ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

開幕はマイナーかもね~悩ましき大谷翔平~18/03/19

大谷翔平は“二刀流”を認めてくれることを条件に日ハムを選び、

二刀流に強くこだわって5年間を過ごした。”世界一の選手”を

目指してMLBに飛び込むときも思いは同じだったはずだ。

ほぼ全球団を相手にした交渉のプロセスを伝える報道に接して、

私は首をかしげた。メジャーの常識では考えにくい二刀流を

受け入れる球団があるらしいと知ったからだ。


日本のスポーツメディアはそのことに触れないから当ブログは

なんどでも書くが、MLBは登録が25人で、特別の場合を除き、

全員が毎日、ベンチに入る。投手12、捕手2、野手11…が多い。

投手:先発5、中継ぎ5、セットアッパー1、クローザー1

野手:内野5、外野4、ユーティリティ2…そんなとこだ。


考えてほしい。

投手&捕手の数は絶対に減らせない。むしろ、大谷の二刀流を

認めるなら、先発が6になる。長いシーズンを乗り切るために

中継ぎ以下の投手の数はそのままだ。

…必然的に、野手を10人にせざるを得なくなる。


GMも監督も入団が決まったとき、さまざまな情報をもとに

開幕から投手・打者の両方で使えるとの感触を得ていただろう。

キャンプに入るときも、頭の70%ぐらいはその線でいくつかの

構想を持っていたはずだ。


先発ローテーションをどう組むか?

6人だと中5日になる。しかし、エース(2?)にはできるだけ

4日で投げさせたいよなあ。大谷が通用すると分かったら、

5日で確実に投げさせたい。すると、345番手の投手に

“しわ寄せ”が行く。つまり、登板が飛ばされる。不満がたまる。

全員を満足させるローテーションを作成するのは至難の業だ。


野手だってぶつぶつ言うだろう。ポジションにつくにしろ。

DHにしろ、中5日のうちの真ん中3日にプレーするとして、

残りの2日、彼に代わって試合に出る選手は調整が大変だ。

MLBでよく聞かれるセリフ“Playme,or trade me”試合に出すか

トレードするかどっちかにしてくれ…が飛び交うことになるかも。

ハハハ。


プホルスがいるから、守るのかな?その能力は証明されてる?

フェンスやチームメイトとの衝突を恐れない”攻め”の守りが

できるのだろうか?野手として打席に立てば、かなりきわどい

ところを攻められることもあるぞ。

併殺崩しのスライディングは大丈夫か?

…打者に求められるのはバットを振ることだけじゃない。

d0164636_09114530.jpg








すべて、彼がキャンプで結果を出せば問題はなかった。

しかし、ここまでは、きわめて具合が悪い。

土曜日の朝、生で中継を見てびっくりした。50球投げたが、

自分が狙ったところに行った球がなかったのではないかと

思うほど、ボールを制御できていなかった。

いまになって、MLBのボールになじんでいない…は通じない。

時間はあったし、先輩たちはこんなに苦しまなかったんだもの。


開幕まで2週間…25人のロースターをどう編成するか?

球団首脳は“結論”を迫られている。まず、大谷をどうするかを

決めなければならない。地元メディアの中からも、開幕時は

大谷をマイナーにおくべきではないかと言う声が出始めている。


二刀流についての判断は球団がするのではなく、大谷本人が

結論を出すのを待っているのだと思う。それをうけて、さあ

どうするか、という話になる。

とりあえず、開幕からメジャーにおいて様子を見る…などと

“悠長”なことを言っていられる環境じゃない。アストロズが

強すぎるが、エンジェルズも地区優勝を目指す球団だもの。


そして、大谷の二刀流は球団の宝物だ。簡単にギブアップする

ものではない。時間をかけて見極めたいと思っているはずだ。

もう一度、先発のチャンスはあるらしい。しかし、彼が抱える

問題が数日で解決するとは思えない。次の登板内容がどうあれ、

二刀流をどうするかの答えは出ないだろう。


結局、マイナーから出発することになるのか?

移動も宿泊もメジャーに比べてはるかに厳しい環境で二刀流を

こなすのは無理だとは思うが。

そして、仮に 本人がどちらかを選んだとしても、今の内容では

開幕をメジャーで迎えることはできまい。


多くのファクターが複雑にからんで難しいが、結論を書くなら、

大谷翔平は開幕をマイナーで迎える。

それも、夏場ぐらいまで、そこで二刀流をテストする。

行ける…という答えが出れば、そこでメジャーに上げるが、

無理だ…という答えになる可能性の方が高いだろう。

本人がどちらかに絞っても、今年はマイナーでseasoning

と言うことになるような気がする。経験を積ますのだ。


まだ23歳。

“急がば回れ”と言う。

焦らずにじっくりやってほしい。

d0164636_09164151.jpg












パスポートと野球道具と"気持ち"があれば、

何でもできると思う。


出発の前に「アメリカに持っていくものは?」と聞かれ、

成田でそう答えていた。その気持ちがあれば、大丈夫!


大谷の次のオープン戦登板は

日本時間26日になるようだ。

エンジェルズの最終戦となる。

(19日午前10時半 追記)


by toruiwa2010 | 2018-03-19 09:18 | メジャー&野球全般 | Comments(1)
Commented by ヱビスの黒生 at 2018-03-19 09:56 x
岩佐さん、おはようございます。

とにかくあせらず怪我には気をつけてほしいと思います。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード