ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

「99.9」&「アンナチュラル」が2トップ~1月期ドラマ終わる~18/03/20

1月期のドラマが続々と最終回を迎えている。

展望に書いた通りだった。

つまり、最初から最後まで見続けたのは前期から続く

「相棒」、「科捜研の女」に加えて、「BG 身辺警護人」、

「アンナチュラル」、「anone」、「99.9」の4本だった。


総括代わりに“4本”について感想を書いておく。


75 anone(あのね) 日本テレビ 

広瀬すず、瑛太、阿部サダオ、田中裕子、火野正平、小林聡美

d0164636_08440350.jpg










途中からビデオになったが、最後まで見た自分を褒めたい。

ハハハ。

どうやら、私と坂元裕二が描く“不思議な”世界の相性はとても

悪いようだ。「Mother」も「Woman」も受け付けなかった。

今回がんばったのは、もちろん、広瀬が出ているからだ。

ほかの俳優たちも阿部以外(ごめん!w)は魅力的なのだが、

物語も画面も暗くてつらいものがあった。


「視聴率は悪いが、内容はいい」と評価する声もあるようだが、

“内容”が何を指すのかがよく分からない。制作者の独善では

意味がないと思うが。


救いは 番宣で出ていたトーク番組で広瀬が「撮影が楽しい」と

話していたことだ。芸達者な先輩たちと過ごした時間は彼女の

将来に必ずプラスになるはずだ。そう思えば、低視聴率だって

気にならなくなる。ハハハ。


80 BG 身辺警護人 テレビ朝日 

木村拓哉、斎藤工、菜々緒、上川隆也、石田ゆり子、江口洋介

d0164636_08444803.png











ある意味、今期 最も注目したドラマだった。SMAP解散以後、

木村が初めて出るドラマだもの。かつてほどではないものの、

疑問の余地なく、数字は持っている男だ。しかし、騒ぎの中で

“ヒール”にされ、CMも減った。人気に陰りが出ていることは

否定できない。そんなキムタクが、いわば 逆境の中、どんな

演技を見せ、どんな数字をたたき出すか?


芝居は相変わらずだ。そんなに急にうまくなるはずもないが、

口の周りだけで表情を作るような演技が目についた。活舌の

悪さも“重症”だ。簡単なセリフなのにもつれる場面があって

周りを固めた江口、上川、斎藤がうまいから余計に目立った。

スーツの下はきっと鍛えられているのだろうが、上記3人とは

体格でも劣っているように”見えた”のはまずいのではないか。

1213%しか取れないようだと、“もっとまずい”と思ったが、

数字は“一応”出た。助演クラスがすごかったもんね。

15.2%は「相棒」(103)と並んで2位タイだった。

面目は保ったと言っていい。


最終話の前に身辺警護課長・上川を死なせたことには驚いた。

シリーズ化を目論んでいるのは見え見えの中で主要メンバーが

“消える”のは異例だもの。

こういうケースで考えられるのは二つ。


一つは 俳優が出続けたくないか、制作側が

誰かと代えたいと思った。

もう一つは 俳優に“先約”があった。


…前者は考えにくいから後者だろう。

次のシリーズはおそらく1年後の1月期だと思うが、上川に

別の予定があるのではないか。たとえば、大河とか。ハハハ。


90 アンナチュラル TBS 

井浦新、石原さとみ、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子

d0164636_08443859.jpg








面白かった。もともと“医療もの”が好きだからかもしれない。

今期はこのカテゴリのドラマが一本もなかったし、ガチでは

ないものの、生命を扱っている研究所の話だから…と積極的に

見始めたのだが、第1話から惹きこまれた。


演技派揃いの俳優たちがいいハーモニーを作っていた。

ヒットを連発している野木亜希子の脚本もよかった。会話に

テンポがあって、視聴者を飽きさせなかった。才能を浪費せず、

いいドラマを世に送り続けてほしい。


これも きっとシリーズ化すると思う。全編に影を落としていた

中堂(井浦)の強いこだわりは解決したから、次のシリーズは

もっと明るい空気の中で進められるのではないか。そうすれば、

もっといい視聴率が取れると思う。


光ったのは 石原さとみの“ドラマを引っ張る”力だった。


Theirj ourny will continue.


…彼らの旅は続く。Journeyの”e”が抜けていたことがネットで

騒がれていた。何かの暗示だと。単純ミスだと思うなあ。

スペルにミスがあろうがなかろうが、“旅”が続くんだから、

ドラマにも続きがあるということさ。

d0164636_08443372.jpg













1310月期、フジテレビ「独身貴族」でも“to be continued”の

d”が抜けていたことがある。1回だけで修正されたが。

みんな いい大学を出てるはずなのに、ディレクターたち、揃って

英語が苦手なのかもね。ハハハ。


90 99.9 TBS

松本潤、香川照之、木村文乃、青木崇高、岸部一徳

d0164636_08444350.jpg










20164月期に他を圧したドラマの第2シリーズだ。

私の評価もこの期の1位だった。


子育て中の榮倉奈々に代わって木村が入ったが、違和感は

初めの12回だけだった。


このドラマも、テンポのいい会話と目まぐるしいカメラ割…

ほとんど笑えない“ダジャレ”は不要だけどね。

鶴瓶もどうなのかな? みんながいいならいいけど。ハハハ。

プロレスラーの登場はどんな意味があるのか?

ま、あれがあったから、榮倉がサプライズで登場することの

違和感をごまかせたんだからいいけど。ハハハ。


1話ごとにきちんと完結していたし、謎解きのプロセスにも

無理がなくて面白かった。


by toruiwa2010 | 2018-03-20 08:50 | ドラマ | Comments(2)
Commented by 花みさき at 2018-03-20 14:28 x
岩佐さん、こんにちは。
anone、私も最後までみてる自分を褒めたいです(笑)
キムタクの演技は好きじゃないけど、
このドラマは楽しめました。
Commented by toruiwa2010 at 2018-03-20 16:39
花みさきサン、こんばんは。

お互い、よく頑張りましたね。
「BG」でよかったのは、山口智子の
登場だけでした。
職業なのに、格闘技、弱いのは
まずいでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード