ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

視聴率のためならなんだって~自分的傑作w選~ 18/08/18

同業ライバルとの競争はどんな業種でも熾烈だ。

テレビの場合、“視聴率”という、誰にでも分かる

形で毎日公にされるから争いはときに露骨になる。

他局がやれば“あざといぞ”“恥ずかしくないのか”と

思うことでも、立場が逆なら、まったく同じことを

やるだろう…と認めた上で、過去の話を披露する。


そこまでやるか! 2( 2003/11/07 初出 )

d0164636_07585022.jpg

たまたま。テレビ朝日の「ニュース・ステーション」を

見ているときです。第一項目の「生ごみ処理施設での

爆発事故」が終わると、久米キャスターが突然バレー

ボール・ワールドカップの話を始めました。


アドリブ風に「ここまで3連勝とがんばってきました」と

話し、さらに「過去形で言いました。というのも、今日の

試合はとっくに終わっているからです」と続け、「今日は

イタリアと対戦し セットカウント、3対1で敗れました。

完敗でした」と結んだのです。


次の項目が「アルカイダと関係があるパキスタン人」

でしたから、バレーボールの話はいかにもとってつけた

感じがありました。

d0164636_07585548.jpg

「ははーん」と思いましたね。このとき、時計を見ると

101分でした。この日フジテレビは915分から

その試合の模様を録画で放送する予定でしたが、野球の

オリンピック予選の試合が延びて、105分からに

変更されていました。つまり、「Nステ」の視聴率を

少しでもよくするために、このあとライバル局が放送を

開始する試合が「すでに終わっていて、日本が負けた。

しかも、完敗だった」と、見る意欲を失わせようとして

いるのは明らかでした。

d0164636_08023172.jpg

これで思い出したことがありました。

80年代終盤、フジテレビがF1モナコGPを放送した日、

TBSはインディ500を生中継しました。そして、実況の

アナウンサーは放送が始まった途端、「(まもなく放送が

始まる)モナコGPはアイルトン・セナが勝ちました」

としゃべったのです。


タモリ風に言えば、どちらも「フェアじゃないっちゃあ、

フェアじゃない」ですよね。

しかし、ルール違反というわけではありません。要は、

「そこまでして数字を稼ぎたくはない」というプライドが

あるかないか…だと思います。


ただし、今のテレビの世界は“コンマ1”の視聴率を争う

時代になって、いい数字を取るためには手段を選ばない

状況になっています。最近の日本TVプロデューサーの

スキャンダルはまさにその象徴でしょう。***


ユーロ2000の時には、スカパーのTVEチャンネルに

ユーロの中継がそのまま流れ、無料で見られてしまった

ことがありました。ペイTVWOWOWにとっては

“死活問題”ですから、当然、すぐにしかるべき措置を

とりましたが、これなどは、「放送の権利」のことを十分

承知した上の話で、アンフェアかつルール違反と言って

いいと思います。

d0164636_07590170.jpg

また叩かれるのを覚悟で言えば、WOWOWがリーガ・

エスパニョーラの権利を獲得したのはテレビとテレビの

間の競争ではあっても、事情がまったく違います。

私が「こうなったら、リーガの権利をとるべきです」と

会社幹部に進言したとコラムに書いたことで、「CL

とられた報復、復讐としてスカパー(JSS)からとった」と

とらえた方が多かったようですが、それは違うのです。


まず、どんなに悔しくても、復習、報復に何億という

金を使うことはありえません。それは論外として、映画、

スポーツ、音楽を3本の柱としているWOWOW

CLという大きなソフトを失ったあと、手をこまねいて

いるわけにはいきません。契約者のため、代わりになる

何かを獲得しなければならない状況だったのです。


そして、「何があるか」と市場を見たらリーガがあって、

それは、すでに契約期間が終わったJSSのものではなく、

誰もが手にすることができる状態にあったのです。

長い交渉のプロセスはWOWOWCLを失ったときも、

リーガを獲得したときもまったく同じだったのです。


この「権利獲得競争」は今後もなくなることはありません。

むしろ、ますます激しくなるでしょう。道連れになる

視聴者にはご迷惑な話でしょうが、テレビ局が生きて

いくためにはいいコンテンツを持つことが絶対条件です。


「そのせっかくのコンテンツを生かしてないじゃないか」

というご意見があります。

お話したいことはありますが、やめておきましょう。

この先は何を言っても、私個人の意見とWOWOW

考えを混同される可能性が大ですからね。

いつか、2冊目の本を書くことがあったら、そのときに

思いのたけを書くことにしましょう。


***探偵業者を利用してビデオリサーチの

モニター世帯を割り出し、制作費を流用して

視聴を依頼した“事件”


by toruiwa2010 | 2018-08-18 06:58 | 自分的傑作選 | Comments(2)
Commented at 2018-08-18 09:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2018-08-18 10:04
松永さん、こんにちは。

数少ないコメント、感謝です。ハハハ。
結論から書くと、ご期待に沿えません。
私の感想点を参考になさる方もいるので
やめると、その人たちを裏切ることに
なります。あくまで、読んでも
参考にとどめるのがベストですし、
なんなら、映画を見たあとに読むように
すればいいのではないですか?

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。