ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2426「シェ・岩佐のレシピNo2~パンを見つけることから~」10/02/03

パンに何かをはさめばサンドウィッチになるのですから、

これぐらい手軽な料理はないでしょうね。

バリエーションはおそらく“無数”だと思います。

日本にはもともと“おにぎり”がありましたが、欧米で

重宝がられるのがサンドウィッチです。


“シェ・岩佐”でスパゲッティと並んで大好評なのが

このサンドウィッチです。“絶品”だと思いますが、問題は

使用するパンです。

我が家は吉祥寺東急デパート、アフタヌーン・ティーの

“チャパタ”を使います。Best&Onlyです。ハハハ。



そのサンドウィッチがおいしいかどうかは、パンと具が

作る“ハーモニー”にあります。チャパタと我が家の具は

絶妙なマッチングなのです。

これが手に入らなければ、たぶん、同じ味を再現するのは

難しいでしょう。お気の毒ですが。ハハハ。

ほかのものでは、似てはいても、やはり“違う”のです。

全体のハーモニーが微妙に違うのでしょう。



チャパタ・サンドウィッチ


用意するもの(2人分)

調味料:バター、マヨネーズ、つぶマスタード

材 料:パン、ロースハム、玉子、チーズ、レタス


手 順

・パンを半分に切る。左右じゃなくて上下に。ハハハ。

冷凍保存している場合は1時間前に出しておく。

・フライパンにサラダオイルをひき、玉子を2個、蒸し焼き。

程よきところでひっくり返して両面を焼くこと。


・チーズ(我が家はエヌ シー エル社製)を用意する。

・パンにバターを塗る(4枚)

・〃 つぶマスタードを塗る(2枚)

・〃 チーズを乗せる(2枚)

・すべてのパンをオーブン・トースターに入れ、200度で5-6分。

要は、チーズがトロっと溶ける程度まで。


・バターだけを塗った側のパンにハム(生)を乗せる。

・レタス1枚を乗せマヨネーズを適量塗る。玉子を乗せ、さらに

・レタス1枚(マヨネーズは塗らない)、ハムを乗せる。


・チーズを乗せた側のパンを重ねて出来上がり。


報!!!

昨日、買い物から帰った妻が悲しむべきニュースをもたらしました。

チャパタがなくなりました!!

最近、フォカッチャという名前に変わったことは知っていましたが、

変わり果てたお姿になってしまって。ハハハ。

材料は同じといいながら、“つくり”が違いすぎます。

とりあえず、二つだけ買ってきましたが、同じサンドウィッチは

二度と食べられないと覚悟したほうがいいようです。


*これは、これまでチャパタがなかったときの“別バージョン”です。

使っているのは“Pasco”のイングリッシュ・マフィンだそうです。

悪くはないですが、残念ながら、“もちもち感”が違います。

パンはやっぱり“いまは亡き”チャパタに限るのです。

帰ってこーい、チャパタ。ハハハ。


そんなわけで、なんとも中途半端なエントリーになってしまい残念です。

ただし、“具”には自信があります。“相性”のいいパンさえ見つかれば

味は再現できるはずです。

大事なのは、やわらかすぎないこと、皮がすこし堅めで、噛んだときに

モチモチしていることです。

我が家も、これから、“パン探し”の旅に出ます。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2010-02-03 09:27 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。