ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

目まぐるしく動いた週末~世界・財務省・大相撲~18/03/12

03/10午前のツイート

米朝会談、国税庁長官辞任、

貴乃花親方が内閣府に告発状提出、、、

うーむ、先が見えない案件ばかりだなあ。


Trump meets Kim!


米朝会談か。

実現の可能性はかなり低いと思っていた。

仮に実現してももっともっと先のことだと思っていた。

こんなに早い時期に実現するなんてビックリだ。

あ、まだ、実現してないけど。

d0164636_09012809.jpg








鬼の形相でアメリカを非難していた金正恩が理由なく

豹変するわけはない。なぜ、ここに来て…?

核を完全に所有した自信・おごりか、長い経済制裁に

苦しみ、とうとう悲鳴をあげたのか?その見極めは

専門家でも難しいようだ。


CNNのサイトにはGAMBLETRAPRISKという

文字が散見される。そう、信じられないんだよなあ。


このまま、何事もなく実現すれば、“世紀の会談”になる。

問題児ふたりの顔合わせだから何が起きるか分からない。

予想外のとんでもない成果が生まれるかもしれないし、

“決裂”する可能性もある。楽しみ…と言えば不謹慎だが、

世界中がかたずをのんで見守ることになりそうだ。


どこで行われるかについて、しきりに憶測が飛んでいる。

板門店、平壌、ヨーロッパ…関税をめぐる“もめごと”が

解決したら“北京”ということはないのか?


国税庁長官辞任


高級官僚の鉄面皮ぶりはいま始まったことじゃないけれど、

佐川長官を初めとする面々が「差し控えたい」と言うときの

“しれっとづら”にはほとほと呆れる。なめてるよね。

d0164636_09015809.jpg









しかも、“幕引き”にするつもりだったはずなのに 書き換えが

あったことを認める事態になって、それどころではなくなった。

野党は千載一遇のチャンスといきり立つだろう。

評論家は「麻生財務相は自らやめないだろうし、安倍首相も

やめさせない」と言うが、それじゃ収拾できまい。最終的に

麻生は辞任せざるを得なくなるのではないか。


エキセントリックなおっさんが経営する学校が国有地を格安で

手に入れた、首相夫人がからんでるらしいぜ、何かカラクリが

あるんじゃねえの?

…どんどん騒ぎが大きくなっていき、籠池泰典氏の“拘留”の

異常な長期化、職員の自殺と“闇”は深さを増している。


こうなると政権の先行きも怪しいという声さえ出始めている。

国民にとっての“悲劇”は、仮に、安倍政権がつぶれても、顔が

すげ変わるだけで、自民党以外に政権を担える政党、国民が

任せてもいいと思える政党がないことだ。

なんにでも“とりあえず反対”を声高に叫び続け、結果として、

少しでもポイントがとれればそれでよしとする時代が長いのが

いけないのだが、まったく情けない。


それにしても、書き換えの件は 初めは疑心暗鬼だったのだが、

朝日新聞の大殊勲だったんだよね?記者のスクープだったのか、

メディアとしての信頼が内部告発を引き寄せたのか?とにかく、

久々に存在感を示した朝日におめでとう!だね。


告発状


貴ノ岩が土俵に戻った。貴景勝、貴源治、貴公俊…伸び盛りの

関取を4人も抱えているのに、親方はなにをしているのか?

「間違ったことはしていない」という確たる思いに支えられて

いるのだろうが、影響とかタイミングとか一切考えてないなあ。

これじゃ、「土俵に集中しろ」と言われても無理だ。ふだんから

「本場所がすべて」と言ってるのに やってることは支離滅裂だ。

d0164636_09022863.jpg









時の首相に「痛みに耐えてよく頑張った、感動した!」と言わせ、

その後も、貴乃花親方のやることには大きな期待が寄せられた

時期もあるのだが、去年11月以来の言動はまるで“ホラー”だ。

ブレーキをかける人はいないのだろう。理事でもなくなった

“裸の王様”が裸のまんま、行動している。あぶねえなあ。


by toruiwa2010 | 2018-03-12 09:04 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。