ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

テレ朝&事務次官~初ツイート記念日~ 18/04/19

セクハラ騒動:めまぐるしく・・・


昨日の夕方、財務省の福田淳一事務次官が辞任を発表した。

セクハラ発言が事実であろうとなかろうと(状況は完全OUT)

職責を果たす環境が失われている以上、やむを得まい。

続いて、深夜になって、テレビ朝日が会見を開いた。

概要はこうだ。

d0164636_09185329.jpg








被害者の中に社員の女性記者がいることが判明した。

会社としては、記者がセクハラを受けたのは事実だと認定した。

報告を受け、「報汁べき」と言われたが、“2次被害”などを考え、

難しいと判断した。

記者は“財務次官という重い立場にある人物の不適切行為が

表に出なければ、セクハラ行為が黙認され続ける“と考えて

週刊新潮に連絡し、その後、求めに応じてデータを渡した。

会話を録音したのは“身を守る”ためだと。


テレ朝は記者に対する行為とその後の対応に正式に抗議する。

同時に、記者からの報告があったにもかかわらず、社として

適切な対応ができなかったことについて深く反省している。

また、取材活動で得た情報を第三者に渡したことは不適切で

遺憾に思う。本人も反省している。


…うーん、これはテレビ朝日も、気の毒だが、当の女性記者も

さまざまな形で攻撃されることになるなあ。


被害を相談し、報じるべきと訴えた時点で女性記者には相当の

覚悟があったと思われるのに、”2次被害”を考慮して見送る…

というのは説得力に欠ける。なにより、看板とする「報ステ」が

あるのに、と誰もが考える。


“テレ朝”、“財務省担当”、“女性記者”というヒントがあれば、

今の時代、特定は簡単だろう。事務次官との“やり取り”や、

会社幹部の会見の中身をとらえて、彼女に攻撃が向かうことも

容易に想像される。


「精神的に大きなショックを受けている」とされる女性記者は

この会見を開くことを認めたそうだが、心配だね。

同時に“11”であったこと、少なくとも相手は酒を飲んでいる

状態での取材であったこと、そして、週刊誌に持ち込んだこと…

いろいろ、言われそうだ。***

会社は「彼女を守る」と言っているが、限界があるのではないか。


***この件に関して、今朝の「とくダネ」で

時事通信・柿崎記者が「これこそが本当の取材だ」と

話していた。聞いても半信半疑だ。


Anniversaryだった


昨日、目覚めると、こんなツイッターがTLに出ていた。


今日はtwitter記念日です。あなただけの

特別なツイートでお祝いしましょう。


“今日”の前にtwitterのロゴマークがついていた。

初めは“twitter記念日”が何のことかよくわからなかった。

朝食を終えて田中将大の試合が始まるのを待っているときに

ようやく、ああそうか、と気づいた。

418日”は2009年に初めて“呟いた”日だったのだ。

d0164636_09144867.jpg








ツイッターは2006321日にスタートしたようですが、

世間が騒ぎ始めたのはこのころだったと記憶する。

“時代遅れ”にはなりたくないと常々考えているので、とにかく

やってみようと登録を済ませた。

ページを開くと「いま何してる?」と聞かれた。

なんと書いたか?


パソコンで遊んでます


それが、9年前の私のfirsttweet。なんとも間抜けな。ハハハ。


もっとも、この分野の達人・津田大介。


ようやく使い方が分かった


フォローしていた有名人の一人、ジャーナリスト・竹田圭吾。


test


この二人でも最初のつぶやきがこれだったと知って、なんか

ほっとした。ハハハ。


あれから9年間で38000回以上呟いているわけだ。

派手に炎上もしたし、一時は5000を超えていたフォロワーも

日を追って減っている。私のツイートは、ときに”毒”を含んで

いるからしょうがない。しかも、自分の思いを発信するのに

とても便利なツールだから、ブログをやめることはあっても、

ツイッターから撤退することはないだろうね。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2018-04-19 09:25 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード