ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

琴欧州の欠場&旭天鵬の優勝~自分的傑作w選~ 18/05/13

根性論を排す

~琴欧州の休場~( 2012/05/21 初出 )

d0164636_16222458.jpg




05/20のツイート

仕方ないんだよなあ。仕方ないんだ。

分かってるさ。でも…でもなあ。

琴欧州がけがのために休場で栃煌山の

3敗は変わらないのだそうだ。

これで白鵬以下、4敗組の優勝はなくなった。

えーっ!!

今さら組みかえるわけにもいかんのだろうが

千秋楽の楽しみが減っちまったじゃないか!

postedat 12:46:07


琴欧州が責められるのは状況を考えて

昨日のうちに休場を申し出るべきだった

という一点だけだ。割返しが可能だったから。

ケガは不可抗力。過去の大関だったらどんな

ことをしても出たのではないかと刈屋アナは

言うが議論になっていないぜ。

無茶なことは言わんでほしい。

postedat 15:55:05

d0164636_16222820.jpg








378ヶ月旭天鵬が見事な優勝を飾った。

昭和に入ってからの最年長も“国籍は日本だが、生まれたのは

モンゴル”もややこしいが、文句なしのあっぱれだ。

いつも体にハリがあるが、今場所は特に体調がよかったのだろう。

動きがよく、若々しい相撲を取る。人柄がにじみ出た土俵下の

インタビューもよかった。後輩からの人望も厚いようだ。

おめでとう! 旭天鵬。


それにしても、結びの横綱・大関戦が刺身のツマになって、

平幕同士の決定戦がメインディッシュになるとは…。

「…105敗。しかし、横綱の責任を

ホントに見事に果たしました」

実況アナが白鵬のことをそう称えた。

この言葉に共感する相撲ファンはいるのだろうか。

1人横綱として協会を支え、いつも相撲の心を学ぶ彼を

リスペクトしているが、早々と一度は優勝戦線から脱落した

今場所の出来にふさわしい言葉じゃない。


昨日の放送ではもっと気になることがあった。

中入り後、解説の北の富士と実況アナが琴欧州非難を繰り返して

いたことだ。相撲は独特なスポーツだということは分かって

いるつもりだが、何があっても、どんなことをしてでも土俵に

上がることを“美”とする考え方には同意しない。


気持ちは分かる。

私だって、休場と聞いた瞬間に気持ちが萎えた。

しかし、ケガを押して相撲を取ったってファンが納得するとは

思わない。八角は「昨日のうちなら割返し(取組みのやり直し)

できたのに」とし、琴欧州と親方を非難するコメントを出した。

その通りだろう。

しかし、責められるのは“早く届けなかった”点だけだ。

d0164636_16223233.jpg








“危機管理”の点で協会にも反省すべき点がある」とも言った。

これもその通りだ。起こりうることへの準備ができていない。

旭天鵬も本割り(通常の取組み:豪栄道)で敗れて、栃煌山が

相撲を取らずに優勝ということになったら「金を返せえ」と

なったに違いない。

遠く85年前にそんなことがあったらしいが、収拾がつかない

不祥事になる。“予防線”で琴欧州と親方を非難したのだと

したらとんでもない話だ。


協会やマスコミが力士を攻撃するときに“ランク”を感じる。

日本人、モンゴル出身、欧州系力士の順で言うこと書くことが

厳しくなっていく。今回の琴欧州は非難に値する点もあるが、

フェアじゃないよなあ。

d0164636_16223643.jpg







横綱・白鵬が優勝パレードの旗手をつとめるというリポートを

聞いたときは思わず目頭が熱くなった。モンゴル勢は日本人が

失ったものを持っている。初日の安美錦戦で指を痛めたことも

あって本来の相撲が取れなかった大横綱が土俵の外で見せた

素晴らしいファインプレーには文句なしの拍手を贈りたい。


by toruiwa2010 | 2018-05-13 08:12 | 自分的傑作選 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。