ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2268 TBS小島慶子 暴走中~「ウン○踏め、ウン○踏め」って~ 09/12/07

「残念ながら今週もお時間が来てしまいました。来週のこの時間は・・・」

日曜日朝のTBS「時事放談」、画面左上の時刻表示が「642」に変わってしばらくすると、

彼女がフレームに入ってきて視聴者にそう語りかけます。淡々と、無表情で。

ほかにもいくつかの番組で見かけたことはありますが、すべて、お堅いものばかりでした。

したがって、視聴者が彼女に持っていたイメージも“堅かった”はずです。


TBSアナウンサー、小島慶子。

ウイークデーの午後1時、TBSのラジを聴いてみてください。まったく別のキャラクターを

持った彼女を発見して“はげしく”ビックリすることでしょう。

その声で トカゲ食うかや ホトトギス、という川柳があったっけなあ。ハハハ。


一例を挙げれば…


美容室で、とある女性と一緒になったとしますか。

先月も見かけていて、いかにも仕事ができそうで、ファッション雑誌から抜け出たような、

見かけもかっこいい女性だったので、小島は憧れさえ抱いたようです。

しかし、YouTubeにはその部分が収められていないので詳しいことは分からないのですが、

その女性が発した“一言”が小島の“逆鱗”にふれました。どうも、彼女をアナウンサーと

知ってかどうか、アナウンサー、もしくはテレビなどに出演する人たちを“商売道具”と

表現したらしいのです。


<<<…だんだん腹が立ってきちゃって。なんか。大体何なのよ、そんなに一分のすきもない

みたいに着飾ってね、女優みたいな顔してるけど、なんなの、美容師さんと、なに楽しく

話しながら、そんな、なんか汚い、なんか、話とかしてるわけ?とか思って。

だったら、お前、きっと友達とも、ずっと人の悪口言ってんだろう。とか思ってね。

そう思ってから鏡越しに見たら、だんだん顔が鬼みたいに見えてきて。


ビビる大木「えー?数分前まで憧れてるとか言ってたじゃないですか?」

<<<あんなに憧れてたのに、よく見たら目もきついし、とかって。

なんか、あの、ファンデーションの下から、なんか、どす黒い雲みたいなものがもやもや

出てるし、なんだ、こいつ、なんてねえ、思ったりして。だんだん腹が立ってきちゃって。

その人のほうが先に切り終わってね。なんか、私のうしろを通って、あの、しゃなり

しゃなりとね、帰ってったの。


そこの美容室、あの、切ってもらってたのが2階だったの。2階から1階に下りる階段がね、

すごい急で、金属で出来てるの。で、下がスケスケなんです。そこを、細いピンヒールの、

グレーのスエードのブーツでね、しゃなりしゃなり降りてったから…私、鏡越しにずっと、

「落ちろ、落ちろ、転がり落ちろ、転がれ転がれ」って、ずっと念じてたんだけどね。


ビビる「どうでした?」

それがね、又、悪運が強いって言うかね、しゃなりしゃなり、下まで降りてね。「じゃあ又ー、

来月ー」って帰ってったから、「ウンコ踏め」って思ってね。家に帰るまでに、絶対あの

真新しそうに見える、あのう、グレーのスエードのブーツで犬のウンコ踏めばいいのに。

「ウンコ踏め、ウンコ踏め」ってしばらく、ずっと念じてたの。

だからたぶん踏んでると思う。ウッハッハハ。 (「小島慶子 キラ☆キラ」2009.11.09 OA


121秒、ほとんどノンストップでまくし立てたのであります。

“腕”は持っているはずのビビル大木がほとんど口を挟めませんでした。

あるいは、プロデューサーから、「この人は猛牛だから、いつ、暴走するか分からないけど、

その場合は、好きなようにしゃべらせてやって」と言われていたのかもしれませんが。


実に小気味いいマシンガン・トークは男の私にも心地いいのですが、たぶん、女性には

もっとこたえられない快感があると思います。

ステトレスがたまっていたり、悩んだり落ち込んだりしているときに聴けば、ガスター10

大田胃酸以上に効くはずです。ハハハ。


リズムに乗った歯切れのいいしゃべりは見ごとです。

“女・吉田照美”の域に達しているといえば言い過ぎかもしれませんが、アナウンサー、

特に、女性でこれだけ“キレ”があるトークは聞いたことがありません。

現役・OBを問わずに考えれば、日テレ・大神いずみ、フジ・阿部千代、テレ朝・南美希子…

あたりが小島アナに近いキャラクターを持っていそうです。しかし、とても、とても…。

誰一人、このしゃべりは絶対に出来ないでしょう。

彼女たちも、話に聞く小島慶子と同様に“ひとくせ”ありそうですが、よほど、何かを

吹っ切らないと、とてもじゃないけど、ここまで“突き抜けた”しゃべりは不可能です。

TBSラジオ、いい素材を発掘したものです。おまけに、ギャラ不要だし。ハハハ。


それはともかく、いるんですよねえ、小島が腹を立てたようなタイプの女。

先日、マンションの廊下ですれ違った40代前半の奥さんもそうでした。

途中にある素通しのガラスドアのところに来たとき、向こうから来る奥さんが見えたので、

先に通り抜けたあと、ドアを支えてあげました。…何も言わないんです!

「余計なことしなくて結構です」と言わんばかりに、無言で行ってしまいました。

「ウンコ踏め」と、強く念じましたねえ。ハハハ。


それもともかく、最近は「時事放談」の最後で彼女が現れてお断りのアナウンスを始めると、

どうしても「毎週、毎週、こんなこと言わされるのはウンザリなんだけどね。まあ、仕事だから

しょうがなくてやってるわけ。たまには顔出しもやっといたほうが“キラ☆キラ”のために

いいかも知んないしね」と思いながら言っているように見えてしまいます。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2009-12-07 15:07 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。