ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

“私たちの”ニッポン代表、敗れる~JAPAN 2-3 Belgium~18/07/03

試合前の予想は、“ひどい負け方をしそう”だった。

別に問題はない。もともと、3連敗でグループリーグが

終わる、と思っていたぐらいだから、世界ランク3位、

しかも、GL3試合で9点も取ったベルギーとでは勝負に

なるわけがないと考えたってしょうがないよね。

d0164636_06120172.jpg

とんでもなかったね。堂々たる試合ぶりだった。

…というより、もう少しで勝った試合だった。惜しい!

しかし、そこが世界との差だし、ベスト8の高い壁だね。

緊張もプレッシャーもあったはずだが、選手たちの顔に

強敵・ベルギーとの対戦を前に“名前負け”や“位負け”の

兆候は一切なかった。

アップのときからみんないい表情をしていて、試合への

入り方も落ち着いていた。開始から1分足らずで香川が

オープニングシュートを放つなど、序盤は日本ペースで

進んでいた。途中からベルギーに主導権を奪われたが、

後半開始早々に先取点を挙げた。


柴崎から出てきたスルーパスを原口が鮮やかに決めて、

直後のアザールのシュートをポストが防いでくれたとき、

ひょっとしてひょっとするのかと思った。しかも、僅か

4分後に乾が無回転のミドルをたたき込んでリードを

2点に広げた。実況のアナの声が裏返ったところにも

“意外”という感じが出ていたが、大金星が見えてきた。

しかし…しかし、この時点で残りが30分近くあった。

d0164636_06051154.jpg

そして、世界の3位はダテじゃなかった。

24分からの5分間で2点を失った。しかし、選手たちは

下を向かず、力を振り絞って“赤い悪魔”に立ち向かった。

そのまま、アディショナルタイムも終わろうかという

ところで、カウンターから決勝のゴールを奪われた。

d0164636_06061227.jpg

2点のリードを失ったとき、相当苦しかっただろう。

ここからもう一度勝ち越すようなら、歴史が変わるし、

日本サッカーの未来に大きな財産をのこすけどなあと

思いながら見ていた。


…それは果たせなかったが、世界のサッカー・ファンに

強い印象を植え付けたはずだ。3戦全敗を予想する声が

多かったチームがここまでやってくれたことに感謝だ。

ありがとう!! 


整理するの時間が必要-長谷部

精一杯やったので胸を張って帰る-長友


決勝トーナメント:その他の試合


ドイツに次いで、アルゼンチン、ポルトガルも…

アルゼンチンがフランスに敗れてメッシがいなくなった。

もう少し彼にも活躍させたかったが、サッカーは”個”の

スポーツじゃないからしょうがない。


代わりに…というわけじゃないが、Mbappéが残った。

読み方は何でもいい。エムバペでもムバペでも好きな

ように読めばいいと思う。ちなみに、本人は“ンバペ”と

言っているとか。

外国の固有名詞ほど厄介なものはない。昔、ロナウドを

現地ではそう発音していると言い、”ホナウド”と読んで

得意になってるアナがいたが、そういうのは笑止だよね。

“現地では…”には耳を貸さないことにしていた。「じゃあ

聞くけど、君は、すべての国のすべての選手について

現地調査をするのかい?」という話だもの。

一般紙の多くと一部のスポーツ新聞がCロナウドを

“ロナルド”と表記していることを知ってびっくりした。

こういう“不統一”は困るけど、誰を指すかが分かれば

それで十分なんだ。どうがんばっても、“ガチ”正確な

発音なんて無理なんだから。


話が横にそれた。

メッシは去ったが、ムバペが大会に残ったのは嬉しい。

見ていて“心躍る”選手だ。走る姿を見るだけで楽しい。

ウサイン・ボルトなら分かるが、フットボーラーが、

しかも、ボールを持たないフットボーラーが走るだけで

観客・視聴者の目をくぎ付けにするなんてすごい!

d0164636_06044264.jpg

ボールを持っても速いのだから“無敵”だ。

アルゼンチン戦では、ドリブルで突進する彼の速さが

相手DFのたまりかねてのファウルを誘ったPKだった。

2-2から勝ち越しゴールは左、ダメ押しゴールは右

両足共に強いシュートが打てるのだから対応しきれない。

しなやかで、ばねのありそうな体つき、バランスもいい。

素人には欠点が見つからない。

次はウルグアイか。まだいけそうだなあ。この大会は

なかなかみんなが思うようにはなっていないが。ハハハ。


そして、スペインも消えた

PK戦の末とはいえスペインがロシアに負けるとはねえ。

開幕前夜の監督交代からごたごたして落ち着かなかった

かもしれないが、経験豊富な選手が多いから、もう少し

先まで行くと思ったけどなあ。

d0164636_06041270.jpg

愚か、不注意、一つの時代が終わった…

スペインの新聞は自分たちの代表をそう評している。


ここまでで、世界ランクトップ10の国のうち ドイツ、

ポルトガル、アルゼンチン、ポーランド、スペインが

敗れ去ったことになる。


ブラジルはさすがだったね

決勝Tの初日の2試合は1点差、2日目は2試合とも

PK戦にもつれ込み、ランク上位のチームが敗れ去った。

3日目に登場したブラジルは立ち上がりこそメキシコに

攻め込まれたが、前半20分あたりからは主導権を握り、

エース、ネイマールの1ゴール1アシストでしっかり

勝ち上がった。後半はほとんど危なげなかったね。

ネイマールの調子が上がってきている感じだ。


by toruiwa2010 | 2018-07-03 06:15 | サッカー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード