ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

新井浩文・考 19/02/10

安藤サクラ演じる一子(いちこ)が働いている

百円ショップの常連の一人に“バナナマン”と

呼ばれる男がいた。買うのが常にバナナだけ

だったので同僚がそう名付けたのだった…


安藤と並んで、近くのジムで練習するこの

ボクサーに扮した俳優の演技に圧倒された。

それが新井浩文で、その年の日本アカデミー賞

優秀助演男優賞に選ばれていた。

d0164636_12542871.jpg

独特の目つきで、クセのある役をやらせたら

天下一品だったし、好きな俳優だった。


やったことは最悪だ。相応の刑を受けなくては

いけないし、復帰は難しいと思う。


今回の事件を受けて、出演していたいくつかの

作品が公開中止になったという。異議がある。

“今後”はともかく、過去の出演作品と彼がやった

こととは区別して考えるべきではないのか?


ハリウッドの名優で、去年、セクハラで訴えられた

ケビン・スペーシーの場合、別の俳優で撮り直した

作品もあるようだが、「ライ麦畑の反逆児」は、

先日日本でも公開されていた。いい演技だった。


執行猶予期間が終ったASKAはまだ全面復帰を

果たせていない。チャゲ&飛鳥として放った

数々のビッグヒットもほとんど聞けない。

法律で禁じられているわけではないのに、

テレビやラジオが勝手に自粛しているのだ。


情報を持っていないが、仮に、夏目漱石や

ベートーベンの犯歴が明るみに出て来たら、

「吾輩は猫である」は読めなくなり「運命」や

「歓喜の歌」が聴けなくなるわけか?


…極端すぎる話だが、個人が何かをしでかすと、

その作品まで全否定するような日本社会の

反応だって極端じゃないか。合点がいかない。


映画やドラマの場合、その作品の制作に数百人が

関わっているからなあ。なんとかしようぜ。


by toruiwa2010 | 2019-02-10 12:56 | 映画が好き | Comments(9)
Commented by KenKen at 2019-02-10 21:15 x
岩佐さん、こんばんは。

最近は芸能人の不祥事が目に付きますが、岩佐さんの仰るように作品まで否定してしまうのは私もどうかと思います。
不祥事をした本人に関してもこれでもかと非難し、叩き、ネット上に至っては誹謗中傷の類いまで出て来たりと…
果たして、言っている方々は清廉潔白な聖人か何かなのかと思う事があります。
Commented by toruiwa2010 at 2019-02-11 06:01
KenKenサン、おはようございます。

一つの方向を向いて圧倒的に多数の
人たちが、一斉に批判するさまは
異様だし、もう見飽きましたね。
Commented by 青空 at 2019-02-11 16:32 x
日本という社会ではセカンドチャンスが中々成立し難い構造だな~
と感じる事が多々ありますね。
過去より今がどうかが重要なのにね。
Commented by toruiwa2010 at 2019-02-11 18:56
青空サン、こんばんは。

。。。というか、いまがダメだったら
過去もすべて帳消しにするという
やり方がね。
Commented by ルブラン at 2019-02-11 21:29 x
岩佐さん おつかれ様です
松倉悦郎容疑者ですか
つらいですね
アーカイブに使われている実況は
残るでしょうか
まさか岩佐さんの後輩が
華麗な転身をしたのに
それともかねてからおっしゃっていた
生臭坊主だったのでしょうか
残念です
Commented at 2019-02-11 21:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by toruiwa2010 at 2019-02-12 08:29
ルブランサン、おはようございます。

OBとして、いま気をつけなくてはいけないのは
こういう不始末をしでかさないことなんですけどね。
Commented by DUED at 2019-02-13 21:25 x
岩佐さん、こんばんは。
映画を売る側、即ち配給会社からすると表立って宣伝もできない、ポスターも大々的に張り出せずに映画をコカしてしまうよりかはオクラにして賠償金取った方が堅実、といった思惑があるようです。
賛否両論あるようですが商売である以上、それもやむなしといった感が無きにしもあらずです。
同じ理由からか?酒井法子さん主演の「空蝉の森」も、とっくに彼女の執行猶予期間が終わった現在も公開の目処が立たず、です。
こちらは、お陰で回収が出来なかったのか製作会社が倒産してしまいましたが・・・
いつかは井筒監督の「東方見聞録」のように債権者がビデオリリースして日の目を見る時が来るのでしょうか。
近年のコンプライアンス・・・難しいですね。

Commented by toruiwa2010 at 2019-02-14 06:48
DUEDさん、それぞれの世界に
いろいろな話が転がってますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード