ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「anone」 &「 99.9」が楽しみ~1月期ドラマ:展望~18/01/09

1月期のドラマが始まりつつある。

各局から出ている宣材をベースにざっと展望しておく。

キリがないのでプライムタイムのものに限って…。


21 海月姫 フジ 1/15

芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加,木南晴夏、松井玲奈


女の子は誰だってお姫様になれると考えるクラゲおたく”で

名前も海月(=くらげ)という女子(芳根)が、ある兄弟(瀬戸&

工藤)と三角関係になるらしい。

その恋模様をギャグを交えて描くそうだ。

新感覚のシンデレラ・コメディーと謳っているが、とても

ついていく自信がない。ハハハ。


4月期の「コンフィデンスマンJP」は長澤まさみと東出昌大の

顔合わせだというから、そっちに期待しよう。コンセプトを

読むとあまり期待できそうにないが。

d0164636_06571771.jpg











21 FINAL CUT フジテレビ 1/9~

亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、杉本哲太


母親を女児殺人事件の犯人とされ、失った男(亀梨)12年後、

真犯人を追ってリベンジに取り掛かる…という。

その対象は、事件を取材し、放送したテレビ番組の司会者や

スタッフ、真相を知る姉妹、彼を見つめる 当時の捜査関係者…

面白くなるはずがない。…と思う。今日が第1話だが、見ない。

ハハハ。


22 きみが心に棲みついた TBS 1/16

吉岡里帆、桐谷健太、石橋杏奈、ムロツヨシ、向井理

“新感覚ラブストーリー”と言っているが、見てみるとそうでは

ないことが圧倒的に多いよね。

吉岡が桐谷と向井の間で揺れ動く三角関係…どこが新感覚!

ハハハ。


桐谷はイメージ通りの “優しさを持った熱い男”を、逆に向井は

持ち味と違う”冷酷な男”を演じるそうだ。

吉岡は自己評価が低いので、人前で挙動不審になってしまい、

呼び名も“キョドコ”(w)という女性に扮するが、どうだろう。

1年前の「カルテット」もTBSだった。スタッフはあれを見て

彼女で行けると判断したのだろうが、ゴールデンのドラマの

主人公をつとめられるほどの実績はまだない気がする。


URなどのCMではいい味が出てるけどね。

ま、私は見ないけど、頑張れ。ハハハ。


21 相棒 テレビ朝日 


10月期の続きだし、今では、見ない理由だない。


22 anone(あのね) 日本テレビ 1/10

広瀬すず、瑛太、阿部サダオ、田中裕子、火野正平、小林聡美


広瀬と瑛太だったら、何があっても見る。コンセプトを見ると

シリアスな内容らしいが、関係ない。見ると言ったら見る。

ハハハ。


NTVx坂元裕二脚本は過去2本あるという。

20104月期の「Mother」は松雪泰子主演で12.95%

20137月期の「Woman」は満島ひかりで13.58%をとった。

2本とも見ていない。「Mother」は「八月の蝉」とかぶったので

見なかったし、「Woman」は開始15分で退散してしまった。

広瀬だから、今回は見る。必ず見る! ハハハ。

d0164636_06543928.jpg











20 科捜研の女 テレビ朝日 


10月期の続きだし、今では、見ない理由だない。

「相棒」のコメントのコピペ。ハハハ。


21 BG 身辺警護人 テレビ朝日 1/18

木村拓哉、斎藤工、菜々緒、上川隆也、石田ゆり子、江口洋介


いろんな意味で、今期 最も注目される一本だ。

SMAP解散以後、ドラマはこれが初めてだ(よね?)。

テレ朝は”はれもの”に触るような扱いを見せている。

木曜21時は「ドクターX」を筆頭に、ちょっと弱いなと思える

ドラマでもしっかり視聴率を稼ぐ枠だ。そして、凄い顔ぶれで、

“まわり”をがっちりと固めた。


暮からのCMを見ても、キムタクは腐ってもキムタク…だ。

ま、本人の意思に関係なく、かっこ悪いことはでできないから

これ以外の彼を見ることはないのだろうけどね。

もし、1213%しか取れないようだと、役者としての値打ちは

終わるかもしれないなあ。

本人にも自覚があるはずだ。どんな演技を見せるか注目する。

d0164636_06540980.png











22 隣の家族は青く見える フジテレビ 1/18

深田恭子、松山ケンイチ、平山浩行、高橋メアリージュン


局の広報が出す番宣には“コーポラティブハウスに住む家族の

葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ”とある。

いつのころからか、ドラマの宣伝を担当する広報マンたちは

カタカナを熱心に使うようになった。カッコいいと思うのか?

…結果として、内容が伝わらないことに気づかないようだ。

ハハハ。


深田の役は、家の購入を機に妊活を始める女性だそうだ。

不思議な女優さんだ。きれいだし、雑誌などに載るグラビアは

とても魅力的だが、ドラマや映画になると、とたんに“生身”の

女性という感じが消えてしまう。数字も取れていない。去年の

7月期の「ハロー張りネズミ」(TBS )も惨敗だった。フジは

なぜ、彼女を起用する気になったのか?


今回もきっと見ないだろう。


22 アンナチュラル TBS 1/12

井浦新、石原さとみ、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子


深田と対照的に”数字を持つ女”・石原が、去年「逃げ恥」で

大ヒットを飛ばした脚本家・野木亜紀子と組むという。

スペシャリストを集めて新設された死因究明のための研究所が

ドラマの舞台になる。解剖医のミコト(石原)が許せないのは

“不自然な死(アンナチュラル・デス)”を放置することだった。

クセの強いメンバーが揃ってるなあ。ハハハ。

一話完結の法医学ミステリーは面白いかもしれない。

d0164636_06533942.jpg









22 もみ消して冬 日本テレビ 1/13

山田涼介、波留、小澤征悦、千葉雄大、小島一哉


長兄は医師、姉は弁護士、末っ子の秀作(山田)は警察官…

なぜ、そういう役にしたかと言えば、“ヒットドラマ界の鉄板

三大職業“だかららしい。笑える。まず、この設定が嫌いだ。

いま、波留は気に入ってる女優だから、見たい気もあるのだが、

主役を支える周りの俳優の苦労が心配なドラマは見なくていい。

ハハハ。


21 99.9 TBS 1/14

松本潤、香川照之、木村文乃、青木崇高、奥田英二


20164月期に圧勝したドラマの第2シリーズが登場する。

99.9%勝つ見込みがなくても 最後の0.1%に賭け、あきらめず、

事実を追い求めていく弁護士を描いた物語だ。


前シリーズでは、木村とところが榮倉奈々だった。気の強い

パートナーとして松本との呼吸もぴったりだった。残念だが、

子育て中だからしょうがないか。

170㎝の榮倉にくらべ164㎝の木村なら演出側も余計なことを

考えなくてすむね。1ショットのときは高いヒールでもいいが、

2ショットのときは低いヒールの靴にして、決して松潤の方が

低く映らないように配慮する…とか。

2年前はそうしてたよね?


まあ、何があったって、今期、地上波では「anone」と並んで

一番の楽しみだ。

d0164636_06530940.jpg










日テレ 日22 トドメの接吻 1/7

山崎賢人、志尊淳、菅田将暉、門脇麦、新田真剣佑、新木優子


成り上がりを目指すナンバーワン・ホスト、堂島(山崎)の前に

社長令嬢(新木)が“ターゲット”として登場する。

そこに、真っ赤なルージュの女(門脇)が現れ 堂島にキスをする。

すると、呼吸困難に陥った堂島は死ぬ…かと思ったら次の瞬間

息を吹き返して…


ダメだ。このコンセプトだけでも とても見る気にならん。

おととい、1回目の冒頭部分を見たが、もっとダメだった。

お好きな方だけどうぞ。ハハハ。


おまけ 1


22 監査役野崎修平 WOWOW 1/14

織田裕二、岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行


バブル直後の金融業界を舞台にした“経済ドラマ”らしい。

専門用語は理解が難しく、見続ける気が失せるものだが、なに、

一つ一つの単語の意味を理解しなくても、全体の流れは分かる。

私はほとんど“スルー”しながら見ている。それでOK。ハハハ。


1112月に放送された「石つぶて」は最高だった。

このドラマは織田と松嶋の出来にかかっている。期待してる。

d0164636_06523900.jpg








22 平成細雪 NHK BS3 1/7

中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆり、福士誠治、柄本佑


谷崎潤一郎の作品をベースにしているし、舞台は大阪・船場だ。

ただし、登場する4姉妹は現代を生きる女性たちだ。

脚本次第だが、ちょっと面白そう。おとといの1話を見たが、

4話なら最後まで見ようか…と思った。微妙。ハハハ。


まとめると、関心をもって見始めるのは以下の4本だ。


anone(あのね)

BG 身辺警護人

アンナチュラル

99.9


プラス、“定番”の「相棒」&「科捜研」とWOWOW

「監査役 野崎修平」を含めると7本か。

脱落候補のNo1は「BG」で決まりだね。ハハハ。


おまけ 2


大河ドラマ「西郷どん」も始まっている。

西郷の子ども時代を演じた少年が素晴らしい!

鈴木亮平、小柳ルミ子の歯の白さが気になってならない。

“不倫発覚”で叩かれていた渡辺謙にこだわった制作陣の思いは

伝わる。やはり存在感は特別だ。彼以外の斉彬は考えにくい。

薩摩弁が難解すぎてセリフがよくわからないが、鈴木は好きな

俳優なので面白くなることを期待する。

d0164636_06553990.jpg








昨日のテレビ東京「娘の結婚」は出色の出来だった。

早くに妻を亡くした男と娘との平凡な日常が描かれていた。

父と娘を演じた中井貴一と波留の淡々とした芝居がよかった。

監督は女性らしいが、優しい目線に包まれて最初から最後まで

ほっこりした気持ちで見ることができた。幸せな気分だった。

ありがとう。


新年は始まったばかりだが、単発ドラマでは2018年のトップに

なる気がする。去年9月に放送された「琥珀」も佳作だった。

テレ東ドラマ班、やるわ。


by toruiwa2010 | 2018-01-09 08:09 | ドラマ | Comments(2)
Commented by マオパパ at 2018-01-09 15:09 x
岩佐さん、こんにちは。今年も興味深い記事をよろしくお願いします。もちろん、無理のない範囲で結構です。
今日は、岩佐さんの広瀬すず推しに笑わせていただきました。私的には今シーズンは西郷どんと99.9%ですね。陸王ロスの今日この頃です。
Commented by toruiwa2010 at 2018-01-09 15:22
マオパパさん、こんにちは。

「西郷どん」は苦しい"旅立ち"になったようです。
鈴木亮平ではまだ無理だったかも。
がんばって、視聴率を上げてほしいです。
彼一人ではどうにもなりませんが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード