ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

領収書をもらえってさ


「タクシーに乗ったら領収書はもらっておいた方がいいですよ。

スマホ・携帯は本人から連絡がないと戻りません。タクシー

会社が客のスマホなどを見ることは違法なのでできないんです。

領収書がないと連絡の取りようがなでしょう?」

d0164636_07314104.jpg








大手ではないタクシーの運転手さんに言われた。すべての客に

同じ話をしているらしく、要領よくまとまっていた。

面倒なので黙ってうけたまわった。スマホを忘れることなど

絶対にないから…と思いながら。ハハハ。


少し救われた?


JR山手線車内で聞いた会話。

立っている40代後半の女性が言った。

「とうとう、最後まで親孝行ができないままだったわ」。

すると、私の横に座っていた高齢の女性がこう言った。

「でもね、生まれて5年で子供の親孝行は終わってるんだって

言う人もいるわよ」。

d0164636_07315246.jpg








つまり、本人には“孝行”の意識がまったくないままに、子供は

親をたくさん喜ばせているということだ。

まず、“生まれてきてくれてありがとう”がある。

そこから、初めてゲップをした、笑ってくれた、ハイハイした、

つかまり立ちした、言葉を発した…枚挙にいとまがないだろう。


高齢女性はそのことを言っているわけだ。

母の日は 後悔ばかり 目を閉じる…と下手な句を詠んだ私も

胸をなでおろす。性格が悪くなったのは成長したあとのことで、

幼いころの私は可愛かったんだから。…のはずだから。ハハハ。


…妻に聞くと、最近 何かで読んだと言うが、私は初耳だった。

そして、ネットを検索すると、初めに誰が言ったかについては

諸説あるものの、どうやら、“5ではなく“3が正解らしい。


デンチが言った


去年 見た映画「素敵なウソの恋まじない」の中でイギリスの

名女優、ジュディ・デンチが言ったセリフがとても気になる。


「コウモリは洞窟を出るとき、必ず左に曲がるのよ」 

…本当か?

d0164636_07313673.jpg








かなり回復


去年の910日に近所の眼科で“黄斑変性症”と診断された。

オウハンヘンセイショウ…年齢が大いに関係しているようだが、

網膜に異常が発生してものの見え方がおかしくなるのだ。

d0164636_07305815.jpg










私の場合は、左目だけで見ると、縦の線が歪み、視界の中央が

黒っぽい膜で覆われていた。さいわい、“健康な”右目に助けられ、

日常生活には少しも不便はなかったが、右目をつぶってテレビに

目をやると、写っている人物の顔がムンクの「叫び」のように

見えたりして“愉快”ではなかった。


医師と話し合った結果、10月、11月と眼球に直接注射をした。

“ルセンティスの注射”だ。初めは、あまり効果が見られなくて

がっかりしたが、その後、少しずつ視野の改善が進んだ。

現在、中央部の膜はほとんど消え、縦の線のゆがみもだいぶ

弱くなってきた。昔なら、我慢するしかなかったのだろう。

医学の進歩、万歳だ。

d0164636_07314745.jpg


# by toruiwa2010 | 2017-01-25 08:30 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)

すごいね フェデラー!


リアルタイムで錦織のプレーを久しぶりに見た。いや、約束を

破ったわけではない。PCでスコアを追いながら大河「直虎」を

見たあと、チャンネルを変える途中、WOWOWが映ったのさ。

TBの末 第1セットを錦織が取ったときはフェデラーにとって

2セットを取り返すことが“マスト”だなと思っていた。


プレーを見たのは第4セット・第4ゲームだ。

フェデラーが第2セットを取り返し、第3セットが一方的に

なったとき、錦織がまたけがをしたのかと思ってつぶやいたが、

「いや、相手が絶好調なんだ」というリプをもらっていた。

d0164636_08134783.jpg









確かに、たまたま見たこのゲームでも、ボールをとらえるのも

速いし、動きやショットにキレを感じた。バックのダウン・ザ・

ラインなどは私が実況をしていたころとほとんど変わらない。

フルセットに持ち込まれたが、しっかり勝ち切った。

錦織が負けたのはほんの少しでも、私がテレビを見たからでも、

松岡修造が言う「尊敬する気持ちが出てしまったから」でもなく

この日のフェデラーがよすぎたからだ。

d0164636_08141706.jpg








35歳のロジャー・フェデラー、すごいなあ。尊敬する。

常識的にはとっくに引退していてもおかしくない年齢だ。

2005年の夏だったが、2012年のオリンピックがロンドンで

開催されると決まったとき、母親に電話をかけたフェデラーが

「絶対そのときまでプレーする」と告げたという記事を読んだ。


「そのとき31歳か、オリンピックが花道だなあ」と思ったが、

直前のウインブルドンで優勝、オリンピックも決勝まで進んだ。

“引退”など、とんでもなかったね。ハハハ。

その後も去年の8月まで“トップ4”にとどまり続けていた。

見事なものだ。この位置を保つには試合数をこなさなければ

いけないわけで 生半可な節制ではないと思う。尊敬のゆえんだ。


GOAT(ゴート)”という言葉がある。Greatest of all timeの略で

“史上最高の選手”を意味する。テニスやゴルフでは“who”が

しばしばディベートの対象になる。

フェデラーがグランドスラム・タイトルの数でアサンプラスに

追いつき、追い越したころ、「サンプラスこそGOATだ」と

言い続けた。私のテニス実況人生が彼の全盛期と重なっていて

"思い入れ"が強かったからだ。

今は、素直に「GOATはロジャー・フェデラー」と言える。

d0164636_08144513.jpg









今日のQFの相手はズベレフだね。2回しか対戦してないから

11敗は参考にならない。“勝つ”ことが前提だが、日程的に

SFまで2日休めるのは大きいかもしれない。

マレー、ジョコビッチが敗れたこともあり、どこかのサイトに

dream final(夢の決勝)が視界に入ってきたと書いてあった。


Roger Federer vs Rafael Nadal


うーん、それは見たいなあ。実現の可能性は20%ぐらいか。

低く考えていた方が実現したときの喜びも大きいし。ハハハ。


どうにかしないと


No1&2の“早退”で錦織に大きなチャンスが来たと思ったが、

初のグランドスラムへの道は険しいことを思い知らされた。

フェデラーに負けたのはそのせいではないが、相変わらず

ケガが多いなあ。


思うに、陣営が考えていた以上の速さで

彼のランクが上がってしまったという

ことではないでしょうか?

もちろん、悪いことではありません。

しかし、その結果、時間をかけて筋力や

スタミナをつけるトレーニングをして

行こうと考えていた計画が大きく狂って

しまったのだと思うのです。


彼が急激にランキングを駆け上がっていた20095月に

「若きアスリートの危うさ」というタイトルでそう書いた。

日本のスポンサーとの契約があって、基礎的な体力作りを

しなければいけない時期にそれができなかった…と思うのだ。


どんなに鍛え上げていたって、ケガをするときはする。

しかし、錦織の場合は“ここというとき”にケガをするよね。

歯ぎしりするファンは多いはずだ。簡単ではないだろうが、

克服しないとグランドスラムのタイトルは近づかない。
# by toruiwa2010 | 2017-01-24 08:17 | テニス | Comments(7)

なんと、なんと、なんと!

白鵬が貴ノ岩に一方的に敗れ

稀勢の里が待ちに待った初優勝!

こんなこともあるのだ。

この優勝をどう評価するか。

協会はこの機を逃がしてなるかと

横綱昇進の道を探るだろう。

世論がどう動くか。

私は、早くて 来場所だと思う。


14日目・結びで白鵬が初顔の貴ノ岩に一方的に敗れて3敗と

なった瞬間、控え室で報道陣に囲まれていた稀勢の里に待望の

初優勝が転がり込んだ。

こんな日が来るんだなあと、感慨ひとしおの今日このごろだ。

失礼な話だが、稀勢の里は優勝経験のないまま、ちょんまげを

落とすことになるのだろうと思っていたもの。

d0164636_08385902.jpg








これまで、いったい何回チャンスを逃がしてきたか、よほど

熱心なファンでなければ覚えていないだろう。何度も 賜杯に

手が届くところまで行きながら、意識過剰からか 緊張するのか

不可解な相撲を取って星を落として来た。今回、13日目に

豪栄道の休場による不戦勝で白鵬に星一つのリードを保てたし、

14日目は、逸ノ城に勝ったあと、白鵬が負けて優勝が決まった。

2横綱の途中休場も含めて“追い風”が吹いたね。


しかし、今場所の稀勢の里が誰よりも多くの白星を重ねたのは

まぎれもない事実だ。過去の一人一人の優勝力士を検索すれば

どこかで、何らかの“ツキ”に恵まれた結果…というケースは

いくつも見つかるだろう。野球で完全試合やノーヒッターを

達成するときも味方の超ファインプレーや誤審に助けられた

ピッチャーは大勢いる。


そもそも、相撲は回し一つで土俵に上がった力士の勝負だから、

“八百長・片八百長”以外は細工をする隙間はない。

しかし、序盤の稀勢の里の取り組みを振り返ると…


宝富士には過去 14-1、玉鷲には7-0だったらしい荒鷲は初顔、

松鳳山9-2、御嶽海2-0と続いた。問題なく5連勝した。

対戦成績が良ければ勝てるというものではないし、番付的に

ごく普通の組み合わせだと言われればそれまでだが、協会に

「なんとかしたい」という意図があったのではなかろうねと

ついつい疑ってしまう。


その思いがあとを引いて、すっきりしなかった。それだけに

千秋楽の放送の中で早くから審判部長の「臨時理事会の招集を

理事長に申し入れる」という発言を聞いたときはあきれた。

百歩譲っても、前日 理事長が語った「白鵬戦を見て判断する」が

コンセンサスだと思っていたからだ。


先場所の準優勝は12勝で、鶴竜との差は星二つだった。それも

13日目までに平幕に3敗していたのは大きなマイナス材料だ。

だから、協会首脳も今場所終盤まで表立った発言は控えたのだ。

今場所の結果と内容を踏まえてもこの昇進を“甘い”と考えるが、

そんな私でも 千秋楽、白鳳を投げ捨てたとき興奮してしまった。

直近二場所の横綱戦四番を全勝した。“慎重派”の私が最終的に

稀勢の里の横綱昇進を受け入れるのはその事実があるからだ。


19年ぶりの日本人横綱かあ。長かったね。

数場所前、花道で不思議な笑みを浮かべる大関を見たときは

驚いたものだが、メンタル・トレーニングを受けていたのでは

ないかと思う。なんでもやってみようということだったのか?

苦労が報われた稀勢の里と長い間辛抱強く応援し続けたファンに

心から「おめでとう!」を言いたい。


稀勢の里と白鵬を除く2横綱・3大関のうち3人が途中休場し、

5人の勝ち星の合計がたった26勝という体たらくだ。

ケガが多いのが残念だ。

年間6場所のツケか?全体に体重が増えたから?自覚の不足?

来場所は新横綱の登場で沸くだろうが、今場所に続いて若手の

活躍を期待したい。


ひとことだけ


稀勢の里の優勝に加えてもう一つ「こんな日が…」と感慨を

深くしたことがある。“それにしても白鵬”…だ。

金星を二つ許した。高安戦、貴ノ岩戦の負け方は無残だったし、

稀勢の里をあそこまで寄り立てて勝ち切れなかった。衰えが

隠せなくなってきた。今なら 舞の海がそう発言しても本人から

嫌味を言われることはないだろう。ハハハ。


d0164636_08390922.jpg








勝昭ィーっ!!


千秋楽、NHKの正面の解説は舞の海秀平だった。

今場所、彼の話を聞いていて“背伸び”を感じた。どうしても

肩のあたりに北の富士の影がちらついた。

ほかの人を含めて、結局、“納得のいく”解説は聞けないまま

15日間が過ぎてしまった。北の富士 の"欠場"はいかにも痛い。

人材不足は深刻だ。昨日は、電話で元気そうな声が聴けた。

来場所での完全復活を祈るが、NHKは本気で“後継者”の育成を

急がなければいけない。 元大関・雅山の二子山が最適だ。
# by toruiwa2010 | 2017-01-23 08:42 | 大相撲 | Comments(2)

d0164636_06552823.jpg






記念日が近づく

~アリーナが水没した!(2011.01.25 初出 )

Agassi d.Krickstein 6-4 6-4 3-0 ret.

1995127日、場所はメルボルンのナショナル・テニス・

センターのセンター・コート。

試合が始まるときから右脚にテーピングをしてプレーしていた

クリックスティーンの動きが第3セットに入ると、あきらかに

悪くなりました。

アガシの容赦ないアタックで3ゲームを連続して失ったあと、

一度はチェアに戻りかけましたが、主審に一言、声をかけると

振り返ってアガシに握手を求めました。

「えっ?」という感じでその手を握るアガシ…試合終了です。

d0164636_06553481.jpg









好調な二人の対戦でしたから、“熱戦”を期待していた観客は

がっかりしたはずですが、温かい拍手で二人を見送りました。

実況を締めくくったあと 資料を整理しているときでしたから、

二人が退場してから5分もたっていなかったと思います。

気づくと、コートへの出入り口付近がざわざわしていました。

なんと、水が流れ込んできたのです!


激しい雨でしたから、試合は当然 屋根を閉じて行われました。

この水はいったいどこから?


屋根を叩く音は確かに強烈でしたが、どうやら、度を超えた

集中豪雨だったようです。近くを流れるヤラ川の水位が上がり、

そのために、テニス・センターがあるフリンダース・パークの

雨水を処理する排水設備が機能しなくなったのです。

“逆流”した水は地上にあふれだしてテニス・センターに達し、

建物に1階部分を覆ったあと、“半地下”になっているセンター・

コートに“侵入”してきたのです。

d0164636_06553876.jpg










d0164636_06554695.jpg









d0164636_06555253.jpg










あれよあれよという間にコートは水浸しになりました。

こういうとき、外国人は思いがけない行動に出るものです。

“水深”が20cmほどになるとスタンドから飛び降りて泳ぎ出す

ファンまで現れました。

そこへ女子ダブルスで優勝したナターシャ・ズベレワとジジ・

フェルナンデスのペアがうわさを聞いて駆け付けたかと思うと、

数人の女子選手が続き、水をはね上げながら踊り始めました。

残っていた観客ははしゃぐ彼女たちを見て大喜びしていました。

d0164636_06555911.jpg










d0164636_06561337.jpg











とりあえず情報を集めようとプレスルームに行くと、そこも

水浸しで、椅子がすべて机の上に“避難”していました。

「この状態じゃ、明日の女子決勝はほかのコートに移さないと

ダメなんじゃないか」と思いましたが、関係者の徹夜の作業で

コートは立派に整えられ、翌日以後のスケジュールは予定通りに

消化されたのでした。


手元に残っているテープにはなかなか珍しい光景が映っています。

WOWOWのスタッフの中でこのブログを今でも読んでいる

人は少ないかもしれませんが、もし、いたら、この日の放送の

最後に1分ぐらいのダイジェストがくっついています。

“記念日”のあさって、見せてあげたら喜ばれると思うけどなあ。

権利がなければ仕方がないけど。


映像はチャンネル5から借りる手もあると思います。

余計なことを言って手間をかけさせたらゴメン。ハハハ。

d0164636_06562133.jpg









当日のスタンドアップです。


# by toruiwa2010 | 2017-01-22 08:38 | アーカイブから | Comments(0)

d0164636_07473008.jpg





高額年俸の功罪

National Pastimeはどこへ?~ ( 2011.01.06 初出 )


プロ・スポーツ界で選手生命が長くなったことを取り上げて

「スポーツ界も高齢化?」を書いたのは去年の11月でした。

交通手段や宿泊施設が格段に良くなった。体の手入れ方法も

進歩し、アスリートに自己管理の意識が芽生えたことなどが

その理由だろうと分析したアメリカのリポートを紹介したあと、

私が書き加えたのは次の一点でした。


しかし、長寿アスリートを生みだす最大の要因は、何よりも

“高額報酬”ではないか?

目の前にぶら下げられたニンジン…。

まあ、頑張ればこれだけもらえると分かったら、誰だって

「この世界で長生きしよう」と思いまさあね。ハハハ。

d0164636_07480921.jpg







英語のNational Pastimeは、野球、フットボール、バスケット

ボールなど家族そろって楽しむ“国民的娯楽”を指した言葉です。

週末に夫婦で、あるいは家族連れでスタンドに陣取って地元の

チームを声援する…チームが勝っても負けても、家族にとって

それが何よりの楽しみなんです。


しかし、昨日の新聞に「庶民に遠いスポーツ観戦」と題した

興味深い記事が出ていました。チケット代の高騰でこの国民の

ささやかな楽しみが奪われそうになっているというのです。

競技やチームによって差がありますが、野球は一人25ドル

(2000)、バスケットは50ドル(4000)、フットボールに

いたっては一枚75ドル(6000)

たしかに、懐に余裕がないと手が出にくい値段になっています。


私の手元に古いメジャーの入場券があります。

1980年、ドジャースタジアムの開幕試合のチケットです。

1塁側内野スタンド2階のいい席で4ドル50セントです。

d0164636_07481431.jpg










詳しい物価の推移は知りませんが、前年のオイル・ショックで

ガソリンの値が上がり、1ガロン・1ドルを突破して大騒ぎに

なっていました。いまは1ガロン・3ドル前後のようですから、

当時の3倍です。その間に、野球のチケット代は5倍以上に

跳ね上がっていることが分かります。


このチケット代高騰の理由には集客のための新球場建設など、

設備投資もありますが、最大の要因は選手の高額年俸です。

新聞によると、アメリカの調査会社が発表した各競技の

最新の平均年俸は以下の通りです。


バスケット:580万ドル(46400万円)

野球:301万ドル(24000万円)

フットボール:180万ドル(14400万円)


私の資料によると、1980年シーズンのメジャーの平均年俸は

143756ドルです。301万ドルはその20倍以上になります。

データに12年のずれはありますが、ガソリン代が3倍、

チケット代が5倍になる間に年俸は20…バランスが悪すぎます。

d0164636_07481936.jpg








それでも、各競技の観客数は減らないそうですから、経営者が

チケット代を下げることはないのでしょう。

アメリカの良き伝統、National Pastimeは庶民から遠ざかり、

金持ちだけが楽しめる時代になって行くのかもしれません。


# by toruiwa2010 | 2017-01-21 08:31 | アーカイブから | Comments(0)

1941年に戦争が始まった。3歳だったから、アメリカについて

どう聞かされたかまったく覚えていない。

戦争中は“敵性語”として英語は使用禁止だったから、彼らを

“米国”、“英国”と呼び、“鬼畜”米・英ロいう書き方をしていた。

日本人、特に子供の頭にアメリカやイギリスは恐るべき国だと

刷り込まれたわけだ。


しかし、終戦で日本に進駐してきたアメリカ兵たちは、陽気で

おおむね優しい心の持ち主だった。

軍部の厳しい締め付けから解き放たれたマスコミも、好意的な

ことばかり書き、国民はおおいに戸惑った。


d0164636_09432135.jpg









“鬼畜米英”はあっという間に“自由の国・アメリカ”に変わった。

やがて、日本人がアメリカに抱くイメージとして定着した。

地位も金もない市民がとんでもない成功を収める“アメリカン・

ドリーム“も自由な国ならではのことだったと思う。


自由の国…は“何でもあり”ではなかったはずだ。やり過ぎれば

どこかで誰かがブレーキをかける。そう信じて世界はこの国を

大国として、自由世界のリーダーとして認めてきたのだ。

オバマのあとの大統領を決めるための選挙にドナルド・ジョン・

トランプという大金持ちの実業家が共和党候補として名乗りを

挙げたときも、いつかレースから消えていくさと考えていた。

しかし、今回、国内外から“警鐘”は乱打されたにもかかわらず、

最後までブレーキはかからなかった。


今夜遅く(日本時間)、次期大統領の“次期”がとれる。

泣いたって喚いたって、最低でもこれから4年間は全世界に

強い影響力を持っているアメリカのリーダーはトランプだ。

どう付き合っていけばいいのか、各国の指導者たちは考えを

決めかねているだろう。


「アメリカをもう一度偉大な国に」という考え方が共感を呼び、

彼を当選させたのだろう。しかし、そのために「アメリカさえ

よければ」という政治をやるらしいから困るんだ。一般論では、

政治家が“自国民の幸福”を考えるのは当然だしなあ。


言葉の選び方がめちゃくちゃなまま発言することが多い。

閣僚候補たちは違うことを言う。大統領は極端なことを言い、

閣僚は現実的に対処する…まるで、容疑者を調べる2人一組の

刑事が、一人はハードに接して脅し、もう一人は優しい口調で

穏やかに接して相手を崩していくやり方だ。

そんなことで長続きするはずがないけどねえ。


d0164636_09440957.jpg










ワシントンは雨になる可能性があるようだが、寒さはそれほど

厳しくないらしい。

出席を拒む議員が多く、就任式でのパフォーマンスの依頼を

大物アーティストたちが次々に断っている。果たして、今回は

どんな歌手が登場するんだろう。そういえば、オバマのときは

ビヨンセやチェロのヨーヨー・マが歌ったり演奏したりしたが、

“口パク”だったなあ。ハハハ。

そして、演説でどんなことを語るかも注目だ。

18日付の本人のツイートでは、「これは3週間前に演説原稿を

書いているところだ」としてこんな写真を載せているが、すぐ、

ネットで叩かれた。“ノートに何も書かれていないじゃないか”、

「シャープペンシルの芯が出てないぜ」などなど。ハハハ。

d0164636_09361635.jpg
















そんなことはともかく…

あまり公には語られないが、心配するのは“テロ”だ。

当然、警備は厳重だろうが、選挙中・当選後の言動があまりにも

過激だっただけに何が起きてもおかしくはない。

無事に終わるといいね。



まったく新しい世界が生まれるのかもしれない。

米国民の間違った選択のツケが世界中に及ぶかもしれない。

こわいことだ。




# by toruiwa2010 | 2017-01-20 09:49 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)

2016年に公開された映画を対象とする日本アカデミー賞

各部門の優秀賞が発表された。最優秀賞は33日に決定する。

私が邦画No1に推した「怒り」が最多の11部門で受賞した。

いつも、なかなか意見が一致しないが、今回は納得する。


各賞と、その選考についての岩佐徹的感想w


作品賞

「怒り」

「家族はつらいよ」

「シン・ゴジラ」

「湯を沸かすほどの熱い愛」

64-ロクヨン-前編」


「家族は…」は80点、「湯を沸かす」には85点、

残り3作は90点だった。

嫌味に聞こえるのを覚悟で書くなら、山田洋次監督や女優・

宮沢りえに“弱い”映画ファンが多いことが分かる。

最優秀作には「怒り」を全力で推す。

「セトウツミ」や「永い言い訳」がとれなかったのが残念だ。

d0164636_15083574.jpg










アニメーション作品賞

「君の名は。」

「聲の形」

「この世界の片隅に」

「ルドルフとイッパイアッテナ」

ONE PIECE FILM GOLD


見たのは「君の名は。」と「この世界…」の日本だけでほとんど

興味がない。できれば、「この世界…」にとらせたい。


監督賞

庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)「シン・ゴジラ」

新海誠「君の名は。」

瀬々敬久「64-ロクヨン-前編」

中野量太「湯を沸かすほどの熱い愛」

李相日「怒り」


監督の力量を云々することは難しい。よって、スルー。w


主演男優賞

綾野剛「日本で一番悪い奴ら」

岡田准一「海賊とよばれた男」

佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」

長谷川博己「シン・ゴジラ」

松山ケンイチ「聖の青春


綾野の「日本で…」だけ見ていない。

最優秀は岡田、佐藤、松山の中から決まると思う。

私に一票があれば「ロクヨン」の佐藤に入れる。

d0164636_15084775.jpg









主演女優賞

大竹しのぶ「後妻業の女」

黒木華「リップヴァンウィンクルの花嫁」

広瀬すず「ちはやふる-上の句-

宮崎あおい「怒り」

宮沢りえ「湯を沸かすほどの熱い愛」


「リップヴァン…」は見ていない。

大竹と宮沢で争うのではないか。

d0164636_15085376.jpg









助演男優

竹原ピストル「永い言い訳」

妻夫木聡「怒り」

東出昌大「聖の青春」

森山未來「怒り」

リリー・フランキー「SCOOP!」


全部見た。

“通ぶる”人は竹原を選びそうだし、妻夫木も票を集めそうだが、

私は森山の演技がよかったと思う。東出とフランキーのそれは

“最優秀”とするほどではなかった。

d0164636_15085877.jpg






助演女優賞

石原さとみ「シン・ゴジラ」

市川実日子「シン・ゴジラ」

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」

広瀬すず「怒り」

宮崎あおい「バースデーカード」


問題なく、広瀬で決まりだ。私の一票で決まるなら、だが。

冗談はともかく、あの演技はほかの4人を寄せ付けない。

ぜひ、認められてほしい。


新人俳優賞

杉咲花「湯を沸かすほどの熱い愛」

高畑充希「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

橋本環奈「セーラー服と機関銃-卒業-

岩田剛典「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」

坂口健太郎「64-前編-」「64-後編-

佐久本宝「怒り」

千葉雄大「殿、利息でござる!」

真剣佑「ちはやふる-上の句-」「ちはやふる-下の句-


「植物図鑑…」と「セーラー服…」は見ていない。

杉咲、坂口、千葉、真剣佑…のだれがとっても異論はない。



キネマ旬報のベストテンも発表されている。

アニメを”を邦画に入れているのに「君の名は。」が圏外、

で、「この世界の…」が1位とか、個人賞の選び方など

いかにも“らしい”選考になっている。ま、お好きなように。

それ以外、言うこともなくて。ハハハ。

d0164636_15082096.jpgd0164636_15082927.jpg


# by toruiwa2010 | 2017-01-19 08:35 | 映画が好き | Comments(2)


高須克弥氏(以下、敬称略)についてよく知られていること。


おそらく日本で一番有名な美容外科医。

シリア難民のための国境なき医師団に参加。

大規模地震などの際の幅広い慈善活動。

漫画家、西原恵理子氏との事実婚。

浄土真宗僧侶。ダライ・ラマ“法王”と“親交”あり。

フリーメーソンの日本メンバー。

相撲ファン、国技館の東花道際に席を持っているらしい。

ごひいきは勢。鶴竜に勝ったとき土俵下でバンザイしていた。

d0164636_07384161.jpg









…枚挙にいとまない。ほとんど“プラス”なことだが、しばしば

過激な発言があって、そのすべてに同意はしない。

しかし、“有言実行”の人として、敬意を払うべき行動が多い。


ツイッターを見ている。辟易することもあるが、言ってること、

やってることが面白い。人として。

思い立ったら行動する。ポケモンGOにも夢中になっていた。

先日は中東を訪問していた、支援している国境なき医師団の

視察だったようだが、現地のドクターたちに歓迎されていた。

帰国したと思ったら、一昨日はもう国技館に来ていた。


金はあるし、決定権を持っているからやることが早い。

去年、フジテレビ「ダウンタウンなう」に出たときも、浜田が

「スポンサーになってくださいよ」と言うと「いいですよ」と

快諾し、その場で代理店も巻き込んで決めてしまった。

収録前からある程度の話はあったのかもしれないが、驚いた。


つい先日、もっと驚くべき行動を知ることとなった。

あるフォロワーが@katsuyatakasuで、ピコ太郎の「PPAP」を

“パクった”高須クリニックのCMコピーをリプした。

夜の11時を回った時間だった。

わずか2分後に高須が反応した。“採用”するというのだ。


ピコ太郎所属のavex社長に電話し、スケジュール確認を依頼。

しかし、社長の返事を待っていられないと思ったのか、45分後、

ピコ太郎にDMを送りスケジュールをあけてくれるよう依頼。

22分後、ピコ太郎から返信。「協力させてもらう」と。

d0164636_10251519.jpgd0164636_10254491.jpg









































最初のリプが2317分だったからピコ太郎の「yes」まで

わずかに1時間21分だった。きっと、CMについて 企画の

浮上から話がまとまるまでの最短記録だろう。

そう遠くないうちにピコ太郎を起用したクリニックのCM

テレビに登場することになると思う。

出演・制作・OA費をトータルすれば億単位になるはずだが、

あっという間に決定する…SNS時代だからこその話だね。

d0164636_07383501.jpg










興味を持つ対象が多く、思ったままを口に出すタイプだから、

彼のツイッターにはきついリプも多い。“返し”が面白い。

ユーモアの“ほど”がいい。そのいくつかを…。

d0164636_10283876.jpgd0164636_10290886.jpgd0164636_10293838.jpgd0164636_10300743.jpgd0164636_10303825.jpgd0164636_10312573.jpg


# by toruiwa2010 | 2017-01-18 08:35 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)

いいと思うけどなあ


21 TBS A LIFE

木村拓哉、竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ、木村文乃


沖田(木村)は世話になった院長の手術のためにシアトルから

急きょ帰国し、一度 失敗したあと、難しい手術を成功させた。

「この病院に帰ってこないか」と院長から誘われるが、「まだ、

やり残したことがあるから」と断った。


再び アメリカに戻ろうとする沖田に幼馴染の副院長(浅野)

待ったをかける。院長の娘・深冬(みふゆ:竹内)の脳腫瘍を

切ってほしいと言う。深冬は沖田の元カノで今は副院長の妻だ…

d0164636_07554823.jpg









腹に一物ありそうな副院長、腕のある外科医の登場に警戒心を

隠さない外科部長(及川光博)、その部下で、沖田のやりかたに

批判的な外科医(松山)、その松山が好意を寄せる看護師(木村)

加えて、副院長の不倫相手の顧問弁護士(菜々緒)も登場する。

木村がいい演技を見せている。出番は限られているが、沖田の

父を演じる田中泯がいい。

にぎやかすぎて、整理しきれていないが、見続けたいドラマだ。


初回の14.2%は衝撃的な数字だ。18ぐらいはいくと思った。

セリフもしぐさも表情も、すべてにリアリティが欠けている

キムタクはともかく、キャスティングがこれだけ固められて

しっかり作り込んであって、さすが日曜劇場だと思っていた。

セッティングが似ている「ドクターX」はふざけすぎていて

世間の評判にくらべ、もう一つ好きになれないのだが、これは

まじめに作っていて、なおかつ面白い。だからきっと、数字も

ついてくると思ったが、意外だった。


作品のラインナップを見たとき、ためらいなく、今期のNo1

これだと思ったが、かなり苦戦しそうだ。

SMAP解散のごたごた劇の中で完全なヒール役だった木村…

「言われているほどのことはなかろう」と高をくくっていたが、

案外、“深刻”だったということか。“評判”ってこわいね。


直虎…どうかな?


今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」が始まるから、少しだけ

情報を仕入れておこうかとwikipediaをのぞいてみた。

1行目に“戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷の

女性領主、井伊直盛の娘“とあった。

d0164636_07553771.jpg











さあ、困った。歴史に興味がない当方、まこと恥ずかしながら

“戦国時代から安土桃山時代”と言われても、じゃあ、それが

今から何百年前なのか、それは「真田丸」の時代より前なのか

後なのかがよく分からない。ハハハ。


まだ、主人公が子供だった時代を描いている。

世間では子役の熱演が話題になっているが、私はそれほどとは

思わない。うまいのは事実だが、今は達者な子役が多いから

ビックリするほどではない。

2回目までを見た限り、正直言って、あまり面白くはない。

主演・柴咲コウが登場するまでは見るが、そこで判断する。


ところで…中村梅雀のナレーション、どうよ?


そのほかのドラマ


9「突然ですが、明日結婚します」は見る予定なし。

「スーパーサラリーマン 佐江内氏」、二けたスタートだけど…。

今日始まるTBS「カルテット」は大いに楽しみだ。


ほかに見ているのは…


d0164636_08065859.jpg










草彅剛・藤木直人・水原希子の「嘘の戦争」

三浦友和・黒木瞳・工藤阿須加の「就活家族」 いいと思う。 

香里菜・加藤シゲアキの「嫌われる勇気」

小雪・伊藤淳史「大貧乏」⇒ 1回で終了

仲間由紀恵・黒木瞳・夏帆「楽園」(WOWOW)

比嘉愛未・長谷川京子「本日はお日柄もよく」(WOWOW)


三が日に放送されたテレビ東京の3本がよかった。

「釣りバカ日誌」「孤独のグルメ」「東京センチメンタル」だ。


# by toruiwa2010 | 2017-01-17 08:40 | ドラマ | Comments(8)

メディアの使命は事実関係と問題点を伝え、関連する情報を

整理したうえでできるだけ多く提供すること…だと思っている。

豊洲新市場を伝えるメディアには疑問がある。


殊更、不安をあおっているとは思わない。理由がないからだ。

しかし、今回の“ベンゼン”もそうだが、“環境基準値の79倍”が

独り歩きするような伝え方になっている。それが事実だから…

だろうが、それが際立つ書き方はアンフェアではないか?

d0164636_08205435.jpg













昨日の朝日の朝刊は1面トップに掲げた記事の中盤で


環境省の資料によると、“基準値”は、1日2㍑の

地下水を70年飲み続けても健康に有害な影響がない

濃度として設定されている…


と書き、終わりに近い部分にも


一方で、今回の値について健康への影響を会見で

問われた内山巌雄・京都大名誉教授は、地下水が

環境基準を超えたとしても「飲むわけではなく

人体に影響はない」と話した…と記している。“変化”だ。


豊洲の地下水問題が浮上し始めた当初はこうではなかったと

記憶する。少なくとも、読者にきちんと伝わる書き方はして

いなかった。恣意的にそうしていたわけではないと思うし、

記者の認識が不足していたとも思わないのだが、では、なぜ、

そういう記事になるのか?


豊洲の地下水については、有害物質を含んでいるのは事実だが、

飲むわけではないし、魚を洗うのに使うわけでもない。つまり、

健康に影響を及ぼす値ではないことはハッキリしている。

しかし、すでに“79倍のベンゼン”は市場関係者や都民の頭に

刻み込まれてしまった。


そのせい…とは言い切れないが、私のような考え方が少数派に

なっているのは不幸なことだと思う。

d0164636_08213944.jpg









それにしても…

モニタリング調査を実施している会社が変わったらしい。

専門家会議のメンバーが調査に立ち会うことはないらしい。

小池知事は専門家会議には出席しないらしい。

報告を受けて議論した結果の報告を受けて判断するらしい。

たしか、“スピード感をもって”と言っていたはずだが。


ついでだが、小池百合子知事と自民党の関係について一言。

先週末の定例会見で、去年の党費を払っていないことを聞かれ、

「払う理由があまりない」と彼女は答えていた。

“かっこいい”つもりかもしれないが、おかしくはないか?


(都知事選のとき)推薦ももらえず、散々、罵倒された」…

だから払う理由がない、と言いたいのだろう。ひどい矛盾だ。

だったら、“離党届”を出せばいい。「進退伺は出してあるから、

向こうが決めればいいこと」は逃げ口上だし、中途半端だ。


“賢い女”を気取っているが、“ずるい女”にしか見えない。

そろそろ賞味期限が切れるか?



近句x2

d0164636_08071024.jpg 











d0164636_08071892.jpg 


# by toruiwa2010 | 2017-01-16 08:24 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
d0164636_06575516.jpg





2011全豪 開幕へ!!

~ポッサムは元気かな?~ ( 2011.01.17.初出 ) 


2011全豪オープンは初日を迎えました。

メルボルンとの時差はわずか2時間…11時から各コートで

試合が始まりますが、日本では午前9時です。

ご主人や子供さんを送り出した主婦たちも、ちょっと息抜きが

できる時間帯でしょうか。もっとも、二人暮らしの我が家でも

朝から洗濯機が回っていることが多いですから、子供さんが

いる家庭では、私が考えるほど主婦がのんびりできる時間では

ないのかもしれませんね。


何度も書きましたが、全豪は最もお気に入りの大会です。

気候は温暖、会場はWOWOW定宿のヒルトン・ホテルから

歩いて10分少々の距離、放送席もこれ以上は望めないという

絶好の位置にあります。仕事をする環境が最高なんです。

コメンタリー陣は、おかげさまでどこに行っても大事にして

もらえる一方、予算の関係でスタッフのホテルはワンランク

下げざるを得ないことが多いのですが、全豪だけは全員が

同じホテルです。こちらの環境もきわめて良好です。

d0164636_06573632.jpg









ホテルの食堂から公園が見えます。

「メシより寝たい」スタッフは足を踏み入れませんが、私は

毎朝6時半から7時の間にはこの窓際に座っていました。

新聞を読み、食事をしながら通りの向こうの緑を楽しむのです。

リリー、エバートン、ブライアン…顔なじみの給仕さんたちは

2006年から急に姿を見せなくなった私のことを心配している

かもしれません。「年も年だったからなあ…」と。ハハハ。

d0164636_06580947.jpg










天気が良くて、自分が第1試合が担当でない日は健康のために

遠回りをして会場入りしました。

公園を抜けて、その向こうにあるダウンタウンを目指すのです。

外側を回る1時間コース、それほど時間の余裕がないときは、

街のヘリを回る40分ぐらいのコースと、いろいろ取り揃えて

いました。ハハハ。

資料をつめたリュックを背負って歩くといい運動になります。

なにより、緑が豊かな森のきれいな空気を胸いっぱいに吸うと、

それだけでかなり幸せな気分になります。

d0164636_06574306.jpg










簡単に35度ぐらいまで気温が上がるメルボルンでも、朝晩は

それほど暑いわけではありません。…が、油断は禁物です。

皮膚がんによる死亡率が高いことでも分かるように、日差しは

気温以上に強烈なんです。うっかり、長い時間、戸外にいると

たちまち“ヤケド”をしてしまいます。髪が薄くなっている私は、

三日目ぐらいに頭皮がむけてきたことがありました。ハハハ。


全豪オープンは訪れるたびに会場の“顔”が変わっていきました。

もちろん“いい方に”です。コートなどの施設は毎年 どんどん

改善され、今では4大大会で一番充実しています。

初めの23年はハエが多くて、番組の冒頭でご挨拶する部分の

収録中に解説者の目のふちにとまったり口の中に入ったりして、

そのために撮り直しになったことが何度もありました。


選手たちも集中しにくかったろうと思いますが、いつのまにか

見事に姿を消しました。試合会場がある公園もフリンダース・

パークからメルボルン・パークと名前を変えています。

大会側には、“ウインブルドン”や“ローランギャロス”のように、

地名を大会の呼び名として定着させたい思惑があったのですが、

見事に失敗しています。ハハハ。

d0164636_07054408.jpg








変わらないのは、ホテルに隣接する公園で毎晩愛嬌を振りまく

小動物、ポッサムです。

リスのような、ねずみのような有袋類で保護の対象です。

昼間は木の上で眠り、夜になると地上におりて主に観光客から

食べ物をもらいます。闇の中で光る目、両手で食べ物を支えて

食べる様子がなんとも可愛くてたまりません。


今大会、私の関心は2点です。

ラファエル・ナダルがグランドスラム4大会を連続優勝する

可能性は30%ぐらいだと思っています。

3回戦の相手になりそうなフェリシアーノ・ロペスに勝てば

準々決勝までは問題ないと思いますが、そこから先はダビド・

フェレル(準々決勝)、ソダリングorマレー(準決勝)…

そう簡単ではないでしょう。直前に風邪をひいたという話を

聞きますが、メルボルンの暑さを考えるとスタミナが心配です。

ナダルのスタミナが問題になるなんて珍しいことです。ハハハ。


もう一人は錦織です。

ジャパン・オープンのときはいろいろな点で失望しましたが、

今回、注目するのはコーチがブラッド・ギルバートに変わった

らしいからです。定評ある戦略家だし、選手をその気にさせる

Mr.Motivator”としても知られています。錦織をどう導くか、

その手腕に興味があるのです。

錦織の試合中に周囲の人と話し込んでいる彼の姿を見ることが

多くなりそうです。そこで柳さんがあきれたように一言、「また、

試合を見てませんね」と言えば、私的には完璧です。ハハハ。


今日は、阪神・淡路大震災が起きた日ですね。

1995年のその朝、会場内のWOWOWの控室に着いたとき、

スタッフが地元局が流している映像にくぎ付けになっていた

ことを思い出します。

当時、芦屋市内のマンションに住んでいた母と長兄が心配で

妻に電話すると、「さっきから電話しているけどつながらない」

という話でした。

連絡がついたと聞いたのは、担当の試合を実況し終えて控室に

戻ったときでした。

関東大震災を経験している母、そのとき母のおなかにいた兄は、

ともに無事でした。


16年がすぎました。


*この年のナダルは準々決勝で

ダビド・フェレルに敗れました。

また、錦織は3回戦でベルダスコに

ストレート負けしています。


# by toruiwa2010 | 2017-01-15 08:40 | アーカイブから | Comments(2)

d0164636_08132264.jpg





南を目指す!

~間もなく全豪が開幕~( 2011.01.11 初出 )


メジャーでは“南下する”はフロリダやアリゾナなど気候温暖な

土地に向けて各チームが出発することを意味します。

つまり、キャンプ・シーズンの到来です。

テニス界で“南に向かう”と言えば、新しいシーズンの開幕に

向けてオーストラリア、ニュージーランドなど、“南半球”に

出発することを意味しています。

d0164636_08312637.jpg









私も、1992年から2005年までの14年間、毎年ちょうど今頃、

南を目指したものです。

南半球は真夏です。真っ青な空に浮かぶ夏雲…“超寒がり”の

私にとっては、まさにパラダイス。年明け早々、子供のように

「もういくつ寝ると…」と出発を指折り数えて待ったものです。

ハハハ。


出発に当たっては、少々“テクニック”が必要です。

気温が7~8度の日本から軽く30度を超えるオーストラリアに

行くのですから、着るものの調節が難しいのです。


出かけるときは、Tシャツ、スポーツシャツ、夏物の上着に

ローランギャロスで買った薄手のハーフコートを羽織りました。

成田に着くとコートは畳んでスーツケースに入れて預けます。

再び成田に帰ってくるまで一切用がないのですから。ハハハ。

現地空港に着陸する前にはスポーツシャツも機内持ち込みの

ケースにしまいこまれます。帰国の時は、この逆になります。


最後の7,8年はほかの人たちより早めに日本を出てシドニーに

立ち寄っていました。有力選手たちが集まる前哨戦を取材して

情報を集めるためです。この“優遇”は私を大事に扱ってくれた

プロデューサーの好意でした。一人旅ですが、英語で最低限の

コミュニケーションはとれますから何の不安もありません。

ただし、一度だけ、「ああ、英語でケンカができたらなあ」と

思ったことがあります。


シドニー空港での通関のときです。

“食品を持っているか?”という質問には“yes ”にチェックを

入れておきました。クラッカー、ナッツ類、カップめん…

朝、時間がないときに部屋で食べるための食品を数日分、常に

持ちこんでいたからです。

いつもは問題なく通過できるのに、そのときだけ「これは何だ」と

聞かれたのはカップめんでした。説明すると「開けてみろ」と

言われました。


開けてしまったら使い物にならんじゃないか…と思いましたが、

抗議しても通じませんから、しぶしぶふたを開けると、係官は

ボールペンの先で中身をより分け、“褐色のかけら”を指して

「これは肉だから持ち込みは許可できない」と“宣言”しました。

「加熱・加工してあるよ」と言いましたが、認めてもらえず、

結局、5個のカップめんは没収され、彼のうしろのテーブルに

移されました。恨みがましく見送るしかありませんでした。

「どうせ、君の胃袋に収まるんだろう」と毒づきながら…。

ハハハ。

d0164636_08123289.jpg











まあ、しかし、オーストラリアは…と言っても、シドニーと

メルボルンしか知りませんが、気候も人の気持ちも穏やかで

外国人には優しい国だと思います。何より Tシャツ・短パンで

過ごせるのがうれしいです。


全豪に出る選手はもう全員がオーストラリアに到着している

はずです。“ショッキングな”暑さになることがありますから、

体をならしておかないと大変です。WOWOWのコメンタリーや

制作陣も何班かに分かれてメルボルンを目指しているでしょう。


私ですか?私は大嫌いな寒さから逃れて南に向かう…という

“特典”を楽しめなくなって6年目の1月を、震えながら東京で

過ごしています。ハハハ。


# by toruiwa2010 | 2017-01-14 08:16 | アーカイブから | Comments(0)

アイヒマンを追え 90


1957年のある夜、自宅の浴室でドイツ・ヘッセン州検事総長、

フリッツ・バウアーはゆったりと足を伸ばし、肩まで浴槽に

身を沈めていた。頼まれた買い物を届けにきた運転手が浴室に

声をかけたが、返事はなかった。


そのまま帰りかけた運転手だったが、目の端に異変をとらえた。

浴室のドアの下から水が流れ出ていたのだ。

眠り込んだバウアーが顔まで湯に浸かっていた。発見が早く

一命をとりとめたバウアーは復帰後、精力的に仕事を再開する。

戦争犯罪人、ナチの高官をつかまえて裁きの場に引き出すのが

ユダヤ系ドイツ人でもある彼の使命だった。


ある日、コペンハーゲンの妹に会いに行くために執務室を出た

彼に秘書が手紙の束を渡した。中の一通の差出人に心当たりが

なかったバウアーはその場で封を切った。

読み進むうちに、その顔色が変わっていった…

d0164636_08214798.jpg









遠くアルゼンチンから届いた手紙は、アドルフ・アイヒマンが

偽名を使ってブエノスアイレスに住んでいると告げていました。

アイヒマンは元・親衛隊将校で戦争中に数百万人のユダヤ人を

“強制的に移住”させた責任者でした。とんでもない大物です。


問題は バウアーの敵が旧ナチの高官だけではないことでした。

司法関係の組織を初め身内にもナチの残党がいて様々な妨害や

脅迫が行われました。睡眠薬を飲んで入浴したことが原因の

“浴室事件”のときも、捜査官が スキを見て、残された錠剤を

ポケットに入れていました。重責に耐えられず、バウアーが

自殺を図ったと見せて、辞任に追いこもうとする陰謀です。


正月からなんとなく暗い雰囲気の映画を見せてどうするんだと

思っていましたが、初日の土曜日の2回目、渋谷のbunkamura

ル・シネマは年配客を中心に満席でした。きっと、口コミで

いい映画だと知っている人が多いのでしょう。


2次世界大戦に敗れ、ヒトラー政権が犯した悪行を全世界に

さらけ出したにもかかわらず、終戦から10数年を経てなお

司法機関の中にまでナチの残党が大勢いて、ユダヤ人に対する

嫌悪が存在したという事実に驚きます。


この映画は、出来れば隠したい過去の“汚点”にも触れるなど、

バウアーをヒーローとして“かっこよく”描いていません。

そこに好感が持てます。

そして、この作品を成功に導いたのは間違いなく、バウアーに

扮したブルクハルト・クラウスナーの圧倒的名演技でしょう。


ドイツ語の原題はDer Staat gegen Fritz Bauerです。

意味は「国家対フリッツ・バウアー」。

英語のタイトルはThe People vs Fritz Bauer となっています。

国家=国民…という解釈でしょうか?

アメリカの法廷ミステリーなどを読むと、裁判で扱う事件名を

“○○州対XX(被告の名前)”と呼びますが、バウアーは被告では

ないので、この映画の題名はそれとは違うようです。

それにくらべ、邦題「アイヒマンを追え」は分かりやすいですね。

ハハハ。


去年は136本の映画を見ました。明らかに多すぎます。

今年は少し抑えようと思っていましたが、いきなり90点の

映画に出会えました。ハッピーです。


*映画の感想も書きたいときだけ書くことにします。


# by toruiwa2010 | 2017-01-13 08:25 | 映画が好き | Comments(2)

10年以上前だったと思う。

全仏オープン・テニスの実況でパリに滞在しているときだった。

たまたま、アナウンサーが45人いるところである“言葉”が

テーマになった。

d0164636_08313138.jpg








終盤だったから、誰が勝つかという話になったが、流れの中で

「昨日(ナダルvsフェデラー)は失敗しちゃったよ。終了直後の

スタンディング・オベーションで、つい「鳥肌が立ちます」と

言ってしまった」と私が話した。途中から、前の島村(NHK)

右隣の進藤(TBS)両アナが首をタテに振り始めた。


「いい話では使わないことになってるんだよね」と続けた私に

誰かが「なんて言うんですか?」と声をかけてきた。

進藤さんがすかさず「“身震いする”とか…」と答えた。


たびたび書いているが、私はもともと「正しい日本語の伝え手、

それはアナウンサー」はカンベンしてもらっていた。ハハハ。

そんなものは“こだわる”アナたちにまかせて、自分は自由に、

気持ちが伝わる言葉で実況するのが一番だと考えていたからだ。

d0164636_08511818.jpg









そんな私がやってしまった失敗だが、やっぱりやらない方が

いいかな?と、この話を持ち出したときは思っていた。

しかし、根が素直じゃないから、進藤さんの「身震い…」に

参加者の多数が感心し、あるいは納得しているのを聞きながら、

「だって、俺は“身震い”はしなかったし、実際に“鳥肌”が

立ったんだもの」と考えていた。ハハハ。


アナを引退してからは、今も、同じケースでは”鳥肌が立つ“を

使っている。さんざん書いているが、大舞台は“ダイブタイ”で

かまわないと思っているし、“よいお年を”と“お”をつけるのは

おかしいと思っている。つまり、“正しい日本語”とは言うほど

簡単じゃないんだ。

d0164636_08170110.jpg









月曜日の朝、NHKで松山英樹が優勝争いをしているゴルフの

中継を見ている時、こんなアナウンスが聞こえてきた。

トップからは差があったが、ランクNo1のジェイソン・デイが

最終ホールをイーグルで上がってギャラリーを喜ばせた。

最後に“見せ場”を作るトップ・プレーヤーのファインプレーに

感心したように、あきれたように実況のアナが言ったのだ。

「なぜでしょう。どうしてでしょう」と。


私はいいと思った。

実況の工藤三郎アナは63歳。定年を過ぎているが、嘱託職で

残っているようだ。40代半ばぐらいからNHKのスポーツ・

アナのエースとして君臨していた。その頃の工藤アナだったら

決して、このような柔らかい言い回しはしなかっただろう。


“大NHKのエース”の座を降りて肩の力が抜け、少し砕けた

言い方をしようと思ったのか、自然に出たものか…とにかく

ファンの気持ちとシンクロするなあと、好意的なツイートをした。


…そうしたら。

30分もしないうちに松山のアプローチがピンにからんだとき、

「距離感ぴったし」、「見してくれた」と言ってのけた。そりゃ

ちょっとくだけ過ぎだよね。なにごとも“ほどほど”がよし。

ハハハ。

d0164636_13390709.jpg






ああ NHKも変わっていくんだなあ、とある種の感慨を覚えた。

この日は、夕方から相撲を見た。すると…。

(相撲を見に来る人は)一生に一回見に”これるか”どうか…」と

実況の三瓶アナが言っているのが耳に飛び込んできた。


まだ43歳だが、聞くところによると、NHKスポーツ・アナを

仕切っているのは彼らしい。だから…というわけじゃないが、

“ら抜き”はまずかろう。でなければ「(NHK)アナウンサーは

正しい日本語の“伝道師”」的なことは今後言わないように。

ハハハ。


初拙句 詠めり

d0164636_08161127.jpg


















d0164636_08164989.jpg






# by toruiwa2010 | 2017-01-12 08:45 | アナウンサー・実況 | Comments(7)

中村俊輔が横浜F・マリノスからジュビロ磐田に移籍した。

発表された本人の“声明”には具体的には書かれていないが、

昨シーズン、いろいろなことがあったようだ。

スコットランドのセルティックなど海外を含めて素晴らしい

実績を残した選手だが、38歳になり、自分のキャリアをどんな

形で終えるかをじっくり考えた末の結論だったのだろう。

“望まれた”環境の中でやるのが一番だと思う。

d0164636_13405553.jpg











左足からの芸術的なフリーキックに魅了されたファンは多いが、

私はある時期の彼と自分を重ねたことがある。


2006515日、ジーコがワールド・カップ代表に決まった

選手の名前を淡々と読み上げていった。2002年、トルシエから

連絡を受けた協会スタッフがメモを読んだときと違い、今回は

あの選手の名前もあった。それが中村俊輔だ。


自信…というより確信があったと思う。世界レベルで通用する

その左足に寄せられる周囲からの信頼は感じていたはずだ。

もれでも、名前を呼ばれるまでは安心できなかっただろう。

d0164636_14103972.jpg











この4年間は長かったことでしょう。その分、

喜びはだれよりも大きいのではないでしょうか。


当時のブログにそう書いたことを覚えている。


くらべるのは失礼だ…と批判されるのを覚悟して書くのだが、

私は彼のこの4年間を、砂をかむ思いで過ごした自分の年月と

重ね合わせて考えるときがあった。


フジテレビでアナウンサーだったのは821月までだった。

上司と“うま”が合わず、志願してほかの部署に異動したからだ。

情ないことに、辞令を受け取った瞬間から後悔が始まっていた。

それぐらいなら、異動を希望しなければいいのに。ハハハ。

その日から、「いつか必ずマイクの前に戻る」との、強い意志を

持ち続けた。その気持ちだけが支えだったかもしれない。

d0164636_13390709.jpg






家にいれば、常にテレビでスポーツを見る。

「自分なら、ここでこう聞くぞ」とか「今はその話じゃなくて、

こっちの描写をするべきだろう!」など、テレビに向かって

突っ込みまくっていた。ハハハ。

音を消し、頭の中で自分なりの実況をすることも多かった。

シミュレーション、イメージ・トレーニングと呼んでいた。

誰も知らないwその日々は出向したWOWOWで報われた。

異動の辞令をもらってから8年半が過ぎていた。


代表から声がかからなかった4年間を中村俊輔がどんな気持で

過ごしたのかは知るすべがないが、私にとって、この8年半は

途方もなく長い時間だった。

サッカーは実力の世界だから、彼は「実績さえ積んでいけば

望む場所に行ける」というたしかな希望を持っていただろう。


しかし、私の場合は「こうなれば夢がかなう」という“形”が

示されていたわけではなく、明確なゴールもなかった。

出口が見えない真っ暗なトンネルを手探りで歩き続けるような、

実に頼りない感覚の中にいたことを思い出す。


私は67歳までしゃべっていた。

サッカー界ではキング・カズやゴン中山がまだ頑張っている。

俊輔には気がすむまでボールを蹴り続けてほしい。


# by toruiwa2010 | 2017-01-11 08:37 | サッカー | Comments(0)