ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

富士を見に行った~遺産相続が終わった~18/01/31

先週の水曜日、朝早く、家を出た。前日、首都を襲った大雪が

残っていた。今シーズンの最強寒波とテレビが伝える寒さの中、

凍った雪を踏みしめて、駅への道を慎重に歩いた。

行き先は静岡県新富士、狙いはもちろん、富士山だ。


品川を出てすぐ、遠くに見えるはずの富士山が見えない。

新横浜を過ぎて見えてきたが、手前(東側)に雲がかかっていた。

私は気落ちしなかった。PCで見たライブカメラにはしっかり

“全景”が写っていたからだ。

d0164636_07494738.jpg









d0164636_07495842.jpg
















三島から南へ回り込んだ位置にある新富士に降り立つころには

見事な“お姿”を見ることができた。

タクシーで岩本山公園に近い茶畑に行く。南向きだから雪の

量は少ないし、時間の経過で雲がかかり始めていたが、十分に

美しい眺めだった。 堪能した。

風が強くて寒いのが玉にきずだったなあ。

d0164636_07500332.jpg











南に駿河湾が光っていた


新富士駅に戻り、名古屋でのぞみに乗り換えて芦屋へ。

たぶん、この町に来るのはこれが最後になるだろう。


夕食は“単身赴任”中、毎週 通ったイタリアン“アレグロ”で。

インサラータ・ミスタ(ミックスサラダ)のハーフサイズ、

貝柱のカルパッチョ、スパゲッティ・ボロネーゼ、そして、

デザートはティラミス…つまり、いつもとほぼ同じメニューだ。

ハハハ。

d0164636_07492744.jpg


















どれも満足した。なじみになっていたスタッフは少なかったが、

「もう、来ることはないと思う。いつも、とてもおいしかった。

皆さんによろしく伝えてほしい」と挨拶して店をあとにした。


富士山を堪能し、食事に満足した1日だった。

d0164636_07591615.jpg






翌日はホテル近くの銀行で遺産相続の最後の手続きをした。

長兄が亡くなってから半年以上の時間を必要とした。

”専門家”に任せてもこれだけかかるのが現実だ。


人生の最晩年に、思いもかけぬ財産を相続することになった。

兄自身はつましい生活を送っていた。緑内障で視力をほとんど

失っていた兄に代わり、金融機関から来る書類は私がチェック

していたが、ある日、カードの明細を見たとき、茫然とした。

ほぼ毎日のように、駅近くのコーポで買い物をしていたことが

分かるのだが、すべてが300円、400円台と記録されていた。


そんな生活をしていた兄が私たち兄弟に残してくれたお金だ、

1円だって無駄にはできない。大事に使わせてもらおうと思う。

使うことが兄の“供養”になると信じている。

ああ、しかし、私に残された時間もそう多くはない。急いで

使い道を考えないと。


芦屋から新快速で京都に出た。

NAVIに聞かなくたって新大阪からのぞみに乗るのが普通だが、

京都駅の新幹線ホームの売店でサンドイッチを買うためだ。

普通のサンドイッチだが、夫婦で気に入っているんだ。


1時近くに列車がホームを離れるなり、ビールの栓を開けた。

面倒だった手続きが完了したことを祝い、兄の冥福を祈り、

感謝の気持ちも込めて乾杯した。うまかった。

d0164636_07493491.jpg









スジャータのアイスクリームは体温で温めるのだ

d0164636_07500875.jpg










定刻に京都駅を出発したが、米原付近の雪で徐行したため

品川への到着は9分ほど遅れた。それでも、パーサーや駅の

アナウンスで謝罪していた。日本人は“真面目”だ。外国人に

バカにされるかもしれないが、この方がいい。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2018-01-31 08:00 | blog | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。