐらいを見ましたが、ドラマのクライマックスで

それは起きました。

d0164636_08060314.jpg









最終回に逆転のチャンスをつかんだニューヨーク・ナイツは

打席にレッドフォード扮するロイ・ホブスが立ちました。

カウントが0-2になったところで相手チームの監督が出てきて

投手交代を告げました。左打者のホブスに対して左ピッチャーを

起用したのです。

盛り上がるスタンドの歓声をバックにラジオのアナウンサーの

興奮した声が聞こえます。

そして、画面の下に日本語の字幕が出ました。

「農場で育った速球派…」

野球ファンならこの場合のfarm3A2Aなどの下部組織を

指していることを知っていますね。

つまり、アナウンサーは「ファームから上がってきた…」と

言ったのです。野球音痴の訳者が“farm=農場と決め込んで

しまったのでしょう。わあ、恥ずかしい!ハハハ。


この映画は、テレビ初放送ではないと思います。

日本語訳を担当した人は知らないのだから仕方がないですが、

周りにいた関係者の誰もチェックしなかったのでしょうか?

視聴者からクレームはなかったのでしょうか?


再放送もあるでしょうし、私が見始める前の部分に間違いが

ある可能性も否定できません。

今朝、NHKにメールを送っておきました。ハハハ。


*この部分をどう受け止めるか…

明日も読んでから判断してください。


by toruiwa2010 | 2017-07-16 08:17 | アーカイブから | Comments(0)

MLBの公式戦が日常的に生中継されるようになって、

さまざまな情報がファンに提供されてきたと思う。

現地の音声を聞くことが多いのでNHKJスポの

アナが触れたかどうかわからないが、私が知っている

いくつかの“ネタ”を3日連続でまとめて提供する。


変わった・変わらない

~メジャーの周辺から~( 2011.05.19 初出 )

d0164636_07165806.jpg




少し前、ドジャースの試合を見ていると、翌日 先発予定の黒田が

ガムを噛みながらチームメイトに声援を送る姿が映りました。

おかしいな、と思いました。


私がメジャーを取材していた当時(30年前)、翌日の先発投手は

ダグアウトの一番キャッチャー寄りの場所でスコアをつけて

いたものです。相手ピッチャーの攻め方やバッターの弱点などを

記録し、翌日の試合に役立てていたのです。

黒田は明らかにこの作業をやっていませんでした。システムが

変わったのだと思いました。

…だとすると、今は誰がスコアをつけているのだろうか?

d0164636_07170415.jpg








こういう疑問はそのままにしておけない性格なので さっそく、

問い合わせてみることにしました。

今回は3球団にメールを出しましたが、回答をもらえたのは

アストロズだけでした。とても丁寧に、私が問い合わせたこと

すべてに答えてくれました。


私が黒田を見て抱いた最初の疑問はあっさり解決しました。

30年前とは段違いのレベルにあるコンピューターの存在を

すっかり忘れていました。

必要とするすべてのデータは“スカウティング・リポート”が

提供しているようです。

くわしいことは分かりませんが、たぶん、30球団が出資して

作った組織が全試合の1球ごとの分析を行い、データ化して

いるのだと思います。

日本と違って国土が広いアメリカでは、ドラフト用の情報・

データの収集なども各球団が個別にやっていたのでは経費が

果てしなく膨らみます。一つの組織が一括して情報を集め、

それを一律に分配することで経費を抑える…合理的です。


このやりかたなら、黒田がスコアをつける必要はありませんし、

得られる情報もはるかに詳しいものになりますね。


メールでは、ついでに、二つの質問をぶつけました。


一つは、ロースターの登録人数についてです。

25人に決まってるじゃないかですか?まあ、そうですけど、

そうでもないんです。ハハハ。


私が取材した1970年代後半はやっと100万ドル・プレーヤーが

生まれ始めたころです。それでも球団経営を圧迫していました。

すくなくとも、球団はそう主張していました。ハハハ。

そこでオーナーたちが考え出した妙案は “メジャーの登録枠

(25)24人にでした。1人減らすと、旅費・宿泊代などで、

年間で相当の金額が節約できるという説明でした。

日本より一人少なかったんだ…と思いますか?違うんですよ。


確かに日本は25人ですが、1軍登録は28人まで許されています。

28人登録の25人ベンチ入りが日本プロ野球のやり方です。

普通は、前日と翌日、翌々日の先発ピッチャーがベンチから

外れます。“上がり”と呼んでします。


メジャーには、“上がり”はいません。翌日の先発ピッチャーが

試合予定地に先乗りすることはたまにありますが、基本的に、

メジャー登録の25人は毎日ベンチに入ります。

d0164636_07170927.jpg








先日、松坂がリリーフ登板して話題になりましたが、限られた

人数で延長回数無制限の試合を戦うのですから、ピッチャーと

いえども、いろいろな役割で駆り出されます。

「慣れないリリーフで気の毒だった」とおバカなコメントを

する解説者やキャスターがいましたが、冗談もほどほどにして

ほしいものです。長い試合になれば、代走に出ることもあるし、

外野を守ることだってあります。松坂は“ピッチャーとして”

試合に出たのですから、まだいいほうです。ハハハ。


メジャーの選手会の何代目かの会長にマービン・ミラーという

弁護士がいました。選手会を世界でも1,2位と言われるほど

強力な労働組合にした男ですが、

彼のリーダーシップのもと、1990年以後は特別のときを除いて

“25-man roster”は不動のものとなっているそうです。


1979年7月13日のアナハイム・スタジアム。

地元エンゼルスのエース、ノーラン・ライアンがヤンキースを

相手に5回目のノーヒット・ノーランをめざして力投していた。

しかし、8回、ヤンキースのスペンサーの打球はセンターを襲い、

リック・ミラーが地上寸前で捕り損ね、はじいてしまった。

記者席で見ていた私にはヒットに見えた。

d0164636_07171777.jpg









しかし、この日 公式記録員だったヘラルド・エグザミナー紙の

ミラー記者は“E, eight”(センターのエラー)と記者席に告げ、

スコアボードにも「E-8」と表示された。

打ったスペンサーはベース上で記者席をにらみ、ヤンキースの

ダグアウトからは数人の選手やコーチがとびだして抗議の

ゼスチャーを見せた。


ミラー記者は全く動じる気配を見せなかった。

「ルールブックには確かに、疑わしいときは打者に有利にと

書いてあるが、 “記録”がかかっている場合は投手有利である

べきだし、記録を破るにはクリーンヒットが望ましいのだ」と。


9回にジャクソンがそのクリーンヒットを打って、ライアンは

7回目の1安打ピッチングに終わった。翌日のニューヨークの

新聞は「あんなことで記録を達成できたとして、ライアンは

喜んだろうか?」という論調だったし、それを転載したロスの

新聞はその横に「なに、ニューヨークでギドリー(ヤンキースの

エース)が投げていたらやっぱりエラーと記録されるさ」という

エンゼルス監督の談話をのせていた。

誰にも言い分はあるものだと苦笑するばかりだった。

d0164636_07172329.jpg







実は、この騒ぎには一ヶ月ほど前に逆のケースで伏線があった。

63日、ピッツバーグのスリーリバー・スタジアムだった。

パイレーツのキーソン投手は82死まで相手のパドレスに

ヒットを許さなかったが、とうとうエバンスにサードの

ガーナーを強襲された。


スコアラー、ピッツバーグ・プレスのダン・ドノバン記者は、

迷うことなく“ヒット”と判定した。試合後のロッカールームで

ドノバン記者をみつけたキーソンは「オレにとっては一生に

一度のチャンスだった。エラーにも見えただろう。地元なのに、

あの判定はなんだ」とかみついた。

翌日のプレス紙は、スポーツ面に社としての見解を記した上で、

「以後、本紙の記者は公式記録員を引き受けない」と声明した。


1979年、ベースボール・マガジン誌に書いた記事の一部です。


当ブログにはこのときの経験も踏まえつつ、「メジャーには

公式記録員がいない。記者が代行している」と何度か書きました。

30年前のことだから、これも変わっているかもしれないと思い、

質問の中に加えました。

d0164636_07173004.jpg








…変わっていないそうです。

3~4人の記者が交代でやっているようです。

MLBを代表しているから地元びいきになることはない」と

担当者は書いていましたが、イチローの“内野安打”を見ていると、

こればかりは、言葉通りに受け取るわけにはいきません。

ていねいな回答には感謝していますが。ハハハ。


30年を経て、変わったものも変わらないものもあります。

少しずつ書いて行こうと思います。「大した情報ではない」と

言う人もいるでしょうが、知った上で見ると楽しみが増えるかも

しれません。参考になれば幸いです。


by toruiwa2010 | 2017-07-15 08:16 | アーカイブから | Comments(0)

数年前から始めたものの、思うようにはかどらない“断捨離”の

一環として、DVDの大掃除を試みている。かなり難航中だ。

遅々として進まない。えーい面倒だから全部 捨ててしまえ…

とは、当然ならない。どうしても、これも残そう、あれも、と

なってしまう。これ、断捨離あるあるかな。ハハハ。


実は、芦屋に向かうとき、時間があるだろうから、帰るまでに

処分すべきものは処分しようと考えていたのだが、ローラー

コースター状態だったから、段ボールを開けないままだった。


で、今回は腹をくくってとりかかったつもりだが、段ボールを

開けた瞬間に気持ちが萎えた。あまりにも量が多いんだもの。

ハハハ。

そりゃそうだ。新人のころに実況したものは家庭用録画機器が

普及する前だったから残っていないが、70年代の半ばからは

せっせと残してきたからその量ははんぱじゃないのだ。

ただし、初めは場所をとるVHSテープだったから、一定量を

超えるとどんどん捨てたり上書きしたりしていた。


しかも、保存の環境が悪いせいか経年劣化がひどかった。

CD,DVDの出現で保存は容易になったが、ダビングすると

どうしても質が落ちてしまう。手元にある古いものはどれも

“憐れな”状態だ。ハハハ。

d0164636_06571377.jpg











1000枚ぐらいあったCDを思い切って処分したつもりだが、

それでも、ざっと800枚ぐらいが残った。中でも多いのは

やはりテニスのCDだ。自然に試合内容がよくなる準決勝、

決勝のものを多く残した。顔合わせを見ただけで、どんな

内容だったか、15年、20年が過ぎても見当がつく。


自分が実況したものについては、処分する前に聞くことになる。

まず、ブワーッと懐かしさが込みあげてくる。

最も古いのは1974年、国立競技場で日本リーグ(Jリーグ)

藤和vs三菱を放送したときのものだ。ゲストのペレを迎えて

握手するところだ。左は伝説の左ウイング・杉山隆一さんだが、

書かないと、誰が誰だか分からないなあ。

(私が座ったままなのは失礼な話だが、放送中だからだ)

d0164636_06570822.jpg










懐かしさの次に、「なかなかいいじゃない」と思ってしまう。

これほど自己愛が強いとは思わなかった。ハハハ。

整理をしながら、流していたのは2002年、猛列な暑さの中で

行われた全豪の女子決勝、カプリアティvsヒンギスだった。

実況していて、二人とも勝たせたいと思った試合はいくつも

あるが、これもその一つだ。


作業をしながらだったが、ちょっとしたことを描写したときや

解説の遠藤愛さんの言葉に相槌を打ったときの自分の気持ちが

鮮やかによみがえった。

WOWOWでテニスの放送に関わったのは14年だ。実況した

膨大な数の試合の中からおよそ250枚のDVDが残った。

こりゃ、ずいぶん、楽しめるわ。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-07-13 08:13 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)

週末、慌ただしい旅をした。

行った先は芦屋だ。当面、芦屋以外に出かける予定はない。

そして、慌ただしくない旅も、たぶん、ない。ハハハ。

主たる用件は胃と腸の内視鏡検査の結果を聞くことだった。

検査当日に話してくれればいいのに…とだれもが思うが、

麻酔が残った状態で話しても頭に入らないからだそうな。

たしかにそうだね。前の記事を読めば合点がいくと思う。


予約の前日に東京を出た。遅れると厄介だもの。

まず、兄を見舞った。一週間ぶりだ。

看護師さんが微熱があると言っていたが、握手をすると

たしかに温かかった。

“熱”という単語を聞くとどうしても肺炎を連想する。

体力が落ちていると分かっているだけに怖い。


芦屋に行き、兄のマンションに寄ってポストのチェック。

郵便は私の住所に転送するように手配済みだが、芦屋に

来たときは念のためにポストをのぞくことにしている。

溜まったチラシの処理もしないといけないし。

d0164636_06565006.jpg









そのマンションには早くも引き合いがあったようだ。

売却を頼んだ不動産屋が、業者関係に情報を流したところ

食いついて来たそうだ。かなりのリフォームが必要だから

高くは売れまいと覚悟していたが、業者が売り出した価格は

私の想像を超えていた。そんな値段じゃ売れっこないよ…と

思っていたが、“蛇の道は蛇”と言うべきか、“餅は餅屋”と

言うべきか。ハハハ。


2社が下見に来たと言う。幸先がいい。


元町にホテルをとつていた。

東京を出るときは2泊の予定だったが、フロントで一泊に

変えてもらった。その後も胃の調子があまりよくないからだ。

いつまでもしつこいやつだ。たちの悪いものなのか?


チェックインをすませ、すぐに食事に出た。ホテルから近い

中華街には美味しそうなものが並んでいたが、重いものは

無理そうなので敬遠し、アーケードの中ほどのレストランで

コーンスープとビーフシチューを食べた。

デザートにショコラも。小さいやつだ。ハハハ。

d0164636_06565631.jpg






翌日、予約時間よりかなり早めに病院について待っていると

不動産屋から電話が入った。早くも1社からオファーがあり

その額は“言い値”から50万円引いたものだという。なぜ、

50万値切るのか、私には分からん。リフォーム代を加えたら

かなりの売り出し価格になる。で、それでも儲けが出るわけだ。


あとで知ったのだが、もう1社は「言い値通りで買いたい」と

言ってきたそうだ。

待てよ。それなら、もう100万円高くても売れたんじゃない?

素人はそう考えがちだ。しかし、この価格を提示したたから

買い手の“アンテナ”に引っかかったのだとも考えられる。

そこが“プロの勘”だろう。そういうことにしておこう。

ハハハ。


検査の結果は上々だった。

診察室に招かれてすぐ、「なーんにもありませんでしたよ」と、

医師はむしろ残念そうな口調で告げた。たくさんの写真を見せ、

どこにも問題はないと話してくれた。「大腸は5年、胃の方も

3年はカメラをやらなくて大丈夫」とも…。

d0164636_06564615.jpg








医師は“事実”を告げているだけだから、患者が有難がることは

ないのだが、思わず、「有難うございます」と言ってしまった。

ほっとした。絶対に何かあるはずだと思っていたもの。


駅前の市役所出張所で兄の印鑑証明をとって不動産屋に向かった。

「帰りに寄ってほしい」と言われていたからだ。

ほぼ“言い値通り”のオファーをしてきた2社から1社に決めた。


兄を見舞って帰京したあとも、不動産屋とのやり取りがあったが、

兄のマンションの売却にメドがついた。やれやれだ。

逆に、“消化器系に問題なし”も含め、あまりにもいいことづくめで

少し不安も感じていた。こんなにうまくいっていいのか?


ビンゴ!


by toruiwa2010 | 2017-07-12 08:19 | 芦屋から | Comments(3)

イチローが6日のカージナルス戦でヒットを打った。

メジャーでの通算安打が 3054本となり、これまで並んでいた

ロッド・カルーをかわして歴代24位になった。

パナマ国籍だったカルーの数字は外国生まれの選手としては

1位だったわけだが、イチローはそれを抜いたことになる。

当分、抜かれる心配はないのではないか。

イチローはまた一つ、大きな勲章を手に入れたね。

d0164636_07064875.jpg









ロッド・カルー・・・、懐かしい選手だ。

シングル・ヒッターだった。ともに新人王をとり、MVPにも

一度なっているなどイチローとの共通点が多い。リーグ優勝の

経験がなく、ワールド・シリーズに出ていない点も同じだ。


カルーはミネソタ・ツインズとカリフォルニア・エンゼルスで

19年間プレーして、4年連続を含む7回の首位打者に輝いたが、

私がメジャーリーグを実況し始めた1978年が7回目だった。

前年の1977年にもタイトルをとっているが、このときは

打率.388を残した。背中を丸めたクラウチング・スタイルから

みごとなバット・コントロールでヒットの山を築いていた。

専門家ではないから、技術的な比較はできないが、バットと

腕が一体化したミートのうまさはイチローより上だったと思う。

d0164636_07070003.jpg












エンゼルスの同僚、快速球のノーラン・ライアンと

ヒット・マシーンのカルーは家が近所だった。

ライアンは、登板日には必ずカルーを車に乗せて

球場入りした。

「だって、彼には間違いなくラインアップに

入っていてほしいからね」


私の大好きなMLBジョークの一つだ。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-07-11 08:06 | メジャー&野球全般 | Comments(0)

7月期のドラマのうちすでに何本かがスタートしている。

展望・中間報告・総括…という形で書くことをやめているが、

折に触れて感想を書くことにしている。

今回は、7月期の作品の中で“とりあえず見る”ものについて。

d0164636_08142353.jpg











21 コード・ブルー フジテレビ 7/19

山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介


7年半ぶりに帰ってくるこのドラマが今季一番の楽しみだ。

平日の昼に前シリーズを再放送しているのを見ると、脚本に

かなりの“無理”があるが、山下、新垣を初め好きな俳優が

揃っているからしっかり見ることになる。

初期のシリーズではそれほど有名じゃなかった人も含めて、

みんな大きくなった。それが魅力でもあった“初々しさ”は

薄れたかもしれないが、彼らの成長を見たいと思う。


前シリーズでは同じ場所で働いていた医師や看護師たちも、

今はそれぞれの道を歩んでいるが、救命センターには新たに

フライト・ドクターを目指す若者たちが入ってくる。今回は

そこから話が始まるようだ。

d0164636_08141911.jpg











21 刑事7人 テレビ朝日 7/12

東山紀之、髙嶋 政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史


シリーズとしては201516年に次いで3回目になる。毎年、

7月期に放送している。テレ朝はなかなか戦略的だね。

個性的なスペシャリストをそろえた“最強の別動捜査隊”が

難事件の解決に挑む刑事ものだ。

俳優陣の平均年齢が高いのが特徴で、このほかに吉田鋼太郎や

北大路欣也が存在感を発揮する。


実は、第1シリーズは1回目を見ただけでやめてしまった。

まとまりがなくて「こりゃダメだ」と思ったからだ。ハハハ。

しかし、第2シリーズでは“キャラの濃い”メンバーの間の

調和がとれてドラマとしての完成度が高くなったと記憶する。

今回は東山扮する天樹の“衝撃の過去”も明かされるとか。

この作品には「コード・ブルー」と同じぐらい期待している。

d0164636_08141416.jpg








20 遺留捜査 テレビ朝日 7/13

上川隆也、栗山千明、段田安則、戸田恵子、永井大、甲本雅裕


テレ朝のドラマにはシリーズものが多い。このドラマもすっかり

おなじみになったシリーズだ。飽きられないように、少しずつ

設定や背景を変えている。今回は舞台を京都に移すそうだ。

ただし、糸川刑事(上川)が被害者の遺留品の中からわずかな

手がかりを見つけて周囲をイライラさせながら事件の解決に

導く物語の流れはこれまでと変わらないはずだ。マンネリに

陥りやすい手法だが、すでにクセになっている。ハハハ。

d0164636_08140996.jpg









21 黒革の手帖 テレビ朝日 7/20

武井咲、江口洋介、仲里依紗、高嶋政伸、真矢ミキ、奥田瑛二


ドラマが好調なテレ朝だが、これはどうだろう?

なにしろ、原作が人間のどす黒い欲望に根差した犯罪を描く

ことが得意だった松本清張だし、主人公は“最強悪女”、“銀座の

女王”と呼ばれてしたたかに生きるオンナだ。イメージ的にも

年齢的にも、武井がこの役をこなせるとは思えない。

とりあえず見てみるが、どんなに周りを達者な役者で固めても

無理だという気がするなあ。

決して武井をディスってるわけではない。彼女の役どころは

もっと他にあると思う。オスカーは路線を間違えていないか?


ちなみに、高畑淳子が出るそうだ。

d0164636_08140453.jpg









22 セシルのもくろみ フジテレビ 7/13

真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、徳井義実


いやいや、見ようと思って書き出したわけじゃない。

ずいぶん“おとな”な女優を集めたなあと興味を持っただけだ。

しかも、この顔ぶれに絡むのがチュートリアルの徳井だという。

芸人としては好きだが、俳優としての力がそれほどとも思えん。

まして、この女優陣に太刀打ちできるとは…


そうか、そこんとこを見極めるために見てみるか。ハハハ。


22 ハロー針ねずみ TBS 7/14

瑛太、深田恭子、森田剛、山口智子、蒼井優、リリー・フランキー


瑛太、山口、蒼井…好きな俳優が揃ってるんだが、探偵事務所が

舞台だというし、ヒロインが深田かあ。別に嫌いじゃないが、

彼女には“生身”の女性というイメージがないんだよなあ。

d0164636_08135921.jpg









21 ごめん、愛してる TBS 7/9

長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、六角精児、大竹しのぶ


幼いころ母親に捨てられた男(長瀬)が、ある日事件に巻き込まれ、

いつ死ぬか分からない状態に陥った。最期に、せめてもの孝行を

したいと、母親探しを始める。

すると、貧しさゆえに彼を捨てたのだと勝手に思い込んでいた

母親は息子に精いっぱいの愛情を注いでいた!


最近 好調が続くTBSの日曜劇場だが、これ、大丈夫か?

長瀬は好きだけどなあ。早々に“失礼”することになりそうだ。

ハハハ。


・・・と、ここまで書いて、昨日の1回目を見た。

全体に脚本が荒っぽくないか?特に、前半の韓国を舞台にした

部分の設定や物語がひどく、登場しているのがどういう人物か、

相関関係はどうなっているのかが分からなかった。

ドラマの完成度は最近好調なこの枠の作品としてはかなり低い。

まあ、もう一回は見ようかな。録画して。


ここに書かなかったドラマは、タイトルやイントロダクションを

見ただけで“食欲”を失った。許されよ。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-07-10 08:15 | ドラマ | Comments(4)

・・・つづき


断続的に“たちのわるい”胸焼けが起きることで不安になった。

本当は7月中旬まで1ヶ月ぐらいは兄の様子を見定めてから

東京に戻ろうと決めていたが、身体に何かが起きているなら

東京のかかりつけのドクターと相談するのが得策だと思った。

妻と話し合い、急だったが、30日に引っ越すことにした。

とたんに慌ただしくなった。


兄との間で、残念ながらもう戻ることがないマンションを

売ることになっていた。兄の思い入れの強いものについては

私の家で預かることにしたが、私も断捨離&終活中だから

量はごくわずかだ。残りは業者に引き取ってもらうしかない。

家一軒のクリーニング…初めての経験なので、どうなるのか、

費用がどうなるのかは まったく分からなかった。

引っ越しと合わせて、3軒に見積もりをしてもらって決めた。

d0164636_06384512.jpg









70万円から22万円まで、業者によってとんでもない差が

出ることが分かった。若いカップルの業者が、3日をかけて、

びっくりするほどきれいにしてくれた。

同時に、兄が最愛の母と暮らした思い出の場所は消えた。


見積もりに立ち会う合間を縫って、私は兄の施設にでかけた。

担当医師に会って、近く芦屋を去ること、見舞いに来る回数・

頻度が減ること、連絡があればいつでも駆けつけること…

などを話した。兄の“病状”に対応した治療の仕方については

入院時に十分な説明を受け、同意書にサインしてある。

“事情”を知っている医師は「心得ました」と応じてくれた。


27日、“大掃除”が行われているころ、私は病院にいた。

28日に上部・下部消化管内視鏡検査(胃と腸のカメラ)

やるのだが、大腸内視鏡の検査を受けるときには前夜から

入院することにしているのだ。まさか、兄と同じ病院に入り、

同じ病衣を着ることになるとは思いもしなかった。ハハハ。

d0164636_06384099.jpg







28日は早朝から下剤の入った薬液と水をたらふく飲まされた。

8時半ごろには私のおなかはすっかり空っぽになっていた。

それからの“待ち”の時間の長かったこと。

「お待たせしましたあ。岩佐さん、さあ、行きましょう」と

看護師さんが迎えに来たのは4時近くだった!


検査は麻酔?をかけて行われたため、まったく覚えていない。

深い眠りから目が覚めたとき、看護師さんが会計の仕方などを

説明中だった。麻酔が残っている状態で退院したみたいだ。

金を払った記憶がはっきりしないため、翌日、病院に行った。

東京都民として“跡を濁す”わけにはいかないもの。ハハハ。


「すでに払われている」と言われた。

精算するとき 請求書のバーコード部分を機械にかざすのだが

その記憶がない。聞くと、カードで払われていると言う。

しかも、すでに会計の窓口が閉じたあとだったから、地下の

救急の窓口で払っていると!


霧の向こうから、記憶が少し蘇ったが、全体はぼやけている。

怖いなあ。検査の結果は77日の診察のときまで分からないし、

いろいろ、不安が残った。


29日は銀行、不動産屋と会って今後のことを話し合った。

妻と一緒に兄の見舞に行った。マンション売却に伴う作業を私に

任せる委任状にサインをもらう必要もあった。字を書くことは

負担になるので気が気ではなかったが、頑張って書いてくれた。

d0164636_06385548.jpg










30日の引っ越し作業は順調に終わり、1時半の新幹線に乗れた。

新大阪を離れたのぞみの小さなテーブルには母の遺骨が載って

東京への旅を共にした。妻は“ふさわしい”袋を用意していたが、

今回は慌ただしく家を出たために持ってきていなかったので

遺骨が納まったのは成城石井のショッピングバッグだった。

父が亡くなったあと、1989年に芦屋に移った母にとっては

28年ぶりの帰京になった。


遺骨を東京に持って帰ることについては一度 話してあったが、

前日、兄を見舞ったときにこの話をすると、安心したような

顔をしていた。

近く、父と、幼くして失った娘が眠る多磨墓地に埋葬する。


地元駅について簡単な買い物を済ませたあと、口実を作って

妻を先に帰らせた。“寄り道”をして、東京に戻るときには

そうしようと、ずっと考えていたことを実行するためだ。

精神的に厳しいことの多かった単身赴任生活を支えてくれた

妻に感謝とねぎらいの花を贈る…50年を超える結婚生活で

一度もやったことがないので照れ臭かったが。ハハハ。

d0164636_06385083.jpg








心身ともにかなり疲れました。

しばらく(とりあえず、9日まで)休みます。


by toruiwa2010 | 2017-07-05 08:17 | 芦屋から | Comments(4)

6月30日、東京に帰ってきた。

そう、5ヶ月暮らした芦屋のマンションを引き払った。

予期せぬ出来事があって、予定を繰り上げた。

いろいろなことが起き、ローラーコースターのような“激動”の

芦屋暮らしだったが、最後の3週間もめまぐるしかった。


613日の深夜、強烈な胸焼けで目が覚めた。「初めて行った

焼肉がいけなかったんだ」と直感した。そうではなかったが。

翌日から3日連続で大事な用件が控えていたので焦った。

d0164636_06323619.jpg








14日、司法書士が兄の病室に来て、マンション売却の意志と

事務的な手続きを私に任せることを最終的に確認。

15日、兄は2ヶ月の入院を終えて施設へ転院。

16日、3月末に購入したが、一度も住むことなく売却した

マンションの“決裁”。

…体調が悪いまま、なんとか乗り切った。


17,18日は兄の見舞いに行かなかった。体調のこともあったが、

いずれ、私が東京に帰ったら、1ヶ月か1ヶ月半に一度しか

来られなくなると思うので“見舞いがない”状態に慣れてもらう

必要があると考えたからだ。

d0164636_06324323.jpg










19日は少し緊張して新しい施設に赴いた。

保証人を二人求められていたが、“二人目”に苦労し、妻の妹に

頼み込んで何とか体裁を整えてあった。

ここには書かないが、もう“一件”あって、兄の入所については

すべての条件を満たしていない状態だった。

「これではお兄さまを預かれない」と言われるかもしれないと

覚悟していた。その場合は、費用は高いが、施設が整っている

企業系の施設に再転院になるなあと。


さいわい、病院側に事情を説明し「何かあったら、私が責任を

持つから」と約束することで了解してもらうことができた。

見学のときから、病院と私の間に信頼関係があったからだ。


…やれやれと思ったその夜、ふたたび、胸やけに見舞われた。

前回よりひどかった。

0時を回っていたが、タクシーを呼んで救急外来に行った。

いろいろ検査してくれたが、結論は「朝一番で消化器内科を

受診してほしい」だった。

帰宅は午前2時だったが、横になっても眠れなかった。

一睡もできないまま、4時になるのを待って妻に電話をし、

来てくれるよう 頼んだ。


21日、指示通り、朝一番で病院に行くと、予約されていた。

あ、病院は つい先日まで兄が世話になっていた芦屋病院だ。

世間は狭い…という話じゃないか。ハハハ。

採血され、腹部のCTを撮られた。その結果、肝臓に小さな

影があると告げられた。か、か、肝臓!?

予想しない角度からボールが飛んできた気分だった。


肝臓の件は早く結論を得た方がいいと医師が言うので、翌日

造影CTをやってもらうことにして帰宅した。

このとき、翌週に胃と腸の内視鏡検査をやることも決めた。

胸やけの方は、妻の手料理のせいか、処方された薬のせいか、

その夜はよく眠れた。


しかし・・・。

22日の深夜、みたび 胸やけが襲ってきた。

23日、病院に行った。予約がないのでずいぶん待たされた。

しかし、クスリを変えてもらったことで この日から胸やけは

おとなしくしてくれているし、なによりうれしかったのは、

前日撮った肝臓の造影CTの結果が問題なしだったことだ。

いまさら、“肝臓”と言われたって、困るし。ハハハ。


*プロフィル用の写真を変えました。

 後ろのマンションに5ヶ月住んだ。


つづく・・・


by toruiwa2010 | 2017-07-04 08:17 | 芦屋から | Comments(2)