ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2192「“山あり谷あり”の6年」09/04/27 

昨日は、個人的にはまことにめでたい日でした。

このブログが、前身である「岩佐徹のon-air/off-air」を含めると、7年目に突入したのです。

当時を思い返すと、7年目に入ることなどまったく想像していませんでした。それだけに

「はるばる、遠くへ来たもんだ」と感慨もひとしおです。

途中で何度もくじけそうになりましたが、そのつど、皆さんに励まされてここまでたどり

着くことが出来ました。初期のころからの方、最近こられるようになった方…ご縁があった

皆さんとともに“今日という日”を喜びたいと思います。ありがとうございました。



保存の仕方が悪く、貴重なデータを多数なくしてしまいましたが、残っているもので、

このささやかなブログを回顧してみます。なに、自分のためですが。ハハハ。

長い間念願してはいたものの、実現することなどまったく考えていなかったのに、協力を

申し出てくれた人のおかげで、2003427日にオープンを迎えたトップ・ページには、

Voice”として、私からのこんなメッセージを載せました。


最初は苦労しましたが、やがて調子が出て、ブログ生活を楽しんでいました。しかし、

“伝説的な”エントリーを書いたせいで大騒ぎになり、2ヶ月以上の休養に追い込まれました。

詳しくは、http://www.toruiwa.tv/offmike/2003/index.htmlから、2003.08.30付けの

「リーガ・ゲッツ」と「unsungheroes」をどうぞ。


10月に“復活”してからはふたたび順調に経過し、またたく間に1周年を迎えました。

読み返して懐かしかったので、長いですが、“1周年の記”を再録しておきます。


FirstAnniversary04/04/27


427日がどういう日であるかを知っているのは、たぶん私だけでしょう。

「岩佐徹のon air/offair」がスタートした日です。みなさんのおかげで、なんとか一周年を

迎えることができました。途中、何度も「もうだめだ」と思いましたが、とりあえず一年

持ちこたえたことを個人的には喜びたいところです。ありがとうございました。

この一年を振り返って見ましょう。


「手伝いますから、HPをやりませんか?」と管理人さんから声をかけられたのは3月末、

「今月中にオープンできるなら」と打ち合わせを始めたのが41日でした。

コラムとBBS2本の柱にしたいと思っていました。そこで、始めるなら、書くことが

たくさんありそうなこの時期にしたかったのです。

はじめは、どれだけ見てもらえるものやら、見当もつきませんでした。

楽しみとしてやるのですから、どうでもいいようなものの、始めたとなれば、やはり欲は

出ますよね。まして、「凡人」ですから。ハハハ。

サッカーやテニスのスタッフに「一日一回は見るように」とプレッシャーかけたりして…

でも、みんな、結構喜んでくれ、やがてOFF-MIKE のギャラリーに自分の写真が何回

登場するかを争ったりしていました。


「書くことが多そうだ」と考えたのは、5月に入るとチャンピオンズ・リーグのSFがあり、

すぐにテニスの全仏オープンが始まるからでした。

サッカーも現地からの実況だし、WOWOWが次のシーズンから放映権を失うこともすでに

分かっていました。

私にとっては“センチメンタル・ジャーニー”、感慨深い旅になると思われました。

どちらにしても、テニスにかけての長い旅の中で、2,3日に一回は、何か書きたいことが

頭に浮かぶだろうと思ったのです。


長い間、しゃべることを仕事にしてきましたが、書くことには不慣れでした。ワープロを

敬遠していた私も、パソコンのワードは、資料作りなど、必要に迫られたこともあって、

いつの間にか、ある程度使えるようになっていました。

やってみると、間違いの訂正や文章の入れ替えなど、手書きでは厄介な部分が楽になり、

書くことが面倒ではなくなっていました。ですから、HPのスタートに当たって、いろいろ

文章を書いているうちに、書くことを楽しめるようになりました。

結局、マドリードへ到着してから帰国まで、パリ到着から帰国まで、ともに休むことなく、

連日更新する快挙!でした。実際の更新作業をする管理人さんには至極迷惑な話だった

ことでしょうが。ハハハ。


“意地っ張りな”性格のせいもあるのでしょうが、3,4日続けると休めなくなるんですよね。

ローラン・ギャロスのときには「アラカルト」を抱えていましたから、かなりハードでした。

夜中に目が覚めると、起き上がって書いたりしていたほどです。

そんな努力?が実を結んだのか、7日目(現地の61日)には2,100以上のアクセスが

ありました。もちろん、WOWOWHPにリンクしたことや、2日目のアラカルトの最後に

HPを始めました」とお知らせしたことが大きかったのは言うまでもありません。

…というより、それがすべてでしょう。マスコミの持つ力はほんとにすごいです。ハハハ。

しかし、さすがに疲れました。帰国してから全米までの2ヶ月間にOFF-MIKE4本しか

書いていません。ですから、ニューヨークに出発するときには「今度は無理をしないように、

ノンビリやろう」と心に決めていました。


そして、「リーガ・ゲッツ!」です。あのコラムを東京に送ったのは、ニューヨーク時間、

829日の朝(日本時間では29日の深夜)だったと思います。

それからの24時間のアクセスは、のべ5,800回でした。

この日はUSオープンの5日目でした。4日目までが大体800-900回ですから、もちろん

異常な数字です。あちこちのBBSで「岩佐ががけしからん内容のコラムを書いている。

アドレスはここだ」と書き込まれたせいです。


このときのことはまだ封印中で、書きたいことがあっても書けません。思う存分書くのは、

次の自費出版(ハハハ)のときか、すべての実況から引退したあとになるでしょう。

大騒ぎの結果として、HPはほとんど活動停止になってしまいました。今は削除してある

「リーガ・ゲッツ」から117日にアップした次のコラム、「テレビ戦争」まで2ヵ月以上

かかっています。面倒になって、何度も放り出しそうになりました。続けてこられたのは、

管理人さんや、見放さずに応援してくださる方たちの励ましがあったからです。

ありがとうございました。


BBSのほうも、多くの方に来ていただきました。初めは、「身内」が多かったりしましたが、

最近は「危険」を察知してか、近寄ってこなくなりました。ハハハ。

まあ、そんなものでしょう。

「リーガ・ゲッツ!」の直後、SOCCERTALKANY TALKは閉鎖せざるを得なくなり、

11月にはTENNIS TALKも閉じました。一方通行の発信はさびしいものでした。ようやく、

今年の全豪前にTENNISTALK3月にANY TALKを再開しましたが、まだ本調子では

ありません。ユーロにあわせてSOCCERTALKも再開したいのですが、今の様子ではねえ。

HPを始めた当時、かなりきつかったのですが、ほとんどすべての書き込みにレスをつけて

いました。いまは、ただ皆さんの“やり取り”を見守ることにしています。

私がハンドルネームを変えて書き込みをしているとお考えの方もいますが、誤解です。

私の放送を応援し、このHPの運営を手伝ってくれている管理人さんに軽蔑されるような

真似はできません。ただ、レスについては、少しずつ「復活」しようと思っています。


HPが持てたこと自体も含めて、それ以前には想像もしなかった出来事が続いた1年でした。

次の1年ではどんなことが待っているのでしょうか?書く内容によっては批判されることも

出てくるでしょう。

不偏不党、毒にも薬にもならないことだけを書いていればいいのでしょうが、私のように、

思ったことを好きなように(それなりに「外圧」はありますが。ハハハ)書いていると、

必ず、どなたかの反感を買うわけですからね。せめて、削除したり、書き直したりしないで

すむようにしたいものです。ハハハ。

とにかく、懲りずに、マイペースで憎まれ口を書き続けていきましょうか。よくも悪くも、

それが岩佐徹の“持ち味”なんですから。ハハハ。

20059月、全米オープン終了の翌日、「さらばWOWOW」を書きました。

これも、興味がおありなら、0307「さらば、WOWOW」をどうぞ。


このエントリーには167件の書き込みがありました。“奇跡だ”と感じたのは、そのすべてが

温かい気持ちにあふれたもので、“嫌味な”コメントが1件もなかったことです。

宝物ともいうべきそのコメントのNo146-167をなくしてしまったことが残念でなりません。

気分を入れ替えるために半月ぐらい休みましたが、その“休養”に入るときと戻ったときの

Voice”がこれです。

そして、諸事情により、“元祖”「岩佐徹のon-air/off-air」は2007年大晦日で閉鎖して

2008年元旦からこのYahoo!版に完全移行して今日までやってきました。


ここまで来ましたから、どうせなら“10周年”は達成したいものです。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2009-04-27 11:25 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。