ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:番組( 39 )


漂流郵便局…と呼ばれる郵便局がある。

ときどきメディアで紹介されるが、知っている

人は少ない。“漂流”するのは郵便局ではなく、

郵便物だ。亡くなった親や子供、世話になった

名も知らぬ人、遠い昔に別れた恋人…

どこ宛てに出せばいいのか分からない相手に

書いた手紙がここに届く。

d0164636_06435455.jpg

コンセプトが2013年に芸術祭の出品作として

制作された“アート”だという点が面白い。

瀬戸内海に浮かぶ香川県粟島にある。この島は

東からと西からの海水が出会う位置にあって、

現実に多くのものが漂着するのだという。


在日外国人が日本人や日本文化を語り合う

NHK-BSの「COOL JAPAN」で取り上げていた。

何通かの手紙も紹介された。ビデオが終わって

画面が切り替わったときスタジオにいた出演者

全員が感動の面持ちだった。

コメントを促されたイギリス人女性が発した

最初の一言が印象に残る。

d0164636_06440232.jpg

Ithink it’s very beautiful.


届くことはないし、返事が来ることもないと

分かった上で手紙を書いて出す…日本人独特の

センチメントだと思っていたが、そうじゃない。

全員がCOOLだと判断したし、イギリスなど

いくつかの国に“分局”が生まれている。

番組で読まれた手紙はこういうものだった。


おばあちゃんの作ったココアが

のみたいです。おばあちゃんの作った

おいなりさんが食べたいです。

味噌汁のみたいです。

(番組によって中略)

もうすぐおばあちゃんの一周忌です。

飲酒中の私へ

楽しいのも分かりますが、

人の話も聞いてください。

友達の大切なサイン 

見のがさないように。


大胆なのはいいですが、

なんでも正直に話せば

いいわけではありません。


あなたが昨日 うまく

ストレスを発散してくれた

おかげで、今日も頑張れそうです。

まあ、なんにせよ、ほどほどに

するように。


紹介された手紙の一部です。私が、そして

おそらく出演者の多くがグッときた手紙は

やはり戦争がらみのものだったようだ。

d0164636_06440492.jpg

“南溟の空に散華された***私の大切な方え”と

あて名書きされていた。

***“なんめい”と読む。南の大きな海を指す。

日本の南方の海で亡くなった“いいなづけ”への

手紙だと分かる。


もう73年も月日が流れましたが、

今でも貴方の面影が胸から去りません。

(中略)

航空博物館でゼロ戦を見るうち

涙がこぼれます。   元婚約者


長い手紙のごく一部だが、きっと万感の思いが

綴られているのだろう。”彼女”は同じ人あてに

何通も書いている。別の場組で見た出撃前の

特攻兵の手紙を思い出して胸が詰まった。


番組を見て私の中の何かが刺激された。

書いてみる。


あれは昭和203月だったと思います。

東京大空襲の直後でした。6歳の私は母に

連れられて伊豆に行きました。父の指示で

知人を頼って疎開しようとしていたのです。

しかし、訪ねた知人は「病人がいるので」と

母に告げました。母を娘のように可愛がって

くれていた人でしたが、戦争の末期ですから

さまざまな事情があったのでしょう。


あきらめて駅に向かいましたが、日が暮れて

灯火管制下の田舎の道は真っ暗になりました。

途方に暮れているとき 通りかかったあなたが

声をかけてくださいました。事情を話すと、

「もう、東京に行く汽車はない。今日は家に

泊まりなさい」と言ってくださいました。


地獄で仏…幼い私にはその有難さが半分も

理解できていなかったと思いますが、母を

包んだ安堵感を思うと、いくら感謝しても

しきれません。


あの日から70年以上の時間が流れました。

私たちは一度東京に戻ったあと、改めて

親戚がいる九州に疎開をしました。

当てが外れ、気が動転していたと思われる

母がどのような形であなたのご親切に

お礼をしたのか、私は知りません。


記憶にあるのは あなたが駅の近くの小さな

郵便局の局長さんだったとことと、局舎の奥に

貴方と家族が住んでいたことだけです。

しかし、母と私は戦後 何度となくこのときの

話をしていたことをお伝えしたいです。


…数年前にほかの番組でこの郵便局の存在を

知ってから、ずっと書きたい、書かなければと

思っていた。書いて、何かスッキリした。

この郵便局に手紙を託す人たちはみな、同じ

気持ちになるのだと思う。


by toruiwa2010 | 2019-04-19 06:46 | 番組 | Comments(0)


言葉のチョイス(@サンモニの場合) 


あの日を思い出すとねえ。

本当に、日本が変わってしまう。

また、いい言い方をするとね、

なんか、日本が新しくなるかもしれない…

という感じもあったんですよ。

d0164636_06485571.jpg

一昨日のサンデーモーニングは“東日本大震災”について

多くの時間を割いていた。あの日の東北の状況を簡単に

まとめたビデオが終わってスタジオが映し出されたとき、

関口宏がそう言った。


…なんてことを言うんだ、と思った。

初めに“いい言い方を…”としたり顔で話し始めた瞬間に

強い違和感があった。“3.11”に関して何を言うにしても

“いい言い方”などないではないか。それに続いた言葉は

論外だった。


彼の脳内にあったのはこの言葉通りではなかったと思う。

しかし、関口の立場、取り上げている事柄を考えたら、

言葉を尽くして、しっかり伝わるように話さなければ

結果として、多くの人の気持ちを逆なですることになる。

しかも、彼の場合、この手の話をするとき、いかにも

”弱者の味方”のような顔をするから始末が悪い。


あの僅か10秒ほどのコメントで 彼は口を開くたびに

失言する桜田五輪大臣を批判する資格・権利を失ったね。

「いや、そんな意味で言ったんじゃないよ」と言うかも

しれない。しかし、これまで君らが叩いてきた人たちの

言い訳には耳を傾けようとしなかったよね。ブーメラン。


とは言え、あれだけ感度のいいネットメディアがどこも

このコメントについてまったく触れないことに驚く。

それともなにか、関口宏とか、サンモニとか…は相当

“いじりにくい”のかなあ?


言葉のチョイス(@めざましの場合) 


アメリカ・フロリダ州で車同士が出合い頭にぶつかった。

はずみで1台は大きく吹っ飛ばされ、塀に激突した。

Striking NEWS”としてこの映像を流した「めざまし」で

読まれた原稿はこうだった。

d0164636_06522262.jpg

ぶつけられた車の運転手は

脳に損傷があったものの

無事だということです


おいおいおい!マジか!

その前に“実に 3秒間に5回転したと言っておいて?

この状態を君たちは"無事"って言うのか?


何を考えてんだか


起訴された被告が拘置所を出てくる、それも10億円の

保釈保証金を積んで出てくる場面に”茶番”が入り込む

余地はない。普通はない。しかし、その茶番を世界中が

目撃した。理由はなんであれ、ジブリの御大に激似の

仕掛け人が言う通り、ゴーン氏の名声に泥を塗ったのは

間違いない。それはもういい。いずれ、みんな忘れる。

d0164636_06485158.jpg

そんなことより、あれを見た瞬間、9年前を思い出した。


…なにがあったのか告げることなく、20107月から

長い休養に入っていたナインティナイン・岡村隆史が

4ヶ月ぶりで「めちゃイケx2」に戻った日だ。

どんな形で番組に復帰するのかと見ていると、その年、

チリで起きた落盤事故の救出劇をパロって、

最後の一人として地上に現れた!

d0164636_06485362.jpg

着ているものも取り囲んでいる人も違ったが、雰囲気が

よく似ていると思ったのは私だけなのかな。


by toruiwa2010 | 2019-03-12 07:02 | 番組 | Comments(2)


玉川クン 次に生かせ、必ず


…メディアはそっとしておいてあげたら

よかったんじゃないかとすごく思う。

結局、だんだん人が増えて行ったのは

テレビがやったからでしょう、たぶん。

最後まで密着してから放送すれば

最後まで旅ができたんじゃないか。

テレビ側にいる人間としてはちょっと

どうなのかなと思う。

d0164636_07203324.jpg

スーパーボランティア・尾畑さんが東京から大分にある

自宅までの1100㌔を徒歩で帰る挑戦を途中で断念した。

道中、市民からの温かい歓迎を受け、写真を撮っている

様子がワイドショーで伝えられ、日を追って人が増えて

危険だと思うようになったからだ。


冒頭の言葉は断念を伝えるビデオを受けてテレビ朝日・

玉川徹記者のコメント(の一部)だ。ネットニュースには

“猛省”の見出しがついていたが、彼自身がその言葉を

口にしたわけではないようだ。記事を読んだ時点での

私の感想は“あざとい、しらじらしい、ずるい”だった。

ビデオを見終えても同じだったが。ハハハ。


情報系の番組でしばしば同じようなコメントを聞く。

自分だけ“良い子”になりたいという心理が働くのかな。

どっちにせよ、局員である君がそれを言うのはそれこそ

“どうなのかな”と思うが、どうなのかな?ハハハ。


外部からギャラをもらってコメントしに来ている人が

スタッフに物申すことはやりにくいが、局員同士なら

日常の接触の中で簡単に言える話だ。

ネット上に出てしまった記事と同様、番組で口にした

言葉は取り消せない。君の言葉はしっかり録画した。

今後、「モーニングショー」では似たような事象を

しつこく扱わない方がいいと思うよ。そうしないと

「やっぱり、言いっぱなしなんだ」と思われるからね。


“色眼鏡”じゃないかい?


また全国紙ともあろうものが「最高学府」を

「東京大学」という意味で書いている…。

「最高学府」は単に「大学」という意味なのに!

この間違い、多すぎ。

d0164636_07203001.jpg

このツイートの主はエッセイスト&イラストレーターで

相撲に詳しい能町みね子だった。TLでこのツイートを

見かけて元記事を読みに行った。だから、「うん?」と

思っていたことは否定出来ない。新聞が産経…だから

能町側になんらかの“バイアス”がかかっていないか、と

思いながらだったことも事実だ、と正直に書いておく。

ハハハ。


で、記事のリードはこうなっている。


東京大学の推薦入試で、和歌山市の全盲の

女子高生が教育学部に合格した。和歌山県立

星林高校国際交流科3年の菅田利佳さん(18)

小学校入学前に目の難病“網膜色素変性症”と

診断されたが、特技のピアノや海外留学の

経験を糧に「世界の教育環境を知り、社会に

貢献したい」と最高学府の受験に挑戦。

数多くの協力者にも支えられながら夢の

スタートラインに立った。(尾崎豪一)


どうだろう?

限りなく素直な気持ちで読めば、この尾崎記者が東大=

最高学府のつもりで書いたとは思えない。少なくとも

そう決めつけて小馬鹿にしたツイートを発信するのは

フェアじゃないと思う。特別の意図があれば別だけど。


本文に“最高学府”は出てこない。“東大”が3回のほかに

“難関大学”が1回だけ使われている。つまり、記者は

言葉の意味をきちんと理解して書いているように見える。


能町さん、私はあなたが相撲について話すのを聞くのが

好きだけど、こういうやり方はやめようよ。

ちなみに、あなたはすでに知ってると思うが、デジタル

大辞泉は”最高学府”をこう説明していた。

d0164636_07003736.jpg

最も程度の高い学問を学ぶ学校。通例、大学をさす。

[補説]一般に東京大学のみを指していうのは誤用と

される。明治10(1877)から、明治30(1897)

京都帝国大学ができるまでは、東京大学(明治19

からは帝国大学)が唯一の大学で、最高学府だった。



付記

産経新聞は今も”全国紙”だっけ?


(敬称略)


by toruiwa2010 | 2019-03-05 07:24 | 番組 | Comments(0)

古市くん、渾身の突っ込み!


「いまさら、それを言いますか?」


初めは“文化人・知識人・学者”に分類されて

いたはずの社会学者・古市憲寿のキャラが

この1年ほどで激しく変わり、バラエティに

ドップリと染まった感があるね


昨日、「ワイドナショー」を見ているとき、

珍しく大きな声で突っ込んでいた。

ベッキーの結婚を取り上げるなか、かつて

彼女をを袋叩きにした芸能リポーターの

“一味”である駒井千佳子が「よかったと思う。

こちらに罪悪感があるので」と言ったときだ。

d0164636_06465606.jpg

芸能メディアにとどまらない。あのころ、

自分が不倫された当時者であるかの如く、

口をきわめてベッキーを“稀代の悪女”と

糾弾した一般人も含めて、反省などする

わけもなく、まして、心からの祝福など

ないだろうと思っていたが、“罪悪感”に

虚を突かれたのは私も同じだった。


桜田大臣、ハガネのハートw


桜田某という政治家のハートの強さには

つくづく感心する。私ならとっくに辞任だ。

しかし、メディアの標的にされて気の毒な

面があるのは“紛れもない”事実だ。


池江璃花子の白血病告白を受けたぶら下がりで

「ガッカリした」「下火にならないか心配」と

言ってしまったことが批判されるのは当然だ。

「大臣の器じゃない」という意見も理解する。

d0164636_06465599.jpg

しかし、もっと長い会見のビデオを聞けば

彼の本意がそこじゃなかったことは明らかだ。

それでもなおマスコミは“そこ”を切り取って

世論を煽る。いつものやり方だ。まずいことに

煽られるのは世間だけじゃない。待ってましたと

野党が舌鋒鋭くこの大臣を攻撃するが、彼らも

全体を聞いて発言しているとは思えない。

メディアに踊らされている…ように私には見える。


こんなことをして「誰が得すんねん?」と言った

小藪千豊にも同意するし、犬を蹴る女性について

“ダメだ”と言いつつ、いまの日本社会に満ちている

“正義漢(感?)ブーム”に異を唱えた松本人志にも

共感する部分があった。


かつては人のふり見て我がふり直せ と言ったが、

今は、オレは“絶対”、世直ししてやると 全国民が

”正義”を振りかざしている。お・も・し・ろ・い。


by toruiwa2010 | 2019-02-18 07:28 | 番組 | Comments(0)

…は、私がトップに立っても

たぶん変わらないと思う。


NGTのメンバーが襲われた件で指原莉乃が

運営側の対応を責める中でそう言ったのは

13日の「ワイドナショー」だった。


受けて松本人志がかぶせるように言った。

「お得意の体を使って何とかするとか…」。


聞いた瞬間、「松ちゃん、コラ コラ!」と

思った。たとえ君と指原の関係性があっても

その“イジリ”は今はダメなんだよ…と。

d0164636_07052657.jpg

指原は「ナニ言ってるんですか」と呆れ顔で

隣りの松本に向き直って言い返した。二人の

間ではそこまでがいわばお約束だ。

まあ、プライベートはそれでいいかも だが、

テレビでやっちゃあ、今はダメなんだ。

松本もそのことは十分分かっているはずだが、

笑いほしさについつい言ってしまいがちだ。


果たして、“炎上”した。

指原が「松本さんが干されますように!!」と

ツイートしたのは“大ごと”になるのを嫌って

そこで収めようとしたのだろう。受けた松本が

「指原様~☆」と応じたのはジョークとして

処理しようとしてくれたことに感謝したのか。

d0164636_07052419.jpg

昨日の「ワイドナショー」でも追及されていた。

謝ってしまうと芸人らしくなくなると思うのか

「今日から無口なコメンテーターになります」と

あくまでジョークでかわそうとしたが、出席の

三浦瑠璃に論理的にやり込められていた。


三浦は「古市、乙武もだらしなかった」と先週

松本をたしなめなかった古市憲寿と乙武洋匡を

道連れにして説教していた。やるもんだ。ハハハ。

d0164636_07052860.jpg

松チャン、くれぐれも気を付けてくれよ。今回、

"大炎上"にならなかったのはラッキーと思わなきゃ。

たしかに、今の世間の風潮はお笑いにとってかなり

やりにくいかもしれない。あれもダメこれもダメ…

どないせえっちゅうねん!という話だと同情はする。


しかし、ダウンタウン松本はそれでもなお笑いの

トップを走り続けなければいけない“さだめ”なのさ。

“体を使って”など、つまらんフレーズなしだって、

「ダウンタウンなう」でも「…デラックス」でも

笑いを取ってるじゃないか。

君が消えていいのは「つまらなくなったなあ」と

私が思ったときだけであって 決して、失言などが

理由であってはならんのだ。


by toruiwa2010 | 2019-01-21 07:10 | 番組 | Comments(0)

ひそかに応援していた古市憲寿が

芥川賞を逃がした。残念!

d0164636_09115970.jpg

…ちょっと違うか?

一昨日のブログにも“芥川賞という

“純文学”の範疇に入っているのが

少し意外な気がする”と書いたし、

昨日の朝投稿したツイッターでも…


彼の著書が芥川賞候補になっている

ことには違和感がある。

序盤、”彼はいつもベッドに入ると、

まるで機械のように、ものの数分で

眠りについてしまう。彼が夜中に

起きているのは見たことがない”と

43ページにある。

ふむふむ、なるほど。待てよ。(


)31ページには夜中に窓際で

体育座りをして、何もせずに夜景を

眺めている平成くんの姿を何度か

見たことがある

どっちなんだい。

19ページにはそう言いながら、

彼は人差し指を眼がしらにあてながら、

両手で頬杖をついたとある。

言葉通りのポーズをとるのは

きわめて難しい。


と書いた。

もちろん、どれもつまらないことだ。

しかし、編集者は何をしていたんだ?

とくに、平成くんの睡眠については

矛盾がはなはだしい。


“頬杖”についてのクレームは、私の

知っているやり方がベースにあるから

人によっては違和感がないかもしれない。


*ツイッターをやらない人もいると

思うので、あえて、更新しときます。


by toruiwa2010 | 2019-01-17 09:13 | 番組 | Comments(0)

聖子のキー


大関まで上がった力士なら“十両”は我慢できても

フニャフニャの下がりの幕下に落ちたらさすがに

相撲を取り続けることが精神的に苦痛ではないか?


J1で優勝を争うチームのエースだったサッカー

選手だったら、J2はともかく、その下のリーグで

プレーを続ける気になるだろうか?


同様に、プロのベテラン歌手にとって 若いころの

ヒット曲を歌うときにキーを下げなければならない

ほどの屈辱はないのではないかと思う。


紅白で松田聖子はキーを下げていたらしい。

ド素人の私は声が衰えてるとしか感じなかったが、

分かる人には分かるんだね。そして、専門家で

あればあるほど「ああ」と思ったのではないか。

d0164636_07251623.jpg

高い音を出すためにどんな筋肉が必要なのか?

そのメカニズムは知らないが、どんな歌手でも

年齢が進むにつれて,高音に苦しんでいる。

しかし、単純な“歌好き”の私は、キーを下げれば

楽に歌えるならそうすればいいと思う。


…なのに、これを“劣化”と呼ぶ記事をネットで

見かけた。やれやれ、だ。

私の印象では、高音が出ていない歌手はほかにも

何人かいた。“自然現象”だ。恥じることはない。

年齢にふさわしい歌い方があるはずだ。キーを

下げることで歌唱に幅が出る。ファンだったら

そう考えるのが普通だと思うが、違うらしい。

困ったもんだ。


雨宮アナの涙


どうでもいい話だがアンテナに引っかかったので…。

“雨宮アナ”だけではピンと来ないかもしれない。

私は初め、元TBSアナの雨宮塔子だと思った。

気の毒だが、今はまだ“写真家・篠山紀信の息子の

タレント・輝信と結婚すると報じられたばかりの

NHKの女性アナ“という長い肩書がつく。


紅白にからんで“アナが号泣”という見出しを見て

司会陣の一人、桑子真帆アナが泣いている場面は

記憶にないぞと思ったが、副音声を司会していた

雨宮アナだと分かった。

d0164636_07251978.jpg

しかも、記事を読むと学生時代にバンドを組んだ

経験があってaikoのファンでもあったことから、

リハーサルでaikoが歌うのを聴いて泣き、その後

副音声のブースにaikoが立ち寄ったときに泣き、

本番のときも声が震えていた…という程度の話だ。

公私混同だ、職場放棄だ…との批判があるというが

まゆつばもいいところだ。


そして、アナウンサーも人間だから泣くこともある。

自分が伝えていることや、目の前に流れるVTR

心を揺さぶられることはしばしばある。多くの場合、

必死に感情をコントロールして乗り切るが、対象に

強い思い入れがあると限界を超えることがある。

人間なら当然だ。


そう言えば、今年も桑子アナは影が薄かったなあ。

フィナーレで優勝のアナウンスを間違えたらしいが、

そんなところで目立たなくてよろしい。ハハハ。


過去に二度、関連する記事を書いている。

関心があったらどうぞ。


アナウンサーだって人の子~森アナが見せたなみだ~

https://goo.gl/6g7ijz


NHKの予報士が泣いた

https://goo.gl/XBydE2


by toruiwa2010 | 2019-01-09 07:35 | 番組 | Comments(2)

9月に書いたばかりだが、このところ、まったく

俳句を作っていない。もっと若ければ、仕事にも

生きるので、言葉を整理するのに役立てる意味で

作り続けたかもしれないが。

それでも 木曜7時のTBS「プレバト」はずっと

見続けている。いろいろ突っ込めるから。ハハハ。


3日に放送された冬麗戦は見応えがあった。

各クールに一度、予選を勝ち抜いたタレントと

実績のある名人・特待生がタイトルを争う。


発表は浜田によってアットランダムに行われる。


4位 横尾渉

雪晴れや エース区間の 九人抜き


8位 ミッツ・マングローブ

()つる窓 見知らぬ名前 浮き上がり


7位 中田喜子

(せち)の香の ひかる結露や 甘きこと


2位 千原ジュニア

(あかぎれ)に 窓の結露を 吸わせけり


3位 村上健志(フルーツ・ポンチ)

まだ白い 明日が並ぶ 初日記


6位 藤本敏史

ごんぎつね 聴きいて寝落つ 雪模様

d0164636_07191541.jpg

…ジュニアの句が2位になったとき、私のとなりで

妻が「よしっ!」と言った。水彩画、消しゴム版画、

生け花などで彼が見せる、風貌とは“似ても似つかぬ”

繊細さとセンスのよさを応援しているんだ。

“虚を突かれた”感があるこの句は実にいい。


この時点で3人が残っていた。1年前の冬麗戦を制した

Kis-My-Ft2・千賀健永、2季連覇している梅澤富美男、

逆に2季連続最下位の東国原英夫だ。

ここで、浜田はトップと最下位を残して5位を選択した。


発表されたのは最も自信満々だった梅澤の名前だった。

 

5位 梅沢富美男

万華鏡 めける結露や 初明かり


梅澤は不満そうだったが、分かりやすさを考えたら

5位は納得じゃないかなあ。

村上の“初日記”、梅澤の“初明かり”…“初”がつくと

正月を表す季語になる。誰も使わなかったが新年に

初めて鏡を見る、という意味で“初鏡”も季語だそうな。

なんだよ、それ。


2人が残った。

1位が呼び上げられた。東国原だった。

よっしゃ! 今度は二人そろって声を挙げた。

いろいろ言われるが、いまの"芸風"の彼はいい。


まず、最下位になった千賀の句が紹介された。


9位 千賀健永

椰子の実に 露照る花瑠瑠(ホノルル) 冬の虹 


“露”が秋の季語、“冬”とダブる。しかも、季節が違う。

そんな初歩的な間違いをしているとは説明を聞くまで

分からなかったが、それがなくてもダメな句だと思う。

ハハハ。

d0164636_07191342.jpg

で、タイトルを獲った東国原の句だ。


1位 冬麗戦優勝者 東国原英夫

凍蝿(いてばえ)よ 生産性の 我にあるや


LGBTは子供を産まない。つまり生産性がないのだと

無神経に言い放った某女性議員の発言をとらえた句だ。

きっと、数年後には意味が通じないだろう。それでも

今なら、この句が優勝でいいと思う。東国原の句には

必ずドキッとするような単語、フレーズが出てくる。

評価されないときもあるが、はまったときは“有無を

言わさぬ”すごみを帯びている。この句も見事だ。


おめでとう!


この日、冬麗戦の前に行われた番組対抗で

優勝した「東大王」のマドンナ・鈴木光の

一句も素晴らしかった。素直だし、鮮やかに

イメージが浮かぶ。羽ばたきが聞こえる。

こういう句が好きだ。


賽銭の音や 初鳩 青空へ
d0164636_07191703.jpg


by toruiwa2010 | 2019-01-08 07:29 | 番組 | Comments(0)

 相変わらずの“残念”な演出だった。

私の箱入り娘・広瀬すずが二度もセリフを

言い始めて途中でやめた。紅白で紅組司会の

女優には専任のスタッフがついているはずだ。

タイミングを間違えたか、ディレクターとの

連絡に行き違いがあってQ出しを間違えた。

何百万人という視聴者には彼女のミスだと

見えたに違いない。いったいこの落とし前を

どうつけてくれるんだ!

d0164636_07292027.jpg

時期が時期だから疲れもたまっているのだろう。

北島御大は言うまでもなく、坂本冬美(風邪?)

石川さゆり、松田聖子、松任谷由実…ベテランと

呼ばれる歌手たちが声の衰えを露呈していた。


そんな中で、“平成最後の”NHK紅白歌合戦を

さらったのは桑田佳祐だ。サザンじゃなく。

かなり“はっちゃけた”パフォーマンスだった。

制作陣は桑田の“反則”がこわかっただろう。

カメラが出来るだけ桑田の下半身を写さない

ようにしているのがおかしかった。あいつの

腰はしばしば怪しい動き方をするからなあ。

d0164636_07274430.jpg

あれでも、彼にしては強めのブレーキをかけて

いたはずだが、チャンと桑田らしさが出ていた。


桑田以外で強く印象に残ったのは 三浦大知、

椎名林檎と宮本浩次、米津玄師、MISIA…と

終盤に登場したアーティストたちだった。

とくに、宮本は見直した。

d0164636_07220987.jpg

総合司会の内村光良はさすがだった。

がんじがらめの演出をかいくぐって放つ

アドリブが冴えていた。人柄が出ていた。

d0164636_07220690.jpg


by toruiwa2010 | 2019-01-04 07:30 | 番組 | Comments(2)

「君の想像を超えるたくさんの人生に

耳を傾けて来たよ」…ローマの年配の

タクシー・ドライバーが話す。

「タクシー運転手は神父みたいなものさ」

…本当にそうだなあとしみじみ思う日曜日の朝。


思いがけず、半年前の自分の呟きに出会った。

カメラマンが思わず「渋い!」と言ったほど、63歳の

ドライバーの話は一つ一つが”含蓄”に富んでいた。


冒頭の話は「これまで何人ぐらいの客を乗せたか」と

聞かれて「さあ、日本の人口ぐらいかな」と笑ったあと

答えたものだ。

“神父みたいなもの”は乗客たちの話に耳を傾けることを

指しているようだ。「聞くことは話すことより大事だ。

今の時代、みんな 孤独なのがよく分かる]とも。

d0164636_07215883.jpg

胸を打たれたのは「あと何年、運転手を続けるか」との

問いへの答えだった。「死ぬ3日前まで運転するさ」と。

最後の3日で何をするのかについてはこう話した。


家族と一緒に過ごしたい。

ただそれだけでいい。

どれだけ家族を愛していたかを

伝えてから死にたい。

d0164636_07215259.jpg

NHK-BS5分のミニ番組「地球タクシー」は短いが

まことに味わい深い。世界の国々を回り、大都市で

何度もタクシーに乗って いい話を拾っている。


ドイツ・ベルリンのドライバーは東独出身だった。

壁の横を通ったとき「どんな気持ちになるか?」と

問われて、十数秒、考えたあとこう言った。


どう言えばいいのか…

壁に囲まれて生きることがどういうことなのかを

経験したことのない人にどう伝えたらいいのか

いつも答えが見つからないんだ。

僕は東ドイツ時代の大ファンじゃないけど

生まれ育った国がもうないってのは妙な気持ちさ。

d0164636_07220386.jpg

同じくベルリンで50代のドライバーがしみじみと

話していた。


若いころは歴史に興味なかったが

統一後、考えるようになった。

あの戦争は父親の世代のことだと

思っていたが、自分がドイツ人で

あることを否定したいときがあるよ。


戦争&分裂は市民の中に今も影を落としているんだね。


アルゼンチン・ブエノスアイレスでは“そうは見えない

65歳のドライバーだった。

妻とは40年連れ添っていると話し、こんなことわざが

あるんだと続けた。


この世には2種類の結婚がある。

幸せな結婚と一生続く結婚だ。


「ピンとこない」と応じた取材者にトクトクと説いた。


幸せな結婚が一生続くとは限らないし

ずっと添い遂げることが幸せとも

限らないのさ。


…なるほど。

最後に「知性のある人にあこがれる」と言い出した。

d0164636_07220506.jpg

自分がそうじゃないからだ。

自分の人生がどこに向かっているのか

理解する知性が欲しいよ。


ああ、これも“なるほど”だ。


タイ・バンコクは中年のドライバーだった。


バンコクは車が多くて息苦しい。

運転がきつくなったら東北部の

故郷に帰ろうと思ってる。

俺には田舎が合ってる。

身の丈に合った生き方をしたい。


同じバンコクで女性ドライバーのタクシーに乗った。

27歳でやはりタクシー運転手をしている夫との間に

子供が3人いて交代で面倒を見ているという。 


今 幸せなんだな私


そう語った彼女の顔が輝いていた。

d0164636_07215414.jpg

ロシア・サンクトペテルブルクは雨だった。

この街は雨が多く“北のロンドン”と呼ばれるそうだ。

42歳のドライバーは「私はマジシャンだから、晴れに

して見せるよ」と笑った。


若いころにオートバイのレースで左手を失ったと言い、

右手一本で運転していた。


ケガは辛かったが、そのおかげで

人生にはいいことと悪いこと、

両方あることを学んだ。どちらか

一方ということはないんだ。


助手席のケータイが鳴った。彼女からだという。 

通話を終えると「実は月曜日に婚姻届けを出しに行く。

彼女は海軍合唱団員だ」とスマホに入れた歌を披露した。

曲は悲しげだったが、車内にいい空気が流れた。


雨は上がらなかった。
d0164636_06345137.jpg

by toruiwa2010 | 2018-12-11 07:29 | 番組 | Comments(0)