ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

A Boy Meets A Boy~10時間見続けちゃったぜ~18/06/13

“Mr President,nice to meet you.”

(大統領、お会いできて嬉しいです)

d0164636_07523886.jpg










両国国旗が並ぶ前で左右から中央に進んだ二人が歴史的な

握手をしたとき、金正恩が先にそう声をかけたそうだ。

大きかったと言えるのかまずまずと考えるのか微妙だが、

興味深く見守った米朝会談が終わった。


“包括的”合意文書に両者が署名した。普通は、この署名で

国と国が固い約束を交わしたことになるわけだ。しかし、

北朝鮮に関しては“歴史”があるからね。信じたいけど。

d0164636_07513854.jpg











政府は今日午前10時から閣議を開き、

北朝鮮、朝鮮人民民主主義共和国の

最高指導者、金正恩氏を…


私がフジテレビに入社したころ、ニュースの中に北朝鮮が

出てくるときはこのように必ず言い換えていた。かなり

長く続いたが、いつの間にか今の“短縮形”に落ち着いた。

どの時点で、誰がそのように決めたのかは不明だ。


ほかの国でこのように言い換えた記憶はない。北朝鮮、

朝鮮人民民主主義共和国はそれほど特殊な国なのか?

人民の多くは虐げられ、民主主義には程遠く、共和国とは

言えない体制の国家なのに。


”人民の多く”以下はこれまで接してきた情報に基づいて

私の頭の中に出来上がったイメージだ。

先日の「サンデーモーニング」でゲストの一人が日本人は

(北朝鮮を)イメージとしてしか見てこなかった」と

話していたが、情報が厳しくチェックされて、限られた

イメージしか見せられてないものなあ、と思った。


いずれしても外からはまことに分かりにくい国だ。そして

その首領はもっと分かりにくい男だ。

一方、アメリカは終戦直後に“進駐軍”として接して以来、

なじみがあるし、もっと言えば、ペリー来航以来の”絆”が

ある国だが、現在のリーダーは就任以来、やりたい放題で

つかみどころがない、これまた分かりにくい男だ。


強烈な個性を持った“モンスター”同士の対決だったが、

印象としては、次にどうするとか、報道陣の退去を促す

場面などで、トランプが主導権を握っていた。もちろん、

だからどうだということではない。メディアの前では終始

言葉数が少なかった金正恩も若いがかなり“したたか”だ。


誰もが注目したのは初めて顔が合ったときの二人だ。

ほぼ同時に左右から登場し、ほぼ同時に手を出した?

ハグはなかったが、笑顔はあった。 

このときは硬かったが、別の部屋に移ってソファに

座ってからは何度も握手し、金委員長の顔にも笑みが

なんども浮かんでいた。ハハハ。

d0164636_07504716.jpg







核兵器の存在をちらつかせて激しく罵り合い、両国間に

今にもミサイルが飛び交うのではないかと心配させたのは

つい数か月前だった。トランプに限って言えば、3日前に

仲間であるはずのドイツ・メルケル首相らとG7で厳しく

対立したかと思えば、昨日は 悪の権化のように言っていた

相手と笑顔で握手する…よく分からん。


分からん…のは、会談の成果についても同じだ。

私のレベルでは具体的な話はないんだなあ、ぐらいしか

分からない。朝8時からCNNを見始め10時間、人と人が

出会って話し合う“だけ”のことを飽きずに見続けたのは

まぎれもない事実だけど。ハハハ。

d0164636_07510814.jpg







印象に残るのは二人の出会いのシーンとトランプ大統領の

スピーチのあとNBCの女性記者が最初に質問した場面だ。

家族を殺し、人民を飢えさせ、

オットー・ワームビアさんを殺害した人物を

なぜ“才能がある”などと称賛するのか?

鋭かったし、迫力があった。


さあ、これからは“拉致問題”か。

この会談が決まったときから、あちこちから“カヤの外”、

“はしごを外された”と貶められていた安倍首相が真価を

問われる場面だ。国内問題でかなり追い込まれているが、

あせりは禁物だ。急いては事を仕損じる…。


おまけ:デニーロがかました!


まず言いたいのは'f*** Trump'ってことさ。


2日前のトニー賞(米演劇界のアカデミー賞)授賞式で

ステージに上がったロバート・デニーロはいきなり

こう言い、大歓声に包まれる会場にガッツポーズで

こたえた。

d0164636_08545000.jpg

















英語では“F爆弾を投下する”と言う。Dropf-bombだ。


昨日、大統領専用機、エアフォース・ワンの機内から

こう↓ツイートしている。


IQが低いデニーロは映画で本物のボクサーに

頭を殴られたんだ。昨日(トニー賞)の彼を見て

パンチ・ドランカーだと信じるよ。

d0164636_08552063.jpg


by toruiwa2010 | 2018-06-13 08:12 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード