ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:ドラマ( 110 )

2100 絶対零度 フジテレビ

沢村一樹、横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、上戸彩


入り方がわざとらしくて15分が限界だった。

視聴率的には悪くないようだ。平均で“二けた維持”には

ビックリだし、自分が見る・見ないに関係なく、有難い。

最近 元気がいい沢村に感謝だね。ハハハ。


2200 ラスト・チャンス テレビ東京 

仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、水野美紀


勤務先が吸収合併されて仲村の人生は大きく変わる。

リストラされ、再就職に苦労する元同僚が大勢いる中で、

ツテがあって外食関連の会社に転職した。経営が傾いいる

会社の再建が仕事だった。

d0164636_08160386.jpg

前期、面白かった「ヘッド・ハンター」の“続編”だし、

仲村が好きだから見始めた。丁寧な作り方ではないが、

気に入っている。


2100 健康で文化的な最低限度の生活 フジテレビ

吉岡里帆、井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭


CMなどを見ると、吉岡は元気でいいなあ、と思うが、

このドラマは…職場に配属されたところで離脱した。

生活保護はだいじなテーマだが、ゴールデンのドラマの

題材としては無理がありすぎる。誰が興味を持つのか…

と思っていると、視聴率も2回目から5%台に下がり、

前回は4.7と“打ち切り”が見えてきた。私だけでなく、

視聴者は見限るのが早くなってるよね。


2200 義母と娘のブルース TBS  

綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、浅利陽介、麻生祐未


「世界の中心で愛を叫ぶ」や「JIN-仁-」、「とんび」、

「天皇の料理番」過去に気に入った作品を書いている

脚本家だと知って 最後まで見ると“展望”に書いたが、

竹野内が綾瀬との再婚を幼い娘に納得してもらおうと

苦戦しているところで“私的には”終わった。


数字がいい(1112%)のには理由があるのだろうが、

見るのをやめたものについてはどうでもいい。ハハハ。


2100 刑事7人 テレビ朝日

東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎


特に何がいいと言うわけではないが、見ている。

東山のエロキューションは変だけど、画面での存在感が

あるので許す。

d0164636_08153471.jpg

2200 高嶺の花 日本テレビ 

石原さとみ、峯田和伸、芳根京子、千葉雄大、三浦貴大


1回目の10分ほどでギブアップした。

なぜか石原には引っ張り込まれる傾向があるが、本作は

それほど“引力”がなかった。人を見た目だけでとやかく

言ってはいけないが、石原が峯田に恋をするというのは

想像するのが難しい。不似合いすぎるわ。ハハハ。


視聴率がじりじり下がっているのは分かる気がする。


2000 遺留捜査 テレビ朝日

上川隆也、栗山千明、永井大、甲本雅裕、戸田恵子


上川扮する糸川は“相変わらず”だ。ドラマのリズムも

展開も“相変わらず”だが、特にダメなところもない。

1回目に14.7%と今期最高をとったことに驚く。

2回目以降、少し下がったが、10%を割る気配はない。

d0164636_08154484.jpg

2100 ハゲタカ テレビ朝日 

綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ、池内博之、木南晴夏


証券会社、銀行など金融関係がからむドラマには厄介な

専門用語が出て来る。全部 分かろうとすると混乱する。

適当に聞き流す。俳優の表情を見て、どちらに有利で

どちらに不利な流れなのかは分かるから。ハハハ。

d0164636_08154934.jpg

綾野が率いる外資系ファンドが“活躍”するこのドラマも、

その“方式”で見ているが、楽しめる。


期待していた綾野だが、残念なことに、映画やNHK

ドラマにしたときの大森南朋に及ばない。見た感じ、

キャラクターの設定に失敗している。大森は大きな声を

出したりせずにこの役の“すごみ”を表現していた。


2200 グッド・ドクター フジテレビ

山崎賢人、上野樹里、藤木直人、戸次重幸、柄本明


展望から漏れていた。

ネットの書き込みなどに刺激されて見たが、よかった。

自閉症でサヴァン症候群の医師がレジデント(研修医)

としてやってくるという設定にはかなり無理があるが、

ドラマは山崎の好演もあって、いい出来だと思う。

10時の枠で二けたキープは立派だ。フジテレビだし。

ハハハ。


ただし、病状や治療法について患者になんでも話して

しまったり、命にかかわるからと病院の規則を無視して

患者を手術室に運び込んだり…この“無理”がどこまで

視聴者に受け入れられるかは分からない。


好意的に見ていたが、トラブルの起き方、山崎の反応、

途中経過、収まり方…がパターン化されていているのが

いやになって、4話からは見ていない。それにしても

視聴率がいい。母局のドラマで“二けたが2本”なんて、

いつ以来だろう? 


ほっぺたをつねる。しかも、どちらも見てない!ハハハ。

目立たないが、上野がいい。


2000 警視庁ゼロ係 テレビ東京

小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、木下隆行、加藤茶


見ない…と展望に書いたが、小泉が好きだから第1話を

録画で見た。事件現場に派手な格好で現れた小泉を見て

即、離脱した。ハハハ。


2200 透明なゆりかご NHK 07/20

清原果耶、瀬戸康史、酒井若菜、マイコ、水川あさみ


見ていない。


2200 チアダン

土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣、オダギリ・ジョー


1話を見終わるのに苦労した。この手の学園ものの

始まり方は”パターン”があって、その部分が苦手なのだ。

特に 部活ものには、部員間の対立、やる気のある子と

ない子のギャップ、顧問の先生の違和感etc…ほかに

もっとあるんじゃないの?と言いたい。ハハハ。

d0164636_08155461.jpg

ロングヘアのウイッグをかぶって広瀬が登場したとき、

初め 分からなかった。大ファンなのに。ハハハ。

設定から考えると、土屋は高校生だから16,7歳、広瀬は

9年前のチアダン優勝メンバーだから26,7歳、だろう。

土屋23歳、広瀬20歳という実年齢を知っているから

やっぱり無理があるなあ、という感じが否めない。

土屋には「もう高校生役は卒業したら?」と言いたい。


2話までは見たが、それ以上は無理だった。

制作陣にとっては、テレ東「警視庁ゼロ係」、フジテレビ

「健康で文化的な最低限度の生活」と“つばぜり合い”に

なっているのはショックではないか?


2200 サバイバル・ウエディング 日本テレビ

波留、伊勢谷友介、吉沢亮、風間俊介、ブルゾンちえみ


30歳の誕生日の挙式を前に寿退社した波留。

しかし、あろうことか、その夜 婚約者のベッドの中で

真っ赤なヒモパンを見つけてしまう!

しかも、逆ギレから婚約破棄された!!


これも見た目で恐縮だが、それほど魅力的とも思えない

風間に未練タラタラという設定が私には“無理”に見える。

3話目を見忘れた。録画で見られるが、その気はない。


2100 この世界の片隅に TBS

松本穂香、松坂桃李、村上虹郎、二階堂ふみ、伊藤蘭


中国地方に住むおっとりした性格の浦野すず(松本)

懸命に生き抜いた戦前・戦中・戦後の日々を描いている。

d0164636_08155903.jpg

1話がいい入り方をしたと思う。この枠の演出家は

視聴者のハートのつかみ方がうまいわ。ハハハ。

アニメ版は秀作だったが、“実写”でどこまであの時代を

映し出せるかと心配だった。部分的に的中した。

映像的な問題だけでなく、描いている時代が時代だから

エピソードの中には伝わらないものもある。


榮倉奈々登場の“現代”の挿し込み方にも無理があるなあ。


2200 ゼロ 日本テレビ 07/15

加藤シゲアキ、間宮祥太朗、小関裕太、小池栄子


初めから興味なかった。


…見続けているのは「ラスト・チャンス」、「刑事7人」、

「遺留捜査」、「ハゲタカ」、「この世界の…」の5本だ。


726日の視聴率を見ると、8時の「遺留捜査」、9時の

「ハゲタカ」より10時のの「グッドドクター」の方が

いい数字を残していた。

しかも、月9が平均で二けたをキープし、石原さとみの

「高嶺の花」や土屋太鳳の「チアダン」が振るわない。

…今期のドラマは読めないなあ。


つい最近、特筆すべきドラマに出会った。


2315 「dele(ディーリー)」 テレビ朝日

山田孝雄、菅田将暉、麻生久美子+ゲスト俳優


主演級の顔ぶれを見て心惹かれたが、深夜の放送なので

“とりあえず”録画しておいた。ブログ休筆中に第1話を

見てぶっ飛んだ。山田は 一定時間が経過しても連絡が

ないとき、死亡を確認したうえで、預かったデータを

消去することを生業とし、菅田はその“助手”だ。

d0164636_08152706.jpg

二人の確かな演技があり、二人の間の“呼吸の良さ”が

いい作品につながっていると思う。脚本も素晴らしい。

せりふの一つ一つに味があってムダがない。

一気に3話まで見たが、私の中では、今期のベストだ。

まだ見てなかったら、ぜひ。ODで見る値打ちも十分だ。


by toruiwa2010 | 2018-08-16 08:23 | ドラマ | Comments(2)

2年前、2本のアニメが大ヒットし、日本アカデミー賞で

アニメ部門の最優秀を争ったことは記憶に新しい。

苦手なカテゴリだが、どちらも見た。

「君の名は。」は世間の評価があまりにも高かったので、

賞レースに出て来たときに何か言いたいから見たのだし、

同じように見ないつもりだった「この世界の片隅に」は

当ブログの読者に勧められたから出かけたのだった。


鑑賞後の私の評価は明確だった。

「君の名は。」は 二人の登場人物が“入れ替わる”という

設定が気に入らず、75点、戦争中の物語だからさぞかし

暗いだろうと覚悟していた「この世界の…」は“反戦”を

静かに訴える作り方を好感して85点だった。

d0164636_07444773.jpg

7月期にTBSがドラマとして放送している。

広島市江波(えば)で生まれ、家族総出でノリづくりを

しながら育った浦野すずが 海を望む丘の上で暮らす

男性に嫁ぎ、夫やその家族とともに 第二次世界大戦を

懸命に生き抜いた物語だ。


TBSの日曜9時の枠は伝統があるから期待する一方で、

主演の女優さん(松本穂香)になじみがないし、解像度の

高いハイビジョンカメラが撮る映像で、暗く沈んでいた

あの時代の”空気”を出せるかなあという疑問があった。

d0164636_07423237.jpg

今のところ(3話終了)、“やっぱりね”という感じだ。

家の中はまあまあだが、すずが砂糖を買いに行く闇市の

シーンなど、外に出るとそうはいかない。

新しい工芸品をわざと汚して骨董品に見せる“贋作”ぽい

場面が何度となく出てくる。テレビドラマの限界だけど

よく頑張っているとは思う。


ドラマの成否がかかっている松本は予想を超えていい。

“もわーっとした”不思議な雰囲気を漂わせている。

大化けするかもしれない。

d0164636_07434720.jpg

…とまあ、私はそれなりに気に入ってTBSのドラマを

見ているが、不満、あるいは不快と感じている人たちが

いるようだ。アニメ映画版「この世界の片隅に」製作

委員会の面々だ。

“我々はドラマ版とは関係ない”とHPで宣言した!


現在放送中の漫画『この世界の片隅に』を

原作とする実写ドラマに「special thanks to

映画『この世界の片隅に』製作委員会」と

表記されておりますが、当委員会は当該

ドラマの内容・表現等につき、映画に関する

設定の提供を含め、一切関知しておりません。

d0164636_07441785.jpg

special thanks”としたTBSの意図も分からないが、

正面から「あんなことを言ってますが、我々はいっさい、

関係ありませんから」とあえて異を唱える意味がどこに

あるのかもよく分からん。


そこまで“こだわる”理由の一つはドラマにはときどき、

“現代”が顔を出すことかもしれない。すずのひ孫()

恋人と思われる男と一緒にすずが住んでいた家を訪ね、

リフォームしてここに住むと言っている。

たしかに、木に竹を接ぐ“無理やり”感は否めないものの、

ひ孫役の榮倉奈々が好きだから私は何の不満もないが、

委員会は“不要”だと言いたいのではないか?

d0164636_07431712.jpg

誰もが、あっちはアニメ、こっちはドラマ…と、違いは

認識しているし、せっかくいい話なんだから、あんまり

“ぎくしゃく”して欲しくないんだけどなあ。


by toruiwa2010 | 2018-07-30 07:47 | ドラマ | Comments(1)

2100 絶対零度 フジテレビ 07/09

沢村一樹、横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、上戸彩


東京ラブストーリー、101回目のプロポーズ、ひとつ

屋根の下、あすなろ白書、ロングバケーション、ラブ

ジェネレーション、やまとなでしこ、HERO、ガリレオ、

コード・ブルー…90年代から2000年代初めにかけて

テレビドラマと言えば“月9”という時期があった。

”そこのけ、そこのけ”状態だった。ハハハ。

たしかに、ドラマとしても面白かったし、おかげさまで

フジテレビの社員だと、胸を張って言える時代だった。


しかし、最近の“落ち込み”は目を覆うばかりだ。

20161月期の「いつかこの恋を思い出してきっと

泣いてしまう」以後、平均視聴率が二けたを超えたのは

「コード・ブルー」(20177月期)だけという惨状だ。

関係者は懸命に打開をはかってきたと思うが、にっちも

さっちもいかない。OBは歯ぎしりして見守るしかない。

d0164636_05094177.jpg

で、今期は本作か。

3回目のシリーズだが、過去2回は火曜日放送だったし、

主演・上戸彩だった。視聴率は14.413.1%をとった。

“必死”感が伝わってくる。上戸も特別出演するようだが、

“主演・沢村”なら、沢村のドラマなんだと思う。最近、

頑張っているが、“瀕死の”月9を救う魅力はあるか?


元公安のエリート刑事・沢村が率いるのは警察内部でも

秘密の組織・未来犯罪捜査班=ミハン。

システムが割り出した危険人物が起こす“かもしれない”

重大犯罪を阻止するそうだ。


見ないと分からん。そう思って、昨日の1回目を見た。

二けたに届いたようだが、我慢は15分が限界だった。

本田はちょっと可愛いと思ったけど。ハハハ。


2200 ラスト・チャンス テレビ東京 07/16

仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、水野美紀


銀行員として仲村は順調な人生を送っていた。しかし、

財閥系大銀行に吸収合併されたことから一変する。

リストラや転職で仲間の人生も大きく変わっていく中、

仲村は新しい仕事への誘いを受ける。


前期、意外に面白かった「ヘッド・ハンター」に続く

いわば“続編”だし、大好きなトオルちゃんが好きだから

とりあえず見る。


2100 誰かのために汗をかく夏 フジテレビ 07/17

吉岡里帆、井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭


新人地方公務員の吉岡が配属されたのは“生活課”。

110世帯の生活保護受給者を担当することになった。

個性的なメンバーが揃った職場で、さまざまな人生を

抱えた受給者と向き合う…


パスかなあ。


2200 義母と娘のブルース TBS  07/10

綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、浅利陽介、麻生祐未


ばりばりのキャリアウーマン、綾瀬が娘のいる男性と

結婚したことで“継母”になる。つまり、“義母”だ。

母になろうと一生懸命の綾瀬が描かれる。

大きな事件もハプニングも起きないらしいが、脚本が

「世界の中心で愛を叫ぶ」や「JIN仁-」、「とんび」、

「天皇の料理番」の森下桂子だというから、どこかに

“仕掛け”があるのだろう。好きな俳優が揃っている。


昨夜の1回目は、きょう未明のサッカーを見るために

録画に回したが、たぶん、最後まで見る。

d0164636_05101156.jpg

2100 刑事7 テレビ朝日 07/11

東山紀之、田辺誠一、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎


2015年から4年連続の登場になる。去年はシリーズの

最高視聴率をたたき出した。前2回にくらべてテンポが

良くなったし、登場人物の間にいい感じのハーモニーが

生まれたからではないかと見る。


4月期の「特捜9」同様、前シリーズでばらばらになった

メンバーがほぼ元に戻るようだ。ご都合主義。ハハハ。

このシリーズの天樹悠は東山にはまっているようだ。

まずまずのシリーズだから、見ることになる。

d0164636_18003586.jpg

2200 高嶺の花 日本テレビ 07/11

石原さとみ、峯田和伸、芳根京子、千葉雄大、三浦貴大


華道の名門に生まれた石原はすべてを持ち合わせた女性。

なにもかもが釣り合う男性と結婚するはずだった…のに、

相手の“二股”が発覚し、挙式当日に破談!


失意の日々を送る彼女の前に現れるのは、なにもかも

釣り合わない平凡な自転車店主の男(峯田)という設定だ。

日本中の自転車屋さんが怒りそうな話だが。ハハハ。


野島伸司の脚本は出来・不出来の波がある気がするが、

キャストが気に入っているから、見ちゃうんだろうなあ。

“タイプ”じゃないのに、石原だと見てしまうんだ。

d0164636_18010572.jpg

2000 遺留捜査 テレビ朝日 07/12

上川隆也、栗山千明、永井大、甲本雅裕、戸田恵子


犯行現場に残された、見逃されがちな遺留品にこだわり、

周囲から疎んじられながらも事件解決に貢献していく

変わり者刑事・上川を描く第5シリーズだ。これまでの

シリーズはすべて平均視聴率で二けたを取っている。

うーん、それほどでもないんだけどなあ。ハハハ。

ずっと、見ているから、たぶん今回も。


ちなみに、ずっと出続けていた斉藤由貴が静かに消えて

いったようだ。画面に現れれば、見る方も余計な情報を

頭に浮かべてしまうからなあ。

d0164636_18013652.jpg

2100 ハゲタカ テレビ朝日 07/19

綾野剛、渡部篤郎、沢尻エリカ、池内博之、木南晴夏


真山仁原作の小説は読んだことがないが、2007年に

NHKが制作したドラマもよかったし、2009年公開の

映画もよかった。ドラマは数年前にDVDを購入して

もう一度見たほどだ。


経済がらみのドラマは用語が難しくて敬遠されがちだが、

私は右の耳から左の耳(あるいはその逆w)に聞き流す。

登場人物の表情を見ていれば、“そのこと”がどちらに

有利なのかは分かる。それで物語りは十分理解できる。

医療ドラマの手術シーンで医師が発する専門用語だって

まともに聞かない。話の展開にはほとんど関係ないから。

ハハハ。


大森南朋が熱演した役を綾野がどう演じるかに注目して

最後まで見るだろう。

d0164636_17580444.jpg

2000警視庁ゼロ係 テレビ東京  07/20

小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、木下隆行、加藤茶


1シリーズを見たが、1話の途中で終わった。

警視殿なのに“KY”だと煙たがれる小泉という設定に

無理がありすぎて。


このところ、あっちこっちで小泉を見る。見た目通り、

まじめな仕事が評価されているのはいいことだ。

でも、このドラマは見ない。ハハハ。


2200 透明なゆりかご NHK 07/20

清原果耶、瀬戸康史、酒井若菜、マイコ、水川あさみ


産婦人科医院で働く見習い看護師、清原の目を通して

“命”を描くらしい。重そうだなあ。見ないかなあ。


2200 チアダン TBS  07/13

土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣、オダギリ・ジョー


広瀬すず主演の映画がヒットした。そのドラマ化だと

思ったら、そうじゃないんだって。映画の“9年後

描くそうだ。

土屋が出るだけでも食指が動く。ハハハ。


しかも、映画で主演した広瀬すずがあれから9年たって

コーチになって戻ってくる!ずるいキャスティングだ。

出番はすくないのだろうが、ドラマとはいえ、広瀬が

大人の女性をどう演じるか興味がある。実際の9年後は

見られない可能性があるからなあ。ハハハ。

d0164636_18022006.jpg

2200 サバイバル・ウエディング 日本テレビ

波留、伊勢谷友介、吉沢亮、風間俊介、ブルゾンちえみ


出版社勤務の波留は30歳の誕生日に挙式の予定だった。

3ヶ月を残して寿退社したが、相手の浮気が発覚した!

で、逆切れから婚約破棄された!ウン?似たような話を

ついさっき、どっかで聞いたぞ。

ハハハ。

d0164636_18032092.jpg

2100 この世界の片隅に TBS 07/15~

松本穂香、松坂桃李、村上虹郎、二階堂ふみ、伊藤蘭


戦時中、広島の呉に嫁いだ女性、“すず”の話だ。

あらすじを読むまで、“あの”物語だとは気づかなかった。

マンガを原作とする、けなげに生きた女性が主人公だ。

2年前にアニメ化されたものを見た。苦手なアニメだし、

暗そうな話だったので行く気はなかったが、ブログの

読者に勧められて出かけた。よかった。「君の名は。」の

“あざとさにくらべ、淡々と描いているのが良かった。


ドラマがどんなタッチになるか分からないが、アニメと

違って、解像度の高いカメラで撮った映像であの時代の

トーンが描けるのか疑問だ。“純”二次元のアニメだから

非現実に近い“物語”として見られたが、スクリーンは

二次元でも、そこで演じている生身の俳優には奥行き・

立体感を感じてしまうから難しそうだ。“虚構・ウソ”が

はっきりしてしまわないか?

それを言い始めると時代劇はすべて成立しないわけだが。

ハハハ。

d0164636_18035140.jpg

2200 ゼロ 日本テレビ 07/15

加藤シゲアキ、間宮祥太朗、小関裕太、小池栄子


ドラマのコンセプトをHPで読んだが、なにがなんだか

さっぱり分からない。自分の言葉でここに紹介したいと

思うが、とても無理だ。“老いさらばえた”脳でなんとか

理解できるのは加藤が演じる主人公、半端ない大富豪の

名前が“在全無量”ということだけ。ハハハ。


まとめると、はやばやと「絶対零度」が脱落した。

とりあえず見るのは「ラスト・チャンス」、「サバイバル・

ウエディング」、「義母と娘のブルース」、「刑事7人」、

「高嶺の花」、「遺留捜査」、「チアダン」、「この世界の

片隅に」の8本だが、早めに”整理”しないとやばい。


最も期待しているのは「ハゲタカ」だ。


by toruiwa2010 | 2018-07-11 05:11 | ドラマ | Comments(0)

4月期ドラマがすべて終わった。

最後まで見続けたドラマは…という意味だが。

ハハハ。

恒例なので(高齢でもあるがw)、回顧しておく。

数字は私の感想点だ。


不調が続く月9を何とかしたいと願って長澤まさみを

起用した「コンフィデンスマンJPだったが、二けたに

乗ることは一度もないまま、終わった。ちなみに 私は

冒頭の5分で挫折した。

7月期は沢村一樹&上戸彩で「絶対零度」だ。残念だが、

何かが変わるとは思わないなあ。


80 ヘッドハンター テレビ東京

江口洋介、小池栄子、杉本哲太、平山浩行、徳永えり

1回目から見た。面白かった。

人材を求める企業と転職を模索する人を繋ぐビジネスの

“あるある”が見られた。今期の中では満足度が高い。

d0164636_07022353.jpg

江口、小池、杉本、平山…きちんとした演技ができる

俳優たちが集まっているが、役作りに頭を悩まさなくて

済むような演出だった気がする。撮影に時間がかかると

制作費がかさむからそうしたのではないかと勘ぐる。

それでも楽しめたのだから大したものだと思う。ハハハ。


Beverlyの主題歌もよかった。


80 シグナル フジテレビ

坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎


なぜ 1998年と2018年が1台のトランシーバー1台で

つながるのか?どの時点かで“カラクリ”が明かされると

思って見ていたが最後までそれはなかった。

初めは、すごく違和感があったが、途中で消えた。

2323分にトランシーバーがガーガー鳴り出すものと

覚悟しておけばいいのだから。どっちにしろ、こんなに

無理な設定なのに見続けた自分を褒めたい。ハハハ。

d0164636_07022826.jpg

10話平均7.79%は 他局では不満があるかもしれないが、

ここ数年のフジテレビのドラマの中では頑張った方だ。

坂口は頼りなかったが、最後にはいい感じになっていた。

北村が熱演だったし、吉瀬は一皮むけるかもしれない。


85 特捜9 テレビ朝日 

井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正


安定感があるドラマだ。今期の視聴率No2も当然だね。

解散してバラバラになっていた9係のメンバーが番組に

合わせて再結集した。新しい班長(寺尾聡)が最後まで

なじまなかったし、新参加の若い刑事にイライラしたが、

このドラマに大きな不満はない。

d0164636_07023881.jpg

70 警視庁捜査一課長 テレビ朝日 

内藤剛志、安達祐実、ナイツ・塙宣之、本田博太郎

 


内藤が気に入ってる。安達も嫌いじゃない。塙がどんな

芝居をするのか…そんな感じで見始めたのだが、脚本の

ひどさに音を上げた。前2シリーズから怪しかったんだ。


80 未解決の女 テレビ朝日 

波留、鈴木京香、沢村一樹、工藤阿須加、高田純次


期待ほどではなかったが、最後まで見た。好きな波留の

キャラクター設定がへんてこだったのが気に入らん!

なんだってあんなに“幼い”んだ。ハハハ。

d0164636_07023327.jpg

85 孤独のグルメテレビ東京 

松重豊


これまでのシリーズにくらべて人も金もかけていた。

どう見ても松重ありきの作品だが、”ドラマ”カテゴリに

入れるのは無理があるね。

いつも、「ああ 一度でいいから、こんな風にうまそうに

食ってみたいもんだと思いながら見た。

d0164636_07024318.jpg

“番組終了”と言ううわさがネットに流れたことがあるが、

絶対に終わらないでほしい。


80 ブラックペアン TBS 

二宮和也、竹内涼真、小泉孝太郎、内野聖陽、加藤綾子


“ヒール”・二宮は見事だった。新境地を開いたかも。

しかし、根っからのニノ・ファンはひいたのではないか?

まだ終わってないが、9話までわずかだが、「特捜9」の

後塵を拝していた。最終回が全ドラマの中で4月期の

最高、18.6%を記録し、平均でも14%を越えて、逆転で

1位になった。サムライブルーの試合のキックオフと

かぶらなかったことが幸いしたね。ハハハ。

ただし、この程度の数字では、せっかく、二宮に加えて

竹内までキャスティングした苦労に見合わないだろう。

d0164636_07025086.jpg

ドラマだと分かってはいるが、「ドクターX」の上を行く

無茶苦茶なストーリーに驚く。1000万だ、2000万だと

オペルームで平然と金を要求する医師…ちょっとねえ。

海堂尊は次からドラマ化を許さないんじゃないか。


出番も多くて、ポイントになる役だったフリーアナの

加藤綾子だったが、ネットの評判は良くないようだ。

難しい演技を求められるシーンなどないのに、セリフに

感情がこもらないのは困ったものだ。演出も問題だ。

少しも“きれいに撮って“いなかった。彼女を起用した

理由の多くはその容姿だろうに。


二宮には存在感があった。新境地を開いたと思う。


書いていて気付いたが、私がこのドラマは”ダメ”だと

判断するのはだいたい冒頭の5分までのようだ。

各局の制作者はその点に留意されたい。ハハハ。

d0164636_07032934.jpg

WOWOW「誤判対策室」が面白かった。

政治的な理由もあって新設された部署に刑事、検察官、

弁護士…それぞれの事情を抱えた男女が飛ばされてきた。

強引な捜査の経験を持つ 定年を控えた刑事に舘ひろし、

有力衆院議員の父親に反抗する若い弁護士に古川雄輝、

リーダーとして生真面目に仕事に取り組む女性検事に

星野真里が扮していいハーモニーを作っていた。


死刑囚を演じた康(かん)すおんという俳優を初めて見た。

演技にリアリティがあって素晴らしかった。


正直に言えば、BSも含めるとこれがベストだった。

何度も書くが、母局だからではない。


ひそかに期待していたWOWOW「不発弾」が10日に

スタートした。これもいいのではないか。椎名桔平、

黒木メイサ、原田知世、奥田英二…金融がらみの話だが、

1話からいいテンポで滑り出した。楽しめそうだ。

d0164636_07033554.jpg

昨日のTBS「あにいもうと」もいい出来だった。

渥美清・倍賞千恵子に当て書きされたようなドラマだが、

大泉洋・宮崎あおいのコンビネーションが絶妙だった。

多くの関係者に渥美を思い出せたという大泉の演技は

たしかにうまかったが、宮崎が出色だった。

崖っぷちで事件が解決するタイプが多い2時間ドラマも

たまーに、こういう佳作が見られると儲けた気がするね。

ハハハ。


by toruiwa2010 | 2018-06-26 07:09 | ドラマ | Comments(0)

2100 コンフィデンスマンJP フジテレビ 

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世


私は5分でチャンネルを変えた。予想通り、ウソっぽい展開が

見えて私はダメだった。1回目から9.4%という数字が出た。

“それなり”だし、その後も落ちていない。あれでもいいと言う

視聴者も結構いたわけだ。そのまま応援してやってほしい。

私はもう見ないが。ハハハ。


2200 ヘッドハンター テレビ東京

江口洋介、小池栄子、杉本哲太、平山浩行、徳永えり


たしか“展望”のときには発表されていなかった。

1回目から見ている。題名通り、人材を探す企業と転職を

模索する人たちをつなぐ商売の“あるある”が見られる。

案外 気に入ってる。今期のドラマの中では満足度が高い。

d0164636_06190236.jpg









江口と杉本は「ガイアの夜明け」、小池は「カンブリア宮殿」…

テレ東の番組つながりだね。林宏司(「医龍」、「ハゲタカ」)

脚本も悪くないし、Beverlyの主題歌もいい。

“黒”澤(江口)と“赤”城(小池)がライバル関係にある。そして

杉本の役名は“灰”谷(グレー)で、しばしば登場する情報屋

(平山)は眞城(マッシロ?)…色にこだわりがあるらしい。

ハハハ。


2100 シグナル フジテレビ

坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎、池田鉄洋 


原作が韓国だというが、もちろん、そんな痕跡はどこにもない。

坂口の線の細さが気がかりだった。見た感想も同じだね。

…そう言いながら 見ている。予想以上にいい数字でスタートし、

その後も大きな“落ち込み”はない。2台のトランシーバーを

介して1998年と2018年がつながるという無理やりな設定は

納得しないが、ずるずると最後まで見そうな気配。ハハハ。

d0164636_06183889.jpg







2200 花のち晴れ TBS 

杉咲花、平野紫耀、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ 


一度も見てない。


2100 特捜9 テレビ朝日 

井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正


安定感があるドラマだ。視聴率も今期のNo1だ。当然だね。

番組に合わせてメンバーが再結集した。まだ 新班長(寺尾)

なじんでいないが、シリーズの雰囲気は少しも変わっていない。

邪魔なのは新参加の若い刑事だね。イライラするわ。

d0164636_06184282.jpg













2200 正義のセ 日本テレビ 

吉高由里子、安田顕、三浦翔平、広瀬アリス、塚地武雄 


1話が私の想像通りの展開だったら、2話以降、見るのを

やめることになる…と書いた。その通りになった。だから

公言した通り見てない。ハハハ。


2000 警視庁捜査一課長 テレビ朝日 

内藤剛志、安達祐実、ナイツ・塙宣之、本田博太郎、金田明夫


 

なんとなく見続けてきたが、この2週ほど、あまりにもひどく、

先週、見終えたところでギブアップを宣言した。もうちょっと、

脚本をなんとかせい!ハハハ。


2100 未解決の女 テレビ朝日 

波留、鈴木京香、沢村一樹、工藤阿須加、高田純次、光石研


期待ほどではないが、ずっと見ている。全体の雰囲気がいい。

波留のキャラ設定が私の好み通りじゃないのが残念!ハハハ。

d0164636_06185248.jpg









2200 モンテ・クリスト伯 フジテレビ

ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、新井浩文


まったく見る気が起きなかった。視聴率は超低空飛行だ。


2000 名執事西園寺の名推理 テレビ東京

上川隆也、八千草薫、佐藤二朗、浅利陽介、岡本玲、古谷一行


同じく!


2200 あなたには帰る家がある TBS 

中谷美紀、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江


キャスティングに魅力があったが、始まって5分で終わった。


2412 孤独のグルメテレビ東京 

松重豊


ロケのやり方やエキストラの数を見ていると、これまでより

お金をかけているのが分かる。あくまで松重の“うまそうな”

食いっぷりがメインだが、周りがしっかりして、ますます

面白くなってる。ハハハ。

d0164636_06184730.jpg









2200 Miss デビル 日本テレビ 

菜々緒、佐藤勝利、木村佳乃、船越英一郎、西田敏行


12回は見るかなあ、と思ったが、結局一度も見なかった。


2100 ブラックペアン TBS 

二宮和也、竹内涼真、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽


「ブラックペアン」が始まった。

いいテンポだ。惹きこまれる。

入り方がうまいね。

二宮和也の登場、かっこよし。

話す前に仕事しろ!

一定レベルの作品を見せてくれる

枠だから楽しみだ。


初回を15分ほど見たときのツイートだ。

…完全な“早とちり”だった。恥ずかしい。

d0164636_06185889.jpg









二宮の“ヒール”ぶりは見事だと思う。しかし、内野や市川など、

周りの役者もかなりキャラクターが濃いから際立たないね。

ドラマだからなんでもありだろうが、あまりにも“ありえない”

展開が多すぎる。脚本が稚拙だね。海堂尊は怒ってないのか?


治験コーディネーター役で出るフリーアナの加藤綾子がどんな

演技を見せるかに興味があった。出番も多いし、結構 重要な

役どころだね。演技…全体にそれほど難しいことを求められて

いないのに、セリフが棒読みでガッカリだなあ。


ガッカリと言えば、二宮&竹内で最低でも15%は期待したはずの

TBSのガッカリ度は私の比ではないだろう。ハハハ。


2200 崖っぷちホテル 日本テレビ 04/15

岩田剛典、戸田恵梨香、浜辺美波、中村倫也、鈴木浩介


初回の5分ほどで脱落した。2桁とったと知って仰天したが、

2回目以後、低空飛行が続いている。いろいろ ふざけすぎだ。


書いていて気付いたが、私が”ダメ”と判断するのはだいたい

冒頭の5分までだね。各局の制作者はその点に留意されたい。

ハハハ。


展望の段階で、最後まで見るだろうと思ったのは「特捜9」、

「警視庁捜査一課長」、「ブラックペアン」、「孤独のグルメ」の

4本だったが、「捜査一課長」が消え、代わりに「シグナル」と

「未解決の女」、「ヘッドハンター」が加わった。わあ、忙しい。

ハハハ。

d0164636_06190774.jpg













しかも、始まったばかりのWOWOW「誤判対策室」が面白い。

刑事、検察官、弁護士…それぞれの職場で“問題”を起こして

飛ばされた3人の男女が地下の薄暗い部屋に集められている。

仕事は 過去の膨大な事件の中からえん罪の疑いがあるものを

探し出すことだ。


舘が扮する 定年を控えてまったくやる気のない刑事をはじめ、

やたら“とがっている”若い弁護士(古川雄輝)、リーダーとして

生真面目に仕事に取り組む女性検事(星野真里)…3人の

キャラクター設定があまりにも典型的で笑ってしまうが、

次回からの展開次第で楽しめそうだ。


6/10スタートの「不発弾」も、予告編を見る限り面白そうだ。

裏切られる可能性もあるが。ハハハ。


竹野内豊・上戸彩主演のテレビ東京のスペシャル・ドラマ、

「ミッドナイトジャーナル」が拾いものだった。好きな二人に

惹かれて見たが、しっかり作ってあって、2時間、楽しめた。


by toruiwa2010 | 2018-05-10 08:10 | ドラマ | Comments(6)


2100 コンフィデンスマンJP フジテレビ 04/09

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世

d0164636_07584974.jpg









苦戦が続く月9に長澤が出て“くださる”。有難いことだ。

古沢良太の脚本だというし、期待しよう。少なくとも、最高8.6

最低4.9、平均6.14%だった「海月姫」のようなことはなかろう。

…ないと信じよう。ハハハ。


“コンゲーム” というジャンルのドラマになるらしい。

説明を聞いてももう一つイメージできないのだが、とにかく

conというぐらいだから、詐欺・ペテン・だまし…に関係した

物語になるのだろう。主要な登場人物がすべて詐欺師という。

1話を見ればわかるだろう。


…一昨日、始まった。5分でやめた。

いろいろダメだ、と分かった。数字は9.4%と

長澤の割に低かった。苦しいね。

見ないけど、成功を祈る。ハハハ。


2000 くの一忍法帖 蛍火 BSテレビ東京 

ベッキー、黒川芽以、樋井明日香


山田風太郎原作のおんな忍者もの。

ベッキー…なぜ、こんなものに?

応援団としては悲しいぞ。

痛々しくてとても見られない! 

テレ東も残酷なことをするなあ。


2100 シグナル フジテレビ 04/10

坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、渡部篤郎、池田鉄洋 

d0164636_07590364.jpg







刑事ものだが、原作が韓国…というのは珍しいのではないか。

ただし、舞台は日本に置き換えるのだから違和感はないだろう。。

問題は坂口かなあ。線が細く、ゴールデンのドラマの主役が

務まるのかという不安がつきまとう。杞憂であればいい。

大化けしてくれたらもっといい。いま”はずれ”のフジテレビで

主役を演じようという勇気に拍手!


昨夜のツイート

フジテレビのドラマ 「シグナル」

期待していなかったが、ちょっと面白そう。

坂口健太郎が思った以上にいいし。

北村一輝、吉瀬美智子も悪くないよ。

でもなあ、フジだからなあ。

1回目は67%かな。惜しいなあ。

少し話を整理しないとね。


昨日の1回目を途中まで見てそうつぶやいたが、訂正!

やはり、坂口がちょっと幼いなあ。

彼が活躍する根拠や筋立てにも無理が目立つ。

せっかく、面白く作れそうな素材なのに、もったいない!

でも、小栗旬の「BORDER」の雰囲気もあって期待する

気持ちは残ったから次も見る。


2200 花のち晴れ TBS 04/19

杉咲花、平野紫耀、中川大志、濱田龍臣、飯豊まりえ 


ちょっと待ってくれ。

この中で最年長は1971月生まれの平野で21歳。

しかも、名前を聞いたのも初めてだ。どう考えても無理だなあ。

ヒットコミック「花より男子」の新章で、キャッチコピーは

“痛快青春ラブストーリー”だそうだ。

私は見ません。


2100 特捜9 テレビ朝日 04/11

井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正

d0164636_07585324.jpg












亡くなった渡瀬恒彦への敬意として、そのままになっていた

「警視庁捜査一課9係」の番組タイトルが変わった。

…だけではなく 捜査一課に新たに立ち上げる「特別捜査班」に

9係”の面々が集まるようだ。そこの班長になるのが寺尾聡だ。

事情があって、小さな子を育てているので “9―5勤務を

条件に引き受けたらしい。


このドラマでいつも楽しみなのは津田と吹越の”じゃれ合い”だ。

寺尾が加わっても従来からのチームワークは変わらないと思う。

水曜日のこの時間は今期もテレ朝を見ることになる。母局が

どんな番組をやるか知らないが。ハハハ。


2200 正義のセ 日本テレビ 04/11

吉高由里子、安田顕、三浦翔平、広瀬アリス、塚地武雄 

 

主人公の凛々子(吉高)は横浜地検に勤める駆け出し検事だ。

不器用だけど、一生懸命…という“ありがちな”設定だから、

ストーリーも想像がつく。原作が“苦手な”阿川佐和子だし、

1話が私の想像通りの展開だったら、2話以降、見るのを

やめることになるだろう。ハハハ。


2000 警視庁捜査一課長 テレビ朝日 04/12

内藤剛志、安達祐実、ナイツ・塙宣之、本田博太郎、金田明夫

 

「被害者の無念を晴らすため、一刻も早くホシを上げる!」

ちょうど1年ぶりに大岩(内藤)が戻ってくる。

3シリーズだが、過去2回、あまりいい出来ではなかった。

内藤が京都府警から警視庁に“異動”して奮闘するが、1月期の

「科捜研の女」で共演していた金田と階級が逆転しているのが

いかにも日本のテレビらしくて笑える。ハハハ。


塙がどんなボケをかますのか?操作にヤホーは役立つか?

彼は戦力にならないだろうが、新加入の安達が楽しみだ。


2100 未解決の女 テレビ朝日 04/19

波留、鈴木京香、沢村一樹、工藤阿須加、高田純次、光石研

d0164636_07585907.jpg









病気が治って職場復帰を果たしたと思ったら、”文書解読係”に

異動になっていた波留とその上司、鈴木…二人の女性刑事が

中心になってドラマが進むらしい。未解決事件の資料の中から

わずかなヒントを見つけ出して解決に導くわけですが、波留の

アクション・シーンもあるとか。顔ぶれに魅力を感じる。

テレ朝のドラマ班は、視聴者のデータを分析してその好みに

合わせて企画を立てているのか、弱いところを突いてくる。

憎いなあ。ハハハ。


2200 モンテ・クリスト伯 フジテレビ 04/19

ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、新井浩文、高橋克典


「巌窟王」のタイトルでも知られている有名小説を原作とする

“復讐劇”だそうだ。私は見ない。

フジテレビは20131月期にも市原隼人や斎藤工を起用して

「カラマーゾフの兄弟」を放送した。同工異曲…。

1話の序盤 10分足らずで脱落したが、23時からの放送で

平均6.25%だった。“フジオカ好き”はどうぞ。ハハハ。


2000 名執事西園寺の名推理 テレビ東京 04/13

上川隆也、八千草薫、佐藤二朗、浅利陽介、岡本玲、古谷一行


執事・西園寺に扮するのは上川で、仕える家の奥様が八千草だ。

…で、そういう話かと思ったら、殺人事件が起きたりする。

刑事ものらしい。

上川はこのドラマの撮影に入るために1月期の「BG」で早めに

消えたのかしら…という疑問がわくなあ。


2200 あなたには帰る家がある TBS 04/13

中谷美紀、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江


二組の夫婦の物語だ。どんな夫婦を演じるか楽しみだね。

タイトルから想像できるのは、それぞれの家庭が帰りたい家か

どうか?ってことかと思ったら、そんなに簡単な話ではなくて、

結構、ドロドロした展開になるらしい。

夫婦の「あるあるネタ」満載だというから、とりあえず見るか。

ハハハ。


2412  孤独のグルメ テレビ東京 04/06

松重豊


すでに始まっている。これまでよりお金をかけている感じ。

ドラマ…と思っていないが、いつも見ている。松重の“健啖”は

息をのむほどだ。他人が食べているのに楽しい。変なの。

ハハハ。


2200 Miss デビル 日本テレビ 04/14

菜々緒、佐藤勝利、木村佳乃、船越英一郎、西田敏行


サブタイトルが“人事の悪魔・椿眞子”となっている。

菜々緒が扮するのは人事部のコンサルタントだ。

去年の大河でも重要な役を貰って頑張っていた菜々緒…

CMも出まくってるね。でも、12回で終わりそうだなあ。


2100 ブラックペアン TBS 04/22

二宮和也、竹内涼真、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽

d0164636_08150538.jpg










二宮の役は”オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医だ。

原作が「チーム・バチスタ」の海堂尊だから期待できるかも。

今期唯一の医療ものってことかな?それでなくても、この枠は

よほどひどくなければ最後まで見るけど。

“治験コーディネーター”の肩書でフリーアナの加藤綾子が出る。

日曜劇場では先輩・高島彩もデビュー(下町ロケット)しているし、

それ以前に花形“女子アナ”だった八木亜希子は今、女優として

独自のポジションを得ている。がっかりするような演技だけは

見せてほしくないなあ。ハハハ。


2200 崖っぷちホテル 日本テレビ 04/15

岩田剛典、戸田恵梨香、浜辺美波、中村倫也、鈴木浩介


かつては名門と言われたが、今では破産寸前のホテルが舞台だ。

総支配人に扮するのが戸田だが、クセの強い従業員に手を焼く。

そこに現れる“救世主”が岩田…と言うわけだが、HPにあった

1話のあらすじを読んだだけで、見ないと決めた。ハハハ。


…最後まで見るだろうと思うのは「警視庁捜査一課長」

「特捜9」「ブラックペアン」「孤独のグルメ」の4本。

案外、面白いかも…と思っているのは「未解決の女」。

見続けそうもない、あるいは"微妙"なのは「正義のセ」

「あなたには帰る家がある」「シグナル」かな?


WOWOWで放送中の妻夫木聡、竹内結子主演の

「イノセント・デイズ」は暗いけど、悪くない。


そして、収録しずみのてあった「anone」の後半を

見ているが、最後に向けて面白くなっている。

セリフと演技力がいい。


by toruiwa2010 | 2018-04-11 08:23 | ドラマ | Comments(2)

1月期のドラマが続々と最終回を迎えている。

展望に書いた通りだった。

つまり、最初から最後まで見続けたのは前期から続く

「相棒」、「科捜研の女」に加えて、「BG 身辺警護人」、

「アンナチュラル」、「anone」、「99.9」の4本だった。


総括代わりに“4本”について感想を書いておく。


75 anone(あのね) 日本テレビ 

広瀬すず、瑛太、阿部サダオ、田中裕子、火野正平、小林聡美

d0164636_08440350.jpg










途中からビデオになったが、最後まで見た自分を褒めたい。

ハハハ。

どうやら、私と坂元裕二が描く“不思議な”世界の相性はとても

悪いようだ。「Mother」も「Woman」も受け付けなかった。

今回がんばったのは、もちろん、広瀬が出ているからだ。

ほかの俳優たちも阿部以外(ごめん!w)は魅力的なのだが、

物語も画面も暗くてつらいものがあった。


「視聴率は悪いが、内容はいい」と評価する声もあるようだが、

“内容”が何を指すのかがよく分からない。制作者の独善では

意味がないと思うが。


救いは 番宣で出ていたトーク番組で広瀬が「撮影が楽しい」と

話していたことだ。芸達者な先輩たちと過ごした時間は彼女の

将来に必ずプラスになるはずだ。そう思えば、低視聴率だって

気にならなくなる。ハハハ。


80 BG 身辺警護人 テレビ朝日 

木村拓哉、斎藤工、菜々緒、上川隆也、石田ゆり子、江口洋介

d0164636_08444803.png











ある意味、今期 最も注目したドラマだった。SMAP解散以後、

木村が初めて出るドラマだもの。かつてほどではないものの、

疑問の余地なく、数字は持っている男だ。しかし、騒ぎの中で

“ヒール”にされ、CMも減った。人気に陰りが出ていることは

否定できない。そんなキムタクが、いわば 逆境の中、どんな

演技を見せ、どんな数字をたたき出すか?


芝居は相変わらずだ。そんなに急にうまくなるはずもないが、

口の周りだけで表情を作るような演技が目についた。活舌の

悪さも“重症”だ。簡単なセリフなのにもつれる場面があって

周りを固めた江口、上川、斎藤がうまいから余計に目立った。

スーツの下はきっと鍛えられているのだろうが、上記3人とは

体格でも劣っているように”見えた”のはまずいのではないか。

1213%しか取れないようだと、“もっとまずい”と思ったが、

数字は“一応”出た。助演クラスがすごかったもんね。

15.2%は「相棒」(103)と並んで2位タイだった。

面目は保ったと言っていい。


最終話の前に身辺警護課長・上川を死なせたことには驚いた。

シリーズ化を目論んでいるのは見え見えの中で主要メンバーが

“消える”のは異例だもの。

こういうケースで考えられるのは二つ。


一つは 俳優が出続けたくないか、制作側が

誰かと代えたいと思った。

もう一つは 俳優に“先約”があった。


…前者は考えにくいから後者だろう。

次のシリーズはおそらく1年後の1月期だと思うが、上川に

別の予定があるのではないか。たとえば、大河とか。ハハハ。


90 アンナチュラル TBS 

井浦新、石原さとみ、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子

d0164636_08443859.jpg








面白かった。もともと“医療もの”が好きだからかもしれない。

今期はこのカテゴリのドラマが一本もなかったし、ガチでは

ないものの、生命を扱っている研究所の話だから…と積極的に

見始めたのだが、第1話から惹きこまれた。


演技派揃いの俳優たちがいいハーモニーを作っていた。

ヒットを連発している野木亜希子の脚本もよかった。会話に

テンポがあって、視聴者を飽きさせなかった。才能を浪費せず、

いいドラマを世に送り続けてほしい。


これも きっとシリーズ化すると思う。全編に影を落としていた

中堂(井浦)の強いこだわりは解決したから、次のシリーズは

もっと明るい空気の中で進められるのではないか。そうすれば、

もっといい視聴率が取れると思う。


光ったのは 石原さとみの“ドラマを引っ張る”力だった。


Theirj ourny will continue.


…彼らの旅は続く。Journeyの”e”が抜けていたことがネットで

騒がれていた。何かの暗示だと。単純ミスだと思うなあ。

スペルにミスがあろうがなかろうが、“旅”が続くんだから、

ドラマにも続きがあるということさ。

d0164636_08443372.jpg













1310月期、フジテレビ「独身貴族」でも“to be continued”の

d”が抜けていたことがある。1回だけで修正されたが。

みんな いい大学を出てるはずなのに、ディレクターたち、揃って

英語が苦手なのかもね。ハハハ。


90 99.9 TBS

松本潤、香川照之、木村文乃、青木崇高、岸部一徳

d0164636_08444350.jpg










20164月期に他を圧したドラマの第2シリーズだ。

私の評価もこの期の1位だった。


子育て中の榮倉奈々に代わって木村が入ったが、違和感は

初めの12回だけだった。


このドラマも、テンポのいい会話と目まぐるしいカメラ割…

ほとんど笑えない“ダジャレ”は不要だけどね。

鶴瓶もどうなのかな? みんながいいならいいけど。ハハハ。

プロレスラーの登場はどんな意味があるのか?

ま、あれがあったから、榮倉がサプライズで登場することの

違和感をごまかせたんだからいいけど。ハハハ。


1話ごとにきちんと完結していたし、謎解きのプロセスにも

無理がなくて面白かった。


by toruiwa2010 | 2018-03-20 08:50 | ドラマ | Comments(2)

1月期ドラマが始まっている。

ざっと見た感想は展望に書いたことと同じだ。

”意外”によかった作品はなかった。

"意外"に悪かった作品は一つ。

そのドラマの話から書く。


anone


ハリカ(通称“はずれ”:広瀬すず)は汚れ放題のネットカフェで

二人の仲間と寝泊まりしている。やさしい祖母のもとで 幸せな

少女時代を送ったのだと周囲には話すが、事実はまったく違う。

過酷な環境で育ったことを無意識に封じ込めて生きているのだ。


彼女の周りに登場するのは得体のしれない人物ばかりだ。

余命宣告を受けたカレーショップの店長 持本(阿部サダヲ)、

たまたま立ち寄って、意気投合した客 るい子(小林聡美)

ピアスを落とした床下からたくさんの1万円札を発見する女、

亜乃音(あのね:田中裕子)、重い病気にかかっているらしい、

はずれのチャットゲームの相手 カノン…

d0164636_14352587.jpg











1話では、亜乃音が見つけた大金(偽札だったが)をめぐって

すったもんだの騒ぎが繰り広げられた。


Mother」と「Woman」を見ていないが、坂元裕二の作品は

最近だけでも「それでも、生きてゆく」「負けて、勝つ〜戦後を

創った男・吉田茂〜」「最高の離婚カルテット」などを見ている。

ジャンルがさまざまなドラマだが、どれも惹きつけられた。


しかも、広瀬が出るのだから…と見始めた「anone」だったが、

戸惑っている。“まさか、このままじゃないよね”感がすごい。

“坂元脚本+広瀬”に期待しすぎたかもしれないが、話の中身も

画面もあまりに暗い。

1話は登場人物や物語の舞台の提示だけで2話からはどんどん

動いていくはず…と期待したが、流れはほとんど変わらない。

唯一、広瀬と田中のシーンがよかったが、何を楽しみに見れば

いいのかわからない。このままのトーン・テンポが続くなら、

9.27.2と来た視聴率の挽回は難しいなあ。


もちろん、広瀬がドラマから消えない限り、私は見続けるが。

ハハハ。


アンナチュラル


今はまだ、こんなに“進んだ”研究所はないはずだ。

原因がよく分からないまま亡くなる人は多いが、その大半は

”虚血性心疾患”、“心不全”など、都合のいい病名を死因として

処理されている…らしい。


UDIラボ(不自然死究明研究所)は、法医解剖医や臨床検査の

専門家が集めて、不自然な死の原因を究明するために作られた

公的な機関だ。国から補助金を受けて運営されている。

ミコト(石原さとみ)は腕利きの解剖医だが、上には上がいる。

彼女の倍の3000件に及ぶ解剖経験数を誇る中台(井浦新)だ。


物腰は柔らかいが、“言うことは言う”タイプの所長に松重豊、

医大生でバイトの久部(くべ)に窪田正孝、何かにつけてミコトに

じゃれついてくる検査技師・東海林に市川実日子が扮している。


演技派の俳優が揃った。いいハーモニーを作り出している。

「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」と、最近 ヒットを

連発している野木亜希子の脚本がいい。会話にテンポがある。

d0164636_14355588.jpg









石原…不思議な力を持った女優だね。ここ数年、連続ドラマで

平均視聴率が常に二けたを維持している。演技にキレがあって

いくつもの表情を持っている。


12.713.1と視聴率も好調だ。

このまま順調にいけば、私の中で「99.9」と今期のNo1争いを

することになるだろう。


聞くところによれば、野木が世に出たきっかけはフジテレビの

ヤングシナリオ大賞だと言うじゃないか。「ラッキーセブン」は

よかったけど、もう5年ぐらい、フジテレビのためには書いて

いないみたいだね。なんとか 一本、お願いしますよ、野木先生。

ハハハ。


99.9


深山(みやま:松本潤)と佐田(香川照之)は性格的に正反対だし、

仕事の進め方でも対立する“犬猿”の仲だ。彼らが所属するのは

岸部一徳を所長とする班目(まだらめ)法律事務所だ。

前シリーズでは、深山と組んでいた立花弁護士(榮倉奈々)

海外に留学していて“欠員”が出ているが、今回のシリーズでは

そこに木村文乃が入ることになった。


99.9%という圧倒的な有罪率を誇る日本の検察・警察に対して

簡単に引き下がらず、こまかい点にこだわって被告人を有利に

導こうと模索する班目事務所のメンバーの奮闘…という構図に

なっている。ときどき、無駄なオヤジギャグが入るが、我慢の

がまんの範囲内だし、無視すればいい。ハハハ。

d0164636_14365476.jpg










文句なしに面白い。

これまで松本潤の演技力を過小評価していたことに気づかされた。

なかなか、メリハリの利いたいい演技をする俳優なんだ。

何を見ていたんだと、我ながら呆れてしまう。ハハハ。


BG~身辺警護人~


日の出警備保障が身辺警護課を新設することになり、社長から

異動を打診された島崎(木村拓哉)は固辞するが、結局着任する。

彼がためらったのは 数年前のボディガード時代のある失敗が

尾を引いているからだ…

d0164636_14362595.jpg











木村拓哉主演だから注目度も高い。

1話の視聴率は15.7%と、今期の最高を記録した。

しかし、中身は設定も演出も“薄っぺら”だ。

BGという他人の生命を守る仕事に就くための”厳しい訓練”も

実戦での格闘シーンも首をかしげてしまう。目玉であるはずの

木村が雑誌記者にKOされてしまうお粗末さにはあきれた。

去年4月期にフジテレビが放送した小栗旬・西島秀俊主演の

CRISIS」に遠く及ばない。


江口洋介、上川隆也、斎藤工…主演クラスの顔ぶれを揃えて

木村を支える態勢をとっているのが逆に痛々しい。


WOWOWはいま「監査役 野崎修平」を放送している。

織田裕二主演の“金融もの”だ。期待していたが、いまのところ

こたえてくれていない。

経営陣の不正を監査役・織田が暴いていく話だが、スケールの

大きさに役者も演出もついていけない状態だ。

d0164636_14372458.jpg


by toruiwa2010 | 2018-01-24 08:01 | ドラマ | Comments(2)

1月期のドラマが始まりつつある。

各局から出ている宣材をベースにざっと展望しておく。

キリがないのでプライムタイムのものに限って…。


21 海月姫 フジ 1/15

芳根京子、瀬戸康史、工藤阿須加,木南晴夏、松井玲奈


女の子は誰だってお姫様になれると考えるクラゲおたく”で

名前も海月(=くらげ)という女子(芳根)が、ある兄弟(瀬戸&

工藤)と三角関係になるらしい。

その恋模様をギャグを交えて描くそうだ。

新感覚のシンデレラ・コメディーと謳っているが、とても

ついていく自信がない。ハハハ。


4月期の「コンフィデンスマンJP」は長澤まさみと東出昌大の

顔合わせだというから、そっちに期待しよう。コンセプトを

読むとあまり期待できそうにないが。

d0164636_06571771.jpg











21 FINAL CUT フジテレビ 1/9~

亀梨和也、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、杉本哲太


母親を女児殺人事件の犯人とされ、失った男(亀梨)12年後、

真犯人を追ってリベンジに取り掛かる…という。

その対象は、事件を取材し、放送したテレビ番組の司会者や

スタッフ、真相を知る姉妹、彼を見つめる 当時の捜査関係者…

面白くなるはずがない。…と思う。今日が第1話だが、見ない。

ハハハ。


22 きみが心に棲みついた TBS 1/16

吉岡里帆、桐谷健太、石橋杏奈、ムロツヨシ、向井理

“新感覚ラブストーリー”と言っているが、見てみるとそうでは

ないことが圧倒的に多いよね。

吉岡が桐谷と向井の間で揺れ動く三角関係…どこが新感覚!

ハハハ。


桐谷はイメージ通りの “優しさを持った熱い男”を、逆に向井は

持ち味と違う”冷酷な男”を演じるそうだ。

吉岡は自己評価が低いので、人前で挙動不審になってしまい、

呼び名も“キョドコ”(w)という女性に扮するが、どうだろう。

1年前の「カルテット」もTBSだった。スタッフはあれを見て

彼女で行けると判断したのだろうが、ゴールデンのドラマの

主人公をつとめられるほどの実績はまだない気がする。


URなどのCMではいい味が出てるけどね。

ま、私は見ないけど、頑張れ。ハハハ。


21 相棒 テレビ朝日 


10月期の続きだし、今では、見ない理由だない。


22 anone(あのね) 日本テレビ 1/10

広瀬すず、瑛太、阿部サダオ、田中裕子、火野正平、小林聡美


広瀬と瑛太だったら、何があっても見る。コンセプトを見ると

シリアスな内容らしいが、関係ない。見ると言ったら見る。

ハハハ。


NTVx坂元裕二脚本は過去2本あるという。

20104月期の「Mother」は松雪泰子主演で12.95%

20137月期の「Woman」は満島ひかりで13.58%をとった。

2本とも見ていない。「Mother」は「八月の蝉」とかぶったので

見なかったし、「Woman」は開始15分で退散してしまった。

広瀬だから、今回は見る。必ず見る! ハハハ。

d0164636_06543928.jpg











20 科捜研の女 テレビ朝日 


10月期の続きだし、今では、見ない理由だない。

「相棒」のコメントのコピペ。ハハハ。


21 BG 身辺警護人 テレビ朝日 1/18

木村拓哉、斎藤工、菜々緒、上川隆也、石田ゆり子、江口洋介


いろんな意味で、今期 最も注目される一本だ。

SMAP解散以後、ドラマはこれが初めてだ(よね?)。

テレ朝は”はれもの”に触るような扱いを見せている。

木曜21時は「ドクターX」を筆頭に、ちょっと弱いなと思える

ドラマでもしっかり視聴率を稼ぐ枠だ。そして、凄い顔ぶれで、

“まわり”をがっちりと固めた。


暮からのCMを見ても、キムタクは腐ってもキムタク…だ。

ま、本人の意思に関係なく、かっこ悪いことはでできないから

これ以外の彼を見ることはないのだろうけどね。

もし、1213%しか取れないようだと、役者としての値打ちは

終わるかもしれないなあ。

本人にも自覚があるはずだ。どんな演技を見せるか注目する。

d0164636_06540980.png











22 隣の家族は青く見える フジテレビ 1/18

深田恭子、松山ケンイチ、平山浩行、高橋メアリージュン


局の広報が出す番宣には“コーポラティブハウスに住む家族の

葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ”とある。

いつのころからか、ドラマの宣伝を担当する広報マンたちは

カタカナを熱心に使うようになった。カッコいいと思うのか?

…結果として、内容が伝わらないことに気づかないようだ。

ハハハ。


深田の役は、家の購入を機に妊活を始める女性だそうだ。

不思議な女優さんだ。きれいだし、雑誌などに載るグラビアは

とても魅力的だが、ドラマや映画になると、とたんに“生身”の

女性という感じが消えてしまう。数字も取れていない。去年の

7月期の「ハロー張りネズミ」(TBS )も惨敗だった。フジは

なぜ、彼女を起用する気になったのか?


今回もきっと見ないだろう。


22 アンナチュラル TBS 1/12

井浦新、石原さとみ、窪田正孝、市川実日子、薬師丸ひろ子


深田と対照的に”数字を持つ女”・石原が、去年「逃げ恥」で

大ヒットを飛ばした脚本家・野木亜紀子と組むという。

スペシャリストを集めて新設された死因究明のための研究所が

ドラマの舞台になる。解剖医のミコト(石原)が許せないのは

“不自然な死(アンナチュラル・デス)”を放置することだった。

クセの強いメンバーが揃ってるなあ。ハハハ。

一話完結の法医学ミステリーは面白いかもしれない。

d0164636_06533942.jpg









22 もみ消して冬 日本テレビ 1/13

山田涼介、波留、小澤征悦、千葉雄大、小島一哉


長兄は医師、姉は弁護士、末っ子の秀作(山田)は警察官…

なぜ、そういう役にしたかと言えば、“ヒットドラマ界の鉄板

三大職業“だかららしい。笑える。まず、この設定が嫌いだ。

いま、波留は気に入ってる女優だから、見たい気もあるのだが、

主役を支える周りの俳優の苦労が心配なドラマは見なくていい。

ハハハ。


21 99.9 TBS 1/14

松本潤、香川照之、木村文乃、青木崇高、奥田英二


20164月期に圧勝したドラマの第2シリーズが登場する。

99.9%勝つ見込みがなくても 最後の0.1%に賭け、あきらめず、

事実を追い求めていく弁護士を描いた物語だ。


前シリーズでは、木村とところが榮倉奈々だった。気の強い

パートナーとして松本との呼吸もぴったりだった。残念だが、

子育て中だからしょうがないか。

170㎝の榮倉にくらべ164㎝の木村なら演出側も余計なことを

考えなくてすむね。1ショットのときは高いヒールでもいいが、

2ショットのときは低いヒールの靴にして、決して松潤の方が

低く映らないように配慮する…とか。

2年前はそうしてたよね?


まあ、何があったって、今期、地上波では「anone」と並んで

一番の楽しみだ。

d0164636_06530940.jpg










日テレ 日22 トドメの接吻 1/7

山崎賢人、志尊淳、菅田将暉、門脇麦、新田真剣佑、新木優子


成り上がりを目指すナンバーワン・ホスト、堂島(山崎)の前に

社長令嬢(新木)が“ターゲット”として登場する。

そこに、真っ赤なルージュの女(門脇)が現れ 堂島にキスをする。

すると、呼吸困難に陥った堂島は死ぬ…かと思ったら次の瞬間

息を吹き返して…


ダメだ。このコンセプトだけでも とても見る気にならん。

おととい、1回目の冒頭部分を見たが、もっとダメだった。

お好きな方だけどうぞ。ハハハ。


おまけ 1


22 監査役野崎修平 WOWOW 1/14

織田裕二、岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行


バブル直後の金融業界を舞台にした“経済ドラマ”らしい。

専門用語は理解が難しく、見続ける気が失せるものだが、なに、

一つ一つの単語の意味を理解しなくても、全体の流れは分かる。

私はほとんど“スルー”しながら見ている。それでOK。ハハハ。


1112月に放送された「石つぶて」は最高だった。

このドラマは織田と松嶋の出来にかかっている。期待してる。

d0164636_06523900.jpg








22 平成細雪 NHK BS3 1/7

中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆり、福士誠治、柄本佑


谷崎潤一郎の作品をベースにしているし、舞台は大阪・船場だ。

ただし、登場する4姉妹は現代を生きる女性たちだ。

脚本次第だが、ちょっと面白そう。おとといの1話を見たが、

4話なら最後まで見ようか…と思った。微妙。ハハハ。


まとめると、関心をもって見始めるのは以下の4本だ。


anone(あのね)

BG 身辺警護人

アンナチュラル

99.9


プラス、“定番”の「相棒」&「科捜研」とWOWOW

「監査役 野崎修平」を含めると7本か。

脱落候補のNo1は「BG」で決まりだね。ハハハ。


おまけ 2


大河ドラマ「西郷どん」も始まっている。

西郷の子ども時代を演じた少年が素晴らしい!

鈴木亮平、小柳ルミ子の歯の白さが気になってならない。

“不倫発覚”で叩かれていた渡辺謙にこだわった制作陣の思いは

伝わる。やはり存在感は特別だ。彼以外の斉彬は考えにくい。

薩摩弁が難解すぎてセリフがよくわからないが、鈴木は好きな

俳優なので面白くなることを期待する。

d0164636_06553990.jpg








昨日のテレビ東京「娘の結婚」は出色の出来だった。

早くに妻を亡くした男と娘との平凡な日常が描かれていた。

父と娘を演じた中井貴一と波留の淡々とした芝居がよかった。

監督は女性らしいが、優しい目線に包まれて最初から最後まで

ほっこりした気持ちで見ることができた。幸せな気分だった。

ありがとう。


新年は始まったばかりだが、単発ドラマでは2018年のトップに

なる気がする。去年9月に放送された「琥珀」も佳作だった。

テレ東ドラマ班、やるわ。


by toruiwa2010 | 2018-01-09 08:09 | ドラマ | Comments(2)

10月期のドラマが終わった。

途中の報告から変化はなかった。つまり、地上波で最後まで

楽しめたのは「刑事ゆがみ」、「陸王」、「コウノドリ」の3本。

これに、数年前のNHK64-ロクヨン-」と並ぶ傑作となった

WOWOWの「石つぶて」が加わる。

d0164636_07445862.jpg








民衆の敵(フジ) 篠原涼子&高橋一生


残念だが、10分ぐらいで終わった。

篠原と高橋をキャスティングしといて、なぜ、こんなドラマを

作るのかが分からない。そう思うのは私だけじゃないはずだ。

数字を見たら分かる。視聴者の求めに応えていない。


結局、2017年に見た月9は「コード・ブルー」だけだった。

1月期はこのところお気に入りの長澤まさみが出るというから

少し期待しよう。なんども裏切られたけどね。ハハハ。


相棒season16(テレ朝) 水谷豊&反町隆史 


最近は妻の“付き合い”で見ている感じだったが、今シリーズは、

無理なく見ることができた。私だけの印象かも知れないが、

反町を“カッコよく”描いた回が多かった気がする。もともと

二枚目なんだから“そのように”撮ればいいのに、御大・水谷に

遠慮したのか、おどけた演技をさせてきた。一人“浮いて”いた。


視聴率的にはむしろ下がっている。シーズン161月期も

続くのでまだ途中だが、2017年分、9回の平均は14.71%。

wikipediaを参考にすると、2005年から2006年にまたがった

シーズン414.7%以来の低さだ。


反町の扱いを変えた効果はなかったみたいだが、それは演出が

中途半端だからだ。反町に責任を押し付けるのは気の毒だ。


奥様は、取り扱い注意(日テレ) 綾瀬はるか&西島秀俊


1話は我慢して最後まで見たが、その後、見続けなかった。

設定も脚本もひどいと思ったからだ。第2話以後どんな修正を

したのか、結構、数字が良かったね。びつくりだ。

逆に、お前がドラマを分かってないだけだと言われても一言も

言い返せない。…見続けなかったことを悔いてはいないが。

ハハハ。


科捜研の女17(テレ朝) 沢口靖子&内藤剛志


主要メンバーがほぼ不動だからどうしてもマンネリは免れない。

その中でよく頑張っていると思う。今後も見続けるだろう。


ドクターX(テレ朝) 米倉涼子&???


毎週、物語の筋は関係なく、最後の“おいしいところ”は 必ず

大門未知子が根こそぎさらっていく…。

マンネリを避けるために何人か新しいメンバーが加わったが、

基本はこれっぱかりも変わってない。それでも全10話平均で

20%を超えた。あっぱれとしか言いようがない。ハハハ。


大門が“私 死なないので”というインチキな終わり方をしたが、

6シリーズをやるなのになんの問題もないだろう。他局の

ドラマ班は指をくわえて眺めるしかないね。

なんたかんだ言いながら今回も高視聴率に貢献してしまった。

くやしいったらありゃしない。ハハハ。

d0164636_07451363.jpg










刑事ゆがみ(フジ) 浅野忠信&神木隆之介


山ほどある刑事ドラマと一線を画していた。

ダメ刑事に見えるが、鋭い観察眼と強引な手法で真相に迫る

弓神(ゆがみ=浅野)と、優等生でうぶ、それでも虎視眈々と

出世を目指す新米刑事、羽生(神木)のコンビにいい味があつた。

演技力のある二人が生み出した“化学反応”は期待以上だった。

稲森いずみ、山本美月の存在も欠かせない。


ラインナップを見たときから気になり、1回目で拾い物だと

確信した。私はド素人だが、多くの専門家も褒めていた。

見る人は見ている…ということか。

ただし、肝心の数字が出ない。10時ではなく9時の枠だったら

どうだっただろうと思わないではないが、今のフジテレビが

持っている数字が悪すぎるということだね。その意味では、

OBの一人として申し訳ないと、俳優たちには謝りたい。

それでどうなるものでもないが。ハハハ。


ぜひ、シリーズ化してほしい。できる終わり方をしていたから

楽しみにしたい。

d0164636_07450859.jpg








コウノドリ2(TBS) 綾野剛&松岡茉優


“主演”の二人のほかに星野源、吉田羊、大森南朋、坂口健太郎…

いいキャスティングだった。 チームとしての“空気”を感じた。

そこにゲストの俳優たちがいい感じで溶け込んでいた。

全体に前のシリーズよりいい出来だと思うが、視聴率的には

前回をわずかに上回っただけだった。


産科外来を舞台に妊娠・出産・育児がテーマになるが、毎回、

さまざまな問題を取り上げて真面目に描いていた。

出生前診断、度重なる流産、切迫早産、帝王切開後の自然分娩、

胎児の病気と妊婦の病気…どれも、妊産婦にとっては切実だ。

初めて出産を経験する女性には参考になっただろうし、夫婦で

語り合うきっかけになったりしたに違いない。


社会性を持ったドラマがこれほどの完成度を見せるのはかなり

珍しいことだと思う。その意味で、関係者に拍手を贈る。

最終回で登場人物にさまざまな動きが出たが、ドラマだから

どうにでも辻褄を合わせることはできる。これも続編を待つ。

d0164636_07450470.jpg








陸王(TBS) 役所広司&竹内涼真


視聴者をはらはらさせながら“めでたし、めでたし”の結末に

持ち込んでいく日曜ドラマ&池井戸潤&TBSの手法がズバリと

はまって見応えがあった。役所が“さすが”だったし、竹内は

身体をしぼり、少なくともシロウトにはランナーらしく見える

走り方を身につけた。


寺尾聡、阿川佐和子がアクセントになったし、出番は少ないが、

正司照枝が絶妙だった。松岡修造…さて。ハハハ。


10月期ドラマが始まる前に“楽しみは「陸王」、「コウノドリ」、

「刑事ゆがみ」の3本だと書いたが、その通りになった。


d0164636_07451866.jpg









実は…

見ている人は少ないかもしれないが、115日にスタートした

WOWOWの「石つぶて」が私的にはこの期間に放送された

ドラマの中のNo1だった。


経済犯罪を追う警視庁捜査二課が外務省の機密費にからんだ

巨額の横領事件に挑むドラマだ。

役の上でも対立する佐藤浩市と江口洋介が気合の入った演技で

激しい火花を散らしていて見応えがあった。


今期、出来が良かった地上波3本、とWOWOW1本…

どれも、脚本がよくて、俳優陣が本気で取り組んでいることが

ハッキリ伝わり、チーム全体のハーモニーが感じられた。

すべて、いいドラマが生まれる条件だと思う。

d0164636_07445286.jpg


by toruiwa2010 | 2017-12-27 08:11 | ドラマ | Comments(0)