ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

一番の楽しみは「ハゲタカ」~7月期ドラマ:展望~18/07/11

2100 絶対零度 フジテレビ 07/09

沢村一樹、横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、上戸彩


東京ラブストーリー、101回目のプロポーズ、ひとつ

屋根の下、あすなろ白書、ロングバケーション、ラブ

ジェネレーション、やまとなでしこ、HERO、ガリレオ、

コード・ブルー…90年代から2000年代初めにかけて

テレビドラマと言えば“月9”という時期があった。

”そこのけ、そこのけ”状態だった。ハハハ。

たしかに、ドラマとしても面白かったし、おかげさまで

フジテレビの社員だと、胸を張って言える時代だった。


しかし、最近の“落ち込み”は目を覆うばかりだ。

20161月期の「いつかこの恋を思い出してきっと

泣いてしまう」以後、平均視聴率が二けたを超えたのは

「コード・ブルー」(20177月期)だけという惨状だ。

関係者は懸命に打開をはかってきたと思うが、にっちも

さっちもいかない。OBは歯ぎしりして見守るしかない。

d0164636_05094177.jpg

で、今期は本作か。

3回目のシリーズだが、過去2回は火曜日放送だったし、

主演・上戸彩だった。視聴率は14.413.1%をとった。

“必死”感が伝わってくる。上戸も特別出演するようだが、

“主演・沢村”なら、沢村のドラマなんだと思う。最近、

頑張っているが、“瀕死の”月9を救う魅力はあるか?


元公安のエリート刑事・沢村が率いるのは警察内部でも

秘密の組織・未来犯罪捜査班=ミハン。

システムが割り出した危険人物が起こす“かもしれない”

重大犯罪を阻止するそうだ。


見ないと分からん。そう思って、昨日の1回目を見た。

二けたに届いたようだが、我慢は15分が限界だった。

本田はちょっと可愛いと思ったけど。ハハハ。


2200 ラスト・チャンス テレビ東京 07/16

仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、水野美紀


銀行員として仲村は順調な人生を送っていた。しかし、

財閥系大銀行に吸収合併されたことから一変する。

リストラや転職で仲間の人生も大きく変わっていく中、

仲村は新しい仕事への誘いを受ける。


前期、意外に面白かった「ヘッド・ハンター」に続く

いわば“続編”だし、大好きなトオルちゃんが好きだから

とりあえず見る。


2100 誰かのために汗をかく夏 フジテレビ 07/17

吉岡里帆、井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭


新人地方公務員の吉岡が配属されたのは“生活課”。

110世帯の生活保護受給者を担当することになった。

個性的なメンバーが揃った職場で、さまざまな人生を

抱えた受給者と向き合う…


パスかなあ。


2200 義母と娘のブルース TBS  07/10

綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、浅利陽介、麻生祐未


ばりばりのキャリアウーマン、綾瀬が娘のいる男性と

結婚したことで“継母”になる。つまり、“義母”だ。

母になろうと一生懸命の綾瀬が描かれる。

大きな事件もハプニングも起きないらしいが、脚本が

「世界の中心で愛を叫ぶ」や「JIN仁-」、「とんび」、

「天皇の料理番」の森下桂子だというから、どこかに

“仕掛け”があるのだろう。好きな俳優が揃っている。


昨夜の1回目は、きょう未明のサッカーを見るために

録画に回したが、たぶん、最後まで見る。

d0164636_05101156.jpg

2100 刑事7 テレビ朝日 07/11

東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎


2015年から4年連続の登場になる。去年はシリーズの

最高視聴率をたたき出した。前2回にくらべてテンポが

良くなったし、登場人物の間にいい感じのハーモニーが

生まれたからではないかと見る。


4月期の「特捜9」同様、前シリーズでばらばらになった

メンバーがほぼ元に戻るようだ。ご都合主義。ハハハ。

このシリーズの天樹悠は東山にはまっているようだ。

まずまずのシリーズだから、見ることになる。

d0164636_18003586.jpg

2200 高嶺の花 日本テレビ 07/11

石原さとみ、峯田和伸、芳根京子、千葉雄大、三浦貴大


華道の名門に生まれた石原はすべてを持ち合わせた女性。

なにもかもが釣り合う男性と結婚するはずだった…のに、

相手の“二股”が発覚し、挙式当日に破談!


失意の日々を送る彼女の前に現れるのは、なにもかも

釣り合わない平凡な自転車店主の男(峯田)という設定だ。

日本中の自転車屋さんが怒りそうな話だが。ハハハ。


野島伸司の脚本は出来・不出来の波がある気がするが、

キャストが気に入っているから、見ちゃうんだろうなあ。

“タイプ”じゃないのに、石原だと見てしまうんだ。

d0164636_18010572.jpg

2000 遺留捜査 テレビ朝日 07/12

上川隆也、栗山千明、永井大、甲本雅裕、戸田恵子


犯行現場に残された、見逃されがちな遺留品にこだわり、

周囲から疎んじられながらも事件解決に貢献していく

変わり者刑事・上川を描く第5シリーズだ。これまでの

シリーズはすべて平均視聴率で二けたを取っている。

うーん、それほどでもないんだけどなあ。ハハハ。

ずっと、見ているから、たぶん今回も。


ちなみに、ずっと出続けていた斉藤由貴が静かに消えて

いったようだ。画面に現れれば、見る方も余計な情報を

頭に浮かべてしまうからなあ。

d0164636_18013652.jpg

2100 ハゲタカ テレビ朝日 07/19

綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ、池内博之、木南晴夏


真山仁原作の小説は読んだことがないが、2007年に

NHKが制作したドラマもよかったし、2009年公開の

映画もよかった。ドラマは数年前にDVDを購入して

もう一度見たほどだ。


経済がらみのドラマは用語が難しくて敬遠されがちだが、

私は右の耳から左の耳(あるいはその逆w)に聞き流す。

登場人物の表情を見ていれば、“そのこと”がどちらに

有利なのかは分かる。それで物語りは十分理解できる。

医療ドラマの手術シーンで医師が発する専門用語だって

まともに聞かない。話の展開にはほとんど関係ないから。

ハハハ。


大森南朋が熱演した役を綾野がどう演じるかに注目して

最後まで見るだろう。

d0164636_17580444.jpg

2000警視庁ゼロ係 テレビ東京  07/20

小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、木下隆行、加藤茶


1シリーズを見たが、1話の途中で終わった。

警視殿なのに“KY”だと煙たがれる小泉という設定に

無理がありすぎて。


このところ、あっちこっちで小泉を見る。見た目通り、

まじめな仕事が評価されているのはいいことだ。

でも、このドラマは見ない。ハハハ。


2200 透明なゆりかご NHK 07/20

清原果耶、瀬戸康史、酒井若菜、マイコ、水川あさみ


産婦人科医院で働く見習い看護師、清原の目を通して

“命”を描くらしい。重そうだなあ。見ないかなあ。


2200 チアダン TBS  07/13

土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣、オダギリ・ジョー


広瀬すず主演の映画がヒットした。そのドラマ化だと

思ったら、そうじゃないんだって。映画の“9年後

描くそうだ。

土屋が出るだけでも食指が動く。ハハハ。


しかも、映画で主演した広瀬すずがあれから9年たって

コーチになって戻ってくる!ずるいキャスティングだ。

出番はすくないのだろうが、ドラマとはいえ、広瀬が

大人の女性をどう演じるか興味がある。実際の9年後は

見られない可能性があるからなあ。ハハハ。

d0164636_18022006.jpg

2200 サバイバル・ウエディング 日本テレビ

波留、伊勢谷友介、吉沢亮、風間俊介、ブルゾンちえみ


出版社勤務の波留は30歳の誕生日に挙式の予定だった。

3ヶ月を残して寿退社したが、相手の浮気が発覚した!

で、逆切れから婚約破棄された!ウン?似たような話を

ついさっき、どっかで聞いたぞ。

ハハハ。

d0164636_18032092.jpg

2100 この世界の片隅に TBS 07/15~

松本穂香、松坂桃李、村上虹郎、二階堂ふみ、伊藤蘭


戦時中、広島の呉に嫁いだ女性、“すず”の話だ。

あらすじを読むまで、“あの”物語だとは気づかなかった。

マンガを原作とする、けなげに生きた女性が主人公だ。

2年前にアニメ化されたものを見た。苦手なアニメだし、

暗そうな話だったので行く気はなかったが、ブログの

読者に勧められて出かけた。よかった。「君の名は。」の

“あざとさにくらべ、淡々と描いているのが良かった。


ドラマがどんなタッチになるか分からないが、アニメと

違って、解像度の高いカメラで撮った映像であの時代の

トーンが描けるのか疑問だ。“純”二次元のアニメだから

非現実に近い“物語”として見られたが、スクリーンは

二次元でも、そこで演じている生身の俳優には奥行き・

立体感を感じてしまうから難しそうだ。“虚構・ウソ”が

はっきりしてしまわないか?

それを言い始めると時代劇はすべて成立しないわけだが。

ハハハ。

d0164636_18035140.jpg

2200 ゼロ 日本テレビ 07/15

加藤シゲアキ、間宮祥太朗、小関裕太、小池栄子


ドラマのコンセプトをHPで読んだが、なにがなんだか

さっぱり分からない。自分の言葉でここに紹介したいと

思うが、とても無理だ。“老いさらばえた”脳でなんとか

理解できるのは加藤が演じる主人公、半端ない大富豪の

名前が“在全無量”ということだけ。ハハハ。


まとめると、はやばやと「絶対零度」が脱落した。

とりあえず見るのは「ラスト・チャンス」、「サバイバル・

ウエディング」、「義母と娘のブルース」、「刑事7人」、

「高嶺の花」、「遺留捜査」、「チアダン」、「この世界の

片隅に」の8本だが、早めに”整理”しないとやばい。


最も期待しているのは「ハゲタカ」だ。


by toruiwa2010 | 2018-07-11 05:11 | ドラマ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。