ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:岩佐徹的考察( 533 )


18日はオーストラリア総選挙の投票日だ。

労働党が勝ったら、外相にはマレーシア系の

女性、ペニー・ウォンが就任するだろう…と

CNNが伝えている。

d0164636_07381424.jpg

3人続けて女性が外相を務めることになるが、

アジア系では初だ。そして、“ゲイ”としては

最高ランクの政治家になるだろう、と。


関西の番組でコメンテーターWが激怒した。

お笑い芸人が、男性か女性か分かりづらい人の

性別を確認するために免許証を見せてもらう

などしたことに対して、「人権感覚の欠如だ。

よくこんなもん放送できるね」と怒り心頭、

スタジオが静まりかえる事態になった…そうだ。

d0164636_07374036.jpg

80歳を過ぎ、“お迎え”が来る日も近いのだから

ややこしいことは次世代の人たちに任せよう…

そう思っているのにLGBTQがらみの情報には

敏感に反応してしまう。週末、目に留まった

二つの話は、書きかけの記事とリンクしていた。


どんな話かと言えば…。


東京レインボープライド2019。 430日、

代々木公園でそんな“フェス”が開かれ、翌日の

「ノンストップ」が時間を割いて伝えていた。


何度も書いているが、LGBTQについては

気安く書くことができない。意図がなくても

下手をすると“差別”だと非難されるからだ。

人種、政治や宗教も含めて、自分では一切の

差別意識はないと思って生きてきた。


言葉が通じないで、コミュニケーションが

まったく取れない人と一緒に過ごすのは

居心地が悪いが、そうでなければ、どんな

国の人とでも付き合えると思う。

政治や宗教について考えが異なる人でも、

それだけでは 差別はもちろん、相手を避ける

こともないだろう。しかし、ことLGBTQ

人たちについては微妙な違いがある。

d0164636_07372754.jpg

中学校のときに“それっぽい”同級生がいたが、

子供らしく からかうことはあったものの、

いじめたり差別したりすることなく過ごした。


高校・大学時代には、周囲に1人もいなかった。

社会人になって、後輩に1人、“らしき”男が

いたが、まったく問題なかった。

80年の生涯を通じて、女性の同性愛者には

出会ったことがない。…と思っている。


“性差別”については難しいことがたくさんある。

オーストラリアの“次期外相”の話はもし日本で

同じことが起きても、能力があればまったく

問題はないと思う。


厄介なのは“免許証”確認の件だ。動画を見た。

全体の流れの中でこの番組は同じスタンスで

ずっとやってきたのだと思えた。たしかに

ガチで激怒しているが、おそらく、過去にも

“激怒する”タイミングはあったのではないか?

なぜ、このタイミングで?なぜ、この件で?


公的機関が性別確認のために提示を求めたなら

大問題だが、あくまでお笑い芸人を起用した

コーナーの中だった。だから許せとは言わない。

しかし、そこまで怒るなら、自分の考え方を

ふだんからスタッフに分からせておくべきだ。

“人権感覚の欠如”は別の機会に使ったほうが

いいんじゃないかと思う。

d0164636_07373304.jpg

昨日、局アナらが謝罪した。「人権への配慮を

著しく欠いた不適切な放送をした」と。

哀れなのは“やらされた”藤崎マーケットだ。

彼らの人権は?…などとは言わないが、初めて

テレビに出たわけじゃないだろう。その場は

別の言い方で異を唱えておき、終わってから

制作者を叱ればよかったんだ。


ややこしい奴だと知られてしまったから、

私が言う“別の機会”があるかどうか微妙だ。

名前はたまに見てるから、テレビがその

程度のメディアだということは分かってると思うが。


ことほどさように、LGBTQについてはどんな

言動が差別になるかを正確に判断することは

きわめて難しい。かっこよく激怒して見せた

Wさんだって絶対の自信はある麻まい。

それ以前に、個々人のセクシュアリティが

必ずしも明らかにされているわけではないから

知らぬ間に差別していることもある。

d0164636_07373182.jpg

さまざまな“愛のカタチ”があっていいとは思う。

しかし、申し訳ないが、理解することは無理だ。

一人でいるところにナジャ・グランディーバや

ダイアナ・エクストラバガンザのような本格的

“ドラアグクイーン”が来たら、反射的に席を

立ってしまうかもしれない。嫌悪とか差別とか

ではなく、付き合い方が分からないからだ。


その意味では、この日「ノンストップ」で

紹介していたミッツ・マングローブの言葉に

心からほっとした。

d0164636_07375779.jpg

(セクシュアルマイノリティに対して)

生理的に無理だなって思うところは

無理にふたをする必要はないと

個人的には思っている。そこを

なんとか共存させることが

令和の時代の課題になってくるのかな。


そう、“無理”をすればどこかで摩擦が生まれる。

互いに無理することなく“住み分ける”知恵を

身につけたい。決して排除や差別しないように。


ついでだが…

いつからか“障がい者”と書くようになってる。

“外人→外国人”と同じ発想か。ま、いいけど、

そもそも、“障がい者”という言い方はどうか?

対する“健常者”と書くとき抵抗がある。


もっと困るのは、LGBTQの内容は複雑だし、

それに対して“普通に”異性を愛する人間を

何と呼べばいいのかがはっきりしない。

”正常”や“ノーマル”は差別につながるし、

“ヘテロセクシュアル”や“ストレート”では

高齢者や子供には理解されないだろう。


みんな、この問題については腰が引けてるね。

蛇足になるが、長くなったついでに

昨日発信したツイートを貼りつけておく。

d0164636_07372545.jpg

土曜日の「メレンゲ」見ていたが、

違和感はなかった。

フィギュアスケートの高橋大輔が

単純に「ザギトワの脚が

きれいだと思う」と言い、

顔を隠した写真から当てさせる

趣向だった。百歩譲って

今はそれもダメと言われれば

そうかもしれない。(


続)しかし、それを批判する

女性弁護士のツイートを見て、

どうやら番組を見ないで

批判ツイートをしたと思われる

蓮舫はどうなのか?

これもまた、たちが悪い、

あざといとさえ思うのだが。


by toruiwa2010 | 2019-05-14 07:44 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)


みなさんから、みなさんの・・・

お言葉の中で天皇陛下はそう言われた。

これまでの天皇で国民をこのように

呼んだ例はないのではないか。

”あと出し”になるが、この陛下は

そう言うのではないか、言って

ほしいと思っていた。

雅子さまとともに、国民との距離を

さらに縮めるのではないか。

d0164636_06540024.jpg

4日の一般参賀で天皇陛下が述べたお言葉を

ニュースで聞いてそうつぶやいた。

…例によって検証が不足していたようだ。


強弁すれば、“天皇として”は初めてだとしても、

皇太子時代のお言葉を振り返ってみると、

“みなさん”とおっしゃっているからツイートが

正確さに欠けているのは間違いない。


しかし、上皇はずっと“みな”だった(…よね?)

東日本大震災や生前退位に言及された2016年、

美智子妃の支えに謝意を示された去年の誕生日、

そして、退位の日…どのお言葉を検証しても

“みな”も少ない。多くの場合、“国民”、“人々”と

おっしゃっている。“冷たい”はずはないのだが、

無意識に距離を置かれていた気がする。


昭和天皇が、終戦の詔勅でご自分を“朕(ちん)”、

国民を爾臣民(なんじしんみん)と言われたのは

天皇が“神”だった時代の名残だから特別だが、

平和な時代になってからの昭和・平成の陛下と、

はっきり“みなさん”を使われた新陛下の間には

あきらかな“空気”の違いがある。


松の間での即位の儀式で眞子さま、佳子さまが

陛下の前に進み出て挨拶されたときの様子にも

これまでになかった“かすかな変化”を感じた。

きっと、宮内庁がブレーキをかけるだろうが、

新陛下の時代には皇室と国民の距離がいっそう

近くなる気がする。そうあってほしい。


ここまで、意識的に敬語を多く使った。

今の時代はもっと少なくていい。皇室に対する

国民の言動にも大きな変化が生まれている。

d0164636_06535831.jpg

“不敬罪”があった時代は遠い過去のことだが、

1959年、皇太子時代の上皇が美智子さまと

結婚されたときのパレード中継では“お馬車に

お乗りになられた”など、滑稽に思えるほど、

敬語の二段重ね、三段重ねwが それこそ

“オンパレード”だった。


1960年代の終わりにはこんなこともあった。

ベトナム戦争関係の特番中だったと思うが、

司会をしていた先輩アナの手元に報道からの

一枚のメモが渡された。


地方視察中の天皇陛下のお車に発砲!


一瞬、ためらったあと先輩はそれを読み上げた。

…誤報だった。同行して取材していた記者が

車のバックファイヤーを聞き間違えたのだった。

この記者は、ほどなく、数少ないフジテレビの

地方組織に異動になった。誤報もまずかったが、

皇室がらみだったことが致命的だった。

d0164636_06563781.jpg

今は、皇室関係のリポートでも“過剰な”敬語は

むしろ違和感がある時代になった。くだけた

表現はダメだが、一文の流れの中に敬語は一つ、

要は、敬意が込められていればOK…だから

アナウンサーも楽になったものだ。


皇居の深くまでテレビカメラが入って 儀式を

伝えるよううになったし、馬車が車に変わった。

時代に合わせた皇室の在り方があっていい。


by toruiwa2010 | 2019-05-07 06:56 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)


令和の時代が始まっている。

元号不要論は一つの考え方として

分からなくはない。しかし、たとえば、

こんな言い方をしたいときもあるよね。


似非(えせ)なんて言葉、平成生まれは

もちろん、昭和生まれでも三分の一ぐらいは

読めないし 意味を知らないのではないか?


ま、これはエントリーの“つかみ”だから、

使うな、と言われたら別の言い方を

考えるから、特段 困りもしないが。ハハハ。


“えせ”とは 似てるけど偽者()という意味だ。

身もふたもない言い方だが、そうは言っても、

本物と見まごう、クリソツ…

そんな人、物が世の中にはある。


自分とよく似た人間が3人はいる…などと言う。
40
歳を過ぎたころから還暦ぐらいまでに

何度も大竹まことと間違えられた。
タクシーに乗ったとき、宿で記帳しているとき、

遠慮気味に「…ですよね?」と言われた。
“常滑川まこと”に似ているとネットに書かれて

いたこともあった。

d0164636_06384409.jpg

嬉しい…という感情はない。“くすぐったい”感じだ。
単純に、メガネとひげの印象から“もしかして?”と

思うだけだろうし、並べたら、彼のほうがはるかに

かっこいいし、着てる物の質もセンスもいい。

見た目が若いことや生来の“あまのじゃく”加減が

さらなる共通点かもしれないが、どっちにしろ、

そんなに似ているわけじゃないのだ。ハハハ。

2011
年、蔵王に行ったときには、なぜか

「漫画家のあの方ではないですか?」と聞かれた。
虚をつかれたが、すぐ、「ははーん」と思い当たる

人物が頭に浮かんだ。松本零士だ。
初めての経験だった。ニット帽にメガネとひげ…。

d0164636_06384283.jpg

学生時代には、日比谷公園ですれ違ったOL

「ねえ、いまの人、(昭和天皇の末娘と結婚した)

島津(久永)さんじゃない?」と言っているのが

聞こえたことがある。おそれ多いことだ。

d0164636_06384651.jpg
10年近く前、週刊誌に載ったこの写真が視界に

入った瞬間、衝撃を感じた。咄嗟に思ったことは

“ウチの家族写真じゃないか!!”だった。

d0164636_06384806.jpg

…もちろん、そうではなかった。
しかし、これとほぼ同じ構図の写真が我が家にも

あったはずだ…という確信があった。

床の間をバックに7,8人の集合写真…

右端に着物姿の妻の母親、後列中央あたりの自分、

テーブルの上の正月の料理まで、ほぼ完璧な

イメージが頭に浮かんでいた。

帰宅後パソコンの中に3枚の写真を見つけた。

d0164636_06385136.jpg

上左:戦前の家族写真だ。***

“背景に床の間”という印象につながる。
上右:“着物姿の”妻の母。“右端”ではなく左端だが。
 下:関西に住む次兄一家が来訪したときの家族写真。

“卓上に料理”はないし、“自分”はどこにもいない。

撮ったのが私だから当然だ。ハハハ。

…人間の記憶とは、実にあやふやなものらしい。
「これとそっくりの写真があったはず」の思い込みは

明らかな思い過ごしだった。

あれほど自信があったのに、どの一枚も雑誌の写真と

間違えるようなものではない。“断片”が積み重なり、

頭の中にひとつのイメージができあがったのだろう。

***
左から3人目が当時3歳の私。残っている中で

最も古いものだ。…いや、どこかに生後数か月の

写真があるはずだが、あっても、ここには載せない。

“オールヌード”なので、門外不出なのさ。ハハハ。


by toruiwa2010 | 2019-05-03 06:42 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)


全自動運転車が事故ったら?


池袋の事故に関連して自動運転車の開発を急ぐべし…

の声が聞こえる。よく分かる。

d0164636_06382804.jpg

そこで聞きたいのだが、完全自動運転のタクシーで

仮に死亡事故を起こした場合、その責任はどこの

誰が負うことになるのだろう?

運転席にいた者?

タクシー会社?

それとも メーカー?


法整備はどこまで進んでいるのかについて伝える

記事を見かけない気がするが。



セーフティネット?


フジテレビの後輩、逸見政孝は報道のキャスターを

していたが、緊急連絡用のポケベルを持たつのが

相当のストレスだとこぼしていたことがある。

フリーになったいくつかの理由の中に“ポケベルから

解放される”ことがあったのだと思っている。

d0164636_06383001.jpg

TBSの女性アナが寝坊して番組を休んだと聞いて

最初に頭に浮かんだのは“逸見とポケベル”だった。


今どきの若い人は固定電話を持たないのだろう。

電池切れのスマホは役に立たないことを考えたら

早朝の番組を担当する“演者”との連絡手段を

スマホだけでいいと考えた制作者は対策を

怠ったと責められても弁解できないなあ。



教えとくれ


日本の女性もかなり過激になっているようだが、

“本場”アメリカの女ども(あえてそう書く)

行くところまで行ってしまってる感がある。

こういう衣装でパーティやレッドカーペットに

登場する。つまり、“見せに”来るわけだ。

こういうとき、男はどこを見ればいいんだ?

どこまでは見てもいいんだ?

d0164636_06392807.jpg

間違っても、「どこ見てんのよう?」などと

寝ぼけたことを言わないように。



計算できない!


2017年の数字だが、総労働時間のランクを見ると

日本は世界で22番目だそうだ。

一番長いのはメキシコ。以下、コスタリカ、韓国…

と続き、アメリカが15位だ!

日本の下はカナダ、スペイン、イギリスと続く。

(国際統計データサイト グローバルノートから)

d0164636_06383216.jpg

日本の総労働時間は1710時間(年間)だという。

一方で、厚生労働省が先月13日の有識者検討会で、

医師の残業時間について報告書案を示したそうだ。


残業の上限規制を最大で「年1860時間とする!!


ちょっと待った!

別々のソースから出た数字だが、これを見ると、

私の頭は激しく混乱する。

日本人の総労働時間は平均で1710時間なんだよね。

で、医師は“残業”の上限を1860時間にするって何?


日本人医師の残業時間>日本国民の総労働時間


どこかに“事実誤認”があるのかなあ?


by toruiwa2010 | 2019-04-24 06:41 | 岩佐徹的考察 | Comments(4)


“テレビっ子”だから家にいると必ずテレビが

ついている。“ながら見”をしているときでも

脳が、耳が反応してミスに気づいてしまう。

厄介な体だと思うが、“為になる”話や思わず

うなずくような話に出会えるから嬉しい。


貴景勝のインタビュー(ameba tv)


(勝った負けたで一喜一憂しない

理由を聞かれたのだと思う)


自分にとってよくないことが

起きたときに精神の成長ができると

思うようにしている。そうすると

ちょっと頑張れるというか、ここで

乗り越えたらまた一段階いけるんだと

思うようにしている。

d0164636_07063960.jpg

自分の性格をよく知るようにしている。

人によって違う。勝ったときは嬉しい、

負けたときは悔しい。それが明日の

活力になる人もいる。自分はこういう

スタイルでやるのが一番合ってると

思うからこうしている。

全然ストイックじゃない。


22歳の力士…昭和50年代ごろまで人前では

ほとんどしゃべらなかったものだ。今は違う。

中でも貴景勝はインタビュールーム以外では

かなりいろいろしゃべる。理路整然と。

この精神力は大関取りにプラスだね。


談志の気持ち、分かるなあ


フジテレビ 日曜昼の「なりゆき街道旅」は

毎週 欠かさず見ている面白い散歩番組だ。

“引率者”ハライチ澤部の起用が成功している。

丸っこい見た目と、初対面のゲストでも温かく

包み込んでしまう持って生まれた“人間力”が

2時間の長丁場を少しも飽きさせない。

d0164636_07063698.jpg

先週はゲストの立川志らくと川上麻衣子に

準レギュラーのコカドケンタロー(ロッチ)

4人で築地界隈を歩いていた。雨が降っていて

寒そうだったし、大勢の人が行きかう中での

ロケはやりにくかったはずだが、ちゃんと

楽しくまとまっていた。


川上が一度だけ談志に会ったときの話をした。

銀座の超有名なクラブで談志、中村勘三郎、

志村けん、上島竜平という顔ぶれが揃った。

芸の話になったと聞いた澤部とコカドが口を

揃えて「その場にいたかったなあ」と言った。

d0164636_07064111.jpg

志らくが引き取って、「それが大事だ」と、

師匠・談志のエピソードを語り始めた


ある番組の打ち上げで、談志、ビートたけし、

上岡龍太郎、石原慎太郎と言った顔ぶれが

雑談していた。電車がなくなると言って帰る

弟子がいた。「帰っていいよ」と言ったものの

談志にはそれが信じられないと嘆いたという。

「電車がなくなろうが、このメンバが飲んで

話すことが芸人として聞きたくない!

その時点で芸に向ていない」と。


そりゃそうだ。なんなら、私だってその場に

居合わせたかったもの。ハハハ。


ピエール瀧 余聞


余韻がおさまらない。

引っかかる発言があるなあ。


能町みね子(ラジオで)


私は個人的にはちょこっと謹慎して

復帰すればいいんじゃない?

くらいに思っていて・・・。


呆れた。

いくらなんでも、その言い方はないだろう。

本気でそう考えているなら、頭がおかしい。


北野武(テレビで)


おととい、ロケに行って現場で

「どーもピエール瀧です」って

言ったら(スタッフが)

全員引いちゃった。(中略)ギャグが

分からない奴はしょうがないね。

d0164636_07063457.jpg

遠い昔、ワイドショー「3時のあなた」に

出たとき、父親の死を漫才のネタにして、

その日のゲスト近江俊郎を激怒させたのを

スタジオで目撃している。だから、TPO

わきまえない、この程度の低レベルな

ギャグには驚かないが、それが受けなかった

ことを他人のせいにしているこの男の傲慢さに

それこそ、“しょうがないね”と思った。


浜田理央記者(ハフポスト)


先日 紹介した坂本龍一について書いた記事が

ネットに出ていた。ダブるけど再録する。


電気グルーヴの音楽が売られて

困る人がいるのか?

ドラッグを使用した人間が作った

音楽は聴きたくないという人は、

ただ聴かなければいい」と見解を

述べた上で、「音楽に罪はない」と

語気を強めた。(日本版)


… “語気を強めた”はダメだ。

音楽に罪はないも坂本のツイッターにある

フレーズだが、あくまで、文字だ。どこにも

“語気を強めた”形跡はない。twitter上の発言と

断っているのに面白くしようと“脚色”している。


この記者は、全米オープン優勝後に帰国した

大坂なおみの会見でも“めんどくさい”質問で

チャンピオンを悩ませていた。

https://goo.gl/r5Cta4


by toruiwa2010 | 2019-03-20 07:08 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)


音楽家・坂本龍一がツイッターで苦言を呈している。

ピエール瀧がコカイン使用疑惑で逮捕された結果、

彼が所属する“電気グルーヴ”のCD・音源が回収され、

出荷・配信停止となっている件についてだ。

d0164636_07024708.jpg

なんのための自粛ですか?

電グルの音楽が売られていて

困る人がいますか?

ドラッグを使用した人間の作った

音楽は聴きたくないという人は、

ただ聴かなければいいだけなんだから。

音楽に罪はない。


劇作家&演出家・鴻上尚史もピエール瀧が出演する

ドラマの放送や映画の公開が危ぶまれていることに

ツイッターでクレームをつけている。

d0164636_07024807.jpg

出演者の不祥事によって、過去作品が

封印されるなんて風習は誰の得にも

ならないし、(中略)

ここは制作者は踏ん張って、作品と

1人の俳優はイコールではないと

持ちこたえないと、この国の文化は

悲惨なことになってしまう。


どちらのコメントも正論だ。残念なのは影響力がある

こういう人たちの声をあげるタイミングが遅いことだ。


過去にも、芸能人が薬物疑惑で逮捕されたことはある。

少し検索しただけで 酒井法子、高知東生、清原和博、

ASKA、井上陽水、長渕剛、槇原敬之、赤坂晃…と

枚挙にいとまがない。しかし、今回のように、

「作品はいいんじゃないの」という考え方がメディアで

示されたことはほとんどなかったと記憶する。


今回は情報系の番組でも同様の意見がよく聞かれる。

なぜか、彼を“さん”付けで呼ぶ人までかなりいる。

過去には”律儀”なぐらい“…容疑者”と呼んでいたのに。

瀧と過去の有名人にどんな違いがあるのか不明だ。


いや、“それはよくない”と言ってるわけじゃない。

私は前から坂本や鴻上と同じことを言ってるもの。

20147月に歌手・ASKAが保釈されたとき、

このブログにこう書いている。


麻薬はやっちゃいけないでしょう。

反社会的行為だし、与える影響も

大きいのは確かです。

犯した罪は厳罰に値します。


しかし、だからと言って、

“健常”なときに作った楽曲の

すべてを否定するのはどうなんだろう…と

考えてしまいます。

彼の人生すべてを“なかったこと”にする

必要があるのでしょうか。

誰のために?


関連企業にすると、こうしなければ、

“甘い”と非難されるのではないかという

怖さもあるのでしょうが、

過剰反応だと思います。


彼らが世に送り出した楽曲の中には

日本の音楽史に残る名曲もあるのだし、

関係者も世間も、もう少し冷静に

対応すべきではないでしょうかね。

d0164636_07025108.jpg

ASKAの曲はテレビもラジオもまだ大っぴらには

電波に乗せない。執行猶予期間も終わっているのに、

どこかで誰かが”自粛”してるんだ。無意味だし情ない!


薬物に手を染めた個人と作品はあくまで別個のものだ。

そんな簡単な理屈がこれまでは受け入れられなかった。

見る側、聴く側に選択権がない電波媒体は難しいかも

しれないが、、映画やCDまで“禁じる”理由はなんだ?


それともなにか?ダヴィンチやモーツアルトでは

もはや検証もできないだろうが、ビートルズの

メンバーやバンクシーが犯罪にかかわったら

彼らがこれまでに遺した傑作たちも我々の目や耳に

触れなくなってしまうのかい?


…と基本的には思う。しかし、土曜日に「いだてん」の

“逮捕”前の回の再放送があると聞き、どんな編集を

するのかと、10日の放送をビデオで見ると、やはり、

足袋屋に扮した瀧が登場するシーンは今は生々しくて

“違和感”が否定できなかった。(再放送ではカット)

脳で考えることと“皮膚感覚は違うことが分かる。


しかも、いかにもピエールらしく20代からの使用を

あっけらかんと認めているという。事実ならまずい。

使用歴が20年以上…ということになる。

“逮捕”は初めてだが、“常習”だったと疑われる。

法律も“初犯”には甘いし、今回、“優しさ”を見せる

著名人やメディアの態度も今日からは微妙な変化が

出てくるのではないか。好きな男だったから気になる。


by toruiwa2010 | 2019-03-18 07:06 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)


“掘ったイモ、いじるな”状態…と赤江珠緒。


香港の菓子工場が輸入したジャガイモの中に

手りゅう弾が紛れ込んでいたというニュースを

伝えたあと、そうつけ加えた赤江珠緒に対して、

この日のパートナーのカンニング竹山も

「あったねー」と応じていた。

d0164636_07350100.jpg

What time is it now? を日本語に置き換えると

“掘ったイモ…”になるという話だ。聞いていた

私は初めて聞いたから焦った。こういうのは

“先刻承知”でいたいタイプだから。ハハハ。


英語が苦手な人間が、日常 よく使うフレーズを

日本語に置き換えて覚えようとする試みは多くの

人がやって来た。“空耳英語”と言う。


itch, knee, sun, sea, go, rock


外国人に“いち、に、さん、し、ご、ろく…”を

教えるときこの英語を使うとおぼえやすいと

聞いたのは何十年も前だ。

本当に外国人がこれによって学習しやすかったか

どうかは誰も確認していない。ハハハ。


この記事を書くにあたっていろいろ調べていて、

ネイティブな英語使いにWhat time is it now?

聞くとnowが強調さすぎて、相手を戸惑わせる

のだと説く記事に出会った。

おまけに、“掘ったイモ…”は16%しか通じない

という調査結果もあるらしい。What time is it?

十分だし、ベターだと言う説もあるのでヨロシク。

d0164636_07350347.jpg

“空耳英語”はたくさんある。すでに知っている

人も多いと思うが、参考までにいくつかを…。

Have a nice day  幅ないっすねエ

You got a mail  夕方 滅入る

Small world  相撲終わる

I’ll write you  荒井注(ドリフターズ 元メンバー)

Where do you go? 上は10号

Get out of here 下駄飛ぶ日や



怪しいのもあれば、いかにも通じそうなのもある。

どっちにしろ、日本語の言いまわしを思い出すのに

時間がかかるのなら、ちゃんと覚えた方が早そう。

ハハハ。


0900AM 追記


昔 見た映画「ピアノレッスン」の中で

ジャングルを行く現地住民が話す言葉が

日本語っぽく聞こえたことを思い出した。

テレビでもこう聞こえると。

 


「あんな所、生きて通れねえ!


・・・まさにそんな感じだった。


by toruiwa2010 | 2019-03-01 07:36 | 岩佐徹的考察 | Comments(2)

コラムニスト・小田嶋隆については何度か書いた。

要するに、いちゃもんも多いが、嫌いじゃないのだろう。

でも、今日は 先日のTBSラジオ「たまむすび」での

“ご高説”を聞いて「うん?」と思ったので書きたい。

ハハハ。

d0164636_07350016.jpg

テーマは 口を開くたびに激しく叩かれる桜田五輪相の

コメントだった。ただし、池江璃花子の白血病公表に

関しての発言自体と、発言の一部を切り取って報道する

メディアへの批判についての話に分かれていた。


まず、全体に悪意や悪気がないことは分かるが、

大臣として 本人や世論がどう受け取るかでの

気配りがないという趣旨の話のあと・・・


その種の気配りができない人間は

そもそも政治家の資質を欠いている。


と断じ、さらに続けた。要旨はこうだ。


大臣の発言は悪気があるかどうかとは別に

不適切かつ無神経で五輪担当大臣の

コメントとしては論外である。


責任ある公的立場の人間が命にかかわる

病気の発覚にショックを受けている

十代の女性アスリートに向けて

発言しているのだから、大切なのは

自分がどう感じたかではなく、自分の

発した言葉を当事者や世間一般がどう

受け止めるかを第一に考えてその視点から

出発して言葉を選ばなければならなかった。

d0164636_07345788.jpg

…彼がどこかに書いたコラムを番組のキャスターの

赤江珠緒が読み上げたあと、この日のパートナー、

カンニング竹山を交えてのフリートークになった。

最近、批判が増えている メディアによる“コメントの

切り取り”について小田嶋はこう話していた。(大意)


発言とは切り取るものなんですよ。

発言を切り取るのが報道ということの基本で

それを“編集権”という。


ニュースにはすべてを伝える時間がない。

切り取り方に印象操作があったか悪意が

あったかどうかは別問題としてあると思うが

切り取ったことを批判したら報道って成立しない。


コラムの部分は“推敲”したはずだから抑制が効いていて

“全面的”ではないが、賛同できる。しかし、おそらく

“ナマ”でフリートークになってかの小田嶋の言葉には

何度も「うん?」と思った。宮藤官九郎のコラムの

タイトルが浮かんだ。「いまなんつった?」。ハハハ。


発言とは切り取るもの…乱暴・強引じゃないか?

切り取るのが報道の基本…コンセンサスなのかい?

それを編集権という…やり方次第で“乱用”となるね。


印象操作や悪意があったかどうかは別問題…大問題!

切り取りを批判したら報道は成立しない…ウソだろ!


全体として、コメントを切り取るのはやむを得ない と

認めているし、あの会見動画を見たけど、どこをどう

切り取ってもああいう言い方しちゃったら批判されても

しょうがないと言っていた。


…小田嶋君、そうかもしれない。でも、“だからこそ”、

慎重かつ偏らない切り取り方が求められているのさ。

最近のメディアはやり方が“雑”だし、“偏って”いるから

批判されるんじゃないのかい?


たとえばの話だけど、この番組での君のコメントの中で

一番気になったのはここだった。

d0164636_07345940.jpg

悪気がなかったという人が多いが、

池江さんのようにあれだけたくさん

メダルをとってがんばっている

若くてきれいな女の子に悪意を持つ

人なんておそらく日本人に1人もいない


心優しい私だけど、ここは“底意地の悪い”メディアに

なってみよう。この中から“若くてきれいな女の子に

悪意を持つ日本人はいない”を抜き取られ「小田嶋が

“若くてきれいな女の子には誰も悪意を持たないもの”と

言った」と書き立てられたら困惑するし、“やり方が

卑怯だ“と文句の一つも言いたくならないか?


現実には、“小田嶋隆”じゃニュース価値がないだろうが、

この言葉が仮に五輪相の口から出たとしたらこんな風に

やられてしまいかねないのが今のメディアなんだよね。


(敬称略)


by toruiwa2010 | 2019-02-25 07:38 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)

福島の浪江町で21時以降の遅くまで

空いてる飲み屋さんありますか?あと宿も。

知ってる方いたらインスタのDMください。

自分の町がなくなることへの話が聞きたい。

ちなみに明日の話です。

ウーマンラッシュアワーの村本大輔がそんなことを

呟いたのは12日の未明だったようだ。

“自分の町がなくなる…”の部分は誰でも引っかかる。

さっそく、批判のリプが多数書き込まれた。

その一つ(RTだったが)・・・


この芸人を心底軽蔑する。

震災から8年経とうとする浪江に来て、

「自分の町がなくなることへの話が聞きたい。」だと。


が、ジャーナリスト・江川紹子の目に留まった。


本当に、こいつ何様のつもりか、と思う。


15日の午後、彼女は村本をそう切り捨てた。


相方・中川パラダイスが一言 言っただけで

機関銃のような早口で言葉の弾丸を撃ちまくる

芸風で知られる村本だが、20171217日放送の

THE MANZAI以降、別の脚光を浴びるようになった。

d0164636_07492889.jpg

お笑い番組にはめったに出てこない反沖縄基地や

反原発を盛り込んだ政治ネタを披露した。

“異色”だったし、村本が絶好調だったから受けた…

私はそう受け止めた。面白かったのも事実だが。

話の中身までスタジオ内の観客や視聴者の胸に

届いたかと聞かれればそれはどうかな?だった。


それでも、異質だったから各方面から注目された。

本人も驚いていたほどの大きな反響があった。

芸能ジャーナリズムが取り上げているうちは

よかったが、途中から茂木健一郎、岩上安身、

東京新聞の女性記者…が、さまざまな形で彼を

賞賛し始めて様子が一変した。


私に言わせれば、あっという間に村本大輔は

天高く“舞い上がって”しまった。ハハハ。


鳩山由紀夫さんは、村本さんは、頭が切れる、

最後のオチが最高とおっしゃっていました。


(THEMANZAI)確認しました。すばらしい。

ウーマンラッシュアワー の二人に、毎日

レイトショーでその日の時事ネタをコメディに

する番組をさせる地上波テレビが出てきたら、

ぼくは全面的に応援します。(ともに茂木)


村本さん、秀でた魅力を持っているとやはり思う。

まずは達者な芸を持っている漫才師であると思う。

プロの話芸だ。しかし、彼は漫才師という衣を

まとった、実のところ核のところはピュアな

表現者であると思う。(岩上)


村本さんにぶら下がり

「番組降板は留学するから。

THEMANZAI出演後の反響の凄さに驚いてる。

沖縄米軍基地、原発、被災地など、政治や

社会問題にも忖度、タブー視せず触れていきたい、

ないもののように空気のように扱いたくない」 

胸が熱くなった

(官房長官とのやり取りで有名な女性記者)


名だたる知識人から“お褒めの言葉”をもらったのだから

無理もないと思う。周りが持ち上げるのは構わないが、

好きな芸人の一人だったから、「間違っても、まともに

受け取るなよ」とハラハラしながら見ていた。“沈静化”

する前に、原発や基地の“現場”に飛び込んで行った。

私自身は確認していないが、この間にテレビ番組などで

「憲法9条を読んでない」、「沖縄は中国から奪った」と

不勉強をさらけ出していた(らしい)


急に“名声”を得てしまったがゆえの“悲劇”だった。

地上波ではほとんど顔を見なくなった。英語を勉強し

スタンダップを目指すと言っているようだし、仕事は

いろいろやっているようだ。ハッピーならそれでいい。


今回のことは言葉の選び方を間違えただけだし、本人も

反省している。少しずつ勉強していけばいい。ただし、

被災地の人々が不快に思ったことは理解できるとしても

江川が“瞬間湯沸かし器”のような怒り方をするとは

少々 意外だった。表現が幼いし、下手なことに問題が

あるものの、両者の主義主張は同じ方向を向いている

のではないかと思っていたからだ。


なお、女性記者は村本を擁護する仲間の記者の呟きを

RTしているが、茂木、岩上はこの件については一言も

発信していない。聞こえていないふり…かな?


村本は愛すべき芸人だと思い、応援もしているが、

自分の思いを“むき出し”にした今のスタイルだと

地上波キー局は出演させることをためらうよね。

スタンダップの勉強がどうなっているのか知らないが、

発信の方法を芸にまで高めた彼を見てみたい。


by toruiwa2010 | 2019-02-20 07:53 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)

d0164636_07050247.jpg
視聴率に歯止め、フジテレビ「復活」は本物か


ネットニュースでそんな見出しを見た。

書いているのが東洋経済だから“ガセ”ではないと信じる。

もっとも、記事をよく読めば、営業的にも視聴率的にも

下降カーブが横ばいになっただけのようだし、見出しも

あくまで、本物“か”…だから、喜ぶのは早いと分かる。

ハハハ。


ただし、春先から母局に復活の“兆し”はあったと思う。

去年の夏に迎えた新社長のもと、ある意味 看板だった

“めちゃイケ”や“とんねるす”といった、長寿バラエティ

番組を終わらせたことは社内に緊張感を与えたはずだ。

各番組にも少しずつ“テコ入れ”して軌道修正してきたし

長い間 不調だったドラマにも復調の気配が見えていた。

なによりの“起爆剤”になったのは映画”コード・ブルー”、

”万引き家族”の大成功だろう。経営陣も社員も”元気”を

もらったに違いない。真っ暗だったトンネルの向こうに

明かりが見えてきたのだ。

d0164636_07043587.jpg

1963年に入社した頃のフジテレビは後発局の苦しみを

味わっていた。70年代に入って間もなく廊下の蛍光灯が

間引かれ、トイレのペーパータオルが撤去されたときは

「この会社、大丈夫か?」と心配したものだ。ハハハ。


しかし、空前のバブルが訪れた。

毎週、三冠王を取り、そのつど1万円の金一封が出た。

当然、月間も取るからそこでも金一封。 勢いは止まらず、

上半期、下半期、年間…そのたびに、金一封が出た。

もらうたびに引き出しに放り込んでいた先輩は、年末に

数えたら60万だか70万円だかになったと笑っていた。


“天下”は10年ほどで日本テレビの手に渡った。そのころ

私はWOWOWに出向していたが、絶頂期に入社した

若手社員が“慢心”しているように見えた。

それでも、私が定年退職したあとの2000年代初めから

二度目の黄金期を迎えた。さすがだと思った。

d0164636_07043385.jpg

“かげり”が見えたは2000年代の終わりごろだった。

韓国がらみでいくつかの不幸な出来事が続き、“嫌韓”を

掲げる人たちが騒ぎ、台場で抗議デモが行われたりした。

ネットに漂う不穏な空気を見て “まずいんじゃないか”、

“危ないぞと警告したが、何年も前に局を離れたOB

声など届くはずもなく、手をこまねいていた。


このことがその後に始まった“長期低落傾向”と関連して

いるかどうかは不明だが、このときも、遠くから眺める

OBは“驕り”を感じていた。

…よせばいいのに、悪い予感はものの見事に的中した。

ここまで落ちるとは予想もしなかったが。


“流れ”を見ると、近くテレ朝がトップに立ちそうだ。

これまでの例では、“首位・テレ朝”はしばらく続く。

日テレはゆっくりと下がっていく。テレ朝を追うのは

TBSか、テレ東か、フジか?

1,2年後には古巣が上昇に転じる気がする。“身びいき”は

否定しないが、今の中堅社員が いいときも悪いときも

知っていることがプラスに働くと思う。

d0164636_07044344.jpg

2015年の正月にNHKの番組「新春テレビ放談」を見て

軽くショックを受けたことを思い出す。

タレントや現役や元関係者が集まってテレビについて

自由に語っていた。司会は千原ジュニアだった。

“放談”とは言え、テレビの表も裏も知った人たちだから

ふだんは聞けない話も飛び出してなかなか面白かった。


最後に「今年 テレビここに注目」というコーナーがあり、

大げさに言えば、思わず胸が熱くなった。出席者の話に

あいづちを打ちながら何かをフリップに書き込んでいた

ジュニアが「僕は 芸人として、真面目に」と前ふりして

それをカメラに向けた。

d0164636_07044518.jpg
「きっかけはフジテレビ!」


「これに尽きると思います。フジテレビが元気ないと、

ホントにダメなんです。ほんまに、フルスウイングして

ほしいですね。やっぱり先頭を走っていただかないと。
よろしくお願いします」と付け加えた。


たったこれだけのことだったが、フジOBの一人として

「有難いことだ」と思った。
数日後のブログにこのことを書き、最後にこう付記した。


フジテレビ関係者も見たことでしょう。
タレントさんにここまで言われて

奮い立たなかったらテレビマンじゃないぜ、

まったく。


私はなかなか“熱く”ならない男だけど、フジテレビは

伝統的に“ノリのいい”局だ。このチャンスを生かして

復活の足場を固めてほしい。


幸運の女神に前髪はあるが

その後頭部は〇げている・・・

と言うからね。

d0164636_07050579.jpg


by toruiwa2010 | 2018-12-17 07:08 | 岩佐徹的考察 | Comments(0)