ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

五輪・錦織・大谷・相撲:スポーツの予想~当たるも八卦、当たらぬも八卦~18/01/11

年の初めなので、思いつくままに、

スポーツの予想をしておく。

常識の範囲内のものが多いから、

半分は当たりそうな気がするが、

もちろん、保証はしない。ハハハ。


冬季五輪は“俄然”、スピードスケートに楽しみが増えた。

とくに、小平奈緒と女子パシュートには金の期待がかかる。

高木美帆のメダルも。 

高梨・伊藤のジャンプにもメダルのチャンスはありそうだね。

誰も言わないが、高梨の調子が落ちている原因は“恋愛がらみ”

ではないかと、その方面の専門家としては見ている。ハハハ。

d0164636_07400689.jpg










秋口までは羽生結弦の金メダルは”てっぱん”だと思っていたが、

大きなケガをしたことで苦しくなった。逆境に強い選手だから

間に合わせるかもしれない。宇野昌磨とともに金、悪くても

銀を期待する。


情報が少ないが、スキーの複合やスノーボード、モーグルなど、

普段はなじみの少ない競技でも朗報が聞けそうだ。

男子カーリングも強いらしいし。


錦織圭の動向が気がかりだ。手首のケガは致命傷になるから

万全を期す方がいい。全豪をパスしたのは賢明だ。

もともと力はあるが、ケガが多いだけにトップ10に戻るのは

なかなか大変だ。まず、5セット・マッチが戦えるところまで

手首を直すことに専念する。つまり、まだ回復中ということだ。

今年中にトップ10に戻るのは難しいだろう。すると、年齢との

競争になる。32ドローの大会でもいいから一つ勝ったら勢いが

つくのだろうが。

残るグランド・スラム大会で4回戦まで行ったら“あっぱれ”と

言っていいのではないか。

d0164636_07424520.jpg











松山英樹に初メジャーを期待したいが、こればかりは多くの

要素が揃わないと難しいよね。マスターズや全英にくらべれば

全米オープン、全米プロの方がチャンスがありそうだけど。


MLBでは田中将大にいいことが起きそうだ。

打線が充実したし、シーズン末の“神がかり”的な出来を見れば

今シーズンへの期待が膨らむ。15勝は最低ラインだ。どれだけ

上乗せするかがヤンキースのVに深くかかわる。ハハハ。

d0164636_07401172.jpg









大谷翔平はどうか?

今の流れだと、開幕時は“二刀流”ということになりそうだ。

その場合は、7~8勝、ホームランも7,8本、打率25分程度。

厳しいけど、そんなものだろう。たぶん、途中からどちらかに

絞ることになると思う。一番怖いのはケガをすることだ。


ダルビッシュの新しいチームは年内に決まると思っていたが、

結構 長引いてるなあ。どこに行くにしても、優勝争いができる

チームに行ってほしい。去年のWSではアストロズに球種が

ばれていたという。事実ならベテランらしくない。

ノルマは田中と同じだね。


平野はまだポジションを約束されているわけじゃないよね。

キャンプの初めから飛ばさないと厳しいなあ。日本人内野手で

成功例は少ないから頑張ってほしいが、前途多難だと思う。


イチローの去就はかなりギリギリまで決まらないと思う。

力についての各球団の判断は出ている。”第4の外野手という

評価にも届かないのだろう。拾ってくれる球団があるとすれば

その理由は 故障選手が復帰するまでのつなぎ、たくさんいる

若手の手本として…などだ。厳しいが、それが勝負の世界の

現実だと思う。25人登録、25人ベンチ入り…MLB環境

猛烈に厳しいのだ。このことを書いているメディアは 知る限り

一つもない。投げた、打った、捕ったばかり見ていて、本質が

分かってないんだ。

思いっきり言ってやったぜ。ハハハ。

d0164636_07401617.jpg








野球つながりでは日ハム・清宮幸太郎についても キャンプから

騒々しいことになるだろう。

プロ野球の世界ってそんなに甘いのか?と思ってしまう。

一部で ある程度のレベルに達していると言われる守備・走塁も

プロで通用するとは思わない。“売り物”のバッティングだって

厳しい内角攻めをされた場合に対処できるのか?プロの投手は

えげつないぜ。そして、もう一つ。一昨日の「サンモニ」に

出演した王貞治は「僕の目には中距離バッターに見える」と

言っていた。さすがだなあ。私と同じ評価だ。ハハハ。


日本的な“ファン・サービス”の意味で キャンプとオープン戦は

1軍帯同だろうが、開幕は2軍で迎えるだろうと予想しておく。


ワールドカップの年だ。

“最悪”のグループは避けられたようだが、だからと言って、

決勝トーナメントが保証されたわけじゃない。“ペシミスト”の

私の予想は”21分けにしておく。裏切って結構。ハハハ。


相撲…そう、相撲が始まるんだなあ。

年が変わっても“余震”は続くとみていたが、立行司のセクハラ

という とんでもないスキャンダルが飛び出してしまった。

冷静に考えたら、相撲界“だから“起きたわけじゃないのだが、

タイミングが悪すぎる。


加えて、協会が元顧問を訴えた。と思ったら、貴乃花親方と

その男の親密な関係が表に出てくる。限定的だが応援している

貴乃花にとっては具合の悪いネタのようだ。“アンチ貴乃花”を

鮮明にしている池坊女史に力を与えてしまわないかと心配だ。

いろいろ、新しい話が浮上して収拾がつかなくなっている。

d0164636_07402106.jpg








なに、やってんだという話だ。

これだけ雑音が耳に入ったら、純粋な相撲ファンも土俵だけに

集中することはできない。せっかく、将来が楽しみな若手が

出てきているし、この2,3場所、内容のいい相撲が多くなって

いただけに残念だ。


日馬富士が去った。鶴竜は持ちこたえられるのか?

総見での内容が悪かったという稀勢の里も気がかりだ。

へたをすると 数年前までそうだったように、白鵬”一人横綱”に

戻ってしまいかねない。それも今年中に。


幸か不幸か、年間に3回ぐらい優勝しそうな“環境”になった

その白鵬だが、各方面から注がれる目が厳しくなっている。

専門家と呼んでもいい人たちからも、“張り手やかち上げ”を

やらないと勝てなくなっているという声が聞こえてくる。

…だとすると、その手を使いにくくなった今、彼もまた窮地に

立たされているのかもしれない。

えっ、近いうちに、“横綱不在”になる?


by toruiwa2010 | 2018-01-11 07:58 | スポーツ全般 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード