ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2164「アメリカを下して決勝へ!」09/03/23

Japan 9-4 USA


松坂が試合開始の2球目をセンターに叩き込まれたときには「どうなることか」と

思いましたが、見事な集中打で完勝しました。

ボールが先行する苦しいピッチングでした。先発して42/3でマウンドを降りたのですから、

普通なら「なんだ!」ということになるところですが、今日の場合はちがいます。

十分に責任を果たしたといっていいでしょう。

メジャーでの18勝は“ダテ”ではありませんでした。重圧のかかる場面で起用された信頼に

立派にこたえてくれました。


きわどい投球をボールと判定されることが多かったのですが、よく我慢しました。

いまさらいっても仕方がないことですが、対戦している当事国の人間が主審をつとめる…

あらゆる競技でありえないことです。

そんな中、5回表、1死、1,2塁で4番のライトに対して投げた外角低めのストライクは

まさに“渾身の1球”でした。


稲葉と小笠原でヒット・エンド・ランをかけたり、カウント0-3から打たせたり、今日の

日本は攻撃でも積極性を見せていました。原監督の自信をもっての作戦に少しびっくり

しました。楽天・野村監督は、「結果オーライだ」と言うでしょうが。ハハハ。

もうひとつ、8回表2点差に追い上げられて、なお13塁でベンチが命じた“前進守備”には

疑問が残ります。

さらに、8回裏に決定的な3点を奪いましたが、あの追加点がなくても、9回はダルビッシュを

マウンドに送るつもりだったように見えます。

“最後の抑えは藤川”がコンセンサスではなかったのでしょうか?

うまくいっていますから、不協和音がでないでしょうが、藤川の気持ちが心配です。


あすは、“予想通り”韓国との決勝になりました。

…これで、今回のWBCでは9戦中5試合が韓国との対戦ですか? 変なの。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2009-03-23 10:31 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。