ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

日本語は難しいと言うけどさあ~自分的傑作w選~18/03/17

カラキリって何?

~イタリア語&韓国語~( 2012/02/17 初出 )

d0164636_09475962.jpg




2012/02/09のツイート

インテルで頑張っている長友だが

現地メディアはときに辛らつだ。

先日も「ハラキリ」という言葉を使って

酷評していた。イタリア語にはK

始まる言葉は外来語しかない。

その一つがkarakiriだ。

どこでどうなったのか分からないが

なぜかHKに代わっている。


…セリエAの実況をしているときに少し勉強しただけですが、

イタリア語にはKJで始まる単語はほとんどないはずです。

アルファベットとしてはありますが、QWXYとともに、

使われていないのです。Juventusなどの外来語は別にして。

私が持っている小さな辞書だと、“i”のあといきなり“l(エル) ”

飛んでいます。

d0164636_09482838.jpg






少し厚めの辞書を見ているとき、“K”のところで見つけたのが

karakiri”でした。もちろん“ハラキリ”=切腹のことです。

長友のプレーの何かが彼らにハラキリを連想させたのでしょう。

そして、誰かが聞き間違えたのでしょうね。ひょっとすると、

イタリア人には“K”“H”の音の区別がないのかもしれません。


“そんなアホな”と思うかもしれませんが、根拠があるのです。


2002ワールド・カップの実況で韓国に行ったとき、日本語が

達者なコーディネーターから「朝鮮半島の人の耳にはBP

音が同じように聞こえるんです」という話を聞きました。

日本語で“フザン”と発音する釜山の英語表記は“BUSAN”です。

私にはどう考えても発音は“ブサン”です。


しかし、大ヒットしたヨー・チョンピルの「「釜山港に帰れ」では

サビの部分で「♪トラワヨプサンハンへ」と歌われています。

そのことを思い出して「なるほど、そうなんだ」と納得しました。

d0164636_09490550.jpg








3位決定戦、韓国vsトルコは韓国南部の大邱で行われたのですが、

てぐスタジアムの英語表記はDaegu Stadiumでした。

「どうして、“D”なんですかね?」と聞くとコーディネーターが

同じ話をしました。“T”“D”も同じに聞こえるようです。


…ここまで書いて、一応 確認した方がいいと思いました。

頭に浮かんだのは世界フィギュアのときに相互フォローした

韓国人の方でした。ダイレクト・メッセージでの私の質問に

返ってきた答えにビックリしました。

「そんなことはない。ちゃんと区別できる。最近、韓国語が

できる中国人などのガイドが増えて、安いから(たぶん)よく

使われ、彼らが観光客に間違った情報を流しているらしい。

そのコーディネーターは韓国人じゃないと思う」…。


えーっ!?危なかったー。ハハハ。

だから、確認作業は大事なんだ。まあ、話としては面白いので、

このままにしておきます。あくまで、聞いた話として。


話 変わって


長友佑都はダービーに初めて先発出場するなど頑張っているし、

応援する気持ちはありますが、少しでもプレーの内容が悪いと

メディアから総攻撃されますね。

私自身は199899年シーズンまでセリエの実況にかかわり、

10回近く現地から実況したダービーの中でも91年秋の1

(ドイツ・トリオvsオランダ・トリオ)の記憶が強烈です。


ファンには申し訳ないことに、“長友が出られる”ダービーは

もうひとつピンときません。ツイッターで長友ファンらしき

若者に感想を聞かれてそう返信したら、途端に“切れられて”

しましましたが。ハハハ。


地元記者の頭には 在籍期間は短かったものの、アンドレアス・

メラーやロベルト・カルロスの印象が強く刻まれているのでは

ないでしょうかね。そりゃ 長友がどんなに頑張っても、攻撃的

サイドバックということでは“あの”ロベルト・カルロスには

とてもかなわないですから。ハハハ。


イタリア・カルチョがらみではもう一つ呟いています。


2012/02/09のツイート

「めがねフェチ」イングランド代表監督

ファビオ・カペッロが辞任した!

人種差別発言をしたとされるテリーを

イングランドサッカー協会(FA)が主将から

外したことに異議を唱えてのものだ。

誰もが自説を譲らない欧米らしい

「ハプニング辞任」だがうまくいっていたのに

惜しい話だ。

d0164636_09491235.jpg







君は何本持っているんだ?とビックリするほど、試合ごとに

ファビオ・カペッロのメガネは変わっていましたね。

1991年秋、アリゴ・サッキの後任としてACミランを率いて

サンシーロのピッチに立ったときにはかけてなかったけどなあ。

UCLでミランの試合を実況中 画面に彼が映ったときとっさに

メガネ・フェチと一言呟くように言ったら隣で早野さんが

ぷっと吹き出しました。早野さんを笑わせた…実況人生の中で

私にとっての“勲章”です。“伝説”のイエローカードとともに。

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2018-03-17 08:15 | 自分的傑作選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード