ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

2454「くり返しよみがえる記憶~“○○の日”だそうだ~」10/02/22

我が家から猫の姿が消えて間もなく7年になる。

最後の猫、チャバが亡くなったのは、引越しを目前にした

20033月はじめのことだ。

新居に移ったら、リビングのどこかに外を眺められる場所を

作ってやろうと思っていた。碑文谷のマンションでは、妻の

手作りによる“展望台”があって、ときどき上がっていた。

見えるのはマンション群だけだったから、あまり嬉しくは

なかったのだろう。まるで「たまには上がってあげなきゃ

ママに悪いもん」と言わんばかりだった。ハハハ。


マンションを出て駅に向かうとき目の端で黒いものが動くと

「あっ、チャバだ」と思ってしまう時期がしばらく続いた。

カラスだったり、ゴミ袋だったりすることが多かった。

今でも、イタリアンのあと、ふた駅分歩いて帰るときなど、

何かの“影”が猫に見えたりする。無理もない、30年近く

“猫がいる”生活だったのだから。


結婚後、岩佐家に“ワラジ”を脱いだ猫は全部で4匹。

中でも、私に一番なついてくれたのは「ペレ」だ。

しょっちゅう、私のひざに乗って“くれた”。

夜、寝るとき、布団にもぐりこんできてパジャマの脇の下を

引っかくクセがあった。つめが少し伸びているときは痛くて

パジャマを体から離すように引っ張らなくてはいけなかった。

今となれば懐かしい。


かつては、ほとんどのマンションで「ペット不可」だった。

新居に移るとき、申し訳ないと思いつつ、無断で連れて行った。

ばれたって、まさか「殺せ」とは言わないだろう、と考えてた。
しかし、引越し当日からほかの住民ともめるのは得策ではない。
引越しのたびにスリリングな経験をした。



前の日に、当面はあまり使わない予定の部屋にペレが好きな
ブランケットを持ち込んでセットする。
当日は、早朝4時半あるいは5時にタクシーを頼み、ペレと妻を

連れて新居に行く。お気に入りのブランケットがあることで彼は

安心する。もちろん、食器やトイレなども、タクシーで運んだ。



何度経験しても、タクシーを降りて部屋の入るまで「どうぞ、

鳴きませんように。ほかの住人に出会いませんように」と寿命が

縮む思いだった。ハハハ。
落ち着いたところで私は家に戻り、引越し業者が来るのを待った。


あるとき、あんな思いをするのはもう嫌だから、今回はちゃんと

不動産屋に話してみようということになった。話の分かりそうな

男だったからだ。ハハハ。
彼は一瞬困ったような表情を見せたものの、すぐに「では、今の

ネコちゃんだけということで念書を書いてください」と言った。

つまり、現在飼っているネコが死んだら、新しいネコを飼わない

約束をして欲しいというわけだ。


話がまとまり、後日、契約のために彼が書いてきた念書を見たとき

思わず目が点になった。
「これに署名を」と言って差し出した紙には「…現猫限りとする

ことを約束します」と書かれていたのだ。

「現猫」…初めて出会った日本語に言葉を失った。ハハハ。


私とは似ても似つかぬ穏やかな性格の「現猫」は、私たちとともに、

それから更に2回の引越しを経験したあと、9127日の早朝、

静かに永眠した。光が丘団地の一室だった。

最後の朝のことは忘れない。

一晩中見守っていた妻に「もうそろそろみたいよ」と起こされて

居間に行くと、ヒーターのそばにぐったりと横たわるペレがいた。

少しなでたあと右前足の肉球を人差し指でこすってやった。

すると彼は、私の指を包み込むように前足をぎゅうっと曲げて、

握り返してきた。元気なときの彼はそれが大好きだった。

しかし、死が間近かのペレがそれをした…何か、メッセージを

伝えたがっているかのように。

体に電流が走った。

直後に息を引き取った。なみだが噴きこぼれた。

222日…222=ニャンニャンニャンで今日は猫の日だとか。


最後に私達が飼った2匹を。(左:チャメ 右:ブク…ペレの弟)


私とは似ても似つかぬ穏やかな性格の「現猫」は、私たちとともに、

それから更に2回の引越しを経験したあと、9127日の早朝、

肉球をなでる私の人差し指をぎゅーッと巻き込むように握ったあと、

静かに永眠した。光が丘団地の一室だった。
その「握手」の感触は20年近くたった今もはっきりと残っている。


by toruiwa2010 | 2010-02-22 10:30 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。