ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2008紅白を見る~自分的傑作w選~17/01/06

カテゴリの名前を”自分的傑作選”としました。

ええ、恥ずかしげもなく。ハハハ。

一人でも多くの人に読んでほしいので。


今年最初の傑作選は「紅白」の感想3連発!!


2008 紅白を見る(2009/01/05 初出 )

d0164636_15075082.jpg




2009年レギュラーの1本目が紅白というのはどうなのか…と

思いつつ書きます。ハハハ。

年末年始になにか書きたいことがあるに違いないと軽く考えて

いたのですが、これと言った“事件”も起こらず、紅白歌合戦は

“つっこみどころ”が満載でしたからねえ。


私が民放育ちのせいでしょうか、お寒い演出と、“大NHK”

おっしゃることには逆らえない立場の歌手・タレントたちが、

言われるままに動いている様子がおかしくてたまりませんでした。

あのテリー伊藤でさえ、3回目()に登場したラジオ放送席の

場面では 声は上ずる、話もまとまらない、“金縛り”状態でした。

NHK、おそるべし」です。ハハハ。

d0164636_15075503.jpg









「今後のこともあるからNHKにはいい印象を」と考える

芸人が多い中で、こわいものなしIKKOとはるなが目を

覆いたくなるパフォーマンスで精一杯がんばったのですから、

テリーはもっと“存在感”を見せないと。“期待”があっただけに

“アニー伊藤”のたまご焼きの宣伝に終わったことに大きな不満が

残りました。あれでは“テリー”の名前が泣きます。

関根麻里、沢村一樹とともに、応援団とやらに決まったとき、

「何をやらせるのだろう?」と興味を持ったのですが、結局、

演出側には初めから“何かをやらせるつもりなんかなかった”、

ということですか。ハハハ。


その体たらくを思えば、「羞恥心」の応援団として出演した

「ヘキサゴン」組は“したたかさ”を見せたかもしれません。

アップはなかったものの、中村アナが着ていた“目玉マーク+

代表”のTシャツは結構 目立っていました。

カシアス島田こと島田紳助“プロデューサー”に「民放らしさを

見せなかったら承知しないぞ!」と相当ハッパをかけられて

いたのでしょう。ハハハ。


「最初の30分に1000人を舞台に出す」とプロデューサーが

語っていました。“これは、ステージ裏の交通整理が大変だ”と

心配するほどの“人海戦術”…しかし、そのせいでしょうか、

誰にも分かる進行の不手際が多く見られました。

舞台の下手(しもて=客席から見て左側)MCが次の出場者と

話をしているときに、袖の部分から出入りするスタッフの姿が

何度も映ってしまいました。業界的には一度でも恥ずかしい

初歩的なミスのはずです。経験の浅い民放ディレクターでさえ

笑ったことでしょう。


何台のカメラを使っていたのか知りませんが、「大丈夫、あゆ?

ケガは大丈夫だった?」と呼びかける中居への浜崎あゆみの

リアクションをとらえることができませんでした。ふだん、

台本通り、リハーサル通りの進行しか経験していないせいで、

“アドリブ対応”がへたなのでしょうが、あれぐらいはねえ。

d0164636_15075974.jpg









一番期待していたのは秋元順子でした。

実力で選ばれた彼女の歌をゆっくり味わいたいと思ったのに、

“ワン・コーラス半”しか歌わせませんでした。初出場だから

扱いが“軽く”なったのかもしれませんが、彼女の歌はしっとり

聴かせてこそ値打ちがあるのにと、腹が立ちました。

娘さんからの あまり意味があるとも思えない手紙の朗読で

時間を使ったからでしょうね。森進一の「おふくろさん」が

フルコーラス(全曲)だったし、あまりにも露骨じゃないですか。


とっくに認めていましたが、中居正広はつくづく 押すところ、

引くところをよくわきまえた司会者だと思います。一昨年、

鶴瓶と組んだときは、少し引いて相手を立てていたと思えば、

仲間由紀恵に代わった去年は台本を基本にしながらアドリブを

きかせて自由にやっていました。“買いかぶり”かもしれませんが、

そう思わせる言動がありました。


「空気、関係なしですね?」とからかったIKKOに加えて、

はるなもからんだ美川憲一の歌唱終わりで“やれやれ”という

表情を浮かべながら「“まさかの”白組でした」と、お茶の間の

気持ちをアドリブで代弁したあたりはたいしたものです。

紅白一番の“あっぱれ”だったと言ってもいいでしょう。ハハハ。


男で平井堅、森山直太郎、女で平原綾香の歌が心に響きました。

d0164636_15080474.jpg








まるで“コンビニ帰り”のように見えた平井堅のTシャツ+

ジーパンは、テレビに出ることを意識した上での“私服”かと

思いましたが、エンディングに登場したときは違うものを着て

いましたから、あれはあれでまぎれもない“舞台衣装”だったと

確認できました。ハハハ。


視聴率的には少し持ち直したらしいですが、“歌手の選択”と

“演出”をなんとかしないと、先細りは避けられないなあ…が

全体を見た印象でした。

つい先日、出演者のレベルもテレビの演出も完成度が高い

AMA(American Music Awards)を見たばかりだったので、

余計にみすぼらしさが目に付いてしまいました。


いろいろクレームをつけましたが、私以外にも、“つっこむのを

楽しみに毎年この番組を見ている人は大勢いるはずですから、

いまのままの方が喜ばれるかもしれませんね。ハハハ。
d0164636_07590661.jpg

by toruiwa2010 | 2018-01-06 08:12 | 自分的傑作選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。