ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:サッカー( 60 )

d0164636_1015348.jpg
青い侍、終焉

いまでもサッカー日本代表の相性は“SAMURAI BLUE”のままらしいですが、
あまり聞かなくなりましたね。野球の“侍ジャパン”と紛らわしいし、どこか
ダサくて、サッカーのスマートさにそぐわないからではないでしょうか。

その侍たちが帰国したとき成田空港には1000人ほどのファンが出迎えて温かい
言葉をかけていたようです。
98年フランス大会からの帰国時に城彰二が水をかけられたことがありました。
海外では生卵をぶつけられたりすることもあるようですが、日本人はおおむね
優しいですからね。ハハハ。
d0164636_1015561.jpg
1分2敗でグループ最下位という結果、アジア勢は1勝もできなかったという結果…
厳しい現実が残りましたが、今さら、FIFAがアジア枠を減らすと言い出すことは
ないでしょう。サッカーはヨーロッパや南米だけのものじゃないのですから、と
祈るような気持ちです。ハハハ。

負けた瞬間から2018年大会に向けて、個人も組織も走り始めています。
まずは、ザッケローニの後任探しが大仕事ですね。早くも、メキシコのアギーレが
最有力とか伝わっています。外国人を有難がる傾向に歯止めはかからないようです。
日本人の“サッカー頭脳”って、そんなにダメなのか?
文化の違いを乗り越えなければならないことや言葉の壁を考えたら、外国人より
日本人の方がよっぽどいいと思いますけど。

技術委員長の後任に2002年日韓大会のキャプテンだった宮本恒靖が就任するとか、
したとか聞きますが、いいんじゃないでしょうか。柔道連盟の副会長に山下泰裕、
水泳連盟の会長に鈴木大地…など、いくつかの競技団体で若い人がそれなりの地位に
就いたという話をときどき聞くようになりました。どんどん若返らないと。
そして、老人たちは一定の年齢になったら、わけの分からない“政治力”で役職に
しがみつく“みっともなさ”に気づかなければいけませんね。

世界のサッカー

日本代表の2014年大会は早々に終わりましたが、多くのサッカー好きにとっては
ここからが本当のワールド・カップかもしれません。

コロンビアvsウルグアイでJ.ロドリゲスが見せたボレーシュート…見ましたか?
距離はおよそ23~23メートルあったでしょう。左斜め後方から来たボールを左肩…鎖骨の
少し下に当てて落とし、ピッチに達する前に鮮やかな反転からボレーでたたき込みました。
ためらいはまったく見られませんでした。むしろボールを受ける前にトラップからシュート、
さらにネットを揺らすまでのイメージはできているかのような完成されたゴールでした。
私が見た中でのベスト・ゴールです。あのゴールを見ると、日本の1次リーグでの敗退も
無理はないと思ってしまいます。世界の壁は果てしなく高いです。
d0164636_10143545.jpg
06/13のツイート

BRAvsCROは1-1で前半終了。展開の速さと激しさ…
改めて世界のレベルはすごいと思わざるを得ない。
日本への期待はあるものの、果たしてこの速さ&激しさに
対応できるだけのものがあるだろうかと悲観的。 


開幕戦の前半を見た感想をそうつぶやきましたが、技術や戦術についてあれこれ言っても
結局は基本的な速さ&激しさで及ばない…ということだと思います。もっと言えば、日本の
サッカーは歴史や伝統、文化といった面でヨーロッパや南米勢に大差をつけられていると。
「それを言っちゃあ、おしまいよ」ですが、そこを素直に認めることからはじめないと
世界に追いつくことは難しい気がします。「優勝も視野に」はもってのほかです。ハハハ。

選手の採点

今大会ほど、メディア自身が“メディアの責任”を取り上げたことはないと思います。
1次リーグを突破する、あるいは可能性がかなりあると書きたてたのですから当然です。
その中で、3試合を通しての評価をしているものをネットで見かけました。
ヨーロッパでは、すべての新聞が試合の翌日各選手の採点を載せているし、その多くは
署名入りです。最近、スポーツ紙を読まないので日本がどうなっているか知りませんが、
そんな自信はきっとないでしょう。
d0164636_10125922.jpg
“週刊サッカーダイジェスト”がどれほどの媒体か知りませんが、日本代表の“採点”を
していました。
最高評価(5.50)は3人で本田、山口、森重。
選手の最低評価は大迫の4.75ですが、監督・ザッケローニはさらに低い4.50です。
ちなみに、香川、柿谷、大久保、遠藤らは5.00、GKの川島は5.33です。
監督の評価とのバランスが悪くないですか?
私は選手を評価する立場にないし、するつもりもありません。いちいち、突っ込むのも
面倒なのでまとめると、この採点に対する感想は“なんだかなあ”…しかありません。
ハハハ。

若いアナたち

何人かの若手アナの実況を聞きました。
不満の部分もありますが、私が若いころを考えたらみんなうまいもんですね。

06/16のツイート

「メッシのゴールで勝ったアルゼンチン!」と
NHKの若いアナ。
思わず言ってしまったんだろうけど、分かってるよね。
ハハハ。


増田卓というアナらしいですが、ハッキリしません。
突っ込みどころが多いようで、ネットでもいろいろ言われていますが、私はこの一言に
引っかかってしまいました。9割以上、アドリブで話しますから、流れで思わぬことを
口にすることはあります。しかし、サッカーで、一人の力が試合を決めることはないと
思うだけに、聞いた瞬間、大きな違和感がありました。

06/22のツイート

ナイジェリアvsボスニア・ヘルツェゴビナ(テレビ東京)は
オフチューブなんだね。現地の「空気」が分からないし、
臨場感は出しにくいから、アナウンサーに同情するけど、
よく頑張ってるなあ。


オフチューブとは、現地ではなく東京のスタジオで映像だけを見て実況することです。
見られるのは視聴者と同じ映像だけです。現地なら手元に来ているはずのデータなども
見られません。なによりもスタジアムを包んでいる“空気”が分からないので臨場感が
出しにくく、アナウンサーにとってはつらい放送形式です。

中川聡アナのスポーツ中継を聞くのは初めてでしたが、そういった“環境”を考えたら
かなりクォリティの高い放送をしていたと思います。
d0164636_10121396.jpg
やっと時間ができたのでARGvsIRAを見る。
ロスタイムに入ってからのメッシのシュート…
すごいなあ。パスをもらってからシュートまでの
流れと間合いが絶妙だわ。
実況がうるさいかな?


日テレの中野謙吾アナは入社11年目、まだ32歳という若さですが、すでに数年前の
クラブ世界選手権でも実況していました。

「メッシの左足…決まったあ―――」…チャンスがあったらやってやろうと、初めから、
考えていたのかどうかは分かりません。周りで大観衆が歓声を上げるのですから自然に
大きな声が出るのは問題ないのですが、このタイプの“絶叫”はもう古いのでは?
もっとも、アルゼンチンのアナの絶叫は比じゃないですが。ハハハ。→ bit.ly/1pFE1y0

06/26のツイート

フランスvsエクアドル戦を実況したテレ朝の若手・寺川アナ…
落ち着いていて悪くなかったね。
少し描写が遅れる傾向があった。晩年の私を見るようだった。
ハハハ。
総合的に見て、この局のサッカー・アナはいいと思う。


寺川俊平アナの実況も初めて聞きました。顔も少し老け気味(失礼!ハハハ)ですが、実況の
印象も若くありません。wikipediaをのぞいてみてビックリしました。入社5年目の26歳!
私たちの時代だったら、スタジオでダイジェストの原稿を読ませてもらえたかどうか。
今のスポーツ・アナは“早熟”だし、情報も大量に入手できる時代ですから、この若さで
ビッグイベントを実況できるのでしょう。もちろん、すぐれた能力の持ち主であることを
疑うつもりはありません。ハハハ。

それはともかく、テレビ朝日のスポーツ・アナは順調に育っていると思います。
数年後には、ほかの局との差が際立ってくるのではないでしょうか。

若いと言えば、フジテレビの中村光宏アナも入社8年目の29歳だから十分に若いです。
スペインvsチリを見たとき、「完成度は低いものの、狭い意味での実況はできていたが、
試合全体の“空気”を伝えることはほとんどできていなかった」と書きました。
後輩だから厳しく書いたわけですが、決勝トーナメント、コロンビアvsウルグアイを
担当したときは、いろいろな点で改善されていた…と付け加えておきます。ハハハ。


最後におまけ:スタンドのNo1美人
d0164636_10132520.jpg
異論・反論は受け付けません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-07-01 10:18 | サッカー | Comments(6)
d0164636_1022040.jpg
06/20のツイート

日本の第2戦が始まる。何としても勝ちたいが、
相手のギリシャは格上、勝つのは簡単じゃない。
結果はどうあれ、香川が外れるのは想定外だ。
代わって先発する大久保に期待する。
そして、どんな時も虎視眈々の岡崎だね。

d0164636_10233481.jpg
前半37分から一人少なくなったギリシャに対して、見た目はかなり攻めていましたが、
歯がゆいほど決定打が出ませんでした。大久保、大迫がいいシュートを放ちましたが、
ゴールを割ることはできませんでした。
特に“サプライズ”と言われた大久保は“奮戦”しました。期待を持たせてくれました。
点に結びつかなかったのは相手があることですから仕方がないでしょう。
それでも、数的優位を生かせなかったことでザッケローニは批判されるのでしょうね。

自分がスポーツ・アナ出身なので、ワールド・カップでは誰が実況するかに注目します。

大一番…日本テレビの実況担当は田辺アナでした。
この局ではビッグ・イベントというと、鈴木アナが担当することが多かったようですが、
どういう事情があったのか、今回は中堅アナにチャンスが回ってきました。
テレ朝では、ひところ厳しい批判を浴びていたアナがほとんど消えました。フジテレビは
青島アナの声を聞きません。開幕戦は西岡アナでした。NHKでさえ、今回の実況陣の中に
野地アナの名前はないようです。

先日、フジテレビはスペインvsチリの実況に若い中村アナを起用しました。
29歳…我々の時代には想像できないことですが、制作陣には考えがあったのでしょう。
しかし、いろいろな意味で“失敗”に終わりました。
誤報だったのですが、開幕戦の実況が中村アナだと聞いたとき少し期待しました。
期待というより、興味があったというべきでしょうか。
d0164636_10222593.jpg
ふだん、「めざまし」に出ている彼がどんなふうに実況するのか…です。
スポーツ一筋で12年やったあと、私は「3時のあなた」という奥様向けワイドショーの
アシスタントを4年間やりました。もう一度、スポーツの現場に戻ったとき、私の実況は
“進化”したと思っています。“前のめり”になるのではなく、目の前のプレーを、少し
“距離を置いて”見られるようになったのです。幅が広がったと思います。

入社時からスポーツ以外の番組を担当してきた中村アナがどんな実況を?
新しいタイプのスポーツ・アナが育っているかもしれないと注目したのです。
残念ながら、経験不足が致命的でした。完成度は低いものの、狭い意味での実況はできて
いましたが、試合全体の“空気”を伝えることはほとんどできていませんでした。
今回のことだけでは判断できませんが、フジテレビは長い目で見ると正統派のスポーツ・
アナがいなくなる危険性があります。
d0164636_10235316.jpg
賛同してもらえるかどうか分かりませんが、今日の日本テレビの中継は立派に合格です。
解説の都並が光っていました。
37分にギリシャの守りの要が退場になったとき、すぐにこう言いました。
「絶対に喜んじゃいけない。引いて守る速攻のチームにとって
10人は嫌じゃない。攻めて勝ちたいチームが10人になると厳しいが」

11人対10人になったことを単純に喜ぶのは危険だと視聴者に“警告”しました。ハハハ。
後半の深い時間、CKを得たタイミングでギリシャが選手交代をしました。
このときも都並は「これだけ時間を使われると集中力が切れる」と言っていました。
いいことを言います。結果を見て“うだうだ”言う解説者じゃありませんね。
d0164636_10242094.jpg
現役時代からユーモアのセンスもなかなかでした。彼が現役を引退すると聞いたとき、
WOWOWのスタッフに「いいと思うけどなあ」と推薦しましたが、「コーチになる勉強を
するようです」と言われたことを思い出します。

田辺アナの実況もよかったと思います。
試合が始まるまではところどころ予定稿が入って、相変わらずだなあ、と思いましたが、
キックオフのあとは明らかな資料読みは“限定的”でした。少なくとも、「そんな情報、
要らないよ」と言いたくなったのは“メンバー発表が大久保の父親の命日だった”など、
ほんのわずかでした。ハハハ。

声のトーン、口跡(しゃべり方)、描写、二人の解説への振り分け…15年というキャリアに
ふさわしい出来だったと思います。
視聴者の中に「日テレやフジテレビの実況はダメ」という“先入観”があるようですから、
すぐに評価が上がるとは思いませんが、ストレスがたまらない、聞きやすい放送でした。

さて、これで1分け1敗…残る相手はコロンビアです。いよいよ苦しくなりましたね。
by toruiwa2010 | 2014-06-20 10:25 | サッカー | Comments(6)
d0164636_10361240.jpg
06/15のツイート

ワールド・カップ 3日目。コロンビアがギリシャに勝った。
いま、イタリアvsイングランドがハーフタイムに入った。
10時から日本が登場する。列島に”にわか”が増えている
ことだろう。

d0164636_8301024.jpg
NHKの番組表を見てビックリしました。
午前3時半から午後0時3分まで8時間半、ニュースを除いてサッカー一色でした。
こんなこと初めてでしょう。NHKも変わりましたねえ。
イングランドにもイタリアにも思い入れがあるので、この両国の試合も楽しみました。
終わってすぐ風呂に入りました。はい、朝風呂です。いい気持ちですよ。お試しください。
ハハハ。

力が入るNHKは東京のスタジオ、現地のスタジオ、そして放送席…過去・現在のスターを
揃えていました。それなりに金もかかるでしょうに。ハハハ。
現地の中田英寿がアナの問いに「日本の良さを出せれば、確実に勝てます」と言ったとき、
ええっ?と思いました。カクジツニ…聞き間違えたかと耳を疑いました。立場的に無理に
盛り上げる発言を求められていない彼がそんな風に言うってことは、日本はいつの間にか、
それほど強くなっていたんだと感慨深かったです。ハハハ。
d0164636_8265247.jpg
“名うて”のいじわる爺さんですから、NHKの実況担当が内山アナだと知ってときから
楽しみにしていることがありました。どんな言葉を用意しているか…です。
大会直前のコスタリカ戦でも入場のシーンに合わせてこうしゃべっていました。
「夢を背負って、そして大志を抱いた日本代表の選手たち…」と。

2006年ワールド・カップ:ドイツ大会、日本vsクロアチアのときにも…

日本サッカーが問われる瞬間がやってきました。
90分間の集中力だけではありません。
これまで費やしてきた日々を思い起こすことです。
決してくじけないことです。くじけたとき、日本サッカーの
ドイツでの挑戦は終わりを告げます。
ワールド・カップ・ドイツ大会、グループ・リーグ日本対
クロアチア。両チームともに決勝トーナメント進出をかけて、
生き残りをかけた一戦となりました。


…“予定稿”と言います。この数十年、ビッグ・イベントのたびにNHKのアナウンサーは
実況開始の言葉を事前に作るようになりました。今では、民放のアナウンサーにもひろく
蔓延しています。麻薬と同じで一度手を染めるとやめられなくなるようです。

私は“予定稿撲滅派”ですから、しつこくあげつらいます。
すでにかなり“くどく”なっていますから、昨日の放送から、あらかじめ用意していたと
思われるフレーズを採録しておきます。

・東京スタジオのトークが終わり、オープニングが明けて、開口一番。

すべてはこの日のためにありました。
南アフリカからブラジルへ、
日本サッカーの新たな挑戦が始まります。

・入場が始まろうとしています。
d0164636_8192224.jpg
いよいよそのときがやってきました。
サッカー王国・ブラジルを舞台に日本サッカーの力を
世界に示すときです。


・キックオフが迫りました。

期待を背負って、そして自らの大きな志を持って…
日本のブラジルでの挑戦が始まります。


“陳腐&チープ”だと思います。コスタリカ戦のときのフレーズは“夢を背負って”が
“期待を背負って”に、“大志を抱いた”が“大きな志を持って”に変わりました。

たとえば、スタンド下でスタンバイする選手の映像には…

キャプテン・長谷部が緊張した表情です。
川島も引き締まった顔をしています。
後方に内田、岡崎、本田の姿が見えます…でいいじゃないですか。
それが実況でしょう?

百歩譲って、どうしてもやりたいならやればいい…と思います。しかし、ベテランの
アナだったら、もう少し語彙を増やしてほしいものです。
今日はここまで。ハハハ。


試合の話をしましょう。

日本の先制点…本田が長友からのパスを受けたとき、本人が思った以上にボールが遠くに
落ちたようにも見えますが、チェックに来た相手DFは一瞬ではぐらかされていました。
鮮やかなトラップだったと思います。そこからのシュートはさらに見事でした。GKと
ポストの距離が狭いサイドを鋭く破りました。不調と言われ続けた本田が意地を見せた
一瞬だったでしょうか。
おなじ“一瞬”でしたが、つい先日、「本田圭佑主体の日本代表は限界である」と書いた
杉山茂樹の顔が浮かびました。ハハハ。
d0164636_8272994.jpg
1-0のまま前半が終わりました。
90点の出来ではないかと思いました。マイナス10点は30分あたりからかなり攻められ
続けたこととDFの要、吉田がイエローカードをもらったことです。特に、吉田のカードは
この試合だけでなくグループ・リーグ戦全体に影響するのではないかと気になりました。
カードをもらった二人のセンターが思い切ってプレーできなくなるのはまずいですよね。
コートジボワールの2ゴールは関係ないと思いますが、

右サイドからのクロスにヘディングを合わせる…というシンプルな形で逆転されたのは
つくづく残念です

後半17分:エース、ドログバ IN
  19分:同点ゴール
   21分:逆転ゴール


コートジボワールの逆転劇は敵ながらあざやかでした。
図抜けた存在であるドログバがピッチに入ったところから“空気”が変わりました。
2分で同点、さらに2分で逆転…彼の投入からわずか4分しかかかっていません。
レベルがひとつ違うようです。“ワールド・クラス”ということですね。

監督・選手だけでなく応援したサポーターにもダメージが大きい負けになりました。
そして、前途は厳しくなりました。しかし、スペインもイングランドもウルグアイも
初戦で負けました。残された2試合に勝たなければ決勝Tには進めないでしょう。
次は、20日(金)午前7時キックオフのギリシャ戦…頑張るしかありません。
by toruiwa2010 | 2014-06-16 08:30 | サッカー | Comments(6)
d0164636_8391765.jpg
4年に一度のビッグ・イベント…と言えば、かつてはオリンピックを
思い浮かべる人が圧倒的に多かったはずです。
ここ15年、20年のサッカー人気とともに、少しずつ、ワールド・
カップの存在感は年を追って大きくなりました。
1995年にスタートしたJリーグが後押ししています。
開幕した日、国立競技場の記者席から眺めた超満員のスタンドの光景は
忘れることができません。同行していたプロ野球解説者が驚いた顔で
「これは、野球も考えないといかんね」と言っていたことも。ハハハ。

遠く、地球の裏側でブラジル・ワールド・カップが始まりました。
体力を考え、日本以外に生で見る試合は厳選して…と思っていますが、
開幕戦は好カード(ブラジル対クロアチア)だし、やはり見ないわけに
いきませんでした。ほかにも理由があって…。(後述)

これから1ヶ月、体と相談しながらテレビの前に座ることになります。
「あまり頑張りすぎるなよ」と自分に言い聞かせながら過ごすことに
なりそうです。ハハハ。
d0164636_8383897.jpg
さて、開幕戦が終わりました。
“世界”のスピードと激しさにしびれました。個々の選手の動きが
速いだけでなく、展開の速さにも目を奪われました。ジャパンには
もちろん、がんばってほしいと思いますが(達仁じゃないし。ハハハ)、
果たしてこの速さで展開できるのか、相手がこの速さで来たときに
対応できるのかを考えると…。
その先は書かない。ハハハ。

クロアチアの先制点も自陣からのすばやい反撃から生まれました。
オウン・ゴールでしたが、とっさのプレーですから責めるわけには
いかないでしょう。
序盤から、両チームのGKが横っ飛びになるシーンが多く見られて
興奮する試合になりましたね。

ネイマールの同点ゴールはペナルティ・アークとの関係を考えると
距離が22メートルありました。さすがです。
d0164636_838974.jpg
PKは微妙ですね。南米の選手は演技がうまいので、見きわめるのは
至難です。笛を吹いても吹かなくても、誰かが異を唱えるでしょう。
ハハハ。

GK、惜しかったなあ。読みは当たっていたし、もう少しだったのに。
あれで、枠の外にはじかれていたら、蹴る前のネイマールの小刻みな
フェイント・モーションもいろいろ言われたのかなあ。えーと、まず
私は一言いいますね。ハハハ。

そして、フランスのヤフーにこんな見出しがありました。
“ブラジル、クロアチアを下す:早くもレフェリーにスポットライト”。
ああ、やっぱり。ハハハ。
4年前のドキュメンタリー映画「レフェリー」を思い出します。
d0164636_8374548.jpg
放送はフジテレビでした。日本代表の放映権を引き当てることができず、
開幕戦を選択したのでしょう。
実況担当はサッカー・アナの最年長・青島アナだと思っていました。
苦手なので見るのをどうしようか迷っていたのですが、昨日の集まりで
関係者から「中村光宏です」と聞いて、興味がわいたのです。

入社時から「めざまし」と二足の草鞋を履いているアナです。
29歳ですから、史上最年少の開幕アナになります。そんなことより、
私たちのころには考えられない“育ち方”をした彼がいったいどんな
実況をするのか…。

“誤報”でした。そして、早とちりでした。お恥ずかしい。
担当したのはベテランの西岡孝洋アナでした。そりゃそうだよなあ。
ただし、好みを度外視すれば、フジテレビのサッカー実況のエースは
青島ですから、彼はさぞガックリでしょう。
視聴者はクセのある青島節ではなく、オーソドックスな西岡実況で
開幕戦を見ることができてよかったかもしれませんが。

スタンド下で入場を待つブラジル選手の中にうっすらと涙を浮かべる
Tシルバを見つけて描写したのは見事でした。自分の経験からすると
手元のモニターはそんなに鮮明ではありません。よく気付きました。
某局のように予定稿に目を落としていたら見落とすところでした。
d0164636_8371794.jpg
3-1でブラジルが逆転勝ちしました。
友人からのメールによると、反対派の嫌がらせを恐れて、現地に
「祭り」の雰囲気は見られないということでしたが、これで一気に
盛り上がるのではないでしょうか。

明日は、オランダvsスペイン…見たいけど“4時キックオフ”か。
あさって、7時からイングランドvsイタリア、10時から日本vs
コートジボワール、おまけで11時から黒田が投げるしなあ。
映画「春を背負って」も見たいし。悩みは深い。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-06-13 08:39 | サッカー | Comments(11)
d0164636_1053753.jpg
日本 vs コスタリカから

05/30のツイート

日本のアウェー用のユニフォームは評判が悪いと
どこかのテレビがやってたけど、たしかにね。
この蛍光色の黄色…ほかにあったと思うけどなあ。
決めたスタッフがカラーブラインドだったんだろうか?

d0164636_1051112.jpg
まあ、ユニフォームの評判が悪くたって構わないんです。強ければ…ね。ハハハ。
午後9時過ぎのキックオフだというのに、始まってすぐに“すばらしい”色のシャツは
タップリと汗を吸っていました。フロリダの暑さは尋常じゃなかったようです。
両国選手の入場に合わせてNHKのベテラン、Uアナはこうコメントしました。

夢を背負って、そして大志を抱いた日本代表の選手たち…。
ここアメリカでしっかりとブラジルでの戦いに備えて
自信をつけて旅立ってほしいものです。


…私の経験から考えると、アドリブでこういう文章が出てくることはありません。
特に、最初の1行などは。
普通なら…

両国の選手が入ってきました。
日本代表は、今大会に向けて新しく作られた
アウェー用のユニフォームを身にまとっての入場です。
今日のコスタリカ戦と4日後のザンビア戦でしっかりと
準備をしてほしいものです。


…そんなところでしょう。それで十分じゃないですか。なぜ、ここで“夢”や“大志”を
持ち出さなければいけないのかが、私にはさっぱり分かりません。今のスポーツ実況は
“入り方”に凝るようになっています…というより、その競争になっています。きっと
“前もって作られた”言葉でも、聞いて盛り上がる人が大勢いるのでしょうね。ハハハ。

あくまで調整が目的の試合ですから、割り引いて考えなければいけないのでしょうが、
いい勝ち方をしたのではないでしょうか?少なくとも、疲れが目についたキプロス戦とは
比べようがないほどいい動きをしていたと思います。
左サイドからゴール前を横切るパス一本できれいにやられた失点は確かに問題です。
しかし、とりあえず相手は“格上”だし、完封は簡単じゃないのではないのですから、
時間帯がよくなかったね…ぐらいでいいんじゃないでしょうか。甘いかな。ハハハ。

本田の出来が良くないと、あちこちで言われているようです。
私などはあれで十分だと思います。ゴールを入れないことをすぐに“不発”と言いたがる
傾向は好きじゃありません。何か“特別な”ことを言おうとする彼にも問題はありますが、
本田についてとやかく言うのは本番を見てからでいいですよ。

ザッケローニはテストしたいこともあって、あのスタメンになったのでしょうが、やはり、
岡崎や遠藤は先発で使うのが正解だとはっきりしましたね。もちろん、ザックも初めから
そのつもりでしょうが。
二人が入ってからの右サイドの動きはまるで別のチームのようでした。

とくに、最初の1点にしびれました。香川が振ったボールをエリア内右で受けた本田が
ほんの一瞬ですが“ためて”、狙いすましたラストパス、内田がスルーして遠藤のシュート!
美しいゴールでした。ひと昔前までの日本代表にはああいうゴールはなかった気がします。
ぜひ、本番でも見せてほしいものです。


UCL決勝:実況アナは欲張り

05/25のツイート

マドリード・ダービーになったUEFAチャンピオンズ・リーグ…
延長の末、レアルが4-1でビッグ・イヤを手にした。
アンチェロッティ&シメオネ両監督+コーチ?のジダンは
セリエAで馴染みの顔だ。
選手は、Cロナウドとカシージャスぐらいしか分からない。


UCLの決勝は、とうとう最後まで実況する機会がありませんでした。プロデューサーが
“ユーロの決勝は岩佐&UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝は柄沢”と決めたからです。
悪しき平等。冗談ですよ、冗談。ハハハ。

生で観戦したのも2000年の一度だけです。
この年は会場がサン・ドニでした。全仏オープン・テニスの中継のため、決勝の前日に
パリに着いていたからです。レアル・マドリードがバレンシアを下して優勝しました。
4-0の圧勝だったことと、試合前のピッチにリッキー・マーティンの「リヴィン・ラ・
ヴィダ・ロカ」がガンガン流れていたことしか記憶にありません。ハハハ。

ただし、思えば、あのときもスペイン勢同士の対戦だったし、レアルはあの時が9回目で
今回はそれ以来14年ぶりの歴代最多10回目の優勝(デシマ)を果たしたことになりますね。
d0164636_1032773.jpg
UCLは、決勝がしゃべれなかったこと自体も残念ですが、もっと悔しいことがあります。
1998~99シーズンの決勝、バイエルン・ミュンヘン対マンチェスター・ユナイテッドが
ものすごい試合になったことです。
試合開始直後に挙げた1点を守りきって優勝を目前にしていたバイエルン・ミュンヘンを
悪夢が襲いました。マンUはロスタイム1分にシェリンガムが同点ゴール、終了間際には
スールシャールが逆転ゴールを叩きこんだのです。

逆転された直後、途中でベンチに下がっていたマテウス(バイエルン)が脱いだシューズを
手にして“魂を抜かれた”ような表情で立ち尽くしていたシーンが今も頭から離れません。
実況を担当した柄沢アナに、ものすごいジェラシーがあるわけです。これを担当できたら、
しばらく仕事がなくてもいいくらいに思ったほどです。ハハハ。

私も、ユーロの決勝、ミラノ・ダービー、イタリアン・ダービーなどいくつもの好試合に
“当たって”います。テニスやゴルフでも数えきれないほどいい試合を実況しました。
だから、贅沢を言ってはいけないのですが、アナウンサーというのは、実に“欲張り”で、
少しでもいい仕事、注目を浴びる仕事をやりたいものなのです。


これはうれしいね!
d0164636_101613100.jpg
友人がこんなものを作りました。
ドジャー・スタジアムのスコアボードをCGで再現したもののようです。そこに“MLBの
実況アナ、TOHRU IWASAを歓迎する”の文字が浮かんでいます。
ドジャー・スタジアムはこんな風に観客に向けたメッセージを出してそれを写真に収め、
後日、送ってくれるというサービスをやっていました。おそらく、今も。

1979年9月28日は私の41歳の誕生日でした。
ほぼ1シーズン、アメリカ中を転々としながらメジャーの中継をしていた私でしたが、
実況の予定がなかったこの日もドジャー・スタジアムにいました。
面倒を見てくれていた日系人、トム田山夫妻、アイク生原さんたちと球場のレストランで
食事をしたあと、客席に落ち着いて間もなく、トムが「おい、見ろよ」とスコアボードを指
さしました。目をやると、視線の先にこれがありました。生原さんのご好意でした。
d0164636_104446.jpg

by toruiwa2010 | 2014-06-06 10:17 | サッカー | Comments(4)
d0164636_761026.jpg
今年の全仏は一度見ただけです。
前哨戦の出来があまりよくなかったと聞いたナダルが気になって4回戦のラヨビッチ戦を
少しだけ見ました。ほとんど問題がなさそうなので第2セットの序盤でやめましたが。
ハハハ。

そんなことより、全仏のラウンドがここまでくると、毎年、思い出すことがあります。
「あのころは充実していて楽しかったなあ」と。

最後は残念な形で袂を分かつことになりましたが、WOWOWには感謝しています。
マイクから離れて8年以上も過ぎたポンコツにもかかわらず、再び実況の世界に戻して
くれましたし、かなり“おいしい”仕事をさせてもらいましたから。ハハハ。

取り上げるのは、競技そのものは“マイナー”かもしれませんが、試合や大会はどれも
世界最高レベルですから、実況者としてはたまらんのです。
しかも、地上波のアナではありえないような密度の濃いスケジュールにも恵まれました。

1992年にはラスベガスでタイソンのボクシング、そのあと、オーストリア、スロベニア、
フィンランドとヨーロッパを転々としつつ、アイスホッケー世界選手権を実況しました。
私の海外出張の中で3番目に長い56日間でした。

97年はカナダ・オンタリオで女子ゴルフ、アメリカ・ニューヨーク郊外で男子ゴルフの
メジャーを実況したあと、全米オープン・テニスを担当しました。47日間でした。
日数は短かったですが、楽しかったのは1999年の5月です。
全仏オープン開幕前日、パリから1泊でイタリアに飛びました。中田英寿のペルージャが
セリエA残留を、ACミランがスクデットを賭けた試合を実況するためです。
放送を終えたあとローマまで車を走らせ、翌朝一番の飛行機でパリに戻って初日の午後の
試合を実況しました。忙しかったですが、ワクワクする仕事でした。

ほかに、心が躍ったのは1996年、2000年。2002年、2004年の夏でした。
なんだかわかりますか?

96、2000,04は全仏オープンのパリからそのまま、ロンドン、ブリュッセル、リスボンに
移ってサッカーのユーロを、2002年は全仏のあとワールド・カップを実況しました。
d0164636_754533.jpg
96年は忘れがたいです。
PCは始めていましたが、まだ値段がかなり高かったノート型には手が出ず、海外に出ると
情報取集はとても難しい状況でした。東京にいる間は何とかなりましたが、私はユーロが
始まる3週間前には日本を出てしまいます。テニスの実況があるからです。
全仏が終わって私がロンドンに入るのはユーロ開幕から4日目ですから、テニスの実況と
並行してサッカーの情報も集めておかなければいけません。

WOWOWが世話になっているニューヨークの会社に頼んで、サッカー関係のニュースを
プリントしてパリのホテルにファックスしてもらうことにしました。
テニスの仕事が終わってホテルに戻ると、毎晩、フロントがうんざりした顔で紙の束を
渡してくれたものです。用紙がなくなることを示す赤いインクがいつも見えていました。
ハハハ。

2000年も、全仏を終えてブリュッセルに着いたとき、すでにユーロは始まっていましたが、
その頃にはノートPCを持ち歩くようになっていましたから、準備も万端でした。

2002ワールド・カップもテニスの期間中に開幕していました。
このときは、控室でサッカーの放送を流すと集中できないので、プロデューサーに頼んで
“禁止”にしてもらいました。アナウンサーにもスタッフにもサッカー好きが多かった
ですから恨まれたと思います。しかも、WOWOWの部屋では禁止でも薄い壁をへだてた
隣のテレビ東京はフリーでしたから、歓声が聞こえてくるのです。地獄でした。ったく。
ハハハ。

帰国したのは6月11日でした。5月31日から始まっていたワールド・カップの熱気は
日本国中を覆っていてユーロのときにはなかった“出遅れ感”を痛いほど感じました。
この3大会を思えば、日程がずれていたせいで、開幕前に現地入りできたユーロ2004は
天国みたいでした。
d0164636_752914.jpg
薄い紫色のジャカランダが咲くポルトガル・リスボンは最高でした。
1月に前立腺がんが見つかり、秋に手術することが決まっていましたし、さまざまな理由で
「サッカー実況はこれを最後にしよう」と覚悟して臨んだ大会です。
気候も食事も最高だし、同行した解説者や制作スタッフ、担当カードも文句なしでした。
サッカーの実況者として最後に担当したQFのギリシャvsフランスがあくびが出そうな
凡戦だったこと、いつもは決勝まで担当するのに、大会中に帰国したことを除いて。ハハハ。

経験のない人には“過密”に見えるかもしれないスケジュールでも、本人は違います。
クォリティの高いイベントを立て続けに担当するのは“冥利”に尽きます。こんなときは
アドレナリンが勢いよく流れて疲れなど感じないものです。
疲れるどころか、一つのイベントが終わった夜のホテルで、使った資料を丸めて部屋の
隅のゴミ箱に叩き込むときの爽快感はたまりません。ハハハ。

間もなく開幕するワールド・カップには何人のアナウンサーが関わるのか知りませんが、
いまごろ、期待と興奮で高揚していることでしょう。
体調に気を付けて、悔いの残らない実況をしてほしいものです。
えーと、大会中、突っ込むことがあると思いますが、あしからず。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-06-05 07:06 | サッカー | Comments(6)
d0164636_7145610.jpg
06/03のツイート

イギリス・ルートン空港で一人の男が
逮捕された。マイアミ行きの飛行機に
乗り込むべくバスを降りたばかりの
イングランド代表に紛れ込もうとしたのだ!

d0164636_714239.jpg
男の名前はサイモン・ブロドキン…コメディアンです。
代表の公式スーツとネクタイ姿でしたから、企みが成功した可能性はあります。ウエアは
Marks and Spencerのサイトで購入できたそうですから、入手は簡単だったのでしょう。
イングランド代表はもう少しで一人多くなるところでした。あっぶねえ。ハハハ。

この男には“前科”があります。それも去年の話です。
舞台は3月にエバートンとマンチェスター・シティが対戦したグッディソン・パークです。
アウェーのマンCが試合前のアップをしているとき、シティのユニフォームをまとった
小柄な男が紛れこもうとして捕まりました。それがブロドキン…常習者だったのです!
ただし、このときは自分が出演しているBBCの番組企画だったそうです。
d0164636_7171798.jpg
欧米からはこういうニュースがときどき伝わってきます。
最近ではロンドン・オリンピックの開会式でインド選手団に紛れ込んだ女性がいましたね。
プラクティカル・ジョーク…行動を伴った悪ふざけと言います。
私も“まんま”と引っかかったことがあります。

2001年4月18日、この“事件”はミュンヘンのオリンピア・スタジアムで起きました。
チャンピオンズ・リーグQFのセカンド・レグ、バイエルン・ミュンヘンとマンチェスター・
ユナイテッドの顔合わせです。私は、解説の奥寺康彦さんと東京のスタジオにいました。
緊張した表情で両チームのイレブンが握手を交わしたあと、それぞれが恒例の写真撮影に
応じているときの写真がこれです。
d0164636_7134473.jpg
この写真に納まるのは試合に先発する“11人”のはずですね。しかし、数えてみて下さい。
間違いなく、12人いませんか?
実は、左端に写っているのはサッカー選手ではないカール・パワーという男なんです!
マンUのユニフォームを着ていても、ピッチに入るには、IDカードを持っていてさえ、
かなり厳重なチェックをくぐり抜けなければいけないのに!なんという奴でしょうか。

彼は、こういうイタズラをやることが大好きなprankster として有名な男なんだそうです。
ビデオを再生すると、選手たちが“12人目”の仲間になんとなくけげんそうな目を向けて
いるのが分かりますが、私は、上下とも白のマンチェスター・Uのユニフォームについて
「red devilではありませんね」と話しています。くやしい!ハハハ。

日本ではこんな大胆なイタズラをする人はいませんが、欧米ではときどき姿を現します。
とくにイギリスはストリーキング発祥?の地ですから、よそより多いのかもしれません。
かつて、アメリカにも、ワールド・シリーズが始まる直前、ヤンキースのダグアウトに
まぎれこみ、直立不動で国歌を聞く男がいました。もちろん、ピンストライプを着込んで!
スーパー・ボウルのハーフ・タイムに、ダラス・カウボーイズのチアリーダーの衣装で
踊って(!)いたのも同じ男だったそうです。ハハハ。


パワーは「ゲームにはスマイルが必要なんだよ。僕らはそれをやったのさ」と言っていた
らしいですが、彼らのおかげでセキュリティーはますます厳重になっていて、イタズラを
しようと考えても、実行のチャンスはなさそうです。
いたずらも度を越えるとまずいですが、この程度なら、私は嫌いじゃありません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-06-04 07:17 | サッカー | Comments(0)
d0164636_8271659.jpg
05/12のツイート

日本代表が決まった。
FWの大久保を”サプライズ”とする報道もあるが、
実績あるベテランは頼りになると思う。故障上がりの
長谷部が少し心配だ。一部に“闘莉王待望論”が
あったようだが選ばれなかったね。
どっちにしろ主力はほぼ不動なんだろう。

d0164636_8272853.jpg
開幕まで1ヶ月。
日本以外にも。ブラジル、イタリア、スペイン、オランダ、イングランド、フランス…
見たいチームはたくさんありますが、とても全試合を追いきれるものではありませんから、
ライブ観戦は的を絞らざるを得ません。
日本時間・午前1時にキックオフする試合や日本人投手が先発するMLBと重なる試合は
ビデオ収録してあとで見ることになります。
それでも決勝を迎えるころには疲労が重なっていることでしょう。“毎日が日曜日”の
私でもそうですから、サラリーマンや学生は大変だなあ。ハハハ。

日本代表には自分たちの能力を限界まで見せてほしいと思います。それ以上は望みません。
そのメンバーが発表されました。
あれこれ言って見ても、“ザッケローニのチーム”であることに変わりはないのですから、
大きなサプライズがなかったのは当然かもしれませんね。
d0164636_8331288.jpg
1998年6月2日、スイス・ローザンヌ。

「…外れるのは、えー、市川、えー、カズ…三浦カズ、それから北沢、3選手です。
(市川は)チームのために、残すのは得策じゃないと判断して。カズと北沢に関しては
僕の判断で帰しました」

日本が初めて出場したフランス・ワールドカップの開幕直前、最終キャンプに参加した
選手の中から“落とした選手”の名前を岡田武史監督が発表したときの衝撃は忘れません。
“キング・カズ”が落選したからだけではありません。いろいろなことを考えたからです。

日本中のサポーターから非難の声が上がるのを覚悟の上で、苦渋の決断をした岡田さんの
胸中も思いました。1992年のユーロのときから彼を知っていたからです。
解説をしてもらったとき「頭のいい人だなあ」と感心しましたし、NHKでの解説を聞いた
加茂周代表監督(当時)が「岡ちゃんはええなあ」と言っているのも聞きましたが、まさか
それからわずか3年後、代表チームのコーチになるとは想像もしませんでした。

しかも、98ワールドカップの予選中に更迭された加茂さんの後任に指名されました。
あれよあれよという感じでした。本人も戸惑いがあったことでしょう。そんな中で
誰を選び、だれを落としても批判される最終メンバーの選考はプレッシャーがあったと
思います。ぶっきらぼうに感情を見せずに落選メンバーの名前を告げたのは、それしか
やりようがなかったからでしょう。

キャンプ地から日本に戻った三浦と北沢の態度は下を向くことなく、毅然としていて、
実に見事でした。悔しさをにじませながらも、恨み言を口にしませんでした。
プライドを持ったアスリートの“生きざま”を見せてもらいました。

2004年6月15日、ポルトガル・リスボン。

ユーロ2004の4日目でした。
この日、私たちリスボン班はお休みでした。スタッフや解説者たちがプールに行ったり、
買い物、洗濯など、たまっていることの処理に追われている一方、私は、部屋にこもって
翌日 担当するロシアvsポルトガルのための準備をしたあと、夕方、プロデューサーと
落ち合ってホテル近くのレストランに食事に行きました。
d0164636_8305641.jpg
注文を終え、ビールが来て「おつかれさま」と乾杯したところで彼の携帯が鳴りました。
こういうときの携帯でいいことがあったためしはありません。ハハハ。
店の外でしばらく話していた彼が戻ってきて「ちょっと、問題が起きました。スタッフが
パリで乗り継ぎに失敗しました。ホテルにもどって処理をしてきます」と言うのです。
だいぶ時間がたってから戻ってきた彼の話はこうでした。

この日、解説者の北沢豪さんがリスボンに到着する予定でした。しかし、マネジャーが
「パリで接続便に乗り遅れた」と伝えてきたのです。
到着が1日遅れても放送には問題はありませんが、空港に迎えに行っているスタッフへの
連絡や代わりの飛行機の手配のためにプロデューサーはホテルに帰ったのです。

聞けば、“時間的に間に合わなかった”のではなく、待合室にいたにもかかわらずパリから
リスボンに飛ぶ便の搭乗アナウンスを“聞きそこなった”というのです。
大の大人が2人いて、聞きそこなうか?ハハハ。
…当然、そんな疑問が頭に浮かびます。そして、すぐに「ははーん」と思いました。

98ワールドカップのとき、開催地・パリを目の前にして日本に帰された北沢さんにとって、
パリは“特別な思い入れ”のある街なんです。日本を出る前から“仕込んで”いたのか、
それとも、パリで接続便を待っている間に“ひらめいた”のかは知りませんが、きっと、
まあ、そういうことなんでしょう。ハハハ。
d0164636_8312734.jpg
翌日、北沢さんは颯爽とリスボンに姿を見せました。もちろん、“もの分かり”がいい
私たちは何食わぬ顔で出迎えました。上機嫌で解説もしてくれましたし、彼にとって
いろんな意味で忘れがたいいい旅になったことでしょう。ただし、だからと言って、
「うまいことWOWOWをだましてやった」とは思わないように。ハハハ。

さて、4年に1度の大会の開幕が迫っているのに、例によって事前の情報収集をまったく
やっていません。これで本当に楽しめるのか…少々不安もありますが、これから始めても
付け焼刃じゃ役に立たないでしょう。このまま、“手ぶら”で行くことにします。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-05-13 08:34 | サッカー | Comments(0)
d0164636_9112032.jpg
01/06のツイート

本田圭佑、夢をかなえてセリエA へ…
現地でも意気軒昂だったようだ。問題はこれからだよね。
代表では結構思うとおりにやれただろうけどミランでは
“制約”の中でプレーすることになる。
結果を求めるファンやメディアの要求も厳しい。
うまくやれるといいが。


子供のころの夢を実現してセリエAで…それも、中途半端なチームではなく、毎シーズン、
スクデット(優勝盾)を争う名門中の名門、 ACミランでプレーすることになった本田は
さぞ高揚した気分の中にいるのだろうと思う。
現地入りしてインタビューに英語で答えたときも、I can change something.
I have confidence. 僕は何かを変えることができる。自信もあると言いきっていた。
素晴らしい! おしゃれの街・ミラノでどこまで認められるかわからないが、サングラスを
含む独特のファッションとシルバーに染めた髪と合わせて、イタリア人がgiapponese…
日本人に抱いていたイメージを変えたかもしれない。イタリア人どころか同じ日本人でも
私ぐらいの年代になると、本田は従来の概念でははかることができない“新・日本人”だ。

余談だが、彼がクラブの公式スーツ(ドルチェ&ガッバーナ?)を着ているのを見たとき、
20年ほど前、ホテルのエレベーターで一緒になった、当時 ミランのスターFWだった
マッサーロのびしっと決めたスーツ姿を思い出した。本田はまだあそこまでかっこよく
着こなせてはいないけど。サングラスと合わせて現地の評判もあまりよくないらしいね。
さらに余談だが「そういえばトヨタ・カップのとき日テレは“マッサロ”と呼んでたなあ。
“brand new”ってわけじゃねえのに」と笑ったことも思い出される。
*brand new=新品…説明しないとおかしさが伝わらないジョーク。ハハハ。
d0164636_9115635.jpg
公式会見でも終始 英語で答えていた。きっと、日本語の通訳はいないのだろう。
クラブには英語のウエブサイトもあるから、英語を話す職員は何人かいるはずだ。
私が判断するのも“僭越”だが、ちゃんと意味が通じていたから、当面、クラブ内では
英語で不自由しないと思う。肝心なのはプレー中のコミュニケーションだが、ロシアで
問題なくやっていたのだから、ボディ・ランゲージと片言のイタリア語で十分だろう。

翌日、さっそく初練習に参加していたが、あの練習場、ミラネッロも懐かしい。
セリエAの実況を担当した8年間、ミラン・ダービーの中継で何度もミラノに行ったが、
練習を取材したことは一度もなかった。ダービー前日の練習は非公開になることが多いし、
私のレベルで練習を見ても何もわからない。無駄なことはしない主義だ。ハハハ。

WOWOW時代は陰で“天皇”と呼ばれていたぐらいだから、ミラネッロに行かなくても
誰からもクレームはつかなかった。ところが、2002-03年のチャンピオンズ・リーグの
準決勝でミラノに行ったときのプロデューサーは出国前から前日練習の取材を日程の中に
組み込んでいたから逃げようがなかった。
こうして、2003年5月12日…本田より10年以上早く、ミラネッロに足を踏み入れた。
何の自慢だ?ハハハ。
この日はホテルを出てすぐに雨が降り出し、時間の経過とともに激しくなった。
「おいおい、また雨男かよ」と早野さんが嘆いた。聞けば「サタデー・スポーツの企画も
全部雨です」とか。ただし、帰りに念のために「ゴルフのときはどうなんですか?」と
確認すると、「これが、ギリギリで踏ん張るんです」とニンマリ。思わず「キタネー」と
言ってしまったことを思い出す。ハハハ。

このシーズンのUCLは準決勝がレアルvsユーベとインテルvsミランという願ってもない
豪華な組み合わせになっていたから多くの報道陣が詰めかけたが、この日も取材はNG、
3時間近くクラブハウスで過ごしたあと、アンチェロッティ監督の会見を聞いただけだった。
聞くのも答えるのもイタリア語だから会見の内容は“インポルタンテ(重要)”という単語が
記者からも監督からも出ていたこと以外は“さっぱり”だったし。ハハハ。
d0164636_9125248.jpg
01/13のツイート

フォロワーさんのツイートでミランの試合を
放送中と知って起きてきた。2-0から2-3となって
いまハーフタイムが終わった。ウォームアップも
していたが後半開始はベンチからのようだ。
アウェーだし、出るとしても最後の10~15分だろう。

d0164636_914388.jpg
2-4にされたたこともあって後半の20分から出場した。
rossoneroの10番…初めて見たときはオランダのフリットがつけていた。
解説の早野宏史さんが言っていた通り、本田がピッチに入ってからチームの動きが変わり、
リズムが出てボールがよく回るようになった。考えすぎかもしれないが、ほかの10人が
本田を意識しながらパスを出しているように見えた。なかなかやるもんだ。ハハハ。
d0164636_9131642.jpg
セリエ初シュートはヘディングだった。前の味方に当たってゴールラインを割れなかった。
コースを変えようとしたのかもしれないが。
ポストをヒットした惜しいダイレクト・ボレー・シュートもあったし、守備もよくやった。
いいデビューだったのではないか。
15分20分だと「評価なし」もあるが、30分プレーしたから翌日の新聞にはいい評価が
出るだろうと思っていたが、かなり高評価だったようだ。

私のころは10点満点だったと記憶しているが、今は6点?
ふだんまったくフォローしていないから“今浦島”状態だ。ついていかないわ。ハハハ。
本格的にセリエを実況したのは1997-98シーズンが最後だから“遠い日々”になった。
16年が過ぎて記憶もはなはだ怪しい。試合が終わったあと、ミランのアッレグリ監督の
横に立っている顔に見覚えがあった。

私が実況していた“強かった”ミランでDFだったタソッティだ。すぐに呟いた。
「あれはタッソットか」と。フォロワーさんのリプで間違いだと気づかされた。
同じころユベントスのMF/DFだった“リトル・ソルジャー”・ペッソットと混ざっていた。
トホホもいいところだ。ハハハ。
昨日、不振の責任を負ってアッレグリが解任されタソッティが代理監督になったと聞く。
インザーギの名前も挙がっていた。コンテもユーベで監督をしているし、そういう時代に
なったということだね。これからは、赤黒のユニフォームを着た本田の試合を見ながら
なつかしさにどっぷりとつかることになりそうだ。

デビュー戦の本田はいい評価を得た、次はスタメンでサンシーロ・デビューかな?
そこでいいところを見せるのが“インポルタンテ”なわけだが。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2014-01-14 09:15 | サッカー | Comments(2)
d0164636_7584838.jpg
3800フォロワー突破!

06/21のツイート

ジャンゴ批判で叩かれ、ラグビーの件でも非難された割には
フォロワーが3800人に達しました。ありがとうございます。
呟き甲斐があるというものです。ハハハ。
瞬間的なものでしょうが、励みになります。


ジャンゴから某映画評論家とのやり取りのときも減るよりむしろ増えていました。
世界フィギュア、国民栄誉賞W受賞、錦織金星、全仏オープン、プロ野球統一球、
そして、最近の金子達仁、コンフェデレーションズ・カップ…“小さなことから
コツコツと”積み上げてきたものが結実したのです。ハハハ。
これでフォロー返しをすればもっと増える(減らない?)のでしょうね。いくつかの
理由でしていません。ご了承ください。
d0164636_8104173.jpg
スポーツ実況の世界にいましたが、広く知られた存在じゃなかったし、こんなに
フォロワーが増えるとは思いませんでした。ツイートがいいのではなく“気になる”
のだと思います。ハッシュタグをつけて関心のある人が集まっていそうなところに
向けて発信していますが、手ごたえがあるのは嬉しいものです。

3500人から300人増えるのに半年かかりました。明らかにペースダウンです。
いまも、3805ぐらいまで行っては戻り、3800ギリギリまで減ってまた少しずつ
増えるパターンを繰り返しています。
この分では、4000人到達は早くても年末でしょうね。作戦などありませんが、
ノンビリと今のペースでつぶやき続けて結果を待ちます。他人任せ。ハハハ。


サッカージャーナリストがピーチク・パーチク

サッカージャーナリストと称する男の記事、「コンフェデ杯敗退は
ザッケローニの無策と臭い物に蓋をするメディアに責任がある」
(http://bit.ly/14NI4eJ)をサッカー・ファンはどう読むのだろう?


中山 淳というサッカージャーナリストを知らないし、イタリア戦のあと彼が書いた
この記事もどうでもいいことのように思えます。
彼が言いたいことを要約すると…
d0164636_7592570.jpg
スタンドのブラジル人たちは大喜びしていたが、日本はブラジル人と
同じように喜んでいてはいけない。間違っても、イタリア相手に善戦、
健闘したなどと思ってはいけない。
その時点で、今後の伸びしろは失われてしまう。


…のだそうです。そんなことを言ってみたいのでしょう。ハハハ。

以下、くどくどと書いていますが、二つの小見出しに集約されています。

・問題視すべきは、ザッケローニ監督の無策ぶり
・臭い物には蓋をする日本のメディア体質の責任は重い


監督については、選手交代の意図に疑問を投げかけ、無策だったと断罪しています。
そして、メディアに対しては厳しさが足りない、甘いと言っています。まるで
自分はメディアの一員ではないかのような書きっぷりで。無自覚。ハハハ。

ブラジル戦のあと、“監督が変わるか、監督を変えるか。選手が変わるか、選手を
変えるか”と、歌うような文章でザッケローニの限界が近いことを伝えていた
金子達仁はイタリア戦のあと、こう書いていました。“変わった選手、変わらない
ザック采“という配見出しで言いたいことは大体わかりましたが。ハハハ。

“選手は変わった”と認めています。
ブラジル相手に何もできなかった、もとい、何もしようとしなかった
大半の選手たちは、無抵抗主義をかなぐり捨て、侍を名乗るにふさわしい
気概を見せてくれた。


へえ ブラジル戦の日本は無抵抗主義だったんですねえ。まったく新しい視点でした。
うかつなことに、気づかなかったなあ。ハハハ。

そして、この香川のように、選手が変わったのは“ブラジル戦のあと湧き上がった
厳しい声のせいだ”と書いています。ほんとかねえ、と思います。

一方、よっぽど嫌いらしいザッケローニ監督については相変わらず采配がお気に
召さないようです。

ここ数試合で、彼が決して選手交代の才に長(た)けた監督ではない
ということが明らかになってしまった。これは、今後に向けた大きな
課題であり不安である。


サッカー・ファンは相手にしていないらしいので「勝手にほざいていなさい」と
書いておきましょう。ハハハ。

そして、日曜日の「サンデーモーニング」では中西哲夫が監督批判をしていました。
やはり、選手交代が理にかなっていないと。
関口宏が「監督には監督の考えがあるのでは?」と聞くと「結果が出てない」と
受け付けませんでした。

「じゃあ聞くけど、君の言う通りにすれば結果が出るという保証はあるのか?」と
子供じみたことは言いません。しかし、単なるサッカー・ファンが画面を見ながら
好きなことを言うのとはわけが違うのです。ジャーナリストや評論家、ライターを
名乗るなら、もう少し説得力のあるプレゼンをしないといけませんね。
もし、面と向かって議論ができるほど確信があるなら、記者会見にでも出て堂々と
渡り合ったらいいと思います。特に外国人監督に対して日本メディアは得てして
“言った者勝ち”的な態度を平気でとりますね。
d0164636_80282.jpg
コンフェデレーションズ・カップで、いろいろな記者・ライターが監督の采配を
批判し始めています。口をそろえてピーチク・パーチク…。危険なシグナルです。
ハハハ。 

セルジオもなんか言ってますが、彼はいつものことだからなあ。
1970年前後、多数の日系ブラジル人が来日し、助っ人としてプレーしていましたが、
セルジオもその一人でした。藤和不動産で彼がプレーしているのを実況した経験も
ありますが、アマチュアでしかありませんでした。
ほかの連中がやっていたサッカーのレベルも監督の戦術や采配を批判できるほど
高かったとは思いません。たしか、中西に代表経験があることは知ってますが、
ほぼ印象にないものなあ。ハハハ。

選手として実績がなくても、勉強して理論武装ができている人もいるでしょう。
問題は“説得力”を持つかどうかです。知識だけを詰め込んだ“頭でっかち”では
失笑を買うだけです。ハハハ。

自らの力を認めるところから…ね

06/23のツイート

イタリア戦の3ゴールは一定評価できるものの
3試合で9失点、ポイントなし。厳しい結果になった。
ごちゃごちゃ言わず、これが今の日本の力だと
素直に認め、しっかり自覚するところから出発しないと
いけないのではないだろうか。

私はサッカーの限らず、作戦・戦術批判は
しない主義です。ベンチにいて選手のすべてを
掌握し勝敗の全責任を負う監督に対して
とやかく言う資格があるのはごく限られた
人たちだけだと思っています。
3戦全敗では言いたい気持ちも分かりますが。ハハハ。


3試合を見たあとの私の“総括”はこの2件のツイートにつきます。
失笑する人が多いでしょうが、知ったこっちゃありません。ハハハ。
by toruiwa2010 | 2013-06-25 08:11 | サッカー | Comments(0)