ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

言論の自由と“パイオツ”~私、聞き間違えたかしら?~ 17/12/13

アメリカのケーブルテレビ局ESPNの女性記者がツイートした。

“トランプ大統領は白人至上主義者だ“と。

大統領もツイッターで反論した。

“解雇に値する。嘘(untruth)を謝れ”。


後日、この件を議論する番組がCNNで生放送された。

司会はジュディ・ボールドウイン、女性キャスターだ。

別の場所にいる二人のゲストの一人はFOXスポーツの記者、

クレイ・トラビスだった。


ボールドウインに発言を促されたトラビスは何を思ったのか、

意見を述べる中でいきなりこんなことを言い放った。


僕が完全に信じるのは二つのこと、修正第一条*とおっぱいさ。

*言論、信教などの自由を保障している。

d0164636_06343263.jpg











うん、いま、なんつった?(宮藤官九郎じゃないけどw)


たちまち、ワイプで画面の中央に映っていたボールドウインの

美しい眉が吊り上がった。

「ちょっと待って。番組のホストとしてあなたの発言を正しく

聞いたかどうかを確認したいんだけど、なんて言いました?

憲法第1条とおっぱい(b-double-o-b-s)って?」

(booze=酒だったかもしれないと思ったと言うが、怪しい。w)


「おっぱいだよ」と言下にトラビスが確認し、さらに続けた。

「この国の歴史上、僕を決して裏切らなかったのは二つのこと、

憲法第1条とおっぱいなんだ」


同じやり取りはもう一人のゲストの発言後、再び繰り返され、

ボールドウインは顔を紅潮させていたが、どう思われたって

構わんと言わんばかりのマイペースでトラビスが“おっぱい”を

繰り返す中でこう言った。

「女性MCのライブの全国放送でなぜ、そんなことを言うの?

どうして、そんな話になるわけ?」


そして、言い募るトラビスの口を彼女が封じた。文字通り。

「もう結構。終わりよ。会話は終わり。マイクを切って頂戴!」。

…ここまで、最初の“boobs”からちょうど3分だった。


サブ(副調整室)からの指示があったとしても、キリっとして

カッコよかった。ジャーナリストだったらこの程度の“見識”が

あって当然だ。状況が違うから単純にはくらべられないが、

男性議員にヤジられて“立ち往生”した 日本の女性国会議員や

都議さんには見習ってほしいものだ。


問題のやり取りはここで見られる。

http://bit.ly/2AHik91

d0164636_06370988.jpg


by toruiwa2010 | 2017-12-13 08:12 | 放送全般 | Comments(4)
Commented by akikara at 2017-12-13 11:59 x
昨日、刈谷アナの講演会に行きました。「栄光への懸け橋だ!」は咄嗟に出たもので元々「日はまた昇りました!」と言うつもりだったとのこと。但し、着地に合わせて気の利いたことを言う気は満々だったようです。あのタイミングより早くても遅くても聞いてもらえなかった、と言ってました。
Commented by toruiwa2010 at 2017-12-13 14:27
akikaraくん、講演会は有料だったんだろうねw
咄嗟に出た…。もう、そう言わなきゃいけない
事態になってるからね。君だって経験があるから
分かるだろうけど、あんな言葉が咄嗟に出るもんか。
ハハハ。 ま、ご自由に。
Commented by akikara at 2017-12-13 14:44 x
有料ならば行きません(笑)。
Commented by akikara at 2017-12-13 18:31 x
「トリノ五輪の女神は荒川静香にキスをしました!」は用意していたとのこと。練習でスルツカヤとコーエンが不調。荒川が絶好調だったので「金」を予感していたそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード