ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

暑くてツイートもままならず…~相撲がらみなどいくつか~18/07/23

カツアキーっ!


07/17

北の富士勝昭が私の期待を

裏切ることはめったにない。


肘の近くまでまくり上げた、派手な縦じまのシャツ。

襟とカフのところだけ白いクレリックになっている。

元お相撲さんとは思えない。ウォーター・ビジネスとか、

芸能界関係者しか着ないやつだ。しかも、その顔には

白ぶちのドン小西orふっくんメガネ…。ハハハ。

d0164636_07511990.jpg

初めて画面に現れたときはさすがに笑ってしまった。

面目躍如だね。初めの数十秒こそビックリしたが、

真っ赤な川ジャケットのときと同様、慣れてしまえば、

それほど違和感はない。把瑠都や照ノ富士の力づくの

相撲のように立派な体格で抑え込んでいた。


十数分後には「(昨日は)冷房の効いた部屋に一日じっと

してたので風邪を引いた。のどチンコが痛い!」という

発言もあった。天衣無縫ぶりが楽しい。76歳かあ。

“節制”という考え方は彼の生き方の中にないのだろうが、

まだまだ、相撲と茶の間を結ぶ役割を果たしてほしい。


冷蔵庫は空っぽだった?


07/18

なにかつくれ…と受け取るか、

家にある材料で君が作るものなら

なんでもいいよ、という

優しさと受け取るか?


小説家だという女性の呟きにフォロワーさんがいいねを

しているのが目に入ってしまった。

里帰りからだろうか、長野から東京へ帰ってきたらしい。

冷蔵庫の中も空っぽだったから、“どこに食べに行く?”

という意味で「夜ごはんどうする?」と聞くとご主人が

“やさしげに”(ツイートの表現)「なんでもいいよ」と

答えたそうだ。彼女は「何か作れ」と言っているのだと

受け取ったようだ。

最後の一言は“私をごはんの打ち出の小槌かなんかだと

思っているのだな”だった。

d0164636_07562070.jpg

で、私は上記のごとく呟いたわけだ。付け加えることも

取り消す言葉もない。私の感想はツイートのままだ。

たちまち、ヨーロッパに住む女性に“噛みつかれ”た。


冷蔵庫が空っぽだったら、まず

買い物に行かなくてはならない。

それでも優しさと思えるかな?


ああ、そうか。そういう事情もあるわけだね。


まず、冷蔵庫が空っぽと分かっていて、

晩御飯がすんでないのなら、家に

帰りつく前に、「晩御飯どうする?

家には何もないから、食べて

行かない?」と聞いたらどうだろう?

別に“打ち出の小づち”と考えている

わけじゃない。

亭主も奥さんの苦労は頭においてる。

なんでも悪くとるもんじゃないと

思うけどなあ。


…とリプしたが、男と女、あるいは夫と妻がちゃんと

理解し合うのはなかなかむつかしいんだね。


比較できるのだろうか?


07/19

安美錦が通算873勝で大鵬を超えた。

かつて魁皇が千代の富士を超えたと

称賛された。

二人とも苦労の末の記録だから

称えられていいと思う。同時に、

大鵬や千代の富士は横綱としての

相撲が取れなくなったところで

引退してるんだ。

勝ち星の中身がまるで違う。

並べて語る数字じゃない。


魁皇のときにもさんざんツイートしたから“またか”と

思われるのを覚悟でつぶやいた。

魁皇や安美錦を貶めるつもりはない。彼らがこの数字を

積み上げるのに苦労を重ねたことは容易に想像できる。

しかし、横綱たちが残した数字の意味を思えば、簡単に

“超えた”、“超えた”と伝えることに違和感がある。

ごちゃごちゃ言うのは私だけだろうが。


“ぬるい”と言わざるを得ない


07/19

今日、一番ほっとしたこと。

東国原英夫(元そのまんま)が

"類似句"については82日の

放送が終わるまで何も言うなと

MBSに言われている」とツイート

していたこと。

だんまりを決め込んでいたわけでは

なかった。逆に、MBSはそれまで何も

言わないつもりだ。けしからん!

d0164636_07525082.jpg

断わっておくが、東国原は好きな男だし、「プレバト」で

彼が詠む俳句にうならされることが多い。情報番組での

発言にもしばしば同意する。思い違いもあるようだが、

勉強しているし、コメントにキレがある。


それにしては、今回の件では歯切れが悪い。悪すぎる。

発言を止められているとツイートしたのはせめてもの

抵抗なのだろうが、彼らしくない。番組や名人九段の

地位に未練があるのか?


そして、本人が早々と謝罪したのに番組としての判断を

示さない毎日放送にはあきれてものが言えない。


最後にみたび相撲についていくつか


07/20

御嶽海は優勝するのだろう。

何勝するかが重要だよね。来場所の

大関とりの話は早すぎないか?

彼のせいではないものの3横綱1大関が

不在だったことはどうしても引っかかる。

豪栄道、高安の昇進後の“体たらく”を

見るのつけ、くれぐれも、急いでまた

失敗しないでほしい。

d0164636_07504940.jpg

協会として、九月場所が大関とりになると認めた。

盛り上げようということだろうが、感心しない。

特に日本人力士のときに“急ぐ”傾向がある。

”拙速”でなんど恥をかいたか?

今場所の御嶽海を見ていれば、いずれ、誰にも文句を

言わせない大関になれると思う。


07/21

貴景勝は好きな力士の一人だが、

この若さでこれだけ張り手が好きな

力士は珍しいのではないか?

いやな取り口だなあ。大成したいなら、

こんな相撲はとらない方がいい。

癖になるぞ。


一時はお気に入り力士の一人だったが、やたら、相手の

顔を張っている彼を見ていやになった。マフラー師匠は

何も言わないのか?それとも、現役のときの貴乃花も

そんなに張り手を使ってたっけか?


見事だったインタビュアー


07/21

泣き出した御嶽海の前に、何も言わず、

マイクを"残した"アナに拍手を送りたい。

あれが基本だ。相手が話し出せばよし、

話せずに泣きじゃくり続ければそれも

またよし。

余計なことを言いたがるアナが多いが、

今日はうまかった。

d0164636_07514905.jpg

上位に休場者が多かったのは事実だが、御嶽海は立派な

相撲で14日目に初優勝を決めた。

インタビュールームで太田雅英アナが“冴え”を見せた。


「おめでとうございます」「有難うございます」までは

ごく普通のやり取りだったが、「いまどんな気分ですか」、

「うれしいです」のあとは違った。

アナに「勝ってからしばらく時間がたちました。どんな

ことが一番頭の中をよぎりましたか」と聞かれた関脇が

「いやあ」と受けたあと、言葉が続かなかった。すぐに

こみ上げるものがあって次の言葉が出てこない。

懸命に言葉を絞り出そうとするが顔がゆがむ。30秒以上、

どちらも黙ったままだった。


太田アナは、その間マイクを御嶽海の前に“残して”いた。

これが“冴え”なんだ。あそこは 引き取って、聞き方を

変えたり、次の質問に移りたい誘惑があったと思うが、

よく耐えた! いろいろな想いが頭に浮かんで言葉に

詰まる御嶽海は何も言わなかったが気持ちは伝わった。


相手から言葉が出てこないとき、一通り話したが、まだ

言いたいことがありそうだ…と分かったとき、マイクを

対象人物の前に残すのはインタビュアーの“技術”だ。

アテネで北島康介の「超気持ちいい」を引き出したのも

このテクニックだった。言葉はないけれど、言葉以上に

相手に問いかけている。少なくとも若いアナウンサーに

ありがちな「今の気持ちを教えてください」などという

陳腐な聞き方以上に雄弁だ。

d0164636_07591769.jpg

おまけ

2勝しかできなかったが、最後の二日間、闘志あふれる

見事な相撲で感動を与えてくれた嘉風に感謝したい。


タイミングを逃がして呟かなかったが、十両で優勝した

貴ノ岩には心からのおめでとうを言いたい。

いろいろあった。土俵外のケガで貴重な数ヶ月を棒に

振ることになった。この間の苦しみは計り知れない。

特に、メンタル面が心配だったが、相撲の内容には非の

打ちどころがなかったように思う。


by toruiwa2010 | 2018-07-23 08:04 | 大相撲 | Comments(2)
Commented by Vevey at 2018-07-23 10:28 x
岩佐さん、お暑うございます。

夫の「何でもいいよ」にイラっとするのは主婦あるあるだと思いますよ。料理のイメージがわかない時、何もなくて外食でもしたい時、疲れてる時に「何でも良い」って一番ガックリくるんです(笑)おそらく本人は優しさのつもり?

料理は準備、後片付けと食べる時間以外にも色々あります。私も半分古いので、外食に後ろめたさを感じる世代、夫は余り外食したくない派で、悪気なく言っているのはわかります。でも、気軽に外食してくれる夫がいる人が羨ましい〜〜
多分、気がついてくれてないだけでしょうけれど、口に出さない思いをわかって欲しいんです。何でいつも私が担当???
Commented by toruiwa2010 at 2018-07-23 15:30
Veveyさん、こんにちは。

妻は「何にする?」「何食べたい?」と
聞くことはありません。メニューは
ほぼ全面的に彼女が決めます。
負担を考えて、週に2度は外食する
ことにしています。妻も77歳ですから
できれば3回…と思いますが、店の
バラエティが難しいです。

どの家庭にもさまざまな事情が
あるようですね。よそ様の家庭には
首を突っ込まないことにしています。
ハハハ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。