ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2221「“鈴”と書いて“べる”と読む店~芦屋 食べある記~」09/06/11

<<<N山です。

お店の開拓楽しそうですね。

いや、楽しそうだなんて言っては失礼でした。

気分転換は必要です。

さて、お一人で行かれることが多いということなので、

友人から聞いたお店を紹介させてください。

夜しかやっていないカウンターのみの小料理屋さんだそうです。

鉄板焼きからご飯もの、ツマミはハンバーグまでなんでも

ござれなのだそうです。

(中略)

「鈴」と書いて、「ベル」と呼ぶお店です。

仕事仲間であるその彼は、目白にあるお坊ちゃま、お嬢様が

通う大学の野球部出身なので上品な部分もあれば、仕事柄泥臭い

一面もあります。なので、そのお店の雰囲気がどちらに転ぶか

わかりませんが、彼の紹介してくれるお店にあまりハズレは

ありません。今回もそうであることを祈っております(笑)>>>


アイスホッケーやテニス中継で一緒に仕事をした仲間のN君からこのメールをもらったとき、

なぜか、「これは、“当たり”かもしれないぞ」と思いました。カンに過ぎませんが。ハハハ。

N君との仕事上の付き合いは10年以上前に途絶えていて、その後は、赤坂見附駅の構内で

一度、出会っただけでした。

そんな彼が、このメールの少し前に、突然、連絡をくれたのは、mixiで私のことを偶然、

見つけたからでした。


やはり、仕事仲間だった島村アナからも、突然、携帯に電話が入って、何事かと思ったら、

NHK時代、芦屋市内に住んでいたことがあり、「こんな店があるから行ってみたら?」

という話でした。

兄のマンションからも近いですし、どうも散歩のコースにあるらしいのです。

話を聞いただけでも“よさげ”でしたから、ありがたい情報だったのですが、店の名前が

思い出せない!!あらら、お互い様ですが、年を取りますとねえ。ハハハ。


彼が描写する外観だけを頼りに芦屋川沿いを探してみると、意外に簡単に見つかりました。

この日はたまたま休みでしたが、一見、いかにもおしゃれなイタリアン・レストランです。

さっそく、歩き続けながら携帯で(便利になりましたねえ)確認すると、「間違いない」

とのことでした。「じゃあ、いずれ、行ってみるよ」と話して電話を切りました。


気になったのは、彼が、この街に住んだのは数十年も前だという点です。

「代替わりしているだろうしなあ」と思いながら、窓から内部の様子をのぞいてみると、

インテリアやテーブルの配置などが、私がちょっと“苦手”とする、“おすまし”な感じの

作りになっていました。


帰宅して、ネットでチェックしてみました。

ディナーは、4,500円(お野菜たっぷり使ったヘルシーコース)に始まって、7,000円、

10,000円、

15,000円…しかも、いずれも、“税・サービス別”!!

無理、無理!! そりゃ、月に1回ぐらいなら、行けないことはないけど、一人で食べに

行く値段じゃありません。

外国映画に、格式のありそうなレストランでびしっとドレスアップした粋な紳士が一人で

食事をする場面があったりしますが、私のような者が、スポーツシャツ(アウトで)に

ジーンズでは、“場違い”もいいところでしょう。

…そんなわけで、島村兄、せっかくのご紹介だけど、遠慮させてもらいます。ハハハ。


ほかにも、「WOWOWの編成部員の奥さんの実家が芦屋だ」…など、多くの皆さんから

“芦屋グルメ情報”が寄せられました。つい先日は、ニューヨークからも耳寄り情報を

いただきました。本当にありがたいことです。


さて、“鈴”と書いて“べる”…行ってきましたよ。やっぱり“当たり”でした。

メールにあるとおり、カウンターだけの店です。鉄板焼きのコーナーを含めて30人ぐらいは

入るでしょうか、家庭的な雰囲気を感じます。

メニューの豊富さが、私のような“境遇”の者にはうれしいですね。

切り干し大根、きんぴら、揚げ出し豆腐、ぶり照りに味噌汁でごはん…はい、明らかに

注文しすぎです。しかし、おいしくて、全部平らげました。

“和風創作料理”などと気取ったものではなく、普通にお母さんが作る“晩ごはん”…

このほうが飽きないと思います。

“リサーチ”が一段落したら、この店に通う回数は多くなりそうです。


カウンターの中は顔立ちの似た二人の女性が取り仕切っていて、話しかければ、気さくに

応じてくれる点も一人で食事をするとき、とてもありがたいです。

ときどき、無愛想がカッコいい、と勘違いしている調理人・シェフがいますが。


お勘定のときに姉妹か?と確かめると、母娘でした。

見えすいた“おべんちゃら”を言ったみたいで急に恥ずかしくなりました。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2009-06-11 13:45 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。