ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

フィギュア実況&クレーム~自分的傑作w選~ 18/05/12

ニュースで謝るか!

~技の名前を間違えちゃったetc

( 2012/04/25初出 )

d0164636_15334115.jpg




断じて“クレーマー”ではないと何度も主張している。

そう見えるかもしれないが、私のツイートは愚痴に過ぎない。

Complaintなのさ。

つぶやけばそれっきり…あとは引かない。わざわざテレビ局に

電話をしたりはしない。面倒だし。ハハハ。


フィギュアの国別対抗戦の期間中に書いた愚痴をいくつかと、

その言い訳を…。


圧力団体か?


04/20のツイート

テレ朝のニュースでペアの高橋・トラン組の技を訂正。

「ツイスト・スピンと放送しましたが、スロー・

ジャンプの間違いでした」と。

うるさいオタクが大勢で電話をかけたのだろう。

選手を「こづ」とか「ジュベ」と呼んで喜ぶ連中だ。

ほっとけばいいのに。バカじゃないのか。


「はい、フジテレビ・スポーツ部です」.

電話を取ったのはスポーツ部のKディレクターだった。

“プロ野球ニュース”で自分の担当する試合の放送が終わった

深夜のオフィスにはほかに私がいるだけだった。

はじめは丁寧だったKのもの言いがすぐに変わった。

「うん、うん。で、何が言いたいの?」

「それは、おたくの意見でしょ?うちはうちの考えで

やってるんだから」

「うん、うん。来るなら来れば?」

「おう、待ってるわ」

…威勢よく受話器をおくと「また酔っぱらいだよ。どうせ、

来やしねえくせに」とうそぶいて帰りじたくに取りかかった。

d0164636_15341090.jpg









その通りだ。相手は酔った勢いでカッコつけているだけだから、

来た“ためし”はないのだが、スポーツ部に限らずそんな電話は

しょっちゅうかかってくる時代だった。

たまに社員のこうした態度が問題になることもあって、今では、

社員教育を徹底し、年配の社員を集めた視聴者応答室などで

外部からの苦情に対応している。


XXというドラマでXXが着ていたシャツはどこに行けば

買えるか」、「XXXXがデートしたカフェはどこにあるのか」

など他愛のない問い合わせもあるが、放送内容に抗議したり、

間違いを指摘したりする“苦情”も混じってくる。


冒頭のツイートに書いた“訂正”内容はこまかなところで言葉が

違うかもしれないが、とにかく、そのニュースで間違えたのは

フィギュアスケートの技の名前にすぎない。

間違いはもちろん いいことではないが、応対部門が電話口で

謝れば“普通は”それで終わる話だ。

しかし、テレ朝はニュースの中で謝罪した。なぜ そうなったか、

その経緯がある程度、想像できたので上記のつぶやきになった。


電話が“殺到”したに違いない。「フィギュアを知らないのか」、

「訂正しろ」、「謝れ」…と。スポーツを愛する気持ちはいいが、

度を超えている。圧力団体化してどうするのか。


Lily_0215というオタクがあなたも相変わらずバカですね

私宛に言ってきた。“君も電話したの?”と返してやった。ハハハ。 

d0164636_15351613.jpg







実況・解説について


04/20のツイート

テレ朝では森下アナの実況力が図抜けている。

その次に来るのは若手の進藤アナだ。

本来、視聴者にいい放送を提供することを

優先して彼を使うべきなのにどうも

インタビュアーになっているようだ。

悪しき年功序列。どの局にもあるのだが。 


ペアの実況は進藤アナが担当するようだ。

もっと前面に押し出す方がいい。

森下の次のエースになるのはこの男で

間違いないのだから。妙な「政治」で

若手の芽を摘んではダメだよ。いま、

どんどん大きな舞台を踏ませるべきなのさ。 


局としての考え方もあるから、外野がとやかく言うのは控えた

ほうがいいと思うのだが、視聴者のためには“実力第一主義”で

あってほしい。現場が多少はぎくしゃくするかもしれないが、

“悪しき年功序列”にとらわれて“ベスト”が提供できないよりは

よほどいいのではないか。

この局では 早くから進藤潤耶アナに注目し、成長を楽しみに

してきた。口跡がよくて 経験は浅いが、視野も広いと感じる。

けなすばかりじゃないんだぜ。ハハハ。


どこかに本田と佐野の中間ぐらいのテンションで話す

解説者はいないものかと、小一時間。

なお、テレ朝はここからが放送の勝負と考えている。

前半でCMを多く消化して後半は出来るだけ入れない

ように構成。視聴者に逃げられるからね。 


ファンによれば内容はあるらしいのだが、話し方が“ぼそぼそ”で

楽しくない本田と松木安太郎並みの“居酒屋トーク”ぽい佐野…。

松木はサッカーだから我慢できるが、フィギュアという競技に

あの解説は願い下げだ。“ポエム”より、タチが悪い。ハハハ。


嫌いなものは嫌い!


04/19のツイート

その男()が顔を出したら、声を出したら

チャンネルを変える、音を消す・・・

日本一暑苦しい元テニス選手、

日曜の朝、「喝!」と叫ぶ元野球選手、

某時代劇俳優の娘、

「ラジオの女王」とか言ってる元局アナ、

世界陸上の人気俳優。

見るものがなくなるわ。

d0164636_15352260.jpg









3月まで大ヒットドラマの主役だった下品な顔の女優、テレビ

黎明期から活躍している長寿トーク番組の女性司会者、これまた

品のない顔&物言いで芸能界のご意見番を気取る女性歌手、

すがすがしい朝にも真っ黒に日焼けした顔を見せる大物司会者…

と、このカテゴリのリストは続く。

“おとなげない”と言われようが、嫌なものは嫌なんだもの。

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2018-05-12 08:06 | 自分的傑作選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード