ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

松本人志を“イヌ”“ポチ”と呼んだ!~こら、岩上安身、ついでに茂木健一郎!~17/12/19

どうでもいい話なのだが、相当 頭に来たので、12月だし、

書くだけ書いて発散させてもらうことにした。ハハハ

d0164636_08005039.jpg






まず、ことの経緯を記しておく。

発端は 1216日の各紙朝刊の“首相動静”だった。

知っている人は知っている 前日の総理大臣がどこに出かけ、

誰に会って、何をしたかを伝えるべた記事だ。

最後の部分にこう書かれていた。


72分、東京・四谷の焼き肉店「龍月園」。

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん、

タレントの東野幸治さん、アイドルグループ

HKT48 」の指原莉乃さん、社会学者の

古市憲寿さんらと会食。

1037分、東京・富ヶ谷の自宅。


これを読んだのだろう。ジャーナリスト・岩上安身が記事を

一部引用したうえで“なんとまあ、番組でのアベヨイショ発言と

首相との距離の正比例関係、わかりやすいこと”とつぶやいた。


それだけじゃ気が済まなかったのか、5分後、こう“吠えた”。

d0164636_07542812.jpg









そういや、松本人志は、日本のお笑い界では、

政治風刺の効いた笑いのレベルが低い、という

茂木健一郎さんの全くもって事実そのものの

指摘にガーガー噛みついていたなぁ。

裏では総理に焼肉おごってもらって、その発言。

なんだ、そろばんずくのイヌか、松本人志とその子分。


かつてはワイドショーにありがちな”予定調和”からはみ出して

思い切った発言をする岩上が好きだったけどなあ。久しぶりに

目にしたコメントがこれじゃあ、黙ってられないわ。

君は賛同しないだろうが、一流の芸人、松本人志をつかまえて

“イヌ”と呼んじゃダメだ。同じ日の別のツイートでは、“総理と

会食している松本らのポチ根性”などと書いている。

虫の居所が悪くて激しい言葉を使いたい気分だったにしても、

この“もの言い”はペンで商売している人間としては最低だ。


第一、“茂木健一郎さんの全くもって事実そのものの指摘”と

のたまうが、本当に茂木の発言は“事実そのもの”か?


今の日本にはお笑い芸人はいても、

コメディアンはいません。人間関係を

いじる笑いはあっても、差別や偏見、

政治的対立をネタにする、国際水準の

コメディは存在しません。だから、つまらん。

(16/07/19)


日本のお笑い芸人たちは、上下関係や

空気を読んだ笑いに終止し、権力者に

批評の目を向けた笑いは皆無。

後者が支配する地上波テレビはオワコン。

(17/02/25)


日本の「お笑い芸人」のメジャーだとか、

大物とか言われている人たちは、国際水準の

コメディアンとはかけ離れているし、本当に

「終わっている」。(17/03/01)


…などのツイートを指すのだろうが、よく分からない。

37日付の記事で反論した。( http://exci.to/2lVDAjo )

ほんの一部を引用するとこうだ。


演芸を含めた芸術というのはそれぞれの民族・国の

歴史や文化を土壌として生まれ変化してきたもので

茂木が言う“世界水準”も一つではない。政治をネタに

するかどうかでレベルを測るのはナンセンスだ。


日本の大衆は 身の回りの人間関係をいじることで

笑わせる芸人に満足している。へたに、政治ネタに

手を出しても観客が笑わない中身では身もふたもない。

メシの食い上げだ。

そんな“冒険”をする余裕はない。収入減を茂木大先生が

補てんしてくれるなら話は別だが。


欧米では、トークショーでネタにすることもある。

イギリスには王室を揶揄するような“コメディ”もある。

そういうネタで笑う文化があるからだ。

日本には、まだ土壌がない。要は、それぞれの国に

それぞれの笑いがあるということ。

無理に“国際水準”に合わせる必要はない。


…着るものも、食べるものも、需給の関係で市場に出てくる。

日本のお笑い市場には“政治ネタ”の需要が極端に少ないのさ。

どうしても“レベル”について言いたいなら、視聴者・客の側を

取り上げるのが先じゃないのか。

d0164636_07543492.jpg









しかも、茂木ときたら、翌週の「ワイドナショー」で松本から

「全然 腹は立たなかった。茂木さんの言ってること、センスが

ないんだもの」と一笑に付され、その翌週、スタジオに来て、

懸命に釈明していた。

「誤解を与えてしまって申し訳ない。日本のお笑い大好きだし、

お笑い界への応援のつもりだった。(笑いの)センスがないと

言われたのが一番 刺さった」と縮こまっていた。ハハハ。

( http://bit.ly/2Cw7mTF音声のみ)


岩上に言っておく。

ガーガー噛みついたのはいいけど、裏で頭を下げて“シュン”と

したのは茂木の方なんだぜ!

しかも、茂木大先生は今回もこんな投稿をしている。


時の首相と食事をしてよろこんでいるような 

お笑い芸人や、コメンテーターは、別にいても

いいけど、文化にはあまり貢献しないと思う。

そういう人たちは、忖度のエンジェルに過ぎないから。

それは、公共の電波でやるコメディではありません。


…前回、番組出演したときの“フルボッコ”がよほど悔しかった

のだろうが、みごとな“負け犬の遠吠え”ぶりにあきれる。

どうせ、来週の「ワイドナショー」に呼ばれたら、腹を見せて

恭順するんだろうに。情けない奴だ。ハハハ。

d0164636_07543867.jpg









この流れの中で、日曜日のフジテレビ「THE MANZAI」で

ウーマンラッシュアワーが切れのいい漫才を披露した。

原発、沖縄の基地、各被災地の状況などをネタに取り込んで

村本が怒涛の如くまくしたて、会場の笑いをさらっていた。

たちまち、岩上も茂木もくちをきわめてほめそやした。なんだ、

“分かりやすい”のは自分たちじゃないか。ハハハ。


たしかに、ネタとしてもかなり面白かったが、受けていたのは

ネタの中身より、村本の“芸”そのものだったと思う。なんでも

自分たちの主張に合わせて受け止めるのはインチキだ。


最後にひとこと。

私は松本人志が好きだ。しかし、無批判なわけではない。

番組の中で“ウン〇”を連発する、食べ物を粗末に扱う…のは

賛成できないし、今回の会食も、こういう攻撃の的になるから

慎重であってほしかったと思う。

d0164636_07561780.jpg











そして、もう一度、岩上安身だ。

“イヌ”とか“ポチ”は意図的に使ったのだろうが、おやめなさい。

品がなさすぎる。

そして、ツイッターのアイコンも変えた方がいい。あまりにも

before/afterでずるいわ。ハハハ。

d0164636_06370988.jpg


by toruiwa2010 | 2017-12-19 08:14 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード