ブログトップ | ログイン

岩佐徹のOFF-MIKE

toruiwa.exblog.jp

実況、ドラマなど放送全般、映画、スポーツ全般、 旅、食、友 etc

カテゴリ:旅に出る食べに行く( 118 )


先週、梅雨入りの直前を狙って北へ旅した。

東北には今年 二度出かけているが、福島も

山形も桜を見に行った。ただの観光旅行だ。

今回は、私なりに“意味付け”している。

被災地を訪ねる“鎮魂の旅”だ。爺さんが

たった2日、駆け足で訪れたとて、なんの

慰めにもならないだろうが、私にとっては

それでも“意味のある”旅なんだ。


東日本大震災から2ヶ月半が過ぎたころに

初めて東北に行った。すでに引退していたが、

現地を見ておきたかったからだ。少しでも

理解を深めようと思うなら必要だと考えた。

以後、13年、14年、16年に次いで、今回は

3年ぶり5回目の訪問だ。


交通機関がかなり元に戻っている。

今回は新幹線と在来線を乗り継いで一気に

石巻まで行った。“震災前”を知らないから

比較はできないが、2011年には腐った魚の

においが漂っていた駅の周辺がすっかり

きれいになった。


タクシーで日和山公園に行ってもらった。

当時、大勢の市民が逃げた高台の公園だ。

少しずつ整地(カサ上げ)が進んでいるが、

そのテンポは驚くほど遅い。

d0164636_07132492.jpg

あの日、運転手さんは警察の依頼で

具合の悪い女性とその娘さんを乗せて

東松島に向かうところだったそうだ。

オーバーでなく、気づいたら海水が

車の座席の高さまで着ていたという。

母娘を車の屋根に避難させ、自分も

よじ登り、防犯灯にしがみついて

助けが来るのを待ったそうだ。


「思い出すたびに恐怖が甦る」と

話していたが、そんな経験をした人が

東北には何万、何十万人といる。

医者の勧めで昼寝をしていた私は

東京のベッドであの瞬間を迎えたが、

震度5強でさえ、生まれて初めて

揺れのさなかに「怖い」と思った。

海辺に暮らす人々の恐怖は想像できない。


万石浦の横を抜けて女川に行ったが、

ここも同じだ。駅舎は立派になったし、

周辺に食堂や土産物店が出来ているが、

港の近くに“復興”は感じない。土地は

整理され、建物も建ちはじめているが、

肝心の“人の気配”があまりない。

d0164636_07133939.jpg

20115()20196

d0164636_07133067.jpg

駅前から女川湾方向を見る。

元旦、道の中央から太陽が昇る。

d0164636_07134124.jpg

翌日は、仙台市郊外の名取に行った。

海からの津波が黒い塊となって龍のように

閖上(ユリアゲ)地区を走って言った光景が

忘れられず、毎回ここを訪ねる。


最初のときに写真を撮った場所に行きたいが、

タクシーの運転手さんに写真をみせても首を

傾げるばかりでまだ果たせていない。それほど

復興している…ならいいが、そうは思えない。

d0164636_07133562.jpg

日和山に行った。

高さ6メートル強の小さな山の上に祠がある。

海から数百㍍のこの山を津波は越えて行った。

ここからの眺めもここ数年はあまり変わらない

ように見える。

d0164636_07133342.jpg

慌ただしい旅だった。

失われた多くの命を少しでも鎮め、“復興”を

自分の目で見たいと思って始め、毎回 同じ

場所を訪ねてきたが、この形の旅は今回で

終わろうと思う。震災から10年目になる

再来年は何か考えたよう。元気ならば…。


by toruiwa2010 | 2019-06-10 07:18 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)


ホテルのフロントの横に眺めのよさそうな

バーがあり、入口のリストの中にあった

シーバスリーガルの名に惹かれて入った。

試しに、「ジャック・ダニエルは?」と

聞いてみると、「ある」という答えだった。

それを頼んだ。シングル、オンザロックで。

d0164636_05505780.jpg

友人に薦められて初めて飲んだときから

気に入った。MLBを追ってアメリカ各地を

転々としていた1970年代の終わりだった。

「独特の匂いがいやだ。薬品くさい」と

言う人もいるが、どこがやねん!となぜか

大阪弁で突っ込みたい。ハハハ。


口当たりの良さもいい。

日本でも同僚と出かければ飲んでいたし、

家にも置いていたが、もともと、それほど

飲まないので、いつのまにか消えていった。

d0164636_05505503.jpg

これを飲むのは20年ぶりぐらいだろう。

ゆっくりと暮れてゆく街を見下ろしながら、

20分ほどいい時間を過ごすことができた。

ダブルでもよかったなあ。ハハハ。


部屋にに戻って歯を磨いたりしたあと

ふと気づくと、日没の時間だった。

急いでスマホで撮ったが、ほんの一瞬で

沈んでしまった。素晴らしい夕景だった。

d0164636_05505362.jpg


by toruiwa2010 | 2019-06-09 05:51 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)


一昨日、京都に行った。10連休を避けたために

いい時期には間に合わないだろうと思いつつ、

「旅をするだけでたのしい」と妻も言うので

出かけたのだ。京都はいつ行っても楽しいし。

d0164636_06470050.jpg

“時刻通り三河安城を通過”時に見た雲


圓光寺

まず、洛北・圓光寺に向かった。

紅葉のころには何度となく訪れている。

d0164636_06445393.jpg
d0164636_06445648.jpg
d0164636_06445896.jpg
d0164636_06450095.jpg


法然院

続いて“お気に入り”の法然院へ。

2006年にたまたま訪れ、苔むした山門の屋根の

たたずまいに魅せられた。そのころは人影も

まばらだったが、今は、オフシーズンなのに

団体、外国人、修学旅行…賑やかになっている。

d0164636_06450395.jpg
d0164636_06450554.jpg
d0164636_06451060.jpg

d0164636_06450772.jpg

数年前にふき替えた山門の屋根はまだ“往時”の

趣を取り戻していない。


智積院

久しぶりで智積院を訪れた。

長谷川等伯の国宝画もあるが、二度目以後は

庭だけを見せてもらう。どんな季節に来ても

“利休好みの庭”を眺めると気持ちが落ち着く。

d0164636_06451494.jpg
d0164636_06452052.jpg
d0164636_06465378.jpg


東福寺

青モミジを見る旅だから東福寺は欠かせない。

”単細胞”だからそう考えるだけで、探せば

ほかにも名所はあるはずだけどね。ハハハ。

d0164636_06470330.jpg
d0164636_06470505.jpg
d0164636_06470744.jpg
d0164636_06481224.jpg

夫婦で"マジソン郡の橋"と呼んでいる

龍吟庵に渡る橋

d0164636_06481577.jpg

どこも“新緑”の時期は過ぎ、最高の“みどり”を

楽しむには遅すぎた。それでも、“京都”という

環境の中で眺めればやっぱり素晴らしい!


タクシー2台…いや2


法然院を出てタクシーを拾った。

「智積院へ行ってください」と言いました。

一瞬戸惑った表情を浮かべた運転手さんが

「えーと、チシャクイン?えーと」と…。


こちらも途方に暮れた。

何度も行っているが、住所はおろか、近くの

目印になるような建物も咄嗟には出てこない。

スマホで調べた住所を読み始めると、途中で

思い出してくれて、ほっとした。


「年取って思い出すのに時間がかかって…」と

振りむいた運転手さんの顔を見ると、前歯が

2本ぐらいしか見えなかった。歯で運転する

わけじゃないからそれはいいんだが。ハハハ。

「おいくつですか?」と聞くと、83歳という

答えが返ってきた。


おいおい、ちょっと待ってくれよと思ったが、

もう走り出していて「降りる」とも言えず。

しばらく走ると、運転技術はしかりしているし、

会話も弾んだので安心した。


修学旅行生の話になった。

よく乗せたが、トイレと称しての喫煙やレジの

混雑時を狙った無銭飲食など、関東の高校生が

「はなはだ 態度がよろしくない」と言っていた。

関東人として「申し訳ない」と謝っておいた。

ハハハ。


小さな事故・違反もしないから会社は

「そろそろどうですか?」とも言ないので

続けている。6月ごろには免許を返上しようと

思っていると話していた。料金を払い終えて

「どうぞお元気で」と声をかけるとにっこり

笑って「おおきに」と言った。


83才か。Tさんのドライバー人生の最晩年に

客になったのはなにかの縁かも。


別のタクシーでこのエピソードを話した。

50代のドライバーが話に乗ってきた。

広島の中学生を乗せたときの話がおかしかった。

ホテルに迎えに行き4人を乗せた。学校からは

“少なくとも二つの世界遺産に連れて行って”と

指示されていたそうだ。さて、どこに?と

検討しようとするとリーダー格の少年が言った。

「神社とかには興味がないので初めにどこかで

土産を買いたい」と。


京都タワーに行き、車を止めてくると言うと、

リーダーがこう言ったそうだ。「運転手さんは

ついてこなくていいからパンフレットを集めて

来てほしい」!!


1時間ごとに安全を確認する電話をかけながら

“仰せの通り”パンフレットを集めたと苦笑する

運転手さんは「きっと生徒たちは京都タワーで

ゲームざんまいだったでしょう」と。

そう言いつつ、「運転手さん、コンビニでたばこ

買ってきて、ビール買ってきて」と甘えたり、

可愛いところもあるんですよと笑っていた。

今どきの中高生の頭の回転はなかなかだ。

別の道で生かすことを考えてほしい。ハハハ。


…尽くし


鍵善(四条本店)でくづきりをいただいた。

器もホット&アイスの抹茶も緑尽くし。

d0164636_06465853.jpg

番外編


京都造形芸術大学の特徴的な石段。

「科捜研の女」で若村麻由美扮する

風丘先生が勤務する洛北医大として

しばしば画面に登場している。

d0164636_06451216.jpg


by toruiwa2010 | 2019-05-24 07:03 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)


金曜日、快晴に恵まれて短い旅をした。

行く先は箱根・山のホテル。

2008年以来、12年間で8回目になる。

岩佐家、5月の恒例行事だ。

d0164636_11454285.jpg

ぜいたくだが、時間の節約を考えて

湯本からタクシーに乗る。緑の濃い

旧道はすいていて気持ちがいい。

d0164636_11454577.jpg

珍しく、9時の開園前に着いた。

最初の年こそ山のホテルに泊ったが、

以後は朝6時に家を出てお昼過ぎに

帰宅する“日帰り”で楽しんでいる。

d0164636_11454725.jpg

主役はもちろん咲き誇るツツジだ。

全部がそろったときに訪れるのが

ベストだが、“至難”だ。今年も85点。

d0164636_11462832.jpg

d0164636_11455159.jpg
d0164636_11463002.jpg
d0164636_11460922.jpg
d0164636_11460545.jpg
d0164636_11462530.jpg
d0164636_11463211.jpg

色が溢れる中で鮮やかな存在感を

見せる緑が好きだ。

d0164636_11464223.jpg

ピークを過ぎたシャクナゲや藤も

それなりに美しい。

d0164636_11464064.jpg
d0164636_11463540.jpg
d0164636_11464533.jpg


by toruiwa2010 | 2019-05-19 06:06 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)


先週木曜日、旅に出た。

この春最後の旅だ。

d0164636_14374364.jpg

北へ向かう。

一週間前はやまびこだったが、

今回は連結されたつばさに乗る。


私が予定を立てるのだから当然快晴だ。

しかも、初夏の暖かさだ。おかげで

福島の手前では 前回 隠れていた

吾妻小富士の雪うさぎか見えた。


福島で「左折」して山形に向かう。

板谷峠を越えることになる。

海抜800㍍近くあるせいか、

いたるところに残雪があった。

そして、峠を通過する間、スマホの

アンテナが1本も立たなかった。


山形駅で下車。目指す霞城公園までは

“徒歩で15分”とあった。

現地でかなり歩く予定だから

行きはタクシーにした。

運転手さんは100% 県人らしく

ところどころ、分からなかった。

d0164636_14374577.jpg
d0164636_14374778.jpg
d0164636_14374919.jpg

2,3日早いだろうと思っていたが、

誰の行いが良かったのかw満開だった。

d0164636_14375134.jpg

月山は春スキーが始まったそうだ。

d0164636_14380252.jpg

花の間からつばさをとらえた。

d0164636_14375311.jpg
d0164636_14375519.jpg
d0164636_14375609.jpg
d0164636_14375868.jpg

d0164636_14380039.jpg
d0164636_14380470.jpg
d0164636_14380750.jpg

霞城公園の桜は100点満点だった。

赤湯で降りて烏帽子山公園に行く

ことも考えたが、“終わりよし”と

したかったので真っ直ぐ帰京した。

d0164636_14380967.jpg

山形駅で“牛肉ど真ん中”を買った。

初めて食べた9年前の感激はないが、

相変わらず、おいしかった!


by toruiwa2010 | 2019-04-22 06:37 | 旅に出る食べに行く | Comments(6)


金曜日に福島に行きました。

花見山に最高の桜を見に。

福島駅が近づくと左に吾妻小富士が

スッキリした姿を見せていました。

d0164636_17173501.jpg

いつもだと、山肌に“雪ウサギ”が

見えるのですが、二日前に降った雪で

姿を隠していました。そのぶん、

まさに“小さな富士山”でした。

d0164636_17173235.jpg

花見山公園につくと、足元にはまだ

雪が残っていました。通算7回目で

初めての経験ですが、桜を楽しむのに

雪は少し邪魔だと分かりました。

ハハハ。


ここのすごさは たくさんの種類の桜が

レンギョウやハナモモ、ボケ、菜の花と

色のハーモニーを見せることです。

今年は“主役”・ソメイヨシノが登場する

直前に気温が下がって、ほかの花たちと

“ピーク”がずれてしまいました。

d0164636_17173023.jpg
d0164636_17172934.jpg
d0164636_17172625.jpg
d0164636_17172530.jpg
d0164636_17172361.jpg

初めて訪れたのは2010年でした。

このときの目的は宮城・大河原の

白石川沿いの“一目千本桜”でしたが、

調査不足で一週間 早かったのです。


あまりにも悔しいので 帰る途中、

福島で下車しました。往路の車内から

この辺の桜がいい感じだったのを

思い出したからです。


駅構内の案内所で勧められたのが

花見山だったのです。


最高でした。写真家・秋山庄太郎が

“桃源郷”と称賛したそうですが、

まさにその通りです。

d0164636_17172152.jpg

そのとき、圧倒された風景

d0164636_17172361.jpg

一番奥に、そのときから“私の桜”と

勝手に決めている一本が9年で

ここまで成長しました。雷でも

落ちたのか、裂け目が痛々しく。


帰りは福島駅で買った牛めし弁当と

ビールで超早めの晩ごはん。

いやいや、結構なご身分で。ハハハ。

d0164636_17171952.jpg

大宮から新幹線に乗れば

1時間で福島です。

行かない手はありません。


by toruiwa2010 | 2019-04-15 03:49 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)


木曜日、洛北の桜の名所、原谷苑に行った。

5回目ぐらいになる。京都の桜のポイントは

歴史ある建物と桜のハーモニーだと思うが、

ここの桜は“それだけ”で楽しめる。

d0164636_07084792.jpg

4時過ぎに起き、615分に家を出た。

マンションの入り口の桜が見送ってくれた。


予報通り、東京も京都も快晴だった。


原谷苑

原谷苑は入場料が1000円だった。

開花の状況に合わせて料金が変わるシステムだ。

最高は満開時の週末で1500(平日1200)

d0164636_07085022.jpg

少し早いだろうと覚悟していた。最高のときに

行こうとすれば、週末の京都の大混雑か、

週明けの曇天を我慢しなきゃならない。

それが嫌だからこの日にしたのだ。

d0164636_07085186.jpg
d0164636_07085467.jpg
d0164636_07085742.jpg
d0164636_07085979.jpg
d0164636_07090621.jpg

予想以上に早かった。ユキヤナギ、レンギョウ、

つつじなどがあるので十分楽しめるが、桜が

寂しすぎて、私にはこの日の1000円は高い。

ただし、妻は大満足だった。


京都府立植物園

いつもなら、近くの龍安寺によるのだが、

桜はそれほどじゃないのでパス。

次に行った府立植物園はまさに満開だった。

80歳と77歳の夫婦は身分証を持っていれば

無料だからありがたい。

d0164636_07104132.jpg
d0164636_07104379.jpg
d0164636_07104545.jpg
d0164636_07105710.jpg

鍵善

京都では、“とらや”か“鍵善”であまいものを

食べるのだが、今回は鍵善の葛切りを選んだ。

いつもは四条店に行くが、今回は高台寺店を

選んだ。たたずまいが気に入ってるんだ。

d0164636_07114459.jpg

黒蜜につけて食べる葛切りは絶品だ。

一度、鎌倉の長谷寺で食べたが。むにゃむにゃ。


醍醐寺

3年ぶりで醍醐寺に行った。ここの枝垂れ桜は

知る人ぞ知る美しさだ。

…予想を超える人ごみにびっくり。お祭りだ。

あっちでもこっちでも盛大に“しだれて”いたが、

全体に桜が“痩せている”印象を持った。

d0164636_07114905.jpg
d0164636_07115834.jpg
d0164636_07115695.jpg
d0164636_07115321.jpg

相変わらず、新幹線に乗る前にサンドウィッチ、

ビールを買い込み、車内でアイスクリームを

買って食べた。葛切りを食べたのにアイス…と

胸が痛んだのは瞬間だった。のぞみに乗ったら

スジャータのアイスだもんなあ。

d0164636_07114759.jpg

全体として85点の旅だった。

訪れた桜の名所はどれも“クライマックス”を

知っているから採点が辛くなる。植物園は

95点だが、原谷苑と醍醐寺は80点だ。

特に、醍醐寺にはがっかりした。今回が

見納めになったかもしれない。

d0164636_07144532.jpg

翌朝、ゴミ出しに出たら、マンションの小さな

人工池にカモのカップルが来ていた。

新築の2003年からずっと来ている。同じ個体か

どうかは分からない。必ず“一つがい”。

彼らが本格的な春の到来を告げてくれる。

私はSpring has カモ と称している。ハハハ。



by toruiwa2010 | 2019-04-07 06:15 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)

d0164636_14374123.jpg


好天に誘われて8時15分に家を出ました。
目的地は新宿御苑です。週末に"満開"の
情報が出ていましたが、天気が悪いのと
大変な混雑が予想できたので敬遠しました。
寒い日が続いたので週明けでも桜は
待っていてくれるのではないかと。
ビンゴでした。

d0164636_14374390.jpg
d0164636_14374494.jpg
d0164636_14374648.jpg
d0164636_14374845.jpg
d0164636_14375022.jpg
d0164636_14375250.jpg
d0164636_14375451.jpg


by toruiwa2010 | 2019-04-01 14:39 | 旅に出る食べに行く | Comments(2)
週末は吉祥寺の pizzeria ggでピッッツァを 。
d0164636_17250064.jpg
d0164636_17333894.jpg

帰りは井の頭の池をながめながら歩く。
我が家はふたりともこの池の向こうの
明星学園で育った。公園は庭みたいなものだ。
d0164636_17245808.jpg

桜が満開だから、一杯の人出だ。

d0164636_17300468.jpg

by toruiwa2010 | 2019-03-30 17:34 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)


昨日は富士山に“会いに”行ってきた。

暖かくなってきたので、冠雪の具合が

いい状態を見られるのはあと少し…と

思ったので、天気図をにらんでいた。


基本的に“行く”と決め、最終的には

朝、現地のライブカメラを見てから…

と考えていた。起きてすぐにパソコンを

見ると文句のない画像が出てきた。


820分に家を出た。

新横浜、小田原…かなり裾の方まで

雪が残っているのが分かった。

1034分、新富士着、タクシーで

“行きつけ”の岩本山公園近くの茶畑へ。

d0164636_06520514.jpg
d0164636_06521340.jpg

ここに来るのは6回目ぐらいになる。

茶畑越しの景色が好きだ。

真南になるのでだいぶ雪がとけているが

まだまだ美しい。

d0164636_06520931.jpg

駅に戻る途中からも一枚。


時間が余ったので浜松に行った。

駅前の“八百徳”でうな重を食べる。

ぜいたくだけど、ちゃんと勉強し、

ちゃんと働き、80年 生きてきた。

たまのプチセレブ旅は許されたし。

d0164636_06520707.jpg

帰宅は4時ちょうど。


by toruiwa2010 | 2019-03-21 06:55 | 旅に出る食べに行く | Comments(0)