ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

だから、無理だってば…~大谷翔平、新天地へ~17/12/12

“I really wanted No. 27, but it was alreadytaken,

so I chose No. 17.”

「本当は27番にしたかったけど、埋まっていたので…」


…なぜ、背番号を17番にしたかと聞かれ、チームだけでなく、

メジャーの大スター、マイク・トラウトを“ダシ”にして大きな

笑いを誘ったのはグッドジョブだ。そのあとに浮かべた笑顔

(地元紙はboyish smile=“少年のような笑顔”と)も最高だった。

特に女性ファンのハートを一気にわしづかみにしたに違いない。

ちなみに、日ハム時代の11番は、ジム・フレゴーシ元監督が

つけていて永久欠番になっているようだ。

d0164636_08094344.jpg











two way star”・大谷翔平のエンゼルス入りが決まった。

彼がエンゼルス入りを希望しているとの電話を受けたビリー・

エプラーGMは喜びのあまり椅子から飛び上がった。そして、

座り直そうとしたとき、そこに椅子はなくて床に転げ落ちた…


ハハハ。現地のメディアが面白おかしく書いている。それほど、

大谷がどの球団を選ぶかは全米の注目を集めていた。


今後は、球団が彼をどう起用法するかがポイントになってくる。

監督はマイク・ソーシアだ。私がメジャーを追っていたころ

ドジャースで頭角を現してきたキャッチャーだった。

S-C-I-O-S-C-I-A…おーい、これ なんて発音すんだい? 

あちこち尋ね回って“ソーシア”に落ち着くまで時間がかかった。

ハハハ。


監督歴18年のソーシアにとっても、“二刀流”は厄介だ。

幸い、大金を投じた選手ではないが、球団にとっては激しい

争奪戦を制して獲得した“金の卵”であることは間違いない。

誰もが納得する使い方で結果を出させなければ“腕”が疑われる。

序盤でケガでもさせようものなら、またまたGMが椅子から

転げ落ちることになる。ハハハ。


ケガ…私が最も恐れるのもメジャーで二刀流にこだわったら

どこかの時点で故障するのではないかという点だ。

東と西では3時間の時差がある広い国土を転戦するだけでも

かなりハードだ。


エンゼルスの2018シーズンの日程を見ると…

42日に開幕して930日に閉幕する。そこのあなた、

“さらっと”読み流さないでほしい。つまり、この182日間に

162試合を戦うわけだ。試合がないのはたった20日だ。

“試合がない”の意味は旅行日だったりするからだ。

日本のように“休養”に充てる日はないと言っていい。しかも、

20日の中に、球宴休みが4日ある。

d0164636_08095275.jpg






まず この“日程の過酷さ”が大谷を襲ってくる。知らず、知らず

心身の疲労が蓄積され、ケガをする可能性が増していく。

投打のどちらかに専念していてもそうだから、“二刀流”の場合、

さらに危険度は上がるだろう。


仮に、とりあえずチャレンジするとなっても、起用法はかなり

複雑になる。投手が基本になるが、“中何日”で登板させるかで

先発陣の人数が変わってくる。二刀流の場合はどう考えても

6人は必要になる。簡単なことではない。しかも、遅くても

キャンプ中盤までには結論を出さなければいけない。野手の

編成にも関係してくるからだ。


9月にも書いたが、MLBと日本では選手登録の仕方が違う。

28人が1軍に登録され、試合ごとに25人がベンチ入りする

日本では3人の”余裕”があるが、MLBは“25人登録・25

ベンチ入り“だから投手も原則的に全員が毎試合ベンチに入る。


12人の投手編成の場合、野手は13人になる。捕手2人として

内・外野手を11人でまかなうことになる。大谷に“二刀流”を

認めるか、認めないか、認める場合、中何日で先発させるかで

チーム全体の編成方針が変わってくる。GMや監督はさぞかし

頭を悩ませているはずだ。

まあ、遅かれ早かれ、MLBの厳しい環境の中で“two way”を

やることの無謀さに大谷本人が気づくと思うが。


“投手に専念する大谷”が100(161)超の速球とキレのある

スライダーでメジャーの強打者をきりきり舞いさせるところを

見てみたいと思う。

ああ、しかし、トラウト、アプトン、プホルスと並ぶ打線に

加わった大谷の打撃がどこまで通用するかも見たいしなあ。

うーん。悩むのはGMや監督だけじゃないわ。ハハハ。


大谷の“転職”先がエンゼルスと決まった。ヤンキース入りを

望んでいた私は少し残念だが、嬉しいこともある。

田中将大が本拠地でデーゲームに登板するとき、午前2時に

起きなければならないのだが、西海岸なら5時でいいのだ。

時差のありがたさ。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2017-12-12 08:14 | メジャー&野球全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード